直ぐに歯が入る、腫れない痛まない、早く治るインプラント 日本口腔インプラント学会専門医 即時荷重専門書著者から情報提供 

腫れない痛くない手術で直ぐに歯が入る、早く治るインプラント治療のパイオニア 日本口腔インプラント学会専門医が情報提供

即時荷重インプラント治療17年の経験から語る、真の即時荷重の意義、意味

2017年08月31日 | 日々のインプラント臨床の話

画像に含まれている可能性があるもの:1人

即時荷重インプラントは、現状でも危険な治療方法だ、危ない成功率の低いものだ、と言う誤解がはびこっています。

 

特に、部分的に歯がない所だけへの即時荷重インプラント治療では、他に歯があるんだから、そこは安静にしていて骨とくっ付くのを待てば良い、と言うのが多数派の意見でしょう。

 

しかし、私はそれに対してたった一人でも異を唱えます。

 

歯がなくなった所だけに即時荷重インプラントすることで、直ぐに歯が回復すると言う利点だけではない即時荷重インプラントができるからこそできること、と言うものがあるのです。


生意気言ってしまうと、私が提案する治療方法は、現時点でそう言う治療ができると明言、広言しているのは私しかいないもの、かと思います。


それは歯周病治療と組み合わせること、即時荷重インプラントで天然歯を支え、支えている歯周組織を再生させる治療が可能になる、と言うことです。


今までの定説とされた歯周病とインプラント治療は、まず歯周病治療を徹底的に行い、それから歯がなくなった所へインプラントする、と言うものでした。


そのような進め方では、残された天然歯は歯周再生手術等の手術を受けることで、一時的とはいえ揺れが大きくなってしまうんです。


そうなると、患者さんは噛みにくいのを暫く我慢しないといけないし、何よりもゆらゆらと揺れている歯で何とかかんとか食事とかをしないといけないと言う状態に陥り、更にはそれが2年3年それ以上続くのです。


そうやって、やっと歯周病を治してからインプラント、が正しい治しかた、とされてきました。


それでは患者さんは大変で苦しい、しかもそれが長く続く。


私自身も、そう言う可哀想な経験を患者さんにさせて来てしまった過去があります。


ところが、即時荷重インプラント治療と出会って、この治療方法は凄い、これを活かせば歯周病の歯を動かないように固定しながら治して差し上げられるんじゃないか?と思うようになったのです。


即時荷重インプラントを、歯周病の患者さんに使う、歯周病が重症で抜歯するところへ、そのままインプラント植立して、骨の再生もして、続けて隣りの歯の歯周病の再生手術までして、その歯が揺れないようにインプラントと接着させれば良いんじゃないか?治りも良いんじゃないか?と考えたんです。


そうして、即時荷重インプラントを歯周病治療と組み合わせて使う、と言う独自の治療方法を編み出して、工夫し改善改良しやって来ました。


写真の患者さんがその代表例です。


かなり歯周病が進行していて、どれだけ歯が残せるんだろうか?と私も不安だった患者さんです。


しかし、患者さんの頑張り、と支えるスタッフのお蔭で、即時荷重インプラントしながら歯周再生手術をし、残したい歯をインプラントと接着固定して助ける、と言う破天荒な治療は成功しました。


私の治療を見慣れているスタッフですら、この患者さんで成功した時には、やりましたね先生!とねぎらいの言葉をかけてくれました。


それぐらい難しくて、大変だった患者さん、と言うことです。


もう10年前になろうとしています。


私は10年以上も前から、歯周病と即時荷重インプラントを組み合わせて治す、と言う全く新しい治療方法に取り組んで来ました。


経験し続けて来た今だから言えることですが、インプラントで固定されたお蔭で、歯周組織の再生もとても綺麗だし早いし、信じられないくらい良いとこどりだ、と気が付きました。


歯周病を治すのが難しいのは、歯が揺れているからだ。


揺れているから、歯と歯茎の隙間にばい菌が入り込み、悪くするんだ、と言うことが分かりました。


インプラントは歯に比べれば全く揺れません。


そのインプラントと接着固定されれば、歯も揺れないですから、再生療法の予後が良いのは当たり前、のことだったんです。


だから、従来の歯周病治療よりも綺麗に早く治ってしまう、インプラントが助けてくれることで、歯周病の歯も助かって、結果インプラントに集中してしまった力も歯が負担できるようになって、相互に助け合う、と分かったんです。


分かってしまえば、なんだそう言うことか、と難しい理屈ではないことが分かりました。


その根本にあるのが、即時荷重インプラントであり、それが何処の部位であってもできることで歯が支えられる、揺らされないから固定されるから歯周病の治りも綺麗で早い、そう言う実にシンプルな真理だったんです。


そう分かった時、私は全てのインプラント治療で何処に部位であっても、即時荷重できることを狙ってやる、と言うスタイルに変貌しました。


1本だから少数だから、反対側で噛めるから、無理して即時荷重するのはナンセンス、と言う一般的考え方から離脱したんです。


歯冠付けて噛めることを目指すだけではない、その先に、奥に、もっともっと凄い可能性、展開が開けたのです。


天然歯を守る為のインプラント治療、と言う理想的な姿の実現だ、と私は確信したんです。


不勉強で勉強が足りないかも知れませんし、確かなことは分かりませんが、世界中探しても私のような概念で即時荷重インプラントと歯周病の組み合わせる治療をしている者には、私は会ったことがありません。


