腫れない痛まない手術に徹底してこだわるインプラント専門医 直ぐ歯が入る 即時荷重専門書著者患者さんの為の情報提供ブログ 

腫れ痛みなく1日で蘇る歯、即時荷重審美インプラントパイオニア 親知らず抜歯も腫れない最小侵襲手術 患者さんの為の情報提供

1月30日(日)のつぶやき

2011年01月31日 | Weblog
19:31 from Keitai Mail
今日は子供の誕生日が明日なので、坊主の希望でディズニーランドに行きました。寒さのせいか割りに空いていたみたいでした。時々雪が散らついてました。
22:31 from goo
嬉しい!本当に歯がある!1回イ... #goo_noritsugumatsumoto-implant1dr http://blog.goo.ne.jp/noritsugumatsumoto-implant1dr/e/3a566740c289cb7e8ac7c78409d296fc
22:42 from goo
嬉しい!本当に歯がある!1回イ... #goo_noritsugumatsumoto-implant1dr http://blog.goo.ne.jp/noritsugumatsumoto-implant1dr/e/3a566740c289cb7e8ac7c78409d296fc
by mgenchan on Twitter
コメント

嬉しい!本当に歯がある!1回インプラント手術だけなのに!

2011年01月30日 | 患者さんの知らないンプラント業界の話
私はもう10年以上前から、インプラント植立手術したその日から綺麗に歯を入れる、即時荷重と言われる治療をしてきました。

何だ当り前だろそんな事、と思うかも知れません。

確かに一般的には歯医者の治療で、歯があるのは当り前でしょう。
抜歯されて歯が無くなる以外には。

しかし、それは全くの誤解です。

実は、今尚インプラント植立手術したその日から綺麗に歯を入れるのは、先端技術であり、なかなか難しいものなのです。

え、嘘だろ、だってネットのHPやブログでは、すぐに噛めるとか、歯が入るのが患者さん皆に出来るみたいに書いてあるじゃないか?と思われるでしょう。

だからこそ、私がこうしてブログで話題にし、書こうとしているのです。

結論から言いますと、すぐに歯が入る治療は、私には出来ますが、他の方が出来てるのかどうかは分からないし、存じ上げません。

私はちゃんと論文としてまとめ、海外の一番権威がある学会PRDに出してますので、公的に実力は証明されている、と明言出来ますが、国内では他の方が出しているのは余り見ないし、論文に値する症例数、科学的考察論じたものは見た事がありません。
見た事があるのは、せいぜい2、3回やって見て上手く行った、と言う症例報告程度です。

これが実態です。


では、何故出せている、出しているんですか?と不思議に思われるでしょう。

それはネット内には何の規制もないし、基準、ガイドラインも法的にはなく、又幾ら作り話書いても罰則、罰金は今はまだないからです。
道義的倫理的責任は間違いなくある筈ですが、残念ながら今の厳しい歯科業界では背に腹は変えられない、まずは目立ち患者さん集めで、と言う止むに止まれぬ事情とやらが出てしまうのです。

そして、優しく丁寧に対応して、患者さんを一回抱き込んでしまえば、あなたには難しいですね、と説明して在り来たりなインプラント治療、何回もの手術をするとか、歯が入るまで何ヶ月も待たせる、とかにまとめてしまうのです。

そうすると、日本人の患者さんは素直で真面目で諦めの良い方が多いですから、先生が言うんだから、私には最初から歯が入るなんて無理なんだ、と納得してしまうのです。

こう言う現実を見せ付けられて、私は義憤で肩が震えるのを抑え切れません。

助かる、救われる筈の患者さんが、みすみす救済の道から外れて行くのが堪らなく気の毒だからです。


ここで話がズレますが、私の子供の頃の話を書きます。
救済と言う事に、何故私が半端ではない気持ち、情熱を持っているのか、その理由が分かっていただける、と思うからです。


私は整形外科医の息子として産まれました。

父は、その世界のゴッドハンドとして大変有名なDRです。

若かりし頃から有能であった父は、大学の医局の命で色々な病院を転勤させられ捲ってました。

医師と言うのは、転勤族なんです、特に優秀だと。

そして、私が幼い頃、伊豆のある大きな病院に父が行く事になり、家族全員で社宅住まいでした。

医者と言っても、若い頃は決して裕福ではありません。
どちらかと言うと田舎から米や野菜送って貰ったりしてましたし、私なんか継ぎ当ての服着てましたからギリギリの生活してた、と感じます。

昭和30年代は、まだまだ日本中がそれが当り前、の時代でした。

でも、私はワルガキそのもので、近所の友達と駆けずり回って遊んでました。

そして、社宅住まいでしたから、遊び場は病院の庭とかだったりしてたのです。

私は無邪気と言うか天真爛漫と言うか、有り難い事に病院の看護婦さんや患者さんにまで、皆に可愛がられるヤンチャ坊主でした。

ある日の事、私達はいつものように、病院の庭で遊んでいました。

父は専門が整形外科でしたから、患者さんには身体障害者の方が沢山いました。

身体障害者の方はリハビリが日課です。

リハビリの場は庭だったりします。

その周りを私達はキャーキャー賑やかに遊んでたのです。

そして、大事件が起きました。

ある身体障害者の患者さんが、リハビリで歩行練習をされてたのです。

その姿はピョコタンピョコタン、と言う感じで、ヤンチャ坊主達には面白く見えたのでしょう。

私達は、その患者さんの後ろに繋がって列を作り、そっくり真似をして皆でピョコタンピョコタンと歩いて見せたのです。

それを見ていた周りの大人達、入院患者さん、看護婦さん、ワルガキ達のお母さん方は思わず微笑ましく見ていたのです。

尚更得意になって私達は真似をしていました。

そこに父が通りかかり、烈火のごとく怒ったのです。

当然、私達はいきなり雷を落とされ、ワーワー泣いてしまいました。

父は患者さんに謝り、私達にも謝りなさい、ときつく叱りました。

そうしたら、その患者さん自身が幼子のした事なんですから、と庇ってくれたのです。

その時のその方の眼差し、何と表現すれば良いのか、私には分かりません。

本当の本物の強さ、諦観に満ちた真の暖かさ、でも奥底に哀しみを讃えている、そんな瞳。
未熟な私の表現力では表し切れていない、と思いますが慈悲に満ちた眼差しだったのです。

私達は泣きじゃくりながら謝りました。

良いんだよ、良いんだよ、と言いながら、その患者さんは微笑んでくれました。

この経験が、私の生涯にかなりの影響を与えています。

医学医療が幾ら進んでも、救われない方は悲しい事ですが、必ずいるのです。

そう言う運命に定められた人は、あの患者さんのように苛酷な宿命、命を生き続けなければならない。

医学医療の虚しさ、及ばぬ悔しさが、あの時の父の怒りの根底にはあった、と私は思います。


救えない悔しさ、力が及ばぬ辛さ、父は多分私達ワルガキの姿が、自分達医者への悪質なからかいに見えたのではないか、そう思います。

その気持ち、感覚は今の私には、父には及びませんが、多少なりとも分かります。

救える筈なのに救えない、しかも、医者側の実力不足でこのような事態が起きる事に、私はとても耐えられなくなったのです。

だから、学生時代余り真面目に勉強した記憶がない私ですが、社会人になってからの方が真面目に勉強し続けています。

いつも言いますが、総義歯の文献、専門書等は平積みで天井に届く程読んでいます。

根管治療の本もかなり読んでいます。

勿論、歯周病関連の本も世に出たものは一通り目を通しています。

インプラント関係は残念ながらまだまだ発展途上な為本だけでは足らず、大変ですが原著論文に当たるしかありません。

正直、これは辛いです。

自分が書く羽目になった時は、電話帳タウンページの厚いやつ2冊以上は読みました。

他の分野でも、私は半端じゃない位読みます。

全ては救えない辛さ、悔しさを克服したいから、他の誰も救えなくても私は救える力が欲しいからです。

その一念だけで23年以上頑張って来たらここまで来た。
それだけです。

苔の一念岩をも通す、の典型かも知れません。

私は救える筈なのに救えないのは嫌です。

何故医療人側から諦めるのでしょうか?

