傷の見えない腫れ痛みのない怖くない手術、直ぐに歯が入るインプラント 日本口腔インプラント学会専門医

傷の見えない腫れ痛みのない怖くない、直ぐに歯が入るワンランク上のインプラントパイオニア 日本口腔インプラント学会専門医

何をもって低侵襲外科手術と呼べるのか?真の低侵襲とは

2019年05月31日 | 患者さんの知らないンプラント業界の話



インプラント関連の外科手術で低侵襲外科と言うと、自動的にフラップレス、グラフトレス、ガイドサージェリーだと、思っている人が多いですね。

しかし、私は違うと考えます。

その一つ一つに反論して行きます。

まずフラップレスは歯茎を切り取り、そこからインプラントを埋めるので、腫れ痛みが出ない、として低侵襲外科と主張してます。

確かに歯肉に問題がなく、インプラントが埋められるなら、それで良いかも知れませんが、この定義だと、歯茎の足りない、問題が起きる患者さんの手術はできません。

長持ちしなくても良いならできるかもですが、そんなのは誰も望まないので、論外として良いでしょう。

次に、グラフトレスですが、これも実現するためには、骨のある所、限られた所に埋めるしかなくなるので、補綴に問題が生じますから、私は論外だと思います。

最後にガイドサージェリーですが、これをやるためには感謝さんはかなりの最大開口を強いられ、それを続けなければならないので、とても苦痛が強く、低侵襲とは言い難い、と私は思っています。

詰まる所、これらの低侵襲外科は、やる歯科医側が楽できる、を追求し、それで患者さんの方も楽だろう、と言う論なんです。

だから、私はこれらの考え方に反対しています。


最初に上げた写真は、私の抜歯即時インプラント手術、即時荷重もしてるもので、お顔は翌日の状態です。

腫れも痛みも出させてません。

私の定義の低侵襲外科、患者さんの楽を追求した外科手術のやり方です。

抜歯即時ですから手術も1回きり。

顎堤再建してますから、歯肉の条件も、骨の条件も整えて、本来ある顎堤を戻してます。

つまり、グラフトレもしてるし、歯肉再生もしてるので、いわゆる低侵襲外科手術とは、と信じられてることと真逆のことをして、患者さんの身体に優しい低侵襲な手術で治してるんです。

インプラントが長持ちして、安定してくれるには顎堤再建も必須だ、と私は考えています。

いわゆる低侵襲外科は、それらを否定し、手術時間とか、術者側が早く楽に追われるから、患者さんも楽であるはずだ、なんです。

翌日がお顔がどうなのか?を明白に公開してる所は、私は不勉強かも知れませんが、見たことがありません。

そんなに低侵襲外科と言うなら、経過も見せてくれるなら信じます。

私は、患者さんの身体に優しい低侵襲外科手術、を目覚ます者なので、腫れない痛くない、次の日でも普通に生活できる、仕事できるやり方を目指しています。

本来の顎堤再建をし、本来の歯のあるように出来るだけ自然に近付けて治す、かつ、それで低侵襲で身体に優しいのを実現する。

それが、私の低侵襲外科インプラント治療です。

今までの一般的考え方では矛盾する、と言われたことを解決する、全く新しいやり方です。

新しい、と言いながら、実は私はこのような外科手術を2003年から本格的にして今に至っています。

だから、もう16年もしてる、と言うことですね。

世間からは新しい、と思われるのでしょうが、私はずっとしてきて、改善改良加え今に至ってる、と言う所です。

写真の患者さんも、実はもう8年になります。

生意気書きますが、8年も前からこう言う仕事して来たんです。

更に生意気書きますが、今はもっと進化してます。

患者さんの身体に優しい低侵襲外科手術は、私の独壇場、と明言します。

そして、真の低侵襲外科手術は私がして来た道だ、とも明言します。

患者さんに楽をもたらすのが、真の低侵襲では?と業界全体に問い掛けます。

それにこそ真摯に答えて欲しい、と望みます。

メーカーに踊られるのではなく、偉い海外の先生の二番煎じではなく、真の低侵襲を求めて欲しい。


6月のインプラント寺子屋は、PRDを見て来た直後でもありますから、真の低侵襲外科をお伝えすることに全力を注ぎます。


真摯に学びたい方、facebookでチェックして、お越し下さい。

コメント

真理、真実を求め明らかにする仕事をすると

2019年05月31日 | 患者さんの知らないンプラント業界の話
真理、真実を求め明らかにする仕事、業績を上げること、は一概に素晴らしいことでもないのだと言うことを、私は明言したい、と思います。

