直ぐに歯が入る腫れない痛まないインプラント 日本口腔インプラント学会専門医 即時荷重専門書著者が患者さんの為に情報提供 

腫れない痛くない手術で直ぐに歯が入るインプラント治療のパイオニア日本口腔インプラント学会専門医が患者さんの為に情報提供

ツバの広いインプラントへの私の疑問

2018年11月30日 | 患者さんの知らないンプラント業界の話




先日書きましたが、こう言う形態のインプラントには、まだ私には危惧する点があります。

ストローマンも、こんな形態のインプラントを出そうとしてます。

ジョイント部のメタルの薄さ、上部の冠からの力を受け止める機構、頑丈さに、私は心配してしまいます。

噛む力の強さは、本当に怖いものですから。

私にはジョイント部の脆弱な、太いインプラントにしか見えません。

太いくせにジョイントは弱い、訳の分からないインプラントだ、と私は思います。

そして、インプラント周囲炎のリカバリーはまずできないだろう、と思われる形ですから、何故使うのかなおさら理解に苦しみます。

即時荷重したいがためだけに使うのなら、普通にストローマンとかのインプラントでできますから。


こうやって、10年以上経っても綺麗なままの抜歯即時植立即時荷重インプラント治療、ができてますから。

今までのデザインのインプラントで、長く安定した審美的インプラント治療ができるのだから、それで良いのでは?と私は思います。

まあ、私の私見ですが…

コメント

下顎全顎抜歯即時植立即時荷重インプラント手術後の本物のご報告 腫れ痛みない新しい手術の時代へ

2018年11月30日 | 患者さんの知らないンプラント業界の話




昨日はこの方の下顎の全顎的抜歯即時植立、即時荷重インプラント手術、同時の骨造成GBRによる顎堤再建手術でした。

かなり大きなインプラント手術をさせていただいた、と言うことです。

そして、手術翌日の状態がお顔の写真です。

麻酔が効いてる時に、右下の唇を噛んでしまわれて膨らんでしまいましたが、それ以外は殆ど腫れ痛みなく、痛み止めのお薬も飲まれずに済んだそうです。

ごく普通にお喋りをされ、大きな手術で不安だったけど、予想していたよりも全然楽で、大丈夫だったと喜んでいただけました。

普通にお仕事もされているそうです。
自営業の方なので、休めないとのことで、うちに来て下さったそうです。

ご期待に添えて、とても嬉しいです。


腫れない痛くない手術をいつもしたい、と言ったら、昔は何言ってんだ、荒唐無稽なバカなことを、と笑われました。

しかし、今では私の手術の殆どが、このような嬉しいご報告をいただける術後経過を辿ります。



この方も、右上下の親知らずの抜歯、右下の大臼歯の抜歯即時植立即時荷重インプラント手術を1回の手術でしたが、術翌日のお顔はこのように何ともない状態でした。

この方もかなりの大きな手術でしたが、腫れも痛みもない状態を創り出せました。

腫れ痛みのない、身体に優しい手術は可能な時代になったのです。


松元教貢歯科医院は、新しい素晴らしい身体に優しい手術のパイオニア医院です。

お困りの方は、ご相談下さい。
コメント

11月29日(木)のつぶやき

2018年11月30日 | Weblog
コメント

抜歯即時インプラントのデザイン 私の考え 本当に安心な即時荷重インプラントとは?

2018年11月29日 | 患者さんの知らないンプラント業界の話




今日も、下顎の全顎的抜歯即時植立、即時荷重インプラント手術でした。

私は、皆が即時荷重に否定的だった2000年から手掛けて来ました。

それから18年経った2018年では、直ぐに歯が入るインプラント治療として手掛ける方も増えて来ているようです。

そして、近年やられている即時荷重インプラントは、インプラントのデザインが、強く植立トルクを得られるように特殊なデザインになっているモノが増えて来ているようです。

その特徴は、ネジの形態が非常にツバの深い骨に噛み込む形態をしてるモノ、が多く見られます。

具体的には、ノーベルのアクティブ、メガジェン、そして新しく出るストローマンのモノもそうです。

即時荷重を達成できる為、と考えるなら、確かに植立トルクを強く得られやすい形なのでしょう。


しかし、私は即時荷重インプラントしてても、あのようなデザインのインプラントは決して用いていません。

それは、今回の患者さんのレントゲン写真を見ていただいても分かると思います。

なぜ、新しくデザインのインプラントを使わないのか?

それは、私なら今までのデザインのインプラントで、充分に即時荷重インプラントできるからです。

つまり、私にはそこまで深いツバのネジ型のインプラントは要らない、と思うからです。


そして、私はあのようなデザインのインプラントは怖い、と感じられるからです。

何かが起きた時に怖いインプラントデザインだ、と感じられて仕方がないからです。


ネジのツバが深いと言うことは、確かに初期固定は強く得られるかと思います。

しかし、もしインプラントが即時荷重に失敗して動揺したら?