だから、私は生涯学び続けて行くつもりです。

そして、並外れた力を身に付け、今出来る限界と言われるレベルを遥かに超えて克服したいのです。

今日はかなり長くなりましたが、今まで語らなかった、語りたくなかった治す事への拘り、想いを書きました。

今私は断言出来ます。

手術したらすぐに綺麗な歯が入るインプラント治療はかなりの場合でも出来るのです。

治せない悔しさ、辛いのをこれ以上私は見たくないです。

本気の熱いインプラントの真実を知りたい方は、お電話下さい。

真摯に当たらせていただきます。
コメント

1月29日(土)のつぶやき

2011年01月30日 | Weblog
21:16 from goo
感激!本当に1日で綺麗に歯が入った!上顎前歯犬歯小臼歯でも、ここまで出来るインプラント治療! #goo_noritsugumatsumoto-implant1dr http://bit.ly/hkiXKh
21:33 from web
昨日は土井英司さんの出版記念セミナーに行って来ました。非常に熱いセミナーで、50のおっさんである私も感銘を沢山受けました。とにかく前に進む、それを決して止めない。拘りを持って一つの事を絞ってやり切る。先日のカカコトリ先生のお話と見事に一致していて、真理とは同じなんだなー、と感激。
21:36 from web
アマゾンランキングを動かす男、と言われたカカコトリ先生と、アマゾンの超凄腕バイヤーだった土井さん。アマゾンが繋がりに成っていて、つくづく凄い会社なんだなー、と思いました。因みにコンマリさんは、元リクルート。新しい会社が人材を排出している事実に創業者の意志が会社なんだ、と感じました
21:41 from web
と言う事は、私のような極小さな零細企業なら、尚更院長の意志、思いが医院を動かすと確信しました。どんなに逆風でも、真正面から受け止め何とかする。やり続ける事だけが解決の近道。有り難い事に、今はスタッフに恵まれ、前向きに進めて来ています。理解して支えてくれるスタッフ達に、感謝感謝。
21:46 from web
ハッキリ言って、私は一人で即時荷重、最低侵襲、審美インプラント治療をして来ました。スタッフは頑張って付いて来てくれました。何処にもない手術方法、斬新なのは良いけれど、斬新過ぎて、どう対処したら良いかが誰にも分からない。正直私にも分りませんでした。新しい手術を支える方法はスタッフ作
21:51 from web
私は実に無責任と言うか無鉄砲と言うか、斬新な手術方法をいきなり始めました。スタッフは呆気に取られてました。何しているんだ?と言う感じで、私の指示する事を叶える為に、独自のアイディアを次々と編み出し解決していってくれました。特に初代勤務医と現チーフに大感謝です。なので頭が上がらない
21:51 from web
RT @paljapan: 思考が現実になる!
21:57 from web
マスターマインド、と言って差し支えない状況が、当院に自然発生的に生まれたのは、正に奇跡と言って良い事だった、と確信しています。業界内では異端児であった私の元に、これだけの人材が集ったのは、素晴らしい天の配剤です。故に、私は運がとても良かった、と強く感じて、天意を感じてしまうのです
22:01 from web
天の意志の導く所素直に進むと、信じられない位道が開き、自分が自分を思っているよりも遥か上に到達出来ます。まさか、私が恩師の道を継ぎ、それを超える仕事を生み出して行くとは、私自身が信じられません。しかし、これが現実なのです。恩師に見ていただきたかった。恩返し出来ないので恩送りします
by mgenchan on Twitter
コメント

感激!本当に1日で綺麗に歯が入った!上顎前歯犬歯小臼歯でも、ここまで出来るインプラント治療!

2011年01月29日 | 患者さんの知らないンプラント業界の話
最近とても良く私が相談を受けるのが、上顎のインプラント治療で骨とか歯茎が足りないからGBR、歯茎移植とかしないといけないと言われたんですが、と言う患者さん達です。

たいていの場合、前の先生が骨がないと説明をしており、抜歯から始めないといけない患者さんなんかは、抜歯して傷口が落ち着いてからGBR骨造成、サイナスリフトと言う説明を聞かされて、治療期間1年以上、手術回数3回以上とか聞かされているのです。

本当に気の毒です。

何故かと言うと、私が拝見すると抜歯からさせていただいたとしても、1回きりの手術つまりは抜歯同時植立な訳ですが、同時にGBR骨造成をも痛くなく最低侵襲で達成させ、歯茎も再生するように出来る、と言う説明を早々簡単に信じて下さらないようになってしまわれているからです。

医者と言うのは本当に言葉には気を付けないといけないと思います。

出来ないと言う台詞は、患者さんに凄く強く刷り込まれてしまうのですから。

なので、私は少なくとも私には出来ません、と言う言い方をするよう常に心掛けています。

1回医者から出来ません、と言われている方の洗脳を解くのは本当に大変です。

それでも熱意を持って、証拠写真とかを交えながら具体的にもこうこうなんです、と説明をすると、少しずつですが不安が氷解するようで、私の話に目が輝き出す瞬間があるので、私は話するのは結構好きです。

こう言う風に、毎度の事なのですが、私の元に来られる患者さんは先生の書かれているようなインプラント治療は私にも本当に出来るんでしょうか?と必ず聞かれます。

皆さん、前の先生に言われた事が頭の中に残っていて、不安で一杯なんです。

特に女性の患者さん達にとっては、見える場所に歯がないと言うのは、心の傷になってしまう、それが故に今ある歯に拘りより悪化してしまう、と言う悪循環が生じてしまう位です。

これを解決出来るのかと、質問される患者さんはとても真剣です。

私はそれに対してごく自然体で、出来ますよ、とお返事をいつもしています。

余りにもさり気ないので、患者さんは拍子抜けするようです。

蛇足の話ですが、だからなのか、中には時に私が勉強不足で患者さんが知っている事すら知らない者と誤解する電〇社員までいる位、何の気負いもなく素直に治せます、と答えています。

当り前の話ですが、出来ると言い切る、言い切れるのには、私なりに診断基準が勿論あって、歯科用CTを撮影して拝見させていただいて、その部位にインプラントを維持出来るだろうと思われる骨が残存している場合は出来る、と受けているのです。

