直ぐに歯が入る、腫れない痛まない、早く治るインプラント 日本口腔インプラント学会専門医 即時荷重専門書著者から情報提供 

腫れない痛くない手術で直ぐに歯が入る、早く治るインプラント治療のパイオニア 日本口腔インプラント学会専門医が情報提供

どうしてもラテラルサイナスリフトやりたい奴、これを読め!

2019年08月17日 | 患者さんの知らないンプラント業界の話
どうしてもラテラルサイナスリフトをしたい奴、これを読め。

低侵襲なやり方を教えてやる。

ちなみに原案は、私の立派な後輩フローラルインプラントチーム創設者の山内浩司先生だから、本格的に習いたい奴は彼に頼め。

彼は私よりも何倍も良い奴だから、幾らでも教えてくれるはずだから。

無駄話は省いて、いきなり本題に入る。

まず切開線はラテラルウィンドウを開けたい辺り、角化歯肉から遊離歯肉、可動粘膜まで斜切開、これだけで済む。

後は、しっかりと剥離して、軟組織なんだから動かしてラテラルウィンドウ開けられるだけ軟組織伸ばして開いてやれば良い。

たったこれだけのこと、が分かっていれば、良い。

ラテラルウィンドウ開けたいだけの骨面が得られたら、後は好きなやり方でサイナスリフトすれば良い。

頼むから、ラテラルサイナスリフトとかで、歯槽頂から大胆無敵に切り開くとか、馬鹿なやり方、失礼言い過ぎた、基本に馬鹿正直なやり方は、早く止めてくれ。

そんなやり方するから、患者さんは腫れたり痛んだりして辛い思いをする。

それを知って欲しい。

もっと本格的に色々知りたい方は、私か山内先生掴まえて質問ぶつけて下さい。

私よりも10何歳も若い先生方が、侵襲の大きなオペやりたがるの見てられない。

私は上に書いたやり方で、ラテラルサイナスリフトでも全く腫れない痛まないをやれる。

それでも、侵襲のかかるのが嫌で、意図的にソケットリフトの応用でやってる。

実例はfacebookで上げてる。

誰が作ったの知らないが、最早4mm以下はラテラルサイナスリフト、と言うエビデンスは古い、古臭い。

こんなことは、私とかもう10年以上やってない。

もう直ぐ還暦になろうと言う爺いより古いオペ、してできて嬉しいか?

本物の低侵襲なオペのやり方知りたい、できるようのなりたいなら、幾らでも教えますから、寺子屋とかに来て下さい。

なんなら個人的に連絡くれて来てくれたら、時間のある限り教えます。

今まで何人か、そうして来てくれましたよ。

この前のインプラント周囲炎をリカバリーしたオペだって、見たい先生は来てくれましたよ。

後はあなた次第です。

あなたの都合で私を動かすのではなく、あなたがまず動いて下さい。

そうしたら、私もあっこの人本気なんだ、で動きますから。

ちなみに基本的に土日は家族のための日なので、ゴメンなさい。

事情があって、できるだけ家族と過ごすこと、を何よりも大事にしていますので。

で、なかなか信じてもらえないのですが、私は然程器用ではないし、頭も良いとは思ってません。

そんな私でもできたこと、ですから、やりたい、本気でできるようになりたい、と言う方はできるようになります。

それはお約束します。

私はラム先生に教えてもらえる、となったら、サンフランシスコに飛んで行きました。

時間とお金を犠牲にして、得たいものを得ました。

お陰で今の私があります。

2003年の時に、2020年の未来のオペを習いました。

それが現実化しただけ、です。

更にその先を知りたいなら、動いて下さい。

私の心からのお願いです。

と言うことで、見映えの良い、派手なラテラルサイナスリフトは止めて下さい。

本当にお願いします。
コメント

インプラント撤去+即時植立修復インプラント+骨造成GBR・歯茎再生処置8日後ご報告、上手く行きました。

2019年08月16日 | 世界のインプラント情報の話

お盆前の8日にさせていただいた、インプラント周囲炎を起こしているインプラント撤去、病巣除去直後、即時植立即時荷重インプラントして骨造成GBR、歯茎再生手術処置の患者さんが、今日術後経過処置の為にお越し下さいました。

 

幸いにして、とても上手く行っているようです。

 

良かったです。

 

私自身のインプラント治療の経験の中でもメモリアルな手術になりました。

 

 

この手術の事前準備としては、総計で60時間以上の時間を3DXCT立体画像の前で過ごしました。

 

実際の立体画像の中でシュミレーションのインプラントを嵌め込んで、色々と3次元的に動かして、ああでもない、こうでもない、とベストな解決方法を探して試行錯誤しました。

 

頭の中で術式を思い描き、現存している骨の状態からどうしたらインプラントを植立できるのか、即時荷重できて仮歯を装着することができるのか、とひたすら考えました。

 

そうして、これで行けるかな、と言う道を見つけ出すことができましたが、それでも安心し切ることはできないのでCTの立体画像を動かして何度も何度も確認しました。

 