口ばかりじゃない、と言う実例で、今回の写真を載せています。


これからも、私は患者さんを救うために、独自の工夫、創案で頑張って、成果結果を残して行こう、と決意しております。


全ては患者さんの為に。


私は頑張ります。







コメント

8月30日(水)のつぶやき

2017年08月31日 | Weblog
コメント

本当に腫らさないのか、痛がらせてないのか?低侵襲なのかを問う、即時荷重インプラント治療

2017年08月30日 | 日々のインプラント臨床の話

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、クローズアップ自動代替テキストはありません。画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、食べ物

先日の即時荷重研究会発足記念講演会でも問い掛けられていましたが、本当に手術後腫れてないのか?痛がらせてないのか?手術後3日以内の写真を今後撮って、ちゃんと見せて行こう、と言うお話が出ていました。


私は、正に我が意を得たり、と思いました。


今日出しているこの写真は実は月曜日に抜歯即時植立即時荷重修復インプラントした患者さんです。


外科の定説として、最も炎症が出るのが2日後と言われています。


その状態を撮影してのが、この写真です。


如何でしょうか?


本当に腫れてませんし、患者さん自身も痛がられていません。


私の講演の中でも触れましたが、即時荷重修復インプラントしたら、基本的には麻酔が来ているので、ちゃんとした噛み合わせの調整とか入った歯の具合は本当の感じ、麻酔が切れている普通に戻った状態の感じではないので、大丈夫なのかどうかは分からない、と思います。


なので、必ず麻酔が切れた翌日、もしくは翌々日には、私は拝見させていただいて、大丈夫なことを確認していますし、微調整とかも丁寧にしています。


講演の中で本当に短くしか話せなかったので、伝わらなかっただろうな、と反省しきりなのですが、即時荷重修復インプラントするなら、確かに3日以内に患者さんと会って、咬合調整とかの色々な微調整をするべきだ、と明言します。


患者さんと笑顔で会える為には、やはり腫らさない痛がらせてない身体に優しい低侵襲手術をしていないと会いにくいのではないでしょうか?


そう言う理由で、私自身低侵襲手術に邁進した、と言う面も強いのです。


勿論、2003年にラム先生の全てを拝見して、世界最先端中の最先端の低侵襲手術を見せていただき、これだ!と確信してそこからガラリ、と自分の手術を変え、一心不乱に突き進んで来たのが大元ですが。


本当に腫らせてないのか、痛がらせてないのか、そこは文章だけならいくらでも書ける、ちゃんと証拠となる写真を撮って見せないと、と日曜日の講演会では提唱されていました。


本当にその通りだ、と思います。


幸にも、私自身はfacebook と言う媒体を使って、次々と証拠写真を公開し続けています。


facebookページをご覧いただければ、沢山の過去の実例を見ていただけます。


それどころか、私は最も腫れが出る、痛みが強い、と言われる下顎骨性水平埋伏智歯抜歯でも、腫らさない痛がらせない低侵襲手術を徹底しております。

これらの写真がその実例です。


本当に腫らさない痛がらせない、患者さんの身体に徹底して優しい低侵襲手術をして来ています。


即時荷重研究会で、そのことが提唱されて、大歓迎です。


これで、本物と偽物とが、患者さんも見分けられるようになるでしょうから。


即時荷重できる歯科医は増えても、下顎骨性水平埋伏智歯抜歯で低侵襲やり切る歯科医はまだ殆どいないでしょうから。


ありがたい。


私のして来たことに風が吹いて来ています!!

コメント

8月29日(火)のつぶやき

2017年08月30日 | Weblog
コメント

27日の日曜日、即時荷重研究会発足記念講演会で講演させていただきました。

2017年08月29日 | 日々のインプラント臨床の話

画像に含まれている可能性があるもの:1人、立ってる

一昨日ですが、27日の日曜日に即時荷重研究会発足記念講演会で45分講演させていただきました。

 

2000年から、たった一人で始めた即時荷重インプラント治療の17年の歴史から学んだこと、と言う題名を付けて、多分私にしか言えないんだろうな、と言う話をしました。

 

で予想通り、私が言ってることはまあ浮く浮く。

 

で、文献考察がと言うのは定番の批評で必ず出るんですが、私のしているようなことの分野で定評のある論文なんてほぼ皆無なんで、できないんですねこれが・・・

 

部分的な所に対しての即時荷重インプラント治療は、学会とかセミナーとかでも今も尚、常に文献が乏しい、確定的なモノがない、で終わってます。

 

つまりは、まだまだ不確定で未熟そのもの、の状態なんです。

 

言い換えれば、だからこそ私はたった独りで苦労して来たし、工夫改善改良も、然程良くないオツムを頑張って使って何とかして来たんです。

 

昔は良く言ってました、脳みそにまで汗かき捲りで頑張るんだ、夢に見るまでに必死になるんだ、と。

 