私の見方がチョット特殊なのかも知れませんが、私は他の先生方が出来ない、GBR骨造成が絶対に必要だ、と言われる症例に対しても、ここにインプラント維持出来る骨があるじゃないですか?と具体的に患者さんに見せて説明をします。

そして、その実例を具体的に以前に治療をさせていただいた患者さんの例で、丁寧に説明をしています。

そこまでお話しするのに1時間を超える事はざらです。

正にカウンセリングのようなものだなー、と自分でも感じてます。

カウンセリングをさせていただいて、不安を取り除き、納得の上で治療に進む勇気を取り戻して貰う、これもこう言う仕事をしている者としての醍醐味だと思います。

夢、希望を取り戻していただけた、これでこの患者さんは今後の人生でも壁にぶつかっても、いや何とかなる、希望に満ちた意志を持っていただけるんじゃないか、と思えるからです。

医者の言葉、行動、勇気を見せて、本当に難しい治療を成功させていると安心、納得させ、勇気を取り戻していただけるんです。

歯を治しているんじゃない、その人の人生に立ち向かう心構え、勇気を姿勢を生意気な言い方かも知れませんが治しているんです。

こう言う事が出来る、この仕事は素晴らしい仕事だ、と私は確信しています。


抜歯即時植立、即時審美仮歯、最低侵襲GBR外科手術、歯茎再生治療は、今患者さん自身が望むなら医者は可能にする道を考えるべき時期に来ているのです。

私は、そう言う患者さんの夢、希望を誰よりも早く実現し実績を積んで来ている自信があります。


これは事実であり、本当の事です。

一度見に来れば、嘘偽りがない事は分ります。


本当の本物の最低侵襲、即時荷重審美インプラントを私は提供します。

インプラント治療を学びたい志ある方、理想的なインプラント治療をしたい患者さんはお問合せ下さい。

03-3775-0044まで、直接お電話いただきご予約下さい。

申し訳ないのですが、診療時間中は私は忙しく目の前の患者さんに集中しておりますので、ご予約はスタッフとお話をしてお決め下さい。
コメント

1月28日(金)のつぶやき

2011年01月29日 | Weblog
13:45 from goo
ここまで早く治せる!最速インプ... #goo_noritsugumatsumoto-implant1dr http://blog.goo.ne.jp/noritsugumatsumoto-implant1dr/e/50325243ff1177c9c76c15d117027f1a
14:03 from web
午前中に来られた患者さんも昨年末ギリギリに抜歯即時インプラントさせていただいて、手術したその時から綺麗な仮歯を入れていました。上顎の第1小臼歯、良く噛める部位で破折とかが起き易い所です。それが今日のペリオテストのデータで仮歯付けたままで-1。1ヶ月で型取る予約。これが現実です。
14:09 from web
ストローマンSLAインプラントを使いこなせば、こう言う事をさり気なく出来てしまいます。このインプラントほど、骨との相性が良いインプラントは有りません。審美的な要素で誤解され嫌われたりしていますが、そんな事はないです。使い方をチャンとすれば大丈夫です。但しマニュアルにないのが問題。
14:13 from web
ストローマンのマニュアル通りに使っていたら、即時荷重は否定され、審美は通常通りのGBRとかになり、せっかくの良さが全く活かし切れていません。なので、私はマニュアル全く無視して使っています。と言うよりもマニュアル超えて、性能、可能性を引き出し、最高の結果出せるように使いこなしてます
14:17 from web
マニュアル、教科書の虚しさ、標準的に誰もが無難に使いこなせるように、と成ると全く魅力的ではないものにしか成りません。可能性を引き出す、限界を超えて理想的結果を出す。仕事人としてこれほど遣り甲斐がある、生き甲斐のある仕事はない、と断言できます。誰も知らない地平線を見付ける喜びです。
14:20 from web
私の信念ですが、人は信じて必死に努力すれば、自分自身で自分を把握しているよりももっと凄い事ができる人間になれる、と信じています。私自身が生きている見本みたいなものです。学生時代から問題児だったのにここまでの事が出来るようになるんですから、自分でも信じられません。人生の不思議です。
14:27 from web
脳の中、自分自身で自分に壁を作ってしまう。この壁を壊せる者が、信じられない位の成果を手に出来る、と信じています。まさか自分がここまで出来るの?と言う予感に怖がらずに飛び込んで行かないと、決して到達する事は出来ないのです。成功する事への恐怖を乗り超える。とても大事な概念だと思います
14:31 from web
人は必ず現状に留まろうとする心があります。その癖、それじゃ嫌だで何とか前に進もうと努力する。そして、成果が出そうに成って来る所で、成功への恐怖で足踏みして元の木阿弥に。口の中を悪くしてしまっている患者さんも全く同じでしょう。即時荷重への恐怖感は、成功の予感への抵抗感なのです。
14:34 from web
そして、社会現象的に一般的に成って来出してから始めて成功して良いんだ、と安心して出来るようになる。時間が実に勿体ない、と思います。それまでに病気は悪化するからです。今始める方がより良い状況で治せる。この概念は、よくよく自分で心の中に言い聞かせる必要があります。世間に合わせない。
14:38 from web
特に団塊の世代の方へ。失礼ながら好きに人生送って来た付けが見事に来ているな、と思える方が多い、と思います。自己判断で、歯が後回しになっています。逆です。歯から治せば、体にも良い影響が出る事が、今ははっきりしているからです。足元怪しくなってからじゃなく、今直ぐ歯から治して下さい。
by mgenchan on Twitter
コメント

ここまで早く治せる!最速インプラント。しかも最低侵襲で不快症状無し、これこそ新時代

2011年01月28日 | 患者さんの知らないンプラント業界の話
私は即時荷重インプラント、手術したその日にインプラントで綺麗に歯を入れて差し上げる治療に拘って、ひたすら腕も磨いて来た人間です。

何故そこまで即時荷重に拘るのか分らない?と同業者から良く言われています。

反対に、私は問い返します。

先生は、即時荷重をなされないで平気なんですか?と。

先生の診ている患者さん達は、直ぐに歯が入る事をそんなに嫌がっているんですか?とです。

そうすると、殆どの先生が即時荷重は危険だからとか、リスクが大きいからとか、感染し易いから、と正論らしく返答をされます。

これらの答えは全て結局は自分達の腕は未熟だから即時荷重までは出来ない、と言う事実の言い換えにしか過ぎません。

少なくとも私が患者さんなら、医者の腕の問題で治り方が遅くなる、とか言われたら医者を変えます。

又、使っているインプラントとかの医療材料とかが悪いのなら変えてくれ、と言います。

これで分ると思いますが、私は何事に置いてもベストは何か?に拘る性格で、それが故に即時荷重に拘り続けているのです。

私の考えですが、医療にはベストが必ずその時点であり、それを医者は極める努力をするべきである、と確信しています。

勿論、患者さん方には諸事情があるでしょうから、常にベストの治療を選択する事は難しいのかも知れませんので、それを強要するつもりは毛頭ありません。

しかし、医療人側で白旗を上げて降参し、それに屁理屈を色々と付けて患者さんに対して我慢をさせる、強いる行為は間違っていると信じています。

だから、私は患者さんが選択された治療方法の中でベストを尽くす事に集中しますし、保険診療でも強拡大鏡は外した事がありません。

私は医療人としての誠意はベストを尽くす事は勿論結果を出す事、プロなら成果をしっかりと残す事であると常に念じて、必死で臨床を積み重ねて来ています。

勿論、完璧な人間ではないですから100%成功させて来た、何て嘘は口が裂けても言えません。

だからこそ、今のインプラント界の現状、まだ即時荷重出来ません、とのたまう先生方が残念で仕方がありません。

中には即時負荷出来ると出している先生方も一派としているにはいますが、それもよくよく見ると最終的な被せものは6ヶ月、半年後と書かれています。

これで即時負荷と平気で出せる神経が、私には全く理解できません。

何故ここまで言い切れるのかと言うと、私はストローマンSLAインプラントを使わせていただいて、インプラント植立して即時荷重で手術したその日から綺麗な歯を入れていますし、最終的な被せものだって下顎なら1.5ヶ月、上顎でも3ヶ月弱で治せている現状があるからです。

