くらげほのぼの日和

もうすこし更新がんばります!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『天使の耳』東野圭吾

2009年06月02日 00時01分17秒 |  -本
実は、東野圭吾の本を小説で読むのははじめてです。
ガリレオとかドラマみてて、よく考えられてるよなぁ・・・・と思ってたんで、興味津々。
たまたま家にあった本ですが面白かったです。

交通事故という身近な出来事が題材にとりあげられている短編集です。
交通事故といってもいろいろな状況、立場とかもあるだろうし、それによる被害者の人の状況や心情もあるとがあると思うのですが、それでも共通しているところはあると思うのですが、その条件下でこれだけの似ていないストーリーを書かれたのはやっぱりすごいなぁと思いました。
短編のあつまりなので、キリのいいとこまで読むと、一作品が読めるので、細切れの時間に読んでたんですが、ほんとうにどういうどんでん返しがくるのか気になって次から次へとページをめくってしまう作品でした。

しかし、この作品を読んで思ったんですが、車の事故だけじゃなく交通に対するマナー等、ちゃんと認識した行動をとらないといけないな、と改めて考えさせられる大人の交通教本だと思います。




コメント   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
« 御堂筋殺人事件 /内田康夫 | トップ | ドラマ:「ザ・クイズショウ」 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

 -本」カテゴリの最新記事

2 トラックバック

東野圭吾『天使の耳』 (itchy1976の日記)
天使の耳講談社このアイテムの詳細を見る 今回は、東野圭吾『天使の耳』を紹介します。本書は、身近な交通事故を題材とした短編集です。意外とドキッとするなあという印象はあります。どうにでも転がっていくからね。一つ一つの短編の内容は濃いですね。 以下は、6篇の...
東野圭吾『天使の耳』 (itchy1976の日記)
天使の耳講談社このアイテムの詳細を見る 今回は、東野圭吾『天使の耳』を紹介します。本書は、身近な交通事故を題材とした短編集です。意外とドキッとするなあという印象はあります。どうにでも転がっていくからね。一つ一つの短編の内容は濃いですね。 以下は、6篇の...