多分、インプラント周囲の骨はかなり失われてしまうでしょう。

世界的にも、インプラントは太いモノは避けるべきだ、と分かって来ています。

そんな中、即時荷重できる為に、芯の部分は細くてもツバが広く横に広がっている形態のインプラント形態は、私的にはない、と考えています。

つまり、太いインプラントと同じだ、と私には見えて仕方がないのです。

ですから、私は決してあのような独特の深い、深過ぎるネジ型のインプラントは使いたくありません。

私は、あれは太いインプラントだ、と明言します。

そして、何より私は、私の実力なら、今までの使い慣れて来た形態のインプラントで、充分に即時荷重できますから、要らないのです。


もう一つ、明言します。

あんな深いツバのネジ型で、もしインプラント周囲炎になったら、リカバリーできるのか?と言う大きな疑問が拭えませんから、使いたくないのです。


患者さんの皆さん、直ぐ歯が入る即時荷重インプラントと言っても色々あるのを知って下さい。


本邦で、誰よりも早い時期から長く即時荷重インプラントをして来た私だからこそ、警告をこうして明言して残して置きます。

即時荷重インプラントのやり方には、色々あります。

が、次を考えた時、それは安心できるモノなのか?

よくよく考えて欲しい、と思います。


コメント

11月28日(水)のつぶやき

2018年11月29日 | Weblog
コメント

EPARK歯科、我々同業者で評判悪いですね〜

2018年11月28日 | 患者さんの知らないンプラント業界の話


やらかしてますねEPARK歯科。

関わらなくて私良かった。
コメント

金属アレルギーの心配の要らないピュアジルコニアインプラントによる審美インプラント治療 抜歯即時で手術は1回だけ

2018年11月28日 | 患者さんの知らないンプラント業界の話



最近、金属アレルギーを心配される方も増えています。

この方も、インプラントに使われるチタンでのアレルギーを心配しておられました。

チタンは、生体親和性の高い金属で、殆ど拒否反応、アレルギーの心配はない、と言われています。

しかし、本当にごく稀ですが、これはアレルギー反応ではないか?と言う報告もされています。

そこで、新しく開発応用され出しているのが、ピュアジルコニアによるインプラントです。

ジルコニアは、チタンよりもアレルギーを起こし難いと言われていて、チタンと同じく骨とくっ付くと考えられているのです。

と言うことで、インプラントはしたい、だけどチタンアレルギーが心配、と言うことで、この患者さんに初めて使わせていただきました。

抜歯即時植立手術で1回だけでしました。

直ぐに歯が入る即時荷重審美インプラント治療です。

私の手術ですから、腫れない痛くない、身体に優しい手術を追求しています。

手術して4ヶ月足らずでセラミック冠まで入りました。

その後、定期的メインテナンスで来られるたびに記録写真を撮らせていただいてます。

私の手術の特徴で、シンプルなタイプのインプラントを用いて最小限の介入しかしていませんから、処置後の変化は殆どありません。



こちらの方のインプラント治療が10年以上経過しています。

10年以上前ですからチタンインプラントです。

今回のピュアジルコニアインプラント治療も、同じように経過を辿る、と予想しています。

何故なら、治療の基本原則は全く同じ、だからです。

シンプルに楽に治り、長く安定して美しい結果、のインプラント治療を、これからも提供してまいります。




コメント

11月27日(火)のつぶやき

2018年11月28日 | Weblog
コメント

親知らず見事に腫れましたね、内田理央さん。

2018年11月27日 | 患者さんの知らないンプラント業界の話



これが一般的ですね。



でも、ちゃんとやれればここまで腫らしません。

腫れたり、痛くなったりしたくない方は、ご相談にお越し下さい。

コメント

11月26日(月)のつぶやき

2018年11月27日 | Weblog
コメント

抜歯即時植立、即時荷重審美インプラント、1回だけで終わる腫れない痛くない手術

2018年11月26日 | 患者さんの知らないンプラント業界の話



前歯をぶつけて、なんとか治してても、長く経つと歯根がダメになることも多いです。

そう言う時こそ、腫れない痛くない1回限りの手術で綺麗に治せるインプラント手術の得意な私にお任せ下さい。

始めからちゃんと仮歯も入りますから、生活に支障は与えません。

本当に腫れたり痛んだりしませんから、仕事も家事も普通にできます。

普通にできることを、患者さんを守る。

それがうちのコンセプトです!

コメント

11月25日(日)のつぶやき

2018年11月26日 | Weblog
コメント

11月24日(土)のつぶやき

2018年11月25日 | Weblog
コメント

サイトプラストによるオープンバリアーメンブレンテクニック 患者さんに優しい低侵襲な骨造成GBRは本物ですよ!