今のインプラント治療をチャンとした材料、使い方、治療、手術の仕方を使いこなせば、こう言う事が現実に起きているのです。

早く綺麗に治る事を嫌がる患者さんは、この世に1人としていません。

だったら、医療人は早く綺麗に治せる事に一生懸命に成るべきではないのでしょうか?

私は素直にそう思えて仕方がないのです。


そして、良く使われる言い訳が、あなたには骨がないからとか、GBR骨造成しないといけなくてそれに時間が掛かるからとかの理由付けです。

これらに対しても、私は殆どの患者さんで小さくGBR骨造成を同時にする事で解決出来ています。

つまり、殆どの場合で患者さんのお口の中で見える部位に関しては、即時荷重インプラントは可能に成って来ているのです。

そうなるとどうなるか、と言うと、骨がないとか難しいと言われている患者さんですら即時荷重インプラントとGBR骨造成治療を1回だけの手術でやって退けられ、下顎なら1.5ヶ月、上顎でも3ヶ月弱で治ってしまってセラミックの綺麗な歯に仕上がっている、と言う事になるのです。


これこそが本当の世界の最先端インプラント治療であり、私自身世界中のセミナー、学会に行ってても、自分よりも早いDRに出会った事がない、と豪語する所以です。

更に言えば、これらを最低侵襲手術、痛みも腫れもない治し方で治しているのです。

これは事実であり、本当の事です。

一度見に来れば、嘘偽りがない事は分ります。


本当の本物の最低侵襲、即時荷重審美インプラントを私は提供します。

インプラント治療を学びたい志ある方、理想的なインプラント治療をしたい患者さんはお問合せ下さい。

03-3775-0044まで、直接お電話いただきご予約下さい。

申し訳ないのですが、診療時間中は私は忙しく目の前の患者さんに集中しておりますので、ご予約はスタッフとお話をしてお決め下さい。
コメント

1月27日(木)のつぶやき

2011年01月28日 | Weblog
00:53 from goo
@mgenchan #goo_noritsugumatsumoto-implant1dr即時荷重イ... http://blog.goo.ne.jp/noritsugumatsumoto-implant1dr/e/7f76922d70f262d6a4324c44dc4e2c74
07:45 from goo
警告!直ぐに歯が入るインプラン... #goo_noritsugumatsumoto-implant1dr http://blog.goo.ne.jp/noritsugumatsumoto-implant1dr/e/7f76922d70f262d6a4324c44dc4e2c74
09:15 from goo
あなたは40mm も切られたいですか?インプラント手術の真実 #goo_noritsugumatsumoto-implant1dr http://bit.ly/hBAr4E
14:43 from web
カカトコリ先生が思い出させてくれた私の志は、低侵襲即時荷重審美インプラントを極め、正しく広め、救われる患者さんを一人でも多く増やす事です。インプラント治療全体の概念を根底から変革させ、本当にこの世の中に役立つものにする礎に成ろう、と決めています。やり続ける事が一番大事なんだ、です
14:48 from web
逆の言い方をすると、今巷で一般的に為されているインプラント手術は切り過ぎているし、歯肉を剥がし過ぎているし、縫合で歯肉締め付けて治りを悪くしている、しかも、下手なDRにされると切開線が汚くて、縫合の歯肉の閉じ方も凸凹、と言う事になります。失礼ながら、自分じゃまず分らないでしょう。
14:54 from web
上顎の奥歯の骨の厚みを造るサイナスリフトのセミナーとかがまだ結構流行っていて、その推奨の術式とか見ていると、まあ大きく切りますしこれでもかと言う位骨を露出させますね。あれじゃオペ直後、術野にステロイド注入しないと腫れ捲くって大変でしょうね。もっと違う手術方法があるのに、と思います
15:01 from web
歯科用CTがあれば、歯槽頂からのアプローチ、所謂ソケットリフトの応用で造骨出来る事は分っています。問題なのは、何処をどうアプローチするのか、パノラマ写真とかだけでやろうとする事。狙うべき所狙い方も分らず、開けてからの勝負じゃ患者さんが気の毒です。考え方が硬直し過ぎてる、と感じます
15:09 from web
片や低侵襲と称して、インプラントをいきなりブラインドで植立する、骨の分布とか形状とか調べないで、歯茎の形のままでやっちゃう馬鹿もいます。歯茎の形と骨の形がそのまま平行なら誰も苦労しない。全然そうじゃないから難しいんです。体格がゴツクても骨が華奢な方は男性でもいます。外見じゃない。
16:22 from web
今日の仕事も下顎右側半分以上抜歯即時植立、即時荷重で綺麗に仮歯まで入れてました。インプラントの本数も3本だけ。即時を騙って、インプラント本数と抜歯本数が同じだったり、イ逆にインプラントの方が多かったり。このやり方は、ラスベガスのレオンの手です。真似する日本人DRが多くて残念です。
16:26 from web
インプラントを密集して埋入すると何故いけないのかと言うと、インプラントーインプラント間距離が短過ぎるからです。清掃性も悪くなるし、インプラント周囲炎が起きた時に、周り全部に波及して、骨や歯茎を大きく喪失してリカバリーが難しくなり過ぎるんです。インプラントには適正本数があります。
16:34 from web
最近見聞した話では、関西の某有名DRが下顎の第1大臼歯に3,3mm2本と言う信じられない設計をして治療したらしい。過去には、上顎大臼歯で3本植立している、と言う信じられない事までしてるの見た事もあります。今は大臼歯でも、スタンダード4,1mm以上の1本で充分足りると分ってます。
16:51 from web
そんな事しているから、メインテナンス時に上部冠のネジ緩めたらインプラントが一緒に抜けた、なんて事件が発生するんです。支える本数が増えれば、技工の難易度は何倍にもなり、全てがピッタリは至難の業に成ります。そうすると捻れが生じ、インプラント脱落に繋がるのです。多けりゃ良い訳じゃない。
20:40 from Keitai Mail
めでたいめでたい。前の勤務医が無事出産との事。子宝歯科と別名のある我が医院らしい。開業以来11人の赤ちゃんに恵まれてます。
by mgenchan on Twitter
コメント