だから、60時間以上の時間を費やすことになったんです。

 

 

私の症例報告を腕自慢と受け取られてる方も散見しますが、その実態はこんなもんです。

 

インプラントメーカーの提供のインプラント計画シュミレーションソフトなどは私は持っていません。

 

ですから、それに基づくガイドサージェリーのステントなども使っていません。

 

逆に、私はそう言うソフトの誤差の方が怖いし、即時荷重できるか否かの可能性が下がるだろう、と危惧しているからです。

 

私のやり方は古いやり方で、CT立体画像を頭の中に焼き付けて、そのイメージを元にしてやるやり方です。

 

なので、手術中に最初のインプラントホール、イニシャルホールを形成して3DXCTを撮影して、最終ホールを正確にできるように修整を加えてしているんです。

 

その為に、被曝量がと言われてしまうのでモリタの3DXCTしか私に選択肢がなかった、と言うことなんです。

 

 

細かいこだわりのことを書くと、終わりがない位たくさんたくさんあるんですが、これも自慢と取られかねないので書きません。

 

実例としてだけ上げて置きます。

 

麻酔の仕方、インプラント撤去の仕方、道具の選択、病巣の撤去、感染防止処置、インプラントホール形成、インプラント植立のノウハウ、植立方向、深度、初期固定を35N以上得る為の工夫、インプラント選択、仮のアバットメント選択、骨造成GBR、歯茎再生処置、審美的仮歯作成と装着、他にもありますが、代表例はこのようなモノです。

 

これら1つ1つ全てにこだわり、これで大丈夫、と言うのの積み重ねてしているだけ、のことです。

 

 

師匠のお言葉ですが、手術、治療は全て掛け算である、1つでもマイナスがあれば全てが壊れる、と言う意味です。

 

お師匠様は”鬼手仏心”と言う言葉を私に銘じられました。

 

細かな1つ1つ全てプラス、合格点を積み重ねる、これで良い、と安心出来るようにして進んで行くことだ、と私は理解しています。

 

腕自慢ではなく、突き詰めて頑張る、と言うことだけ、なんです。

 

 

余計なひと言を書き加えると、その時にできるようにするには、と考えることもとても大事だと思います。

 

できない、不可能だ、と考えては道は開けません。

 

できるようにするには、と一所懸命に考える、と言うことなんです。

 

私は、そうしてここまで来ました。

 

それだけです。

 

でも、そんな自分を自分で褒めてあげたい、と感じています。

 

 

まだ途上の者、としか思ってませんが・・・

 

 

 

 

 

 

 

コメント

長崎原爆の日

2019年08月09日 | 患者さんの知らないンプラント業界の話


敬虔な気持ちで送ります。
コメント

大森にビリケンさんが!

2019年08月08日 | 患者さんの知らないンプラント業界の話
地元に、まさかビリケンさんがいるとは思いませんでした。

凄く嬉しいです!
コメント

IOM例会横山先生ご講演

2019年08月07日 | 患者さんの知らないンプラント業界の話


今月末IOM例会で横山先生が講演されます。

往診歯科医療を長くして来られた先駆者で、総義歯始めとする義歯治療、高齢者歯科医療の大変な実力者です。

他では聴けない、お役に立つお話が聴けますので、是非皆さんお誘いの上ご参加下さい。

宜しくお願いします。
コメント

広島原爆の日

2019年08月06日 | 患者さんの知らないンプラント業界の話

 

今日は、人類は決して忘れてはならない日です。

コメント

インプラント寺子屋博多編

2019年08月05日 | 患者さんの知らないンプラント業界の話


昨日の日曜日、CHP研修室をお借りして、インプラント寺子屋博多編をやらせていただきました。

インプラントの本当の話、即時荷重インプラントの話、抜歯即時植立インプラントの話、総義歯の話、低侵襲外科の話を時間の限りさせていただきました。

まだまだお伝えしたいことが沢山あるので、次回11月10日の日曜日にお話されていただきます。

AAPシカゴから帰国直後ですので、その話もお伝えできるかと思います。


私は、より低侵襲で、より早く、より楽に治せる技術の伝道をしたい、それによって患者さん、業界に貢献したい、と志を立てています。

私自身も発展途上の者でしかありませんが、一緒に学び、一緒に向上して行く仲間を集って寺子屋をさせていただいています。

寺子屋は、私の命のある限り続けて参ります。

話を聴いてみよう、と思っていただける方、是非お越し下さい。

コメント

日本で有名な歯科雑誌クインテッセンス、世界のクインテッセンスは薄い

2019年08月02日 | 患者さんの知らないンプラント業界の話


世界のクインテッセンスはこんなに薄い。

日本のはメーカーの宣伝が沢山、だからやたら厚い。

メーカーが宣伝してれば、それに配慮した記事にならざるを得ない。

学問の世界とは違う、と言わざるを得ない、と思いますね。

日本のクインテッセンスも、宣伝なしにして、書ければ良いのですが…
コメント

細かい所に神は宿る、歯科治療とはそう言うモノでは

2019年08月01日 | 患者さんの知らないンプラント業界の話

歯科医療は、医療オンリーの仕事ではありません。

 