真理、真実を明らかにする仕事は、その時代水準から見たら、奇異な仕事にしか見えないことばかりで、それが真理、真実であるか否かは、標準・平均の中で生きている人々には判断出来ない、理解出来ないんです。

特に、まだ自分がそれほど知られた存在ではない時、ハッキリ言ってどこの馬の骨とも分からない状態の時に、意外な程当時切磋琢磨し、勉強仲間だと思っていた人物からの裏切りに合って、非常に悲しい、悔しい思いをさせられたりします。

簡単に言ってしまうと、男と言う動物は、皆自分が一番になりたい生き物で、それがさっきまで隣に並んでいた、と思っていた人物が飛び抜けて行くと、それをそのまま素直に評価でき、喜べる人物はそうはいない、と言うことなのです。

何故私が、急に今日こんなことを書いたのかと言うと、端的に言って私の邪魔をしていた、そう言う人物の一人がこの世から急に去った、と言う連絡が先日来て、ああ結局仲違いしたまま終わったな、と言う何とも言えない感情が湧いて来たことと、もう一人の人物がこの業界でかなり出て来てた方だったのに、色々と問題を起こして、結局今は何処にいるんだろう、と言う状況にいるらしいからです。

ハッキリ書いてしまうと、私の真理、真実を求め突き止めたことを発表し、世界的にも認められる仕事成し遂げた仕事の邪魔をした方々が、その報いを受けてしまったのか、と私自身が持っている業の深さ、をまざまざと見せ付けられてしまったような、とても嫌な気持ちがして、それを告白してしまおう、と言う気持ちになったからです。

そして、ここには書けませんが、私自身も深い業を背負って、長い付き合いになることを承知して、生涯現役を貫いて、救える患者さん、私のやり方、考えを継承していただける業界の方々へ貢献して行こう、と決めています。

結局、他人がどう思うとか、感じるとか、人は好き勝手にその方の思うようにしか動かないし思わないので、そんなコントロールできないことに思い煩わせられるよりも、自分ができること、これを成し遂げなければ死ぬに死ねない、と思うことを命が終わるその瞬間までは頑張ってして行こう、と言う決心表明をさせていただいている、と言うことです。

続く後進の為に一言申し上げると、真理、真実の道は孤独であり、ハッキリ言って理解して貰えないのが殆どで、それに耐え忍びながら進んで行くしかない道なんですよ、と明言して置きます。

