くらげほのぼの日和

もうすこし更新がんばります!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

今さらドラマ:『ミセスシンデレラ』

2007年06月29日 23時47分44秒 |  -ドラマ
今日は:

最初みたとき、一体これなに???って思うくらいに記憶のないはじめてのドラマでした。いつくらいの時代なんやろーなぁ・・・・・みたいな。
97年やから10年前かぁー。
薬師丸ひろ子って「1リットルの涙」のときには、母親役してたもんねぇ。
杉本哲太とかあんまり変ってないかんじがして余計にわからなかったんですよねぇ。
高田万由子もあんまり変ってないかんじがします。この人女優なん???って思ってしまいました。
確かに、内野聖陽、若いもんなぁ。黒谷友香もそんなに変ってないかんじはしますが、確かに若いかも。
あとは、大石恵がでています。わたしこの人が女優やってるのもはじめてみました

さて、ストーリー。
奥さんが不倫するドラマといってしまえば、身もふたもないんですけどなんかいろいろ感情移入やいろいろなことを考えてしまうドラマです。

まずは、序章段階でおもったこと。
なかなか子供ができないみずほ(薬師丸)は姑(江波杏子)や小姑(高田万由子)に皮肉を言われながらも、イタリア語教室に通うことを唯一の楽しみにしているような毎日。夫は悪くはないけど、母親にはあたまが上がらず、イマイチ妻の気持ちに沿わない。そして、部下とついつい不倫なんぞする・・・・
・・・・・うん、かなり嫌やなぁ、そういう生き方って。
わたしやったら、みずほほど忍耐強くないわ。って思うような奥さんです。
そんななかで、光(内野聖陽)の少々強引なかっこよさに引かれるのはわかるし、ときめく気持ちもわかるよなぁ・・・・とか思ったり。

そして中盤。
旦那の子なのか、光(内野聖陽)の子なのかわからなが身ごもったみずほは家をでる。いろいろある中で、光は聴覚を失う
・・・・・・あたり。
ねぇ・・・・
何が正しいのか、どこが正しい判断なのか難しいよね。
だって、家をでたとたん、夫はいろいろなことを気がつき急に頼れる優しい心の広い人になるし、光は聴覚を失ったことから自暴自棄になっていって、みずほにつらくあたったりするしさぁ。
「愛」なら乗り越えられるかもしれないけど、「恋」ならば簡単にこわれてしまうような段階だよね・・・・・
やっぱりこのあたりの光には、仕方ないとはいえ、許せない思いもあるしさぁ。
もっと早く、旦那のいいところがみえて、旦那のよさが発揮できて、もっといい関係が築けてたらこうはならなかったのにな・・・・・・とかって思うし。
ちょっとかなり気持ちは複雑でした。

さて、終盤・・・・・・
実はですねぇ、今の現在、まだそこまで見てないんでするわ
ビデオで見てる人なのでね・・・・・・
でも実はいろいろ書いている人のサイトをみてどうなるかは知ってるのよね・・・・・
特に、このサイト。
http://www2s.biglobe.ne.jp/~hona/profile/sakuhin/mrs/mrs_4.htm

途中でどうなるのか気になって気になってたどり着いたんだけど、このサイトをみていなかったら、わたしは、今回こういう感想のかきかたをしていなかったかもしれない・・・・・。
っていうか、こういう観点でドラマをみていなかったかもしれない・・・・。
ここまで結構はまったのは、このサイトのおかげな気がします。

結果的に、子供は旦那によく似た子で、姑も自分のわるかったことも認めてくれ、光は光で、結婚してあたらにいきていっているところで終わるみたいやけど、前半で、ドラマにはまり光とみずほを応援していたわたしは、最初このサイトをみたとき正直「えー」って思いました。
でもさぁ、中盤にさしかかって、夫や姑が変っていく姿をみるとさぁ・・・・。