2018年11月24日 | 患者さんの知らないンプラント業界の話

オープンバリアメンブレンテクニックによる、患者さんの身体に優しい低侵襲な骨造成GBRが何故良いのか?にもかかわらず、何故批判を受けるのか、に付いて、真面目に少し長くなりますが、書かせていただきます。

 

従来の骨造成GBRは、造成したい分だけ増やした骨を、完全に粘膜で覆って、その中で骨の細胞が固まって治って行く、と言うのがゴールデンルールでした。

 

何故、完全に覆わないといけないのかと言うと、お口の中ですから、患者さんの日常生活のお口を使う、食事する、お話する等々で、造成したい骨が流れ出てしまう、食べ物とかプラークなどが混じって、感染を起こして全部ダメになってしまう、などのことが考えられて来たからです。

 

その為に、当初はゴアテックス社の開発したGTR膜を使用して、骨造りたい部分を造成し、それを何とか軟組織で覆う、そしてその状態で治るのを期待する、と言うのが骨造成GBRの考え方でした。

 

ところが、ここに大きな問題が生じ、GTR膜は血液の流れを悪くしてしまうと言う欠点があり、覆ったはずの歯茎が裂開してしまう、つまりGTR膜が露出して歯茎に穴が開いてしまう、と言うことが頻発したんです。

 

一説にはほぼ半数であった、と言われています。

 

歯茎に穴が開いてしまうと、GTR膜を通過してバクテリアの感染を起こしてしまい、当初計画していた骨造成GBRよりも小さくなったり、酷い時には元々より難しい状況に陥る、と言うことも起きていました。

 

それでもその当時は、その方法しかなかったので、皆が何とか裂開しないように、上手に手術するように試行錯誤していたんです。

 

そんな中で、サイトプラスト膜と言う新しいGTR膜が出て来ました。

 

これは、ゴアのGTR膜と違って、歯茎に穴が開いても中には感染を起こさない、膜を通過してバクテリアとかが侵入できない、と言う特徴を持っていました。

 

それで、サイトプラスト膜に関しては、裂開が問題にならない、何故ならこの膜はバクテリアが通過できないから、と言う新しい骨造成GBRの考え方が出て来たんです。

 

そして、その応用として、敢えて完全に歯茎で覆わなくても良い、足りない歯茎を何とかして引っ張って来て縫い合わせる必要もない、と言う手術術式で大丈夫では、と言うことをし始めたのです。

 

それまでのゴアのGTR膜による骨造成GBRでは、何とか歯茎で覆う、と言うことをしてきたため、歯茎を伸ばす手術も必須で、その為に骨はできたけれども、歯茎が頬とか唇の内側が地続きになってしまう、つまり見た目上、顎堤は平らになってしまった、と言う弱点があったんです。

 

その為に、骨造れた後、今度はできた骨に沿って歯茎を新しく創り直さないといけない、何処かお口の中から(ほとんどの場合口蓋の歯肉)を切り取って移植する、と言う手術が必要になってしまってたんです。

 

この軟組織作りの手術が、結構患者さんにはこたえるんです。

 

骨造りの手術が大変だった、その上で又大変な軟組織移植の手術、と患者さんのダメージが大きくなってしまう訳です。

 

それで、上手く行けば良いですが、骨造成GBRも歯茎の移植手術も、大変難易度が高く、1度で上手く行くと限らない、と言う問題点もありました。

 

そうなんです、何度も手術しなければならない、と言うジレンマに陥ることが起きかねないんです。

 

それを、サイトプラスト膜使った骨造成GBRなら回避できるんです。

 

元々、歯茎に穴が開いてもバクテリアの侵入はない。


そして、歯茎を何とかかんとか寄せて、顎堤を平らに小さくしてしまうこともない。


なのに、ちゃんと骨もできるし、歯茎の顎堤もできる。

 

 

良いとこ取り、の骨造成GBRに思えますよね。

 

その通りなんです。

 

1回の手術したら、後は顎堤の治るのを待つだけで済む。


それが、サイトプラストのGTR膜使った骨造成GBRです。

 

 

ちゃんと15年以上の臨床経験の積み重ねもあり、ルールにのっとったちゃんとしたやり方すれば、比較的簡単に骨造成GBRできる。


それがオープンバリアメンブレンテクニックです。

 

 

では何故、批判されてしまうのか?です。

 

それは、余りにも従来の考え方・治し方と、考え方・治し方が違うからです。

 

歯茎で覆う考え方して来たDRからしたら、そんな歯茎開いて大丈夫な筈がない、と信じられない、と言うことなんです。

 

そして、やって見たけど、骨の出来具合が悪いとか、です。

 

私に言わせれば、おいおいチャンとしたルール通りにしてるんかい?です。

 

オープンバリアでできるから、と話で聴いただけ、でしてませんか?です。

 

そこはちゃんと教わらないと、とハッキリ申し上げます。

 

私が、ここで書くのは失礼にあたるので、書きません。


それはちゃんとした先生に習って下さい。

 

その上で、ちゃんとできるように成って下さい。

 

オープンバリアメンブレンテクニックは、本当にちゃんとしてるモノですから。

コメント

11月23日(金)のつぶやき

2018年11月24日 | Weblog
コメント