くらげほのぼの日和

もうすこし更新がんばります!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

情熱大陸

2011年07月30日 20時42分16秒 | ●あっちこっちこんなの
情熱大陸のライブいってきましたー

夏ふぇすですよ。夏フェス!
あんまり夏フェスにいくっていう文化が自分の中でないので、何年かまえにA-nationにつれていってもらってぶりくらいです。

ちなみに今回の会場は万博。
実は案外万博ってとおいのよねー。

しかしながら、真夏まっさかりすぎて、大丈夫なのかなぁってかなり不安だったわけです。
なので、暑さ対策かなり本気で準備してからいったわけですね。

頭からかぶらるかなりでっかいバスタオル、サングラス、肩からかける日よけ用のタオル、水の気化の力を利用して涼しくなるスカーフみたいなやつ???
エアクーラー、シーブリーズ、ぴえピタ、8×4とか。どんだけどこに気合がwww

みんなはお酒や食べ物のほうに力がはいっていたみたいですがわたしはとりあえず暑さ対策、それのみ。いやぁ年々暑さがつらくなってくるのだよw

そういうわけで、暑さ対策が万全だったためかわたし的にはそれほどしんどくなくすごせました。
これが対策のおかげなのか、実はそこまで暑くなかったのかはちょとわからない。
着いたとたん雨がざーっと降って、え?暑さ対策はしてたけど、雨対策なにもしてないけど、とちょっといやになったころ雨はやみました。
これが涼しくなった理由なのかもわからない。

ライブは、前半ほぼ知らない人。
そして後半になっていくと知ってる人もでてきたわけです。
フミヤとかチェッカーズ時代のときすきやったからうれしかったなあ。
懐かしい歌もうたってくれたし。こういうときチェッカーズ時代の歌もうたってくれたらいいのに。

その反面、鈴木雅之は、姉の清美もでてきて、ロンリーチャップリンをうたってくれました。
うん、これはやっぱり10代、20代が楽しめるライブじゃないなぁ。
オトナだから楽しめるピクニックでした。。
観れても観れなくてもそんなにどうでもいい。ノリタイときにノッテいればいい。
だけど、葉加瀬太郎が加わるといつもの曲がすごいクオリティを増して響いてくるのがほんとすごいとおもう。
バイオリンってすごいよね。
葉加瀬太郎すごいよね。そう思ったライブでした。

ていうかこんなに楽しいことどうして、真夏にやるんだろう。
もうすこし涼しいときにやってもよくないのかしら?
コメント

函館山ゆり園

2011年07月23日 19時36分08秒 | ●あっちこっちこんなの
去年うらやましくって連れて行ってもらおうとしてたらすでに時期がちょっとおそかったという残念な、函館山ゆり園につれていってもらいましたー

結構長い、迫力のある山をゴンドラで登ったらゆりが一面にみえるのです。
そしてリフトに登っていきます。
この正面のところは、ゆりが色別に並べられています。
うーん色別だと迫力ないなぁ。そして結構まびかれているように見えるのです。
うーむ残念。とか思いながら、ケーブル分下ってご飯食べるところからふと横をみたら横からのほうが立派っじゃないの。
ということで、小山を登って散策。
みためは急に見えるけど、散策をのんびりできるくらいの素敵な距離と勾配なのです。
そして、ゆりのソフトクリームを食べたり素敵な時間でした。

色とりどりきれいだし、お天気よかったから、琵琶湖の竹生島までみえて素敵でしたー
結局現地では出会えなかったけど、友達も2組くらいいってたみたいです。
お天気悪い時刻帯もあったみたいでよかったです。

かなり涼しくってとっても素敵で、わたしここに住みたいくらいー
ちなみにお昼は、ゆりねの天麩羅もはいったおそばをいただきましたー
コメント

記事のタイトルを入力してください(必須)

2011年07月18日 21時39分02秒 | ●つれづれ雑記帳


二度目の伊根にいってきました。
あれだけいきたかったのに、一度いくと近いものですねー

ということで二度目の伊根にいってきましたー
今回は前日の夜出発して朝到着してそのあと一日っていうコース。

うん、正直しんどいなぁ。
車のなかほぼずーっと寝ていたような空気読めない友達もいたけど、普運転手さんに気を使っちゃうもんね。
やっぱりちょっとしんどかったです。もうしこし計画性のある行程がいいなぁ。
しかし、あの状況でずっと寝てられる友人のマイペースさうらやましすぎるやろ。

伊根じたいが広い地域じゃないからこのまえざっくり見た地域とはいえ、あまり見るところはわたしにはなかったかんじ。それなら正直舞鶴引揚関係の資料館や、自衛隊の基地とかにいきたかったなぁ。

伊根でよかったのは、早朝すぎて漁港での水揚げの様子がみれたことかな。
舟からポンプですいあげられるのが、ふっといホースで座れて排出されるっていうのがびっくりでした。
食べ物そんなかんじなんやなぁ。ってびっくりしました。
迫力満点でたのしかったです。
そこくらかな。そこ。

なんかしんどすぎて楽しめなかったけど、海のほうから伊根の船屋川をみれたらいいのになっておもいました。

あと今回は、舞鶴のとれとれ市場っていう道の駅にもよりました。
そこでゆっくりご飯食べました。
でもそこにいくまでの、ホフマンっていう昔の釜にいくときに砂地に車がはまってしまったこと。
よくないことは続くのです・・・
はまってしまったことは仕方ないんだけど、そういう判断ミスをしてしまったのはやっぱりお疲れだからだよね。
うーんやっぱり行程とプランに無理があったんだよなぁ。