あなたは40mm も切られたいですか?インプラント手術の真実

2011年01月27日 | 患者さんの知らないンプラント業界の話
切らない、メスを殆ど使わない新しいインプラント手術の提唱者、松元教貢です。

今日は現在殆どの歯科医が行っている、それしか出来ないと、信じ込んでいるインプラント手術の話を書きます。

そして、新しいインプラント手術の話を書き、今巷で出されているフラップレス手術、パンチアウトとの違いも書きます。

そうする事で、正しい新しいインプラント情報を患者さん方に知って、理解していただき業界を少しでも良くしたい、と願っています。

まず軽く一般的なインプラント治療の説明を書きます。
軽くの訳は、他のサイト見ていただければ詳しい解説が書いてあるからです。

インプラント治療には必ず手術が必要です。

歯茎を切り開き、骨を露出させてインプラントを捻込んで、糸で歯肉を縫合して終了、これが極普通のやり方です。
とてもシンプルです。

しかし、シンプルだから簡単かと言うと、実は結構そうじゃない、のがインプラント治療の課題なのです。

極普通の歯科医、開業医は外科手術は殆どしません。
歯周病治す外科手術をちゃんと出来る、してる歯科医は5%いない、と言われているのです。

歯茎を切り開き縫合する、の基本的技術でどれだけの方がちゃんと出来ているのか?と言うのが、実はかなり怪しくなって来るのが大きな問題なのです。

一般的には1本のインプラント植立するのには40mm位歯茎切るのですが、この処理の仕方が非常に治り方を左右する訳です。

たった1本でそうですから、本数が増えればそれだけ切る長さは長くなります。
私ははっきり言って、切開も縫合も半端じゃなく上手いです。
見学者がこうなれば綺麗だろうな、と言う状態が実際にスッスッと流れるように為されるので、感嘆される程です。

それ位出来れば、痛みや腫れはかなり小さく出来ます。

しかし、私は今は全くそう言うやり方はしていません。

それは何故かと言えば、新しい今のやり方の方が、比較にならない位侵襲がないからに他なりません。


と言う事で、私のやり方の説明をします。

私は歯肉に対して切り開く事は一切しません。
極小さい切れ目だけ入れるだけしかしません。

そんな小さくて出来るのか?と疑問に思われるでしょうが、やり方次第で出来ます。
ここら辺は企業秘密になりますので、これ以上書けません。

一般的なやり方では40mmも切り開き、私は5mmも切らないのです。

侵襲が8分の1以下になるのが、良く分かるのでは、と思います。


更には、縫合の上手い下手が術後の痛み腫れを大きく左右しますが、私のやり方は縫合が要らないので、全く心配がありません。
縫合関連の侵襲は0と言う事です。

これが私のやり方で、最低侵襲と言える理由です。

理論上これ以上小さく手術出来ないやり方なのです。

では、最近流行っているフラップレス手術、パンチアウトとは何が違うのでしょう、説明します。

フラップレス、パンチアウトはインプラントの直径の大きさに丸く歯肉を切り取ります。

はっきり言って、日本人の顎堤、歯肉の状態で丸く切り取ったら唇頬側歯肉が足りなく成ります。

それでは、長期的予後で必ずインプラント周囲歯肉炎を起こします。

更に言えば、最終的被せものが綺麗に仕上がりません。

だから、私はパンチアウトはしません。

私のやり方を、フラップレス、パンチアウトと混同される方がよくいますが、全く違います。

典型的な似て否なるものです。

切開も縫合もかなりやり、上手と自負する私が、今のやり方が究極である、と言い切るのはこれらの理由からです。

私のやり方は、長期的予後も充分に考慮し、綺麗に仕上げる事は最重要に考えています。

混同されるのは、甚だ迷惑ですし、患者さん達には悪影響でしかなく、残念です。

本当の本物の最低侵襲、即時荷重審美インプラントを私は提供します。

インプラント治療を学びたい志ある方、理想的なインプラント治療をしたい患者さんはお問合せ下さい。

03-3775-0044まで、直接お電話いただきご予約下さい。

申し訳ないのですが、診療時間中は私は忙しく目の前の患者さんに集中しておりますので、ご予約はスタッフとお話をしてお決め下さい。
コメント

1月26日(水)のつぶやき

2011年01月27日 | Weblog
18:04 from Keitai Mail
今夜は保険医協会のセミナーで、文京シビックホールです。大学の大先輩若林先生のペリオの話。サポートの話なので楽しみです。今から後楽園に向かいます。
18:15 from Keitai Mail
志、後悔しない生き方、人に偉そうに説きながら、自分が薄れていたんじゃないか、と気付かせていただけて、カカトコリ先生に大感謝です。熱い思いを伝え、世の中に貢献する。素晴らしい生き方、迷いのない道だと思います。思いを伝える生涯を貫く。そして、プロとして評価いただく。頑張ります。
18:25 from Keitai Mail
私の志は、やはり手術した日に綺麗に歯が入る、即時荷重審美インプラント治療を更に磨き上げ、後世に残し伝えて行く事、です。私の残す臨床データ、リサーチが後々の世まで役に立ち、世の中に貢献する事です。後世に思いを託す事で、何時の日にか理想の社会が実現して欲しい。まだまだやらねばならぬ
18:31 from Keitai Mail
今ネット見てると、インプラントで大変になった、と言う話がかなり出始めてます。ネットは匿名の為にかなり危険な事もありますが、正直に書かれている部分もあります。本当に気の毒な方も沢山いるのでしょう。忸じたる思いです。何とかしなければ。
18:37 from Keitai Mail
インプラントに関して、今言える事は、皆が最先端とか低侵襲に浮かれず、地道な歯肉の炎症と咬合のコントロールに真摯に向き合う事、に尽きるでしょう。否それ以外にはない、と明言しても構いません。インプラントは、万能薬では決してありません。所詮は代替品で隙間埋めるものでしかありません。
by mgenchan on Twitter
コメント

警告!直ぐに歯が入るインプラント治療では、真贋入り乱れています!ご注意下さい!

2011年01月26日 | 患者さんの知らないンプラント業界の話
私は2000年からインプラント植立したら直ぐに歯が入る即時荷重審美治療をして来ました。

その後何度かの即時荷重インプラント治療のブームがあり、出来ないDRは退場し、又新たなDRが参入し又退場しで今に至っています。

途中インプラント業界の開祖ノーベルが、わざわざ即時負荷と言う名称を自社で商標登録すると言う出来事までがあり、学問的には即時荷重で統一されると言う事態もあったりして、この業界は荒らされ放題のままになっています。

率直に言って今はDRが出来ると言うのを半信半疑で聞かないといけない状態ではないか?と私は明言します。

そんな中で、一番問題視したいのが、上にも書いたノーベルのやり方です。

端的に言うと、ノーベルのやり方は間違ってはいないのかも知れないが、誰もが簡単に出来るものじゃない!と言う事です。

はっきり言ってノーベルのインプラントは骨とのくっ付き方に問題がある、と学会では言われています。

私自身の経験でも、明らかにストローマンに比べたら性能は落ちます。

なのに即時負荷の名称を独占し、まるで即時はノーベルのもの、と言う態度です。

何度も書きましたが、即時荷重は10年以上前からストローマンユーザーのDRばかりが報告していました。

その当時ノーベルは即時荷重ははっきりと否定していました。

しかし、即時が話題になり、売れると予測して真逆に方針転換したのです。

私は自分の経験として、即時荷重できる、と報告して、出来る訳ない偶々だと揶揄、罵倒され、物凄く悔しい思いを味わったので決して忘れられません。

それが、そのすぐ後2004年頃から即時負荷出来るのはノーベルと宣伝し始めたので開いた口が塞がりませんでした。
そこまでやるか!?が正直な感想でした。

そして、今に至りノーベルは我こそは即時負荷のインプラントの顔をしています。

しかして、その実態に関しては不透明なままです。

入って来た情報では、余り芳しくない為に、ユーザーを内密に集めてセミナーしている、と聞きました。

ある特殊なノーベルの提唱する治療方法をやれば、誰でも即時負荷出来る、と言う主張に対し、私は始めから否、嘘っぱちだと明言してきました。

それがからくも証明される事態が、現在進行形なのではないでしょうか?