冗談じゃなくて、解決策を夢で見る、と言うのは私も何度か経験して来てます。

 

私は、それを天啓、一所懸命に頑張ってるから神様が見せて下さってるんだ、と信じ切ってます。

 

天啓で得た手術方法とかは、何所にも文献はありません。

 

教えて下さる先生もいません。

 

必死でどうしたら良いのか、苦しみ続けた果てに、突然降って来るんです。

 

そうか、こうすれば良いのか!と天啓の夢見て、その次の瞬間目が醒めるんです。

 

で、それを忘れないように繰り返し思い出し、時にメモをして、患者さんの手術に臨みました。

 

そう言う時に手術は、本当に不思議なのですが上手く行くんです。

 

世界中勉強して回って、どこにも解決策がない、どうしたら良いのか?に答えが見せて貰えるんです。

 

とても不思議な感覚でした。

 

悲しいのですが、最近は余り見せていただけなくなりました・・・

 

必死さが足りてないのかな・・・と反省しなければならないですね・・・

 

で、即時荷重研究会発足記念講演会の話ですが、生意気ですが、私が一番近いのはやはり林先生だった、と感じました。

 

林先生がTCHのことに触れ出したら、私的にはとても嬉しいですね。

 

あそこで伝えたかった話の最重要点の一つ、でしたから。

 

即時荷重に留まらず、歯科治療はTCHが大きな問題だと、私は確信しています。

 

歯をなくす方は力のコントロールができてない。

 

もしくは、その方の持って生まれた歯の耐久性とその方の噛む力のバランスが悪い、と思います。

 

そう言う方に、そのままインプラントしたから解決するかと言うと、それは違うでしょうね、と言うのが私の見解です。

 

TCHに関しては、私も歯チャンネル88通じて学ばせていただき、参加した当初からこれは凄く大事だ、と確信していました。

 

それがここ2~3年で注目されるようになって、本当に良かった、と思ってます。

 

 

噛む力のコントロールができてない方にインプラントすれば、幾ら機械的強度上げても生体に限界が来るだろう、といつも思っていました。

 

そう思ってたら、アルブレクソンがそのことを明言し出して、とても嬉しかったです。

 

私が言ってても、何言ってるんだ、お前が下手なだけだろう、でしたので・・・

 

まあ、そう言う話をもっと深く切り込んでチャンと話したかったんですが、45分では私には無理でした・・・

 

残念ですが、自己採点は0点ですね・・・

 

その他にも、色々と問題提起と解決策の提案したんですが、まああの説明ではなかなか通じないでしょうね・・・

 

申し訳なかったなー、と恥じてます・・・

 

今後の課題は、このようなお話しいただいた時に、如何にちゃんとまとめるか、伝えるか、ですね・・・

 

寺子屋で修行します・・・

 

私の持ってる知識、対策、色々な話は、何所にもないので、その元になった出来事からお話ししないと、何言ってるんだこいつ?でしょうね・・・

 

うーーーん、全く知らないことを知らない人に伝えるのって難しい・・・

 

いつもそのことに悩んでます。

 

即時荷重インプラント治療1000症例以上の積み重ねで得たモノを、如何に残し、伝えて行くのか・・・考えないといけませんね。

 

頑張ります。

 

PS:それだけ変人、と言うことなんですね、改めて自分がどういう人物かも知りました・・・

 

 

 

コメント

8月28日(月)のつぶやき

2017年08月29日 | Weblog
コメント

8月27日(日)のつぶやき

2017年08月28日 | Weblog
コメント

8月26日(土)のつぶやき

2017年08月27日 | Weblog
コメント

8月25日(金)のつぶやき

2017年08月26日 | Weblog
コメント

即時荷重研究会 発足記念講演会 いよいよ明後日です!

2017年08月25日 | 日々のインプラント臨床の話

画像に含まれている可能性があるもの:9人、、スマイル

コメント

8月24日(木)のつぶやき

2017年08月25日 | Weblog
コメント

今夜も勉強

2017年08月24日 | 患者さんの知らないンプラント業界の話

KIRGの佐藤先生のセミナーです。

さすがKIRG、素晴らしいです。

コメント

8月23日(水)のつぶやき

2017年08月24日 | Weblog
コメント

8月22日(火)のつぶやき

2017年08月23日 | Weblog
コメント

抜歯即時植立即時荷重インプラント治療、審美部位への症例

2017年08月22日 | 日々のインプラント臨床の話

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、クローズアップ画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、クローズアップ画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、クローズアップ

この患者さんも外傷ですね。


転倒で前歯折ってしまうとか、ぶつかって折ってしまう。


可哀想な事故です。


だからこそ、痛くないように腫れたりして辛くないように、そしてできる限り早く綺麗に治ってくれるように、抜歯即時植立即時荷重修復インプラント治療をできること、がとても重要です。


手術は1回限り、身体に優しい低侵襲手術、トータルな治癒期間も3ヶ月もかからない、と言うのが良いでしょう。


私は患者さんの為に、こう言う世界最高水準のインプラント治療を更により良く改善改良し頑張り続けます。

コメント