くらげほのぼの日和

もうすこし更新がんばります!

動物園からの暗号

2012年12月27日 13時24分59秒 |  -観劇
「動物園からの暗号」にいってきましたー
先月の「インディアン島の白昼夢」とおなじ、PT企画の謎解き演劇です。

今回は新阪急ホテルが会場ではじめての場所でした。
そしてお値段は結構いいかんじ。
それもそのはず、食べ放題ブッフェなのです!
しかも、朝ごはんでホテルに泊まっているときにでてくるようなレベルじゃなく、さすがなかんいのお料理でしたー
デザートもいっぱいあっておいしかったですよー
ほんま料理やばかった
どちらかというと結婚式ででてくる料理が食べ放題なイメージ!
そりゃお得でしょ、おいしいでしょ、楽しいでしょー

そして観劇のほうは、食事のまえがエピローグ。
そして食事後に続きの謎解きなわけです。

全体な感想としてはやっぱり謎解きの時間が短い
SCRAPにくらべたら謎レベルは高くないんやけど、それでも謎ときだしさぁ、もうすこし時間ほしいなぁ
なんなら、料理を食べながらも考える時間のある構成だったらいいのになあっておもうかんじの構成でした。
そこがちょっと残念。

お料理中はゆっくりたべてください。ってかんじだったんだろうけど、お料理はお料理だけに集中ってかんじだったのかなあー
それが残念

ただ、相変わらず舞台内容はおもしろかったです。
舞台のなかに一体としてはいりこめるかんじなこここの企画は最高に楽しくて気持ちよくてやっぱりパラレルワールドにはいれそうな感覚が味わえるのです
そのための役者さんとの距離が近いっていうのはすごくわくわく楽しい時間でした

謎ときもいいところまでいってたのになあー
コメント

ダイビングケーキ

2012年12月17日 20時20分12秒 |  -お菓子
さーてこれなにでしょう(笑)

ちなみにこれ俯瞰図なので、真上からみている状態ですが、段々になっていることはわかりますかー?

ちなみに一番下はココア生地のスポンジです。
そのうえには、オレンジのカルピスでつくったムースが乗っているんだけど、それを段々にしているので高さが3段の階段状になっています。
そしてそのあとの一番上は、グレープフルーツ味のゼリーがのっているので結局3層の味がたのしめます。

そしてそこにいてるこのウサギはなにか。
サンタの帽子をかぶっているダイバーです。
白玉団子でつくられてますー
わざわざこのためだけに白玉団子デコの本っ買ったからねw
だけど、わかったこととしては、3Dちゅうの?立体造形はわたしは苦手ということがわかりました・・・・
ちなみにその近くにツリーがあるのはわかる??
俯瞰図なのでわかりにくいかもしれないけど、これも白玉団子です。

なんでこんなケーキをつくったかというと、ダイビングショップのクリスマス会にもっていこうとおもって。
ダイビングショップのプールがこういうかんじの段々になっている形をしているので、それを模してつくったんだけどね。

ただいくつか失敗エピソードが・・・・
内輪くらいの会だとおもっていたらびっくりするくらいに大人数で知らない人もいっぱいすぎて、ひさしぶりに差し入れするのが恥ずかしいとか、そもそもそんなに分けれるほどの大きさないとか
根本的なことをいうと、造形した白玉団子に砂糖いれるのわすれてたなーとか(笑)
そもそもだったのか、コーチとかがいろいろみんなに疲労してくれたからなのかわかんないけどだんだんだれてきて後半だいぶ引力にまけてましたww

模試今度するのであればもう少し固めにしたほうがいいよね

コメント

おうちで再チャレンジクロワッサン

2012年12月07日 18時17分45秒 |  -お菓子
おうちで再度チャレンジクロワッサンです。

ABCでは、普通のクロワッサンとそのあと、フルーツを乗せたりというデニッシュのパンっていうかんじのと両方つくったのですが、まえに家でつくったときには、フルーツデニッシュ側のほうを頑張ったわけですが、成型のときというのかフルーツのっけてから、どぅわぁっと爆発?たれる?
とりあえず見た目がひどいものができてしまったわけですが(笑)
そのとき、生地じたいもちょっとバターがもれてきてしまうようなことになったし、焼いてからがすごい広がるようなことになってしまったので、とりあえずまず生地から攻略しようかと。
なんせ冬のほうが作りやすいしね。
ということでの再チャレンジでした。

デニッシュ生地は、おもったよりもバターが大量にはいっている恐ろしいパンです(*^。^*)
でもバターがないと、何層にもなる生地がふわーっと持ち上がらないのです。
パン教室の先生は、最初に高温で焼くときにまずバターが蒸発して。っていってたけど、オーブンのなかきれいだしなぁ。。。
きっと生地のなかに吸収されてるよね?カロリー不安(笑)

でも今回は上手にできたーとおもいますー。

しかしながらいつもわたしが家でパンをつくるときって結果オーライで成功するんだけど、発酵中には一切発酵しないのよね・・・
あれなんなんだろう
コメント

アートアクアリウム展 大阪・金魚の艶.

2012年12月05日 23時45分48秒 | ●あっちこっちこんなの
 


アートアクアリウム展 大阪・金魚の艶
http://h-i-d.co.jp/art/art-aquarium-2012-osaka/
にいってきましたよー

どうやら神戸や東京でもやっててやっと大阪にきたってかんじやということなので、わたしももう開期前からたのしみでたのしみで、前売りで2枚もあらかじめ買っちゃうくらいの楽しみだったわけです

そういうわけでのいざ出陣!わたしは平日に結局2回いったわけですが、土日は超混んでたみたい

ちなみに開期終盤には平日でも入場までに30分ほどかかってたみたいだし、土日なんか3時間ほどまってたみたいだよ。なんか非常階段の下のほうまで並んでたみたいだし。

さてそんな、アートアクアリウムだけど、予想以上によかったー
カメラずきとしてはかなり遊べる遊べる遊べる。
いったいここで何枚写真を撮ったか
正直、全部みかえすことができないくらいの枚数になっていました(笑)

結局この写真を年賀状にもしてるんだけど、ベスト写真ていうわけではなく、選定できないくらいに取り捲りました

正直撮っているときは、変なライトアップになっていないときのほうがよかったけど、写真としてみるとピンクやブルーのライトもあたってるほうが綺麗なのかもしれないなぁ

ほんとにいろいろな種類の金魚がいてきれいでかわいかったです。
ファニーなお顔がかわいかったりするんだけどあれって奇形ではないのかな
なんかちょっとかわいそうな気持ちにもなったりする
でもその反面、綺麗でかわいいとおもったりもしたのでした。

いろいろな見せ方があっていろいろ魅せられました
屏風にシルエットとして映っている「Byoburium/ビョウブリウム 」も写真としてはそれほどではあるんだけど、見せ方としてはすばらしくって、癒されました。

すきなのは、「gyo Collection /金魚コレクション 」のところなんだけど、「Oiran/花魁 (巨大金魚鉢)」も「Prisrium No.12 & No.18/ プリズリウムNo.12 & No.18」も迫力があって圧倒されました。
また回帰することがあって、違う見せ方をしてくれるならばみたいな



コメント