凄い業績、実績を上げ、それを公開すれば直ぐに認められる、と言うのは幻想です。

最初に来るのは、必ず逆風。

でも、飛行機がそうだそうですが、より高くより遠くに飛ぶためには逆風こそ最も良いのだそうです。

つまり、そこで自分が挫けてしまう、躊躇してしまうかどうかの試金石が、最初に来る周りの無理解、誹謗中傷なんです。

そこで、決してひるまないで下さい。

柳に風と、華麗にスルーして下さい。

そして、前に進むことは止めないで下さい。

そうすると、必ずある日突然、パーッと目の前が開けて来てビックリします。

誰も到達したことのない山、景色が目に飛び込んで来るんです。

それは、何物にも代えがたい人生の宝物になります。

そう言う宝物を味わえる、素晴らしい人生を歩める人って、かなりの少数派、多分千三つもない、と思います。

でも、誰でもそうなれる可能性は秘めている、と私は信じています。

そして、肝心な一言を書きます。

そうなりたいのなら、そう願い、その道に向かう努力を一所懸命にして下さい。

そうすれば、願いは叶うでしょう。

あなたの夢は叶うのです。

失礼しました。
コメント

身体に優しい審美的インプラントで、楽に綺麗に早く治せる

2019年05月30日 | 患者さんの知らないンプラント業界の話



本日、審美的インプラント治療の仕上げ前の最終仕上げをしました。

今日初めにいらした時の仮歯、3枚目の写真です。

それを、最終的な仕上げ前の、硬質プラスチックの材料で1枚目の写真のように仕上げ、それを型取りして、技工士さんにセラミック冠を作製していただきます。

2枚目は、竹野内豊、は冗談で、型取り直前の仮歯外したインプラントのアバットメントが見える状態です。

見ていただきたいのは、歯肉の美しいテクスチャー、形態です。

これを、私は1回限りの腫れない痛がらせない、身体に優しい低侵襲な手術で仕上げています。

派手な外科は一切していないので、歯肉がとても自然で美しいです。

歯肉には全く切開は入れてませんし、歯茎を大きくめくったりしてません。

だから、歯肉はとても綺麗なんです。

私は然程器用ではありません。

なので、骨造成GBR、歯肉造成などの見栄えのする外科を美しくやる自信はありません。

やれる先生は本当に凄いと思いますし、尊敬します。

でも、私の身体に優しい低侵襲な外科で、ここまで綺麗なら、患者さんを大きな外科で苦しめないのなら、これで良いのではないでしょうか。

しかも、1回限りの抜歯即時インプラント手術ですから、治癒期間も短くて済むのです。

この患者さんの手術も今年の1月です。

で、もうセラミック冠の型取りしてるのです。




こちらが、その時の写真とお顔は翌日の状態で、腫れてませんし痛がられてもいません。

綺麗に治るためには大変な骨造成GBR、歯肉造成してインプラントしなければならない、と言うのは、もう考え直しても良い、と思います。

これで10年以上の良い経過の患者さんも何人もいますから。

こちらの方が色々あった代表の方です。

審美的インプラント治療も、身体に優しい低侵襲な時代に。

と言うことで、目の保養には綺麗な美しいものを見るのが良い、と思い

世界一のモデルさんです。


コメント

幡野さんの新刊

2019年05月29日 | 患者さんの知らないンプラント業界の話


届いて、直ぐ読ませていただきました。

とても良い本だと思います。

色々考えることのある方々にお勧めします。
コメント

インプラント治療の本当のことをお伝えします。

2019年05月28日 | 患者さんの知らないンプラント業界の話


この患者さんのインプラント治療は、もう10年以上前にして、しかも、途中でお酒に酔って激突して、セラミック冠を壊して、それでもなおインプラントは骨にくっ付き続けて安定しているものです。