わたしは、このドラマの当時、生でみていなかったわけですが、やっぱり視聴者は光を王子様としてみていたようです。
でも、最終的に、いろいろなことがあって、いろいろなことにそれぞれが気がつき、みずほは旦那のもとに戻るわけで、みずほにとっての本当の王子様は旦那様だったわけなんですよね・・・・・・。
このサイトを書かれた方もそういう感想をもっていて、なるほどなぁ・・・・とかんじさせられました。

それぞれ、つらいことはあったけど、これがないと、それぞれが大事なものを気がつかなかったんですもんね・・・・・。
こういう事件がなくても、自分が何を大事で大切で守りたいものなのか気がつけることが一番幸せだとは思うけど、結果的にいろいろなことを許せてほんとうに大切なものにたどり着けたらそれはそれで幸せなのかな。
「結果おーらい」というには、軽い言葉すぎますけどね

確かに、恋愛ってどきどきして気持ちは強くってパワーがあって、衝動的なものだけど、本当の「幸せ」ってそこから成長していくことはあるかもしれないけど、そこに直接あるものではないのかもしれませんね。
実は気がついていたけれど、そう思いたくなかったことに気がつかされてしまったかもしれません・・・・・

でもさぁー、実際はさぁ、なかなかこんなこと許してやり直せれるものではにのよぉーってことは、ちゃんと理解しておくことが、現実には必要ですね。ドラマじゃないんだからぁーって。


さて、関係ないですが、大石恵かわいいですよー
日本人形みたい。
女性受けするかんじではないけど、男性が好きなのはよくわかるわぁー


        


コメント (5)

ぼろぼろな島

2007年06月26日 22時09分59秒 | ●世間のざわめき
今日は:

ぼろぼろ・・・・・・いえいえ、ちがいました。「ホボロ島」です。
東広島市安芸津町沖の瀬戸内海にある無人島らしいんですけどね、その島が無数の虫が掘った穴のせいで、崩壊の危機らしいです。
ナナツバコツブムシっていう虫が地面を掘ることで、波が打ち寄せるたびに、岩が削られ、すでに二つあった岩山のうち高かった方は完全に崩落したらしいです。

詳しくはこの記事をみてもらえればいいと思うんだけど、昭和30年代の写真とちがうもんね

おくにある風景とくらべると、写真の撮った距離も違うとは思うんだけど、それでも、島の形違うもん。すごいなぁ・・・・・・・虫の力。自然の力。
そして結局はこの島は崩壊するのかな。
それって、この虫にとっても破滅を意味すると思うんだけど、それでもやっちゃうところが悲しいところだよねぇ・・・・・
なんかそんなことを考えた記事でした。



  
コメント (4)   トラックバック (4)

キャッシュフローゲーム

2007年06月24日 23時45分51秒 |  -セミナーいってみる
今日は:

いつものみんなと、「キャッシュフローゲーム」をしてみました。
友達が書いていたところからの抜粋です

”『金持ち父さん貧乏父さん』シリーズの著者、ロバート・キヨサキ氏が作った、ボードゲームです。
お金に対する考え方、実践方法がゲームを通してわかります。”

人生ゲームなんかもやったことがなかったので、しかもそういうキャッシュなこととか結構ザルだったのでできるかどうか心配だったのですが、易しく教えてくれてわかるようになりました。
とはいってもあんまり細かいところまで理解したわけではなく・・・・・
とにかく『不労所得』を増やして、不労所得が総支出を超えるといいらしい・・・・。つまりだね、不動産とかマンションで収入を増やしていったらいいらしいです。
で、総支出が不労所得を上回ったら、働かなくても生活していけるでしょっていうことのゲームです。
でもって、そういう不動産を増やすためには株とかで儲けろ!ということらしく、株で儲けるためには、株が安いときに買って高くなるときに売ればいいらしい。