その砂にはまっている間、海の家でカキ氷をいただきました。
海水浴なんかほーんまひっさかたぶりにいってないので、海の家にはいるのもなんか不思議でした。

まぁ、そんな二回目の伊根でした。
コメント

メナード青山にいってきましたー。

2011年07月12日 20時25分13秒 | ●あっちこっちこんなの



メナード青山にいってきましたー。

メナード青山は、メナードの施設です。福利厚生施設なのかしら?
そこにわたしたちはなにしにいったかというと、ラベンダー畑に遊びにいったわけです。

ひまわり畑はいろいろあるけど、ラベンダーってあんまりきかなくない?特に関西では。
ということで、わざわざというかww
北海道までなかなかいってられないかなぁ。

ということで、鶴橋から急行にのって、伊賀神戸っていうところまでいってきました。
「こうべ」だとおもっていたら、神戸じゃなくって、「かんべ」って読むらしいです。
だいたい1時間ちょいくらいかかります。
そしてここからメナードまでも送迎バスで20分近くかかります。
そして、お花畑のところまでもシャトルバスに乗るのです。とおっ。

しかし到着したところのお花畑はすごかったー。
よくよく考えたらその「ハーブガーデン」ってところにはいるだけで1000円もかかるわけですが、あまりにものお花の立派さにテンションがあがってしまいました。

ご飯先にたべようとかいってたのに、テンション先にあがっちゃった。
そんなくらいにきれいでした。

だけど、ラベンダーの撮影ってむつかしいねぇ。あんまり上手に撮れなかったかもしれません。
それより取るといえば、500円でラベンダー積みをさせてもらえました。
っていうか、よくよく考えたら、お花摘みなんかしたことはないかもしれない・・・
暑いなかでしたが、お花見っていう行為もたのしかったです。

ランチは、パスタランチを期待してたのに、そんなこんなで遊んでたので、売り切れちゃった。
で、結局ほかのものをいただきました。
そこに、ラベンダーのレモネードと、ラベンダーのヨーグルトっていうのもあっておいしかったです。
実はそんなにラベンダーの香りってすきじゃなかったんだけど、お花の味とかもすきじゃなかったんだけど、ここのお味はおいしかったし嫌なかんじのお花の香りもなくってよかったです。
ということでついついいろいろお土産も買ってしまったくらいでしたから♪

友達がエステやスパをしにいきたいといってましたが、そのためにここまでくるのは遠いけど、お花畑のためにはこれるよ。そんなメナード青山でした。
コメント

ドラマ:『グッドライフ』

2011年07月08日 21時19分29秒 |  -ドラマ
【送料無料】グッドライフ DVD-BOX

【送料無料】グッドライフ DVD-BOX
価格:17,716円(税込、送料別)




久々の反町主演のドラマです。

なんやかんやと最後までみてしまってましたねぇ。
まわりのメンズもみていたらしくって「泣いた!!」とか「よかったー!!」とかいってたので、なんやかんやと人気あったのかなぁとおもってたけど視聴率よくなかったんですねぇ。全部一ケタ台だったんだ。

さて、わたしもみてましたが、その感想ですが。。。

男性があこがれる父親像ってかんじするよねぇ。
なんていうかなぁ、こういう状況においてはだいたい母性にまさるものはないじゃないですか。
それをあこがれる男性が、作った作品に思うわけです。

だってね、幼稚園、小学生低学年がね、両親離婚して、仕事ひとすじだった父親のほうについていくか?でもって母親を拒否するか?
ありえないわ。
そういう絶対的にありえないことが起きているドラマなわけです。
だからなぁーそういうところがくさくてなぁ。
リアリティなくてねぇ、はまり込めないっていう・・・

まわりのメンズがよかったって思ったところがまさしく象徴しているとおもいます。
だけどね、現実、めったなことがない限り子供がいつも一緒にいる母親よりも仕事一番の父親のほうについていくってことないから。
そこを現実で期待してちゃだめですよーっていいたいです。

そして、このドラマでの子役、加部 亜門くんがむかつくのですww
いやはや申し訳ない。なんでなんでしょうねぇ。。。。
でもとある雑誌の評論にも「オトナをいらだたせる天才」って書かれていました。
いやはやほんとww
加部 亜門くんがかわいそうだと思うくらいにこの脚本くずでしょうw
っていう作品でした。

なんか韓国ドラマをベースにしているからなのかなぁ。
くさいっていうかなんていうか。
コメント

平成OSAKA天の川伝説2011

2011年07月07日 22時33分38秒 | ●あっちこっちこんなの
こんなイベントがあるんですねぇ。しらなんだ。
前日に知ってしまったのです。
職場近いしいかなきゃなんなんでっしょー
ということで、小雨が降るなかたちよってしまいました。

しっかしながら七夕ってどうしてこんなに毎年雨なんだろ。
ここ何年も七夕が晴れてたことなんかないんじゃないのかなぁ
彦星と織姫って一体ここ何年遠距離してるんだろう。ずっと会ってないよね。

さてこのイベント、意外によかったー。
行った時間もちょうどよかったんだと思う。
放流してから時間がたちすぎてまだらまばらになってたわけでもなく、かたまりすぎてたわけでもなくいいかんじでした。
そして雨ふってたからそこまでの人でもなくっていいかんじでしたー。
これからこのイベントだんだん人気がでるんだろうなぁ。

LEDの玉は青くてとてもきれいでしたー
上空からみたらもっときれいだろうなぁ。
これって下流でもちろん回収するわけだろうけど、大変だろうねぇ。
しかし、回収できるってことは、来年も使うと思うんだけどそれで1000円は高くないか?
この費用は何に使うんだろ?
水質改善とかに役立つのかなぁー
コメント