こう言う実例を見ると、インプラントは骨とくっ付くとかなり丈夫なんだな、思います。

しかし、

この患者さんのインプラントは、たったの3年を過ぎた後で、このように折れてしまいました。

インプラント表面を見ると、骨がくっ付いていたのが伺えます。

最初の例を見ると、かなり頑丈に思え、後の例を見るとこんな簡単に折れるのか、と思ってしまいます。

問題は、患者さんが違うこと、としか言えません。

患者さんは、自分は一般大衆の中でごく普通、と信じていますが、実は個別の差はかなりあるのです。

この2例を比べ、分かることは、力の問題です。

つまり、普段からの力の加え方、が違うのだろう、と予測が付きます。


こんなことを書くと、じゃあ後の例の方は、かなり固いもの好きで、強い力で噛まれるら寝てる時でも噛み締め、食いしばりが強い方なんだろう、と皆さん思われるでしょう。

でも、実は後の例の方は可愛らしい小柄の後期高齢者のお婆ちゃんで、最初の例の方が働き盛りの体格の良い男性なんです。

えっ!?逆なんじゃないの?と皆さん思われるでしょう。

でも、事実は逆なんです。


折ったのが、小柄のお婆ちゃんです。


まさか、と皆さん疑うでしょう。


嘘は吐きません。


事実です。


なら、何故?と思いますよね。


私も悩みました、いや今も悩んでます。


想像ですが、噛んだり離したりの回数がものすごく多いのかな?と思っています。


インプラントも金属のネジに過ぎませんから、縮んだり伸ばしたりが頻回にあれば、いつしか金属疲労が溜まり折れるのか、と推測してます。


歯根膜がない、骨とくっ付き動かないインプラントだからこそ、起こる現象かなと。

思えば、噛み締め癖のある方の歯は、歯根膜がなくなり、噛む力で骨に押し付けてられて折れてしまったりします。


それと同じ現象が、インプラントでも起きた、と推測してます。


怖いのは力。


それも頻回な、歯の接触、なんでは?と。


歯は噛み締めるものではありません。


歯は咀嚼に使いますが、歯同士はぶつからないで良いのです。


この真実を知って下さい。


インプラントでも折れる。


力を抜いて、歯はぶつけない。


大事だと明言します。
コメント

インプラント治療は楽じゃない、歯周病治療も楽じゃない、歯科治療は全般楽じゃない・・・

2019年05月28日 | 患者さんの知らないンプラント業界の話

楽なインプラント治療ってあるんでしょうか?

楽な歯周病治療ってあるんでしょうか?

歯科治療って楽な方法ってあるんでしょうか?

 

私は腫れない、痛がられない口腔外科手術はできます。

こんな感じで、下顎の骨に埋まってる親知らずの抜歯と手前の即時荷重インプラントしても、翌日に腫れ上がって痛んだりさせない、と言うようなことはできます。

 

でも、患者さんの要望は留まる所を知らずで、簡単に楽に治ることを望んでいます。

 

申し訳ないのですが、私がしている手術は現代の歯科の外科のレベルでは、世界最高レベルでこれ以上の成果を出せている他の実例を殆ど見たことがありません。

 

他の手術の結果、成果は、散々たるもので、うちの患者さんが他所で手術受けた友達を見て、初めて私の手術受けて良かった、と思うそうです。

 

 

インプラント治療に留まらず、歯周病治療も、歯科治療全般で、楽に早く快適に治る、と言うのはないのです。

 

何故なら、悪い所を弄って、除去して、新しく治るように修正するからです。

修正しますから、新しい状態に馴染むのに時間が掛かりますから、不自由で気持ちが悪い状態はある程度仕方がないモノなのです。

 

そのある程度のレベルで、私は世界最高レベルで腫れない痛がらせない、と言う手術、治療をさせていただくだけなんです。

 

他所で外科受けて来て、それが大変でうちでやり直しの患者さん方が良く分かるのですが、うちの手術は他とかとは全く違うんです。

だから、腫れないし痛まないんですね、とそう言う患者さんが感想を言われます。

 

歯科治療全般、元々辛いモノである。

 

それを如何に低減して治せるのか、にこだわっているのだ、と言うことをご理解下さい。

 

全く何ともない、なんてことは有り得ませんので、思っていたよりも楽であった、と言うモノでしかないことを明言して置きます。

 

 

 