治せば良い、治れば良い、と言うのは大前提で当たり前のことで、ここに歯冠補綴、修復物の美しさ、芸術品のような美、審美が強く求められる仕事です。

 

たった1本の歯を人工的に造り上げる。

そこに、機能と審美が強く求められる、と言うことです。

 

患者さん側からしたら、専門家がする仕事なんだから自分たちの満足する治療してくれて当たり前、と思われるのでしょう。

 

しかし、そこには歯科医1人1人の美的センス、感覚があり、更に患者さん1人1人の美の好みが加味されて、単純な作業では達成できないものなんです。

 

 

ある患者さんが、当院でインプラント治療を受けられました。

インプラント治療は初体験で、生意気ですが、当院の治療が今後この患者さんの基準となるでしょうから、転居されたりしてしまったら、後を受ける歯科医院は大変だろうな、と思います。

 

そんな話はどうでも良いです。

インプラントが無事に骨と生着して、セラミックの型取りになりました。

 

で、良く見ると手前とか後ろの歯の修復物も2次カリエスになってしまっていて、これは拙いな、と言うことで、一緒に治させていただくことになったのです。

 

それで、真ん中インプラント、両脇天然歯で修復するので、まず綺麗に仮歯をプラスティックで作製して、歯並び、噛み合わせ、お口の中に入れて舌とか頬の触り具合とかを試しましょう、と説明をしました。

 

そうしたら、患者さんが驚いて、型取りして直ぐに歯ができて終わりじゃないんですか?と言われたのです。

 

逆にこれには私の方がビックリしてしまいました。

 

いや、技工士さんは模型しか診ませんから、お口の中の情報をできるだけ多くお渡しして、それで良いものを作っていただかないと、と説明をしたんです。

 

私の話を聴いて、患者さんが、そんな治療初めてです、と言われたので、、私は又驚いてしまいました。

 

何故かと言うと、その患者さんのお口の中には、これはお金掛けてるだろうな、と言うセラミックの治療が何本も為されていたからです。

 

模型だけ見て作るモノでは、私(マツゲン)は心配なので・・・私は一度入れたら10年20年と使って欲しい、と思ってますので・・・とちょっと前の先生に悪口になってしまいかねないな、と思いながら理由を話しました。

 

そうですよね、そうした方が安心出来ますよね、と患者さんが目をキラキラさせて喜ばれたので、私もホッとしました。

 

で、3本並びで歯並び、噛み合わせ、頬とか舌の当たる感じとかを慎重に気にしながら、綺麗に仕上げて、じゃあこれで使ったいただいて、OKいただきましたら、それを複製する形で技工士さんに仕上げていただきますね、とお話したら、とても喜んで下さいました。

 

そして、治療が終わり、診療台を降りる時に、その患者さんが私に向かって、さすがですね、ご紹介いただいて良かったです、細かなことにまで考えられてるんですね、とお褒めの言葉をいただきました。

 

いやいや、ごく普通のことをしてるだけなんですよ、だって、新しく入る歯は患者さんの身体に一部となって長く使われるんですから・・・いい加減に作れませんから・・・と私はお返ししました。

 

 

こんなことがいつものように昨日もあったんです。

 

本当は、当たり前のことをしているだけ、だと私は思っています。

 

でも、それで細かなことまで気にしてくれてる、と言われるのは、この業界の問題点だ、と思います。

 

 

だから、最初に書いているように、ただ治せば良いとか、治れば良いとか、ではない、芸術品を魂を込めて造り上げる、と言う感覚を、業界に向かってお願いしたいです。

 

歯の形一つとっても、局面の曲がり具合とか、溝一つ造ってもそのくねり方の感じとか、咬頭の盛り上がり方にしても患者さんの個性に合わせるとか、細かなこだわりを一つ一つ大事にして修復物だ、と全く分からない仕上げを患者さんにプレゼントして欲しいのです。

 

それが、私の仕事のこだわりで、だから、手術後の美しさ、お顔が変化がない綺麗なままであること、腫れないこと痛がらせないこと、にこだわっているんです。

 

こんな治し方を常に提供したい、と心から願っています。

お顔の状態は手術翌日で、腫れもないし痛みもない状態です。

勿論、インプラント修復は、私の手術なので抜歯即時荷重インプラント、です。


治った後の写真では、頑張った感じで自然にできてる、周りに合ってカモフラージュされている、と思います。


で10年以上経っても、下の写真のようだと嬉しいですね。

どこがインプラントか、患者さん自身良く分からない、とまで言って下さってる状態です。

 

細かな所に神は宿る。

 

そこを大事にして欲しい、と切にお願いして、今日のブログを閉じます。


PS:忘れてました・・・私には髪は宿ってません、悪しからず・・・

 

コメント

悪質な患者さん実例 こう言う人がマスゴミにいて歯科の情報を書くのかも

2019年08月01日 | 患者さんの知らないンプラント業界の話

コメント