というとこまで理解しました

株のこととか、書いてて当たり前のようなことなんですが、それが実際ぴんときてなかったわけです。
でもゲームをやってみて、なるほどなぁーと思ったわけです。
これってさぁ、やっぱり実生活もそういうことなんかなぁ・・・・・

4人づつで2チームにわかれて、いろいろ説明をうけながらやって、2回目はもうあんまり時間がなかったので、6人+1人フォロー(1人途中退出)でもう1ゲームを途中までやったんですが、いいカードをひきあてれて、ざっくざっくいい株の取引ができて、ざっくざっく貯蓄がふえていたという実生活でもあってほしい状況だったのですが、そんないいときに時間が終了・・・・・

あぁ、残念。もうちょっと時間があったらなぁー
わたしもセレブになれてたのになぁ
とりあえず、また覚えている間にもう一度やりたいなぁー
ほんとによくできているゲームですよ

そしてそして疑問・・・・
これって実生活でもあてはまるのかしら?












コメント   トラックバック (1)

ドラマ『「鬼嫁日記 いい湯だな』

2007年06月23日 20時31分40秒 |  -ドラマ





今日は:

人気ドラマだった、「鬼嫁日記」の続きです。今回は、一馬の実家の銭湯が舞台です。

っていうか、前と舞台がかわっているので、いくら主要キャストが一緒でも違うドラマな感は結構強いです。

パート1の設定は、『アットホーム・ダッド』の舞台である街に山崎家が引越してきたという設定で『アットホーム・ダッド』出演の永井大と 滝沢沙織は同じ役名で出演してたりと『アットホーム・ダッド』のファンからしたらかなり喜ばしい作りだったんですけど、今回は全く持って舞台につながりないし。
若干、『アットホーム・ダッド』の専業主夫山村さんが講演をしてそうなかんじが推測されるかんじが第一回目でありましたけど、そんだけ。

それ以上に、『アットホーム・ダッド』にでてた、川島なおみが別役ででてるのでややこしい。
一馬の父親が加藤茶で「全員集合」のネタを連想させることがでてくるので、ドリフターズファンとしてはかなり嬉しいのかもしれませんね。
あと、今回の見せ場にしているのは、蛯原友里 の出演なのでしょうが、いてもいなくてもいい役だと思います・・・・が・・・・・

そのほか、ご近所さんに鈴木砂羽 、高知東生 夫婦役ででてたりもしますが、第一作目のほうが、ご近所さんとしてスパイスがきいていた気がします。
むしろ、今回はいらなくない?的なかんじが強い気がします。

たぶん今回は視聴率じり貧だと思うんですが・・・・・・・
でもってわたしもだんだん見なくなってきました・・・・・・

それよか『アットホーム・ダッド』またやってくれないかなぁー









コメント   トラックバック (1)

ドラマ:『ライアゲーム』

2007年06月21日 23時49分17秒 |  -ドラマ
今日は:

今回のドラマのなかで、このドラマいちばん面白いですよ。
そう、「ライアゲーム」!
戸田恵梨香って超かわいいけど、すっごくいじわるそうな顔してますよね小悪魔なかんじではないけど、魅力のある女優さんです。

まぁそれはおいておいて、ストーリーがすっごい面白いんです。
何かしながら見れるようなかんじはなく、巻き戻しもしないといけないくらいに複雑で難しいストーリーです。
でもその分よくできているわけですよぉ。ほんとすっごい。
かなりひねられています。かなりひねられたルールだったりしています。

残念ながら、最初からみていなかったのは、面白くなさそうな気がしていたのですが、ところがどっこいかなり面白い。
なんでこんな変な時間にやってるんやろ?
これこそ、月9をこっちをもっていくべきやろぉーってなくらいの大絶賛ドラマでした。

絶対再放送見るし!そして是非是非みてくださいね!

