直ぐに歯が入る、腫れない痛まない、早く治るインプラント 日本口腔インプラント学会専門医 即時荷重専門書著者から情報提供 

腫れない痛くない手術で直ぐに歯が入る、早く治るインプラント治療のパイオニア 日本口腔インプラント学会専門医が情報提供

歯周病治療と抜歯即時即時荷重インプラントを並行に進め、効果的に早く綺麗に治る!

2016年06月30日 | 即時MI審美インプラント治療の話

歯を失う最大の原因は、いまだに歯周病です。

歯周病が怖いのは、自覚症状も余りないままに進行し、具合が悪いなと気が付く時には相当に悪くなってしまっている、と言うことです。


そうやって歯を失ってしまう方がかなり多くの方なのです。


歯を失えば、その後はブリッジ、部分入歯、インプラント、何もしない、に成ります。


ブリッジは自分の歯を削ることになるので、現在ではかなり嫌がられます。

部分義歯は、違和感が強く、しかも機能も弱く使えないので、やはりしたくない、と言う方が殆どです。


そうなるとインプラント、となるのですが、歯周病が絡むとインプラントの予後も不安になる為に、世界的にも歯周病治療をキチンとしてから、と言うのが推奨される治し方、とされています。

しかし、それでは歯がない期間がかなり長く続き、患者さんは困ってしまいます。


それを解決するのが、歯周病治療と抜歯即時植立即時荷重出来るインプラント治療です。

これならば、インプラントで固定式の歯が入りますし、時にはインプラントで歯周病で揺れる歯を固定して救う、と言うことも出来ます。


今回紹介している3症例は、どの方も歯周病で歯がなくなって、直ぐにインプラントで歯を蘇らせた方々です。


但し、このような治療は非常にアドバンスでハイレベルな治療とされています。

歯周病治療、インプラント治療、噛み合わせ治療、メインテナンス全ての総合力が問われますので、先ず他では出来ない治療方法です。


歯周病治療でお困りの方、歯がなくなるけど直ぐに歯が欲しい方、当院にご相談下さい。









コメント

健康保険制度での歯科治療では、並行して複数の医院に掛かることは禁じられています。

2016年06月30日 | 患者さんの知らないンプラント業界の話

患者さんに意外に知られていないのが、健康保険上の歯科治療を受ける場合、並行して複数の開業医院に掛かることは禁じられている、と言うことです。


これは法的に禁じられていることで、その理由としては、架空請求とかの犯罪行為をさせない為で、厳密に取り締まることになっているのです。


治療途中で、転居等の止むを得ない事情がある場合には、その月だけは認められるのですが、それが常態として並行して2つの歯科医院に通って治療を受ける、と言うことは出来ないのです。


当院でも、有難いことに友人の先生からご依頼を受け、インプラント治療とか外科治療とかをお受けすることがあるのですが、患者さんに上記のことを説明すると驚かれることがほぼ100%です。


なので、常態として治療を並行する場合には、どうしても当院の治療は自費扱いにせざるを得ません。


その場合には、保険診療費の計算に基づいて3割ではなく10割でいただくようになります。


以上の様なことは、患者さんの認識、思っていることとは相当に差があるようですので、改めて記載させていただきます。



コメント

6月29日(水)のつぶやき

2016年06月30日 | Weblog
コメント

抜歯したらそこの部位だけでインプラント植立し、GBR骨造成、歯茎造成、仮歯装着します!

2016年06月29日 | 即時MI審美インプラント治療の話

今日は、時間が出来たので久し振りに母校の図書館に3時間ほど籠って、お勉強をして来ました。


しかし、そこで読んだ日本のインプラント臨床例の報告には、愕然とさせられ、かなりショックを受けました。


その理由は、今尚大きく切り開いたり、今回症例で出しているようなインプラント治療の場合には、これが低侵襲なの?と疑われるような手法までが取られているモノがばかりだったからです。


果ては、有形弁歯肉移植手術方法が、傷口が綺麗に縫われてしまえば、生傷が晒しものにはならない、と言う理屈で低侵襲である、とまで主張される始末で、何が低侵襲なんだ!と怒りたくなってしまったのです。


それも書いている世代が、私より全然若い!なのに、お頭の中がメッチャ古い!ガッカリでした。


私の治し方は、何も隠してません。

この写真の通りです。


一切傷口が何処にあるのかも分かりません。

縫合すらもしなくて済むように解決しています。


勿論、中ではGBR骨造成とか歯茎造成するように、ちゃんと処置しています。


出来るんです!

わざわざ大きく切り開かないでも、患者さんに痛がられるような仕方しないでも。


コツを一つだけお教えすると、中で膨らませる、増やすんです。


これ以上のことが知りたい方々は、寺子屋に来て下さい。


私は嘘も偽りも吐きません。


ラム先生直伝で、日本人向けに13年以上改良し続けて来た工夫をすれば、何にも傷口付けないで治せるんです。


これこそが本当の低侵襲ではないでしょうか。


当然患者さんは、腫れもしませんし痛みもない状態で治癒しました。


これが本当の世界最前線です。

でも、私はもうこう言う仕事を何年もし続けて来てて、ここ最近始めた程度の者ではありません。


だから、代表的実例写真を常に出し続けています。


抜歯の傷口だけで治す。

それが本当の低侵襲だ!と宣言します。



コメント

6月28日(火)のつぶやき

2016年06月29日 | Weblog
コメント

当院オリジナル 抜歯して直ぐに綺麗な歯が綺麗な傷口で入り、そのまま治せるインプラント治療をし続けています!

