傷の見えない腫れ痛みのない怖くない手術、直ぐに歯が入るインプラント 日本口腔インプラント学会専門医

傷の見えない腫れ痛みのない怖くない、直ぐに歯が入るワンランク上のインプラントパイオニア 日本口腔インプラント学会専門医

定期検診で審美インプラントチェック、歯茎綺麗でホッとしました。

2020年10月19日 | 日々のインプラント臨床の話





この方も久しぶりに来られました。

武漢コロナのせいで、患者さんもかなり影響受けてます。

抜歯即時荷重インプラントで治されて、そのままの患者さんはとても心配です。

幸い歯茎とても綺麗で、ホッとしました。

武漢コロナのせいで口腔内環境悪くなって、後から大変な思いされる方が出すんだろうな、と心配です…

皆さんも、是非ちゃんと受診されますようにお勧めします。
コメント

天才を殺す凡人、とても共感できました!

2020年10月16日 | Weblog

天才を殺す凡人 職場の人間関係に悩む、すべての人へ https://www.amazon.co.jp/dp/4532322537/ref=cm_sw_r_oth_api_i_f3xIFbNJSS7B9

コメント

私親知らずの抜歯腫らせないので痛くしません。

2020年10月14日 | 日々のインプラント臨床の話





外科手術を初めて受ける患者さんは、とっても恐い思いを抱かれます。

大丈夫なのだろうか?

痛くて大変なんじゃないだろうか?

辛いんじゃないだろうか?

色々な疑問が湧いて、不安な気持ち、時には逃げ出したい気持ちを持たれるのも仕方がないことです。

それに対して我々はひたすら大丈夫ですよ、皆さん乗り越えてますよ、高校生とかの方もできてきましたよ、と励まして(私の場合禿げ増しですが)なんとか勇気を出していただいてやらせていただくしかありません。

だから、私はその唯一の解決の為に、絶対に処置に関しては痛みを与えないこと、つまり手術は完全に麻酔が効いていて痛みを感じないようにさせること、をお約束しています。

そして、完全に麻酔が効いていて、痛みのない手術をして、出来る限り小さく繊細で丁寧な美しい手術をするようにさせていただいています。

いわゆる身体に優しい低侵襲な手術を徹底してやっている、と言うことです。

具体的な細かな技術、手技に関しては、とにかく繊細に丁寧に綺麗に手術する、としか言いようがありません。

そのコツを言うと、組織を必要以上に傷付けない、となります。

そのように配慮してやると、腫らさないように終わらせられる手術ができます。

そして、腫らさないから痛くならないのだ、と私は確信しています。

要するに、痛くさせたくないなら、腫れ上がらせない手術をすれば良い、と言うことです。

今回の親知らずも、私のいつものように腫れも痛みもない、手術した翌日の洗浄に笑顔で普通にお話しできる状態で来られるようにできました。

それは、インプラントの手術でも、歯周病の手術でも全く同じです。

多少時間を犠牲にしてでも、繊細に丁寧に綺麗に手術をすること。

決してむやみに急ぐことなかれ、と言えます。

この言葉は、恩師であるラム先生から贈られた言葉です。

むやみに急ぎ、かえって治りを悪くして、患者さんに申し訳ないことにならないように、と言うことです。

恩師の言葉を胸に、これからも私は腫らさないから痛くならない、身体に優しい低侵襲な手術を推進して行きます。





コメント

インプラント寺子屋2020リブート最終回11月12日 総義歯とインプラント全力でお話します。

2020年10月13日 | 患者さんの知らないンプラント業界の話


インプラント寺子屋2020リブート最終回。

総義歯とインプラント編です。

私は今のインプラント業界に、特に全顎的即時荷重インプラント業界に大いに文句があります。

最も大きな文句は、やたら即時荷重で噛めることにだけ価値観を置き、固定された歯、歯列さえあれば良い、と言う価値観であり、それに異を唱えます。

噛むこと、咀嚼すること、飲み込むこと、息をすること、声を出し話したり歌を歌ったりするのが口、口腔組織です。

それには、歯、歯列だけでなく、舌、口腔粘膜などの周囲組織も多大に影響しているんです。

そこを全く分かってない、としか言いようのない全顎的即時荷重インプラント治療が大手を振ってまかり通っているのは、絶対におかしい、と声を大にして明言しますし、こうして記して明記して置きます。

後々の世で、おかしなものがまかり通っていたと評価が確定する時に、あの頃の奴らは何してたんだ、と言われたくないからです。

その解決の唯一の道として私が提示しているのが、総義歯を修得した上でインプラントをやること、です。

総義歯こそは、全ての歯がなくなった口腔内に収まる歯、歯列を創り上げられる唯一のものだから、です。

何処に歯を歯列を創るのか?の答えは総義歯がもう50年以上も、いや歴史を辿れば500年も前から見出してるのです。

これだけのエビデンスを確立してる学問は、歯科界にはありません。

何処に歯、歯列を創るのか?の答えを教えてくれる総義歯を学ばずして、インプラントだけ埋めて無理やり歯、歯列を作ればどうなるのか?