ほかにキャストとしては、松田翔太がでています。
わたしこの人すきじゃなかったんですが、このドラマでは超かっこいい。
すっごい適役です。
ほかにも特徴的なキャストが多くって個性的ですよ。

そして、最後の26日は、3時間スペシャル!
最終回が3時間ってすごくない?
特別版とかじゃないんですよー。
ぜーったぃみなっきゃぁ!!
















コメント (5)

100万人のキャンドルナイト

2007年06月20日 23時44分19秒 | ●あっちこっちこんなの
今日は:

6月7日(木)茶屋町、6月15日(金)西梅田で「100万人のキャンドルナイト」がありました。
両日とも、セミナー、習い事があったので、消灯ぎりぎりにしかいけなかったのですが、面白かったです。
まぁ、わたしの目的はカメラだったのですが・・・・・・

初の参加だったのですが、思っていたよりは少なかったかなぁ。
今回のテーマは、使用とコンパクトデジカメを使ってどれだけキャンドルのきれいさをぼーっと淡いピントのあっていないかんじで撮るかに着目してみました。

このイベント全国いたるところでやっているようです。
そうでなくても、灯篭関係とか、最近こういうかんじのライトアップいろんなところでやってますよね。確かにぼわぁーっと綺麗なんです

ただねぇ、コンセプトが「電気を消して、キャンドルの明かりで夜を過ごす、省エネを考えた地球にやさしい環境イベント」ってことなんですが、ロウソクってほんとうに省エネなのかなぁ・・・・
比べたわけでもちゃんと調べたわけでもないけど、ロウソクとかも二酸化炭素だすんやけどなぁ・・・・・
と、省エネを前面におしだしているかんじにはわたしは若干疑問を感じるんですが・・・

ちなみに雰囲気的なものとしては、茶屋町のほうがおしゃれなおとなっぽいかんじがありました。西梅田は専門学校が多く、そちらからの作品が多く個性的なかんじでした。
なので、西梅田での開催のときのほうが、わたしとしては撮るのが難しかったです。まだまだこれからも勉強ですね・・・・・・






コメント (9)

父の日伊勢エビ

2007年06月19日 23時19分34秒 | ●つれづれ雑記帳
今日は:

みなさん、父の日は何を送りましたか?
わたしはこのまえからの、自分が食べたいものシリーズで、「伊勢えび」を購入しました。
やっぱり今までのシリーズのなかで一番高かった・・・・・

でもやっぱりかなりおいしかったです。
このまえのアワビはわたし的にはかなりイマイチだったんですが、伊勢えび最高!
オーブンで焼いて塩で食べたんですけど、やっぱりかなりおいしかったぁー
危うくただの味噌汁の具にさせられるところでしたが、やっぱこうでしょぉ!
体だけでも20センチくらいあって、ひげもあわせたら50センチ弱もありました♪
そんなに高すぎるものは手がだせないので、ひげが一本しかなかったりとかもしましたが、家で食べるんだからそれで十分十分。
さてこんどは何にしようかなぁ・・・・・


 
ほかにもこんなにお安くありました
コメント (2)

格闘技観戦

2007年06月17日 18時42分03秒 |  -初体験
今日は:

先週末はじめて格闘技の観戦にいきました。
格闘技をやっている知り合いがリングの上にあがるというので、団体での観戦です。
わたし格闘技はじめてです
好きな友達はおるんやけどなぁー、今まで食指がわかなかったというか・・・・
知り合いがいなかったらたぶん行く機会はなかったかもしれません。
それくらい普段興味ないので、ルールもわからない状態です。

結果的に知り合いは負けてしまったのですが、紙テープなげたりプラカードを振ったり、大声で叫んだり楽しかったです。

でもねぇ、なんかよくわからん部分もあったのよね・・・・・
ルールがわからないのは、仕方ないところなんやけど、このノリはいったいなんだ?お笑い?みたいなかんじもあって、わたしにはなじみのない世界でした。