2016年06月28日 | 無痛快適インプラント治療の話

最近になって漸く、私が公開し続けて来たようなインプラント治療症例が、facebookでも見受けられるようになって来ているようです。


抜歯したら、その日のうちに綺麗に病巣を取り切り、適切な残存骨を利用してしっかりとインプラントを植立し、その周囲に骨造成、歯茎再生して綺麗な仮歯を装着する。


新しい治療のように思われているようですが、私自身ではもう何年も前からして来ている治し方です。


恩師ラム先生にシリコンバレーのオフィスで薫陶いただいたのが2003年。


その時にこの写真の様な殆ど傷口が何処にあるのか分からない、全く切り開かないで抜歯したその穴からだけでインプラント手術する技法を習いました。


それ以来、私もその方法に沿って、大きく歯茎を剥がさない、余計な傷口は一切付けない、愛護的安楽安心の低侵襲外科で殆どの外科手術を行うようになって行きました。


その成果が、今回載せている写真のような成果となって結実しています。


2枚目の写真が、インプラント植立して骨とか歯茎を少し造成している状況での写真です。

他の先生方が公開している症例のとの大きな違いは、3つあります。

①歯茎が凄く綺麗で切り傷等が一切ないこと、

②歯茎が凄く変色したりしていないこと、

③縫合している糸などが一切ないこと、

以上です。


これがラム先生直伝の愛護的安楽低侵襲手術のやり方です。


そのお蔭で、腫れや痛みも殆どなく、治癒期間も短い、と言う奇跡みたいな結果も出せることも出来るのです。


従来のインプラント治療方法だったら、こう言う風に綺麗に治すのに1年半近く掛かることも起こりますが、この治し方なら4か月程度なのです。


楽に綺麗に早く治せる理由は、やはり生体を殆ど傷付けない、身体の治る力を最大限に引き出せているから、だろうと私は考えています。

つまり、従来のやり方は、身体に負担を掛け過ぎている、と思うのです。


ラム先生は、良く最小限の侵襲、最大限の効果、と言われます。

全くその通りだ、と私も自分の結果を見て信じています。


この症例だけではありません。

このように殆ど同じ治し方で、似たような綺麗な成果を出し続けて来ています。



歯を抜くことになってしまって、インプラントで治したい、と思われるなら、痛くなく楽に早く綺麗に治したい、と思われるなら、当院にご相談下さい。


紹介した写真のように、綺麗に楽に早く治せる方法をご一緒に考えさせていただきます。

コメント

6月27日(月)のつぶやき

2016年06月28日 | Weblog
コメント

歯科医療連載、最新記事校了しました。

2016年06月27日 | 患者さんの知らないンプラント業界の話

即時荷重インプラントの最前線と銘打たれた私の新連載。


一番新しい記事の校了が本日終了しました。


季刊歯科医療最新号は、7月10日以後を目安に発刊される予定です。


インプラント業界の世界、国内の細心の潮流の流れ、動向を解説し、更にもっとも抜歯即時植立即時荷重インプラント治療が難しいと言われている上顎の臼歯部への症例を解説しております。


毎回毎回上顎臼歯部ばかりで面白くないかな、とも思ったのですが、上にも書いているように上顎の臼歯部こそ骨が薄く、密度も低く、即時荷重インプラント治療が難しい、と言われる部位ですので、最前線と言う名に恥じないように、ここまでのことが日常的に出来ているのだ、と言うことを証明する為に続け様にあげているモノです。


ご理解いただきたいのは、私の場合こう言う治療方法をもう10年以上も前からし続けて来ていること、決してまぐれとか偶然、偶々とかで成功させている症例を供覧しているのではなく、即時荷重することを狙い、かなりの高い確率で成功させ続けている、と言うことです。


そのような実例は、世界的にも殆どないモノです。


facebook内や私のfacebookページで、次々と事例を紹介し続けて来ています。


インプラントを植立、埋入したら、その日のうちに固定式の歯を綺麗に装着する、即時荷重インプラント治療の普及の為に私は16年以上頑張り続けています。


2016年6月現在でもインプラント手術報告がネットで散見されますが、部分的に歯がない所へのインプラント治療で即時に歯が入っている実例は見受けることが出来ません。


実に悲しいです。


私自身は2000年、16年も前からしていることが、日常では起きていないんです。


インプラントが入ったら、そこにはちゃんと固定式の歯が入る、そうインプラント治療が患者さんの為に一層普及しますように、心から祈ります。


又、有志の先生方には、どうぞ私は全てを公開しておりますので、セミナーにご参加いただきたい、とお願い致します。


患者さんは、歯が欲しいんです。

別にインプラント埋めて欲しくて来ている人はいません。

取り外しの入歯ではなく、自分の歯のように固定されて歯が入るから、インプラントを埋めて貰いに来るんです。

その為に、嫌な手術を我慢して受けて下さっているんです。


なら、最初から歯を入れてあげたいじゃないですか?