なので、私はノーベルに対しては是々非々で行く、と決めています。

このような事は、他のインプラントでも実は起き始めている、と色々なセミナー、学会に出てて感じさせられます。

今日は、中でも最大の問題を抱え込むであろう、ノーベルを代表例で書きました。

即時荷重には、生半なつもりでは絶対に入って来てはいけない!

リカバリーまでやり切れる実力があって、自信がなければ決して出来ません。

今となっては、かつて私を馬鹿にしたDRは、私の実力が自分より上なのが妬ましく、信じたくなくての言動だったんだな、と分かります。

向こうは有名、私は無名でしたから。

しかし、私はたった一人即時荷重をやり続け、成功させて、更には今や最低侵襲、審美までやり遂げるまでに進化しました。

しかも、ちゃんと最も権威のある海外の学会で、競争率100倍以上に受かり報告しています。
コネなし、博士号なし、海外留学なしの極東の小国日本の市井の一開業DRが成し遂げるのは奇跡、と断言出来る輝かしい成果です。

これは全て事実です。

勿論、発表した内容は即時荷重で、同時のGBR骨造成も出してます。

なので、業界内では私はその分野の第一人者、と公称出来ます。

その自負、名誉に賭けて、即時荷重や低侵襲、審美インプラント治療で、いい加減なのが罷り通りのは見逃しませんし、見逃せません。

本当の本物の即時荷重、最低侵襲インプラントで手術した日から満面の笑顔で笑いたい、松元先生が言う事は本当だった、真実だと体験したい方は、お越し下さい。

志しある同業者の方には、伝授します。

患者さんには私の治し方、実例見せて説明します。

今日は休診なので、明日以降03-3775-0044まで直接お電話下さい。

追伸、患者さんへ、念押しになりますが、似て否なるもの、同じように見せて実は全く実力の劣る輩が、ネット内には沢山います。くれぐれも騙されないように、お気を付け下さい。即時荷重インプラントは大変難しい治療です。私は他でのトラブルをこれ以上見たくないです。始めからすんなり私の元に来て下さい。
コメント

1月25日(火)のつぶやき

2011年01月26日 | Weblog
13:39 from web
週刊ダイヤモンドの表紙に私の顔が出てるのを、待合室に置いて、ウォーリーを探せ遊びで、見付けて下さった患者さんに歯ブラシ1本差し上げるのやったら、皆さん結構楽しそうにやってくれます。今週一杯のお遊びで、来られた患者さん皆さんに差し上げる状態ですね。(笑)
15:32 from web (Re: @ikizaka
@ikizakaありがとうございます!(笑)見付けた患者さんは、皆さん笑いながら、先生何か明るいんですよね、と指差されてます。それって、微妙過ぎる額?禿げ?がテカってるからなのでは。(笑)私の唯一の肉体上の弱点・・・
18:11 from web
有り難い話で、日曜日の出張オペの患者さんの予後が素晴らしいとの事で、院長先生と電話でお話してて、他の新しい患者さんのご依頼を早速いただきました。今度はサイナス関係の依頼で、最低侵襲オペをとのご希望が患者さんから強く出ているとの事でお願いします、と言う事でした。又伺う事になりました
18:15 from web (Re: @ikizaka
@ikizakaそうなんですか?どう言う基準で掲載されたんでしょう?私ラッキーだったんですね。と言うより、私オモシロイ顔だったと言う事では?イケ面だから、と言えないのが辛いです。(笑)やはり、テカリが良かったんだ、と納得します。
18:58 from goo
手術直後から笑顔、感涙のインプ... #goo_noritsugumatsumoto-implant1dr http://blog.goo.ne.jp/noritsugumatsumoto-implant1dr/e/7cca08a58ef31d39905d1992094b5c2c
20:13 from web (Re: @ikizaka
@ikizaka大丈夫です!常々スタッフから鍛えられていますので。うちのスタッフは、確かに!と笑顔で患者さんと一緒に笑ってます。うちって結構院長が弄られキャラなんです。私のボケ話でいつもスタッフ、患者さん一緒に盛り上がってます。(笑)
by mgenchan on Twitter
コメント

手術直後から笑顔、感涙のインプラント治療、最低侵襲、即時審美インプラントのみに為せる業!

2011年01月25日 | 患者さんの知らないンプラント業界の話
今日も日曜日の出張オペの院長先生とお話を電話でしました。

その内容ですが、午前中に始まった患者さんは、帰られる時満面の笑みで帰られてましたよ、と午後の患者さんは感激して涙を浮かばれていましたよねと話され、私自身は申し訳ない事にオペとその後の質疑応答、ディスカッションで全く見ないままでいた事で、今日になって嬉しさを再び噛み締めました。

最低侵襲・即時審美を標榜している私にとって本望と言える成果を出せた、と本当に嬉しく感じます。

又、お話の中で出たのですが、今のインプラント業界への問題点、本当に患者さんの要望を辛くない手術、治療で叶えている所は皆無ではないですか、だから、私は松元先生にこれからもお願いをして手術を見せていただいて修得し、患者さんを救いたい、と強く望まれている、との事でした。

こう言う熱い患者さんを思う志を持っている先生方のご要望には、是非全身全霊でお応えしたい、と思います。

こう言う経験を積めば積む程、私はやはり患者さんは辛いオペは絶対に嫌なんだな、そしてわざわざインプラントをするんだからすぐに綺麗な歯が欲しいんだな、と実感します。

残念ながらDR側が出来ません、と説明をするから患者さんは引いてしまう、諦めてしまうんだ、と思い知らされるのです。

それを打開するには、本当に何とかして差し上げる事、望みを叶える事に尽きる、と私は思います。

その事に、私は生涯を賭けてこれからも精進する事を約束できます。

これからも、こう言う感激を味わっていただける患者さんを一人でも増やし、本当の本物のインプラント治療を広める為に身を捧げます。

そして、本気で出来る限り志を同じくする次代の方々にお伝えし、救われる患者さんを増やしたい、と思っておりますので、遠慮せずご連絡を下さい。


因みに、今回の院長先生は中途半端な勉強をされている方ではありません。

見学で集った若い先生方もセミナー、勉強会にチャンと行っており、その集まりはかなりのレベルを実践している集まりです。

その方々にライブオペ解説付きで包み隠さず見ていただいて、これは凄い、と感動冷めやらぬ状態だそうです。

お陰様で、皆さん挙って私に依頼出来そうな患者さんを探して下さっていて、又見たい、早く見たい、と熱望いただいているそうです。

新しい繋がり、良き影響をもたらせられそうな方々との繋がりが出来て、本当に嬉しいです。

本当に痛くない最低侵襲手術とは?ルーチンに出来る即時荷重とは?手術したその日から綺麗な即時審美とは?チャンと出来る最低侵襲のGBR骨造成+歯茎再生とは?その現在の本当の最先端、最善レベルの治療を、皆さんと共有し、そして患者さんに貢献し、それを通じて世の中全体に貢献をしたい、と心から願っています。