コメント

厳しいことを指摘しますが、ちゃんと治りたいなら自分勝手なことをしてはダメです。

2019年05月27日 | 患者さんの知らないンプラント業界の話

患者さんは、時に自分の好きなようにして、自分の望む成果を得られる、治すプロはどんな場合でも治さなければならない、と信じているようです。

失礼ですが、その考え方だから、あなたは歯を悪くして失ってインプラントをする羽目になったのです。

それなのに、インプラントにすれば何もかも快適になる、歯があった時のように楽になる、と信じてもいます。

ハッキリ指摘しますが、それは全て期待過剰ですし、自助努力をしなければならない、と言う大事な点が欠落しています。

治る為には、専門家が指導した内容は守らなければなりませんし、それらは全て自助努力に入るものになります。

凄腕の専門家に任せれば、何でもOK、あとは自動的に治る、自分は好き勝手にして大丈夫、と信じているとしたら、それは大間違いだ、と言うことなんです。

写真の患者さんは、もう10年以上前にさせていただいた患者さんですが、これだけ長く安定した成果を得るには、守るべき自助努力を為された、と言うことなのです。

まず、手術前に徹底的にクリーニングに何回か通って貰いましたし、手術日には半日以上のお約束をしています。

そして、手術翌日にも手術後の安定安静を確認に来ていただいていますし、メインテナンスもしてます。

その後は、毎週最低1回は術後管理に来ていただき、逐次適切な治療も行い、漸くこのような美しい安定した長い成果を得られるのです。

他の先生で、もっと凄い方は私みたいにうるさく管理しないのかも知れませんが、私はとてもそんな凄腕ではありません。

ここで書いていることは最低限のことで、実際は個別の患者さんごとに、その方に合わせて術後管理をしています。

そして、残念ながら、最初に書いたように甘い考えを抱いている患者さんが、時々います。

私は歯周病治療でも良く説明するのですが、毎週1回1時間の治療してても、残りの167時間自助努力しなければ歯周病は治りません、とお話しします。

そこが実は成功するか否か、の鍵なのです。


そこを理解して、しっかり自助努力をして下さい。

コメント

どことは言えませんが、インプラントメーカーは選ぶべきだと明言します。

2019年05月27日 | 患者さんの知らないンプラント業界の話
コメント

インプラント成功のルールを守りながら即時荷重も成し遂げるには?

2019年05月24日 | 患者さんの知らないンプラント業界の話





インプラントを審美的に成功させ、その状態を長持ちさせるのは、今でもハイレベルなインプラント治療とされています。

その為、現時点では、骨をしっかり造成し、歯肉も造成すること、が推奨されています。

しかし、そうなると骨、歯肉を造成する手術が、患者さんには辛く、大変になってしまうのです。

これが、現在のインプラントの解決しなければならない最大の課題なんです。

患者さんから求められる治療は、早く楽に安く治り、何も気にしないでも長持ちすること、です。

実は、現在のインプラント治療は、その希望とは離れた所にあるモノだ、と言わざるを得ません。

昔30年くらい前のインプラント治療は、入れ歯の代わりに噛めればそれで充分、10年持てば長持ちした、と言われていました。

それが、色々なことが可能になり、手間と時間をかければできるかも知れない、と言われて今に至っているのです。

この先は、早く楽に綺麗に治り、長持ちできて、治し方もシンプルで患者さんに楽なこと、が求められるようになるのでしょう。

申し訳ないですが、安くはやる手術の内容がハイレベルになるので難しいかと思います。


今日例で出した写真は、私が1ヶ月半前に抜歯即時インプラント治療して、今日の状態です。

その後の写真は、インプラントのレントゲンと治癒の経過写真です。

お顔の状態は、手術を受けた翌日です。

特に腫れたりしてませんから、お痛みも出ませんでした。

やはり、腫らさないことが痛くならないこと、の最大の秘訣だと思います。


そして、1ヶ月半で歯茎も歯も、とても自然な感じの治り方をしています。

とても簡単で単純、シンプルに見えます。

でも、骨への対応、歯肉への対処、そして、最終的なセラミック冠への配慮を考慮して、これらのどれ一つとして失敗できない、細心の丁寧な処置を求められるのです。

但し、それができれば、たった1回の手術で治せるようになるのです。


最初に書いたように、審美的なインプラント治療を成功させるのはハイレベルで、難易度の高い骨を造成したり、歯肉を造成したりしなければならない大変なものです。


それでも、人の身体の法則、細胞レベルでの理解、その応用をできれば、一見シンプルに簡単に見えるやり方で治せるようになって来ています。


一見単純簡単シンプルに見えてしまいます。


歯を抜いて、インプラント立てて、仮歯入れればできる、と。


でも、骨、歯肉への配慮をしなければ、長く綺麗な状態は保てません。


仕上がった後で、インプラント周囲に骨がちゃんとあって、歯肉が厚みを持って支えられていること、が大事なんです。

それを腫れたり痛くなったりしない手術で治せること、を達成できなければできないこと、なんです。


ここが肝です。


そして、私は明言しますが、このような処置は誰もができるインプラント治療にはならない、と予測、予言します。

生意気書きますが、本物の専門家スペシャリストのする仕事、になるでしょう。


私が自分の仕事の成果、結果を公表し続けるのは、そんな専門家スペシャリストを増やし育てるためです。


そして、我が業界のイメージを高めるため、です。


申し訳ありませんが、誇り高きスペシャリストは、自分の仕事を安売りはしない、と思います。


そこはご容赦ください。


そうして、日本のインプラント治療を求めて、世界から患者さんに来てもらうようになること、です。


その夢の実現に向けて、私は命のある限り頑張ります!