歯がなくなって、淋しい気持ちになってしまった患者さんの気持ちを解決して差し上げたいじゃないですか?


だったらそう言う解決方法を創り上げてでも治して差し上げたい、と思いませんか?


私はそう思いました、2000年の時。


だから前例がない、エビデンスがない、と言うことは百も承知の上で、慎重にも慎重を重ね、異常な程小さな変化すら見逃さず適時対処し、誰もやったことがない部分即時インプラント治療、片側遊離端欠損へのと言う無謀な挑戦と詰られた治療を始めました。


今では2時間程度で出来るだろう症例でしたが、一番最初の症例では丸1日掛かりでした。


朝10時には患者さんが来て、帰られたのは夜10時過ぎてました。


それ位大変でした、初めてでしたから。


右も左も分からない、誰にも教えて貰えない、勿論教科書なんて何処にもない、そんな状態でした。


全ては手探り、その場その場での解決を必死で積み重ねる、それしかありませんでした。


16年過ぎた今、かつて12時間掛かったモノが6分の1の2時間で出来ると豪語出来るまでになりました。


更には症例を広げて行って、遂には最も難しいとされる上顎臼歯部の部分欠損でも即時荷重出来る症例が次々と生まれるようになりました。


私自身は出来るようになりました。

だから次は、このバトンを次代へと渡そうと頑張っております。


全ては患者さんの為、業界の未来の為。





コメント

6月26日(日)のつぶやき

2016年06月27日 | Weblog
コメント

6月25日(土)のつぶやき

2016年06月26日 | Weblog
コメント

6月24日(金)のつぶやき

2016年06月25日 | Weblog
コメント

6月23日(木)のつぶやき

2016年06月24日 | Weblog
コメント

本日の抜歯即時植立即時荷重インプラントバッチリでした!上顎の臼歯部超難易度高いモノです。

2016年06月23日 | 患者さんの知らないンプラント業界の話

上顎小臼歯部の歯根破折による病巣抱えての抜歯即時植立即時荷重インプラント、非常に上手く行きました。


動画はFBの中で挙げてありますので、本当に出来ている証拠でご覧下さい。


良かった良かった。


このまま何事もなく治りますように、天に祈ります。

コメント

サイナスリフトが危ない実例 インプラント治療で先見性を持つ、と言うこと

2016年06月23日 | 患者さんの知らないンプラント業界の話

上顎の骨が薄い場合に、出来るDRほどサイナスリフトを患者さんに勧めます。


しかし、必ずCTで、血管特に動脈の存在を確認することを忘れてはいけません。


このCTも患者さんの実例です。


小臼歯の斜め上、骨の壁の中に丸い穴が見えています。


これが動脈です。


これを安易にサイナスリフトで切ってしまったら、大出血してしまい、しかもこの部位は止血が物凄く大変なんです。


この出血を止められるDRは相当の凄腕です。


でも、そう言う凄腕DRなら、こう言う危険な症例は美しく避ける手術の仕方をするでしょう。


その手技に関しては、ここでは詳しくは書きませんが、怖いのは軽く考えるやりたがりのDRなんです。


そう言うDRは自分では分かってないので、とっても怖いんです。


だから、患者さん自身が賢くならないといけません。


サイナスリフトだけではなく、インプラント関連の手術受ける時にはCT!を必須と良く覚えていて下さい。


これからの時代、危険性が増している、と私は危惧しています。


私はCTを2006年10年前から頑張って導入し、常に安全安心を確保すること、を最優先しております。


mixでかつて東北地方の某DRとCTの必要性で、大喧嘩しましたが、結局その後そのDR自身が導入して過去の反省しているようで、ホッとしているなんてこともあります。

mixのインプラント相談とかで探されれば、読める筈です。


正しい先見性を持つこと、は時にその時代の中では浮いてしまい、凄い反発を招く、そしてそれに巻き込まれる患者さんがいる、と言う事実は知って置いて良い、と思います。


つまり、インプラント手術を頼むDRは良く吟味しないといけない、と言うことです。


くだんのDRもAll-on-4とかの症例をその当時自慢げに出していましたが、今ではとても失敗率が高く勧められる方法ではなく、しなくなっているDRが多い、と言うのが世界的にも分かっています。


ここでも正しい先見性が鍵、になりますね。


正しい先見性を持つ、にはドグマや偉い先生の言説を盲信しない、世界の学会で学ぶ、でしょうか・・・

でも、生意気ながらセンス、鼻が利くこと、も大きいかと思います。


私は事実、結果として、正しかった、と宣言は出来ます。


これからも、間違えないように、世界の動向を学びつつ、素晴らしい勉強会に出て、方向性を正しく保つように頑張り続けます!


7月21日の寺子屋では、そう言う話を沢山させていただこう、と決めております。


有志の先生方、ご参加下さい!



コメント

6月22日(水)のつぶやき

2016年06月23日 | Weblog
コメント