インプラント治療で理想的な治療を望まれている患者さんは、本当のインプラントのお話を包み隠さず致しますので、ご相談にお越し下さい。

今年に入ってからの患者さんへのプレゼントで、ライブDVD、レポート、出版物別刷り等々、インプラント治療を知る上で非常に役立つ資料を無料で差し上げています。

当院へのお問合せは03-3775-0044まで直接お問合せ下さい。

本気で夢を叶えたい方の力に成る事を約束します。
コメント

1月24日(月)のつぶやき

2011年01月25日 | Weblog
07:52 from Keitai Mail
低侵襲を標榜し、無理に骨造るのは避けてインプラントするやり方と、骨とか歯茎を再生再造成してインプラントするやり方が、今のインプラント治療の左右両極であると言えるでしょう。私は何でも片寄るのは良くない、双方の良い所を活かしたやり方がベストに近い、と考えてます。第3の道です。
08:03 from Keitai Mail
なので、私は自分は第3の男、のつもりです。誰もまだ気付いていないやり方、低侵襲で骨造成、歯茎再生しながら、直ぐに歯が入る方法でインプラント治療をする。私はインプラントの中庸を目指す者、患者さんの本当の幸せは何か、真摯に常に問い続けながら行く者である、と宣言します。我が道を行く。
08:12 from Keitai Mail
低侵襲即時インプラントをHAインプラントでやる問題点は、骨歯茎がやがて痩せ、将来が心配な事です。HAインプラントの予後にはいまだに疑問点が付いており、感染に弱い事が指摘されています。だから、欧米では殆ど使われていません。なので、リサーチもないのです。だから、私は使ってません。
08:31 from Keitai Mail
片や骨造成歯茎移植手術やるやり方は、何度もの手術になり、かなりの長期間の治療を患者さんに強いてしまいます。更に、骨造成や歯茎移植手術は何よりも難しく、痛いとか腫れるのがついまとい、やはり成功率が悪いのが問題点です。治療費も当然、かなりの高額になります。痛い長い高いになるのです。
08:43 from Keitai Mail
痛い長い高いは患者さんは絶対に嫌でしょう。しかし、痛くない早い安いでも長い目で見たら心配なら、やはり嫌でしょう。だから、第3の道、中庸の方法がベストだと私は思うのです。長く自分自身の定義に迷っていましたが、今年に入り腹が据わりました。左右どちらにも片寄らない道を、私は行きます。
09:01 from Keitai Mail
昨日の出張オペは、最低侵襲での抜歯即時植立、即時荷重審美インプラントで、骨造成歯茎再生も綺麗に長く安心できるように、ちゃんとする手術をしました。見学の若い先生4人、院長先生皆さん初めてこういう手術を見ました、と喜んでいただけました。若い方々に程、夢のある新しい道を示したいです。
09:25 from web
嬉しかったのは、昨日の手術はモリタのCTがある医院でしたので、直ぐにどう手術できているのかの結果が如実に見える事で、画像が出た瞬間4人の見学者、院長先生皆が歓声を上げてくれた事です。完璧だ、凄過ぎる、何でこんな理想的に出来るんだ、と喜んで貰えました。患者さんも綺麗で喜んでました。
09:36 from web
インプラントは理想的な立体的な位置に植立され、周囲にはチャンと骨造成も為され、歯茎の再生処置も理想的に為されているのが目の前で如実に、その具体的ノウハウまで詳しく解説し、概念まで説明しながらその通りにやって見せたから、歓声が上がったのです。最低侵襲手術の醍醐味を目の前で見れたから
09:49 from web
非常に有り難い話ですが、院長先生は感激され、先生にお願いして良かった、と言って下さり、又、お願いしたい患者さんがいるので、と新しいCT画像を見せてくれました。それらの画像でも、見ていただいた手術の応用で治せるでしょう、と私は説明しました。又、近々出張オペの予約をいただけるようです
09:56 from web
予習を完璧にしている事の重要性を、本当に感じます。昨日の手術は初めての場所に伺うものでしたので、事前にCT画像始めとする資料を出来る限りいただき、徹底的にシュミレーションをして臨みました。だからこその完璧な結果を出せた、と断言できるでしょう。事前準備で、全ての勝負は決まるのです。
10:00 from web
そして、120%の結果が出せた事に安堵し過ぎず、更なる改善改良を目指して復習もする事がやはり大事でしょう。一つ一つを積み重ねる事でしか、素晴らしい成果を導き出す事は出来ない、徹底した修練のみが奇跡の元なのです。傍から見ると奇跡でも、自分には必然であるように頑張りたい、と熱望します
10:08 from web (Re: @suenagadental
@suenagadentalお褒めいただき有り難うございます。風通しの良い医院を私は心から標榜しています。患者さんが、何でも言い易い雰囲気を醸成するのが最大の目的です。それにはスタッフがチャンと発言できる雰囲気を作り上げる事が何より重要だ、と考えています。でも、世間話過ぎてますが
10:14 from web
話がずれますが、今週号の週刊ダイヤモンドの表紙に私の顔が出ています。Facebookの特集号で、募集されていたのでミーハー根性で挙手したら出てしまいました。多分親とかには怒られるでしょうね。でも、自分的には面白い気分です。ウォーリーを探せ気分で楽しんで下さい、で医院に置きました。
14:22 from goo
インプラント業界に異論あり!最... #goo_noritsugumatsumoto-implant1dr http://blog.goo.ne.jp/noritsugumatsumoto-implant1dr/e/02b01722f4cd03d77ff54f41b3e5ca7e
20:00 from Keitai Mail
先程、昨日の出張オペの結果報告が院長先生から来ました。完璧だった、との事で患者さんは何ともなかった、と喜ばれていたそうです。痛み止めの薬も飲まず、腫れもなく綺麗だった、と凄く嬉しそうに話されていました。新時代のインプラント治療は、手術の日から、皆さんに笑顔をプレゼント出来ます。
by mgenchan on Twitter
コメント

インプラント業界に異論あり!最速最短インプラント治療で、痛くなく腫れないで治せる時代が来ました!。

2011年01月24日 | 患者さんの知らないンプラント業界の話
昨日のインプラント手術の余韻がまだまだ残っている状態で、現状のインプラント界に対して、凄く異論を感じて仕方がないです。

昨日の手術の内容は上顎の審美部位で、頬側の骨の厚みがなく、そこに凹みがある状態で、骨自体も歯科用CT上でも骨の幅が不足しており、非常に難しい状態の方が午前中に一人、午後に犬歯部位の抜歯即時植立をしなければいけない方で、やはり残存骨の幅が足りない、更には歯茎がそのままではかなり不足して長い歯になってしまって、審美的に困るだろう、と言うものでした。