コメント

インプラント寺子屋2019第3回 低侵襲外科手術、水平埋伏智歯抜歯を中心にしてお話します!

2019年05月23日 | MISインプラント治療の話

こんな親知らずの抜歯でも、翌日の洗浄、メインテナンスでお越し下さって、お顔が何ともない、と言う手術ができるようになる、そう言うお話をします。

 

このような実例は、私には沢山あります。

この方はインプラント即時荷重手術も同時にしてますが、腫れも痛みも出してません。

この方も骨に埋まってる親知らずの抜歯ですが、腫れてませんし痛がらせてません。

この方は、親知らず上下の抜歯と下顎の大臼歯の抜歯即時植立即時荷重インプラントをさせていただいて、腫れてませんし痛がらせてません。

この方も、骨に完全に埋まっている親知らずの抜歯で、腫れないように痛くないように頑張りました。

この方は、仕事場の方々から散々おどかされて、怖がりながらの親知らずの抜歯でしたが、この写真のように笑顔で腫れも痛みも出ていません。

 

こう言う手術予後を患者さんに提供できるお話を、6月20日木曜日15時から、田町駅、三田駅徒歩3分のストローマン本社で徹底的に語らせていただきます。

 

参加費は、遠方からわざわざお越しいただく先生方も少なくない為、5000円にさせていただいています。

 

最新の低侵襲外科を力の限りお話します。

 

皆さん、ご一緒に勉強しましょう!

コメント

今夜の勉強はいつもと違う

2019年05月22日 | 患者さんの知らないンプラント業界の話


東京歯科保険医協会のセミナーに参加しました。

とても良かったです。
コメント

雨なので飛行機からの富士山を

2019年05月21日 | 患者さんの知らないンプラント業界の話


昨日のなんですが、雲の上に出てる富士山を見て下さい。
コメント

抜歯即時インプラントで美しく、しっかりと治すには

2019年05月18日 | 患者さんの知らないンプラント業界の話


この方も、私と古い付き合いの患者さんで、いよいよ前歯がダメになってインプラント、になった方です。

CT見ると、唇側の骨は殆ど私が造成したい骨ですね。

歯根が割れて、周りの骨がなくなると、審美部位のインプラントは極端に難しくなります。

安定させるには、骨と歯茎をしっかりと再生、造成するしかありません。

そして、それを低侵襲な手術でやるのが、又かなり難しいんです。

この方も早くも2年過ぎました。

厚みもありますし、歯茎と骨も安定してるようですから、今までの経験上こんまま大丈夫かな、と思っています。

でも、油断せずにメインテナンスして行きます。

最近富に、昔の外傷で歯がダメになって、審美的抜歯即時インプラント治療を求めて来られる患者さんが多いです。

しかも、皆さん美人、2枚目なんですよ〜

皆さん、やはり沢山手術されたり、痛くされたり、腫れたりはいやなんですね。

それを解決するやり方を、10年軽く超える経験を、幾つも持ってる所を探しておられるんですね。

これからも、皆さんのご期待に添えるように、勉強し続け頑張ります!

真剣に悩まれてる方、私は本当に腫らさないから痛まない、と言うかインプラント治療を、業界に先んじてやって来た者ですから、騙されたと思って、一度ご相談にお越し下さい。

真摯にご一緒に解決策を考えます。
コメント

明日のストローマンフォーラムパーティ、誰か代わりに出ませんか?

2019年05月17日 | 患者さんの知らないンプラント業界の話


事情により、私行けなくなりました。

代わりに行ける方、募集します。

明日の会場でお会いして、お渡しします。

facebook等でコメントしてください。
コメント

来ました。勉強します。歯周病学会が出したインプラント治療へのガイドライン

2019年05月16日 | 患者さんの知らないンプラント業界の話


歯周病学会が公的に出してるモノですので、ガイドラインとして重要ですね。

インプラントだから、インプラントだけ勉強してれば良い、と言うモノではないんです。
コメント