でもねなんかいたそうなの・・・・
もしかしたらわたしが思っているよりは痛くないのかもしれないけど、リングにばんっって響くおとがわたしには痛そうで痛そうでたまりませんでした。
・・・・・・・・・・・・わたしにはあんまりむかないのかもしれないなぁ・・・・・・








コメント (2)

ドラマ:『ホテリア』

2007年06月14日 23時03分01秒 |  -ドラマ
今日は:

これもともと韓国のドラマなんですよね?
韓流にあまり興味のないわたしは、全然知らなかったんですが、このドラマはとりあえずみています。

上戸彩、初シリアスドラマではない????
いつも元気なキャラクターのドラマが多かったのでなんかちょっと新鮮です。
髪の長い上戸彩おんなっぽくなってて、おとなっぽくなっててかわいいです。
上戸彩ってだんだんかわいくなりますよねー。むっちゃかわぃぃ
それだけのために見ているような気もします・・・・・

日本ではぺ・ヨンジュン主演作品となっていて、友情出演でちょろりとでていました。これはおばさま方はうれしかったんだろうなぁ・・・・・・・
わたし的にはあんまり、ペ・ヨンジュン興味ないしな

話は、とある一流ホテルに働くスタッフたちの人間関係と友情、またそのホテルの買収をもくろむ企業買収家と経営者の攻防が描かれていますがなんかあんまり切迫性をかんじられないのはなぜなんでしょぉ?日本版はサブタイトルに「豪華ホテルをめぐる嫉妬・裏切り・そして愛」がつけられている。とウィキペディアに書かれていましたが、なんかどっかの昼ドラみたいなサブタイトルですね(笑)

ほかのキャストとして、東幹久が副総支配人役ででています。なんか結構裏切り者のいやなかんじの位置づけですが、みんなに結構総スカンをくらっていてある意味面白い位置づけです。
めずらしい人として、小田茜がでています。役柄はレストランマネージャ。むかしはかわいかったのになぁ・・・・なんか濃いくなっちゃってます・・・・・
あと及川光博がM&Aの専門家。ミッチーキャラは最近封印でしょうか?独特の人なので、役柄もどうしても独特さがでてきています。
でもそれがいい意味で味になってきている俳優さんですよね。
ほかには、サエコや笛木優子田辺誠一とかもでていますが、いまいちキャラクターをいかせていない気もします。

結構キャストが豪勢なのに、はなしのネタも面白そうな要素がちりばめられていたのに、イマイチだったのは、脚本のせいでしょう・・・か???















コメント (2)

ドラマ『生徒諸君』

2007年06月12日 23時56分33秒 |  -ドラマ
今日は:

内山理名が熱血教師を演じているドラマです。
原作は、庄司陽子の「生徒諸君!」の続編「生徒諸君! 教師編」らしく、学園マンガの名作として一世を風靡したとありますがわたしは知りません

。明るく元気でパワフルな主人公・ナッキー役に、学園ドラマでの教師役は初めてとなる内山理名が体当たりで挑戦します。クールで謎めいた生徒・珠里亜を演じるのが堀北真希です。

最初は、内山理名の熱血教師ぶりがうっとうしぃくらいだったんですが、そこを覗けば考えさせられるところもあったり・・・・・・・・・・

教師においていかれて、遭難しかけた生徒たち、育児放棄の親に育てられ親戚の人におそわれかけている堀北・・・・・
なんかなぁ・・・・・どこかにあるかもしれないなぁ・・・・・いまどきの世の中ってくさってるもんなぁ・・・・っていう気にさせられるドラマです。

こういう熱血系って毎回簡潔系のいろいろな話があって、大筋もまとまって・・・・っていうパターンが多いんですが、これはそういう意味では結構まのびしているかんじはありました。

ですが、今までの熱血系とちょっと違うかんじも確かにありますよね。
どういう展開になるのかちょっと楽しみに最終回をむかえたいと思います。







コメント (2)

マクドナルド:三角マンゴパイ

2007年06月10日 23時59分02秒 |  -ファーストフード
今日は:

今回のマクドナルドの三角パイはマンゴです
マロン→チョコ→マンゴとだんだん微妙になってきましたよね・・・

食べたかんじでいうと、昔あったカスタードパイみたいなかんじがあります。
でも、なんでぬくいんだろうなぁ・・・・・ってちょっと思います。でも思ったよりもまずいわけではなく・・・・・
でもマンゴのよさはなくなり・・・・・なかんじもしますね。
夏だからマンゴっていう発想なんだったらどうせだから、冷たいそのパイをひやして♪のほうがおいしいと思うんだけどなぁ。

あっ!!!
たぶん、マンゴパイとバニラシェイクとかバニラアイス・・・・・ソフトクリームを一緒のほうがおいしぃかも



      









コメント

トンボ玉つくってみました~

2007年06月07日 23時42分46秒 |  -雑貨
今日は:

大学のころ、友達とちょっとだけガラス工芸に通っていたのですが、そのときに体験できるメニューのなかに、「とんぼ玉」製作っていうのがありました。
またもやいま、ガラス工芸にいっているのですが、ビルがバーナワークがだめらしく、やれなくってやりたいのにどうしたもんかなぁ・・・・・・・・と思っていたらありました!「トンボ玉製作キット」というものが!!!

バーナにガラス棒に離形剤や、棒やペンチとかとりあえず一式はいってます。作成手順のDVDもついていたので、かぁなぁーり前の記憶でさもどうにかなるかもってなわけで、購入
そしてこの写真が、初作成のトンボ玉です。

家でやるバーナって怖いわぁーと最初はどきどきでしたが、慣れれば記憶も多少あってどうにかなりました。
もうまだまだ素人まるだしのものしか作れませんがもうすこしいいかんじに見えるものがいっぱいできたらいいな♪
あんまり同封されていたガラスがかわいい色でなかったので、調子にのって買い足しましたしばらく楽しめそうです!




▲トンボ玉製作キット


         




コメント (5)

59番目のプロポーズ

2007年06月06日 09時55分30秒 |  -ドラマ

 




今日は:

2007年5月30日藤原紀香と陣内智則のきらびやかな披露宴がありましたね。
雨オンナな藤原紀香らしく雨日でしたが、そんなことにも関わらずとっても素敵な披露宴でした。
関西での視聴率もすごかったし、やっぱり芸能人はこうでなっきゃ
芸能人あるもの、きらびやかに披露宴をしていただきTV放送してもらいたいものです。

さてそんななかで、二人の出会いのきっかけである「59番目のプロポーズ」の再放送がありました。
当時みてなかったので、披露宴後はじめてみてるわけで、なんか不思議な気分で見ているわけですが、やっぱり藤原紀香きれぇー
このドラマは結婚するまに撮影されているわけですけど、藤原紀香っていまが一番綺麗なピークじゃないですかねぇ・・・・
ちょっとこのドラマの藤原紀香は、一般人としてはすごすぎるくらいの衣装きてますけど
でもって、陣内がオタク役とはいえ、かなりださださ
お互いの役をデフォルメしているとはいえ、実際の藤原紀香と陣内をみているような気がして仕方ありません
うちの母親もこれ実際の話なんちゃうん?っていってました
ほんまそんな気がする不思議な縁のドラマなんですね・・・

で、このドラマ実話をもとにしているとかやら
参考資料:http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0506/08/news041.html
mixiがとりもつ縁なんやなぁ・・・・・
でもって、これのおかげで藤原紀香と陣内も結婚しているわけやから、ほんとうすごいドラマだと思います。

普通ドラマだからこういう話もあるんよねぇーとか思うので終わるんですけど、原作も実際の話だし、陣内はこのあと藤原紀香にアタックして実らせてるわけですもんね。
実らせてるからすごいけど、よくもまぁ身の程知らずやなぁ・・・・ってくらいの高い山にいどんだわけやし・・・