殆どの場合、舌が窮屈な歯並びになり、それに伴い、頬、唇の裏側は隙間だらけになって食べ物は溜まりやすく、お顔の下半分は年寄りくさい衰えた顔になってしまいます。

それは、そう言う全顎的インプラント治療を手がける専門家は、総義歯を修得できてないからです。

個人的責任で明言します。

奴らは総義歯が下手くそだ!

そんな奴らがやる全顎的インプラント治療が良い訳がない!です。

患者さんは仕上がりの状態がどうなるのか?をよくよく確認されるべきです。

失われた骨、まっ平に削り落とされた骨は、決して再生しません。

安易に騙されて骨を失うインプラント治療を受けないで下さい。

見た目だけに騙されてはいけません。

骨の状態、歯茎の状態、歯、歯並びの状態、舌の状態、お顔の状態がどうなるのか、を厳しく問い詰めて下さい。

そして、それがこの後の長い人生で続くこと、どう守ってくれるのか、も厳しく問い詰めて下さい。

そうすれば被害に遭わないで済むかも知れません。

個人名とかを挙げて批判することはここではできませんが、私の元に来て下さらればその場だけの話で本音の話をもっとできます。

口の上手い奴に騙されないで下さい。


私は次回のこのセミナーで、専門家向けに本当の総義歯から見えて来るインプラント治療の理想の姿を解説します。

私に言わせれば、総義歯分からずしてインプラントするな!の話をです。

最後にもう一度言います。

口の上手い全顎的即時荷重インプラント治療する輩に騙されませんように。

コメント

歯科医療最新号出ました。コロナに負けないインプラント臨床を書きました。

2020年10月12日 | 日々のインプラント臨床の話





武漢コロナで大変だった時期に、どうしても解決して差し上げなければならなかった抜歯即時荷重インプラント治療を、審美部位にさせていただいた経験を報告しました。

感染防御に最大限配慮し、腫らさず痛がらせず、短時間に美しく治すインプラント治療のノウハウを解説しています。

ご拝読宜しくお願いします!


コメント

歯科関係者これを是非受講して下さい!

2020年10月10日 | Weblog



QRコードからアクセスして、カード決済が一番楽でした。

アプリダウンロードしないといけませんが…


今後30年間、こう言う学問がとても求められる時代になります。

高齢者を如何に看取るのか?

そこに歯科は何処まで関わるのか?

そして、そうならない、そんな状態に落ち込ませないための歯科医療介入は如何にすべきか?まで、我々は考えないといけない時代です。

私の生まれて来て、果たさなければならない使命は、ここにあるのかも知れません。

私自身も学びながら成長し、問題解決の一助となりたい、と思っています。

皆さん、共に学び、進みましょう。

最後の最期まで、患者さんのQOL向上に関われるのは歯科、です。

例え、明日この世界が滅びるとも、明日のために木を植えよう、です。

まさにそれができるのが歯科ですから。



コメント

Christoph Eschenbach | Gustav Mahler: 2. Sinfonie, Auferstehung | SWR Classic

2020年10月09日 | Weblog

Christoph Eschenbach | Gustav Mahler: 2. Sinfonie, Auferstehung | SWR Classic

これは凄い名演。

エッシェンバッハ素晴らしい!

コメント

インプラント治療も歯周病ベースで

2020年10月08日 | 患者さんの知らないンプラント業界の話


今週号の週刊新潮です。

是非お読み下さい!


コメント

鹿児島大学歯学部4年生講義「がん教育」山本みゆき先生

2020年10月08日 | Weblog

鹿児島大学歯学部4年生講義「がん教育」山本みゆき先生

コメント

昨日の抜歯即時荷重インプラント手術の結果、何ともなく過ごされてます。

2020年10月07日 | 日々のインプラント臨床の話







いつものように私のインプラント手術は腫れません。

腫れないから痛がられません。

このような結果を当たり前の世界に早く変えたいと願い、こうしてブログなどを通じて情報発信しております。

本物の即時荷重インプラント専門医を増やすために、私は頑張ります!

コメント

facebookライブ動画配信 抜歯即時荷重インプラント手術ご覧下さい。

2020年10月06日 | Weblog





どなたでも何時でも何処でも見れます。

リアルな抜歯即時荷重インプラント手術をご覧下さい。
コメント

凖強制わいせつ罪に問われている外科医の中学生の息子さんの悲劇 マスコミが報じないあってはならない悲劇

2020年10月05日 | Weblog




あってはならない悲劇です。

亡くなられた中学生が可哀想過ぎます。

お父さんの冤罪が晴れますよう、司法はまともな判断をお願いします。

コメント

全国民必見 あいうべ、鼻呼吸の大事さ 是非見て下さい!

2020年10月03日 | Weblog

https://www.youtube.com/watch?v=6tGcgG4BHxk
コメント

これは大変だわ、トランプ大統領まで武漢コロナ

2020年10月02日 | Weblog







コメント

悲しいことがこれ以上起きないように、この本をお勧めします。

2020年10月01日 | Weblog

それでも人生にイエスと言う https://www.amazon.co.jp/dp/4393363604/ref=cm_sw_r_oth_api_i_hpwDFb657VBZC

お願いです。

自殺者の森に堕ちるのは止めて下さい。

本当に心からお願いします。

コメント