これらの患者さんは2人とも、従来通りのインプラント治療ではGBR骨造成処置、歯茎移植処置になり、治療期間も掛かるし、痛い手術はされるし腫れるしで大変に難易度が高い、とされる治療です。

その患者さんを抱え、院長先生は困り果て、私の所に巡り巡ってご依頼が来た、と言う事情でした。

具体的には言及できませんが、この院長先生は大変に勉強熱心で、人柄も良くネットワークは凄く持っている先生です。

なので、それを活かして、色々な著名な先生に相談をしたそうです。

しかし、どの先生も即時で審美で受けるのは出来ない、お勧めするのは従来通りの治療だ、と言われてしまったそうです。

そんな中で、私一人が歯科用CT画像診て、私はもっと厳しい症例を解決しているから、多分出来ると思うよ、とお話しました。

それで、大学の後輩であると言うご縁、勉強の系列、行ったセミナーが同じ、と言う気安さで、ご依頼いただいたと言う次第です。

そこで色々と院長先生始め見学の先生方とお話を聞いたのですが、今やはり巷でのインプラント治療では、本当の意味では患者さんの要望に応え切れていないのでは、と感じて仕方がありませんでした。

その院長先生自体が、某著名な先生のインプラント治療を受けておりながら、噛む時に不都合を感じている現状だったりしてて、私松元自身が受けたインプラント治療の方が難易度も高く、厳しい状況なのに治り方がとても良く何の不都合もなく使えていると言う比較で、私がしている治療方法の優位性、良さを如実に感じた出来事があったからなのです。

まあ、私の口腔内のインプラントの話は一先ず置いておいて、本日の本論ですが。

昨日の手術内容は、現状のインプラント界を思い知らされる状態で、こう言う治療で痛い長い高いインプラント治療に患者さん達は耐えているんだな、と悲しく成って来た面も結構あるのです。

私は上に書いたような状態の手術を、ほんの少しの切れ目を入れるだけで、インプラントホール形成しながら骨の幅を広げるGBR処置もしました。
その結果、頬側の凹みもチャンと治りましたし、植立トルクが実測知で35Nを楽々と超えている状態で出来たので、即時荷重で審美的に仮歯まで入れられました。
仮歯が入って手術が終了した状態で、傷口は綺麗に仮歯で保護され表上では全く見えないように治せました。

午後の患者さんも抜歯が非常に難しくて、周囲の骨を保護しながら抜歯するのが一番重要なポイントでしたが、周囲の骨に無傷で何とか出来ました。
そこから、歯科用CTを撮影していただき、最終確認をして、インプラントホール形成をする事にしました。

抜歯同時なので病巣の除去も非常に重要で、私が個人的に海外で入手して来た器具を用いて徹底的に取り切りました。
この器具も、散々国内メーカーに見せて、もっと良い改良版を作製してくれと要望を出しているのですが、動いてくれません。

インプラントホール形成をした器具も、国内ではない器具で独特の使い方をして何とか形成しました。
そのお陰で、植立トルク35Nの倍近いバネの振れ位で植立でき70N?位で出来ました。
ここまで出来れば当然即時荷重出来るので、綺麗な仮歯を作製し装着しました。

そして、唇側の骨の欠損に対しても国内ではない材料を詰めてボリュームを作りGBR骨造成をしました。
更に続いて、歯茎を再生させる処置を行い、終了しました。

この手術でも全く、歯茎を大きく切り開く事など全くせず、極々小さく手術出来たのです。

これらの手術、処置は、正直とっても難しいです。

強拡大鏡(今回は6倍)で精密に細かい所を見て、処置しなければなりませんし、細かい超丁寧な手技が為されるので、その分時間が掛かり患者さんは大変だからです。

しかし、経験上術後の治癒、治り方に関しては絶対の自信があります。

最小侵襲外科手術の効果は、患者さん自身が手術されたのを忘れる位に楽なものです。

私はこう言う結果をもう7年以上見続けており、こう言う時代が必ず来る、と物凄く強く確信をしています。

なのに、時代が動くスピードが悲しいほど遅い。

私自身が有名に成り切れない、影響力を然程発揮できないレベルのDRであるジレンマを物凄く感じてしまい、申し訳ない気持ちで一杯なのです。

これは自分自身にも責任がある、それを私は痛感させられます。

もっともっと私の今している方法を沢山の先生方に広めなければいけない、患者さんに辛い思いをさせる治療は減らさなければいけない、と思います。

今インプラント業界でされている手術、治療方法は発展途上過ぎます。
私の方法が究極の完成型とは言いませんが、他の先生方に比べたら正解に一番近い所にいるだろう、と確信できます。


インプラント界に、異論あり!

患者さんにとってもっと楽な、幸せを実感出来るやり方があります。

私は本気で伝道をしようと考えていますので、志ある方は門を叩いて下さい。

いつの日か必ず、私の主張が正しかったと認められる、私の時代が来ます。

その原動力は、従来のドグマに染まっていない若い先生方です。

私の手術を見て、感嘆の声を上げて下さい。

見れば必ず目から鱗が落ちる事を約束します!


新しい時代のインプラント治療、患者さんの夢を実現する治療を望む方は、一度ご相談にお越し下さい。


03-3775-0044まで、直接お電話下さい。
コメント

1月23日(日)のつぶやき

2011年01月24日 | Weblog
21:51 from Keitai Mail
本日の出張オペは完璧に上手く行きました。かなりハイレベルな即時荷重インプラント同時骨造成審美手術とサイナスアプローチ兼ねた側方への骨幅拡大インプラント手術、審美部位のかなり難しいハイレベルな抜歯即時荷重インプラント手術同時骨造成審美手術を行いました。どれも最低侵襲でやれました。
23:11 from Keitai Mail
今日のインプラント手術は見学の先生が4人もいて、大変に勉強熱心で質問が沢山出て、私もかなり語り、最低侵襲、即時荷重の極意を出来るだけお伝えするよう頑張りました。なかなか良い質問が出て、私も気が付かされる点があり、とても有意義でした。若い方達の新しい時代が始まる予感です。
23:19 from Keitai Mail
ライブオペ通じ、実演しながら解説詳しくし、概念、具体的な解決法まで話し、綺麗に仮歯が入り、支える歯茎、骨も治して見せました。勿論、確認を歯科用CTで撮り、結果を見せました。そしたら、皆が同時に完璧だ、と歓声を上げてくれました。全員に凄く喜ばれて、本当に嬉しく、ホッとしました。
23:30 from Keitai Mail
機会があれば、今後こういう機会をもっと増やして行きたい、と願っています。新しいインプラント治療の実際を目の前で見ていただく事が、一番教育効果が高い、それもこちらから出掛けて行き、その場で具体的にやって見せるのが凄く良い、と感じます。草の根運動したい、と思います。何処でも参ります
23:43 from Keitai Mail
私は本気で何処でも伺い、インプラントレクチャーしながら実演で最低侵襲、即時荷重インプラント手術します。費用はインプラント1本10万+交通費+その他雑費実費分です。新しいインプラント治療を目の前で自分の患者さんで見る。一番勉強になります。03ー3775ー0044まで直接どうぞ。
by mgenchan on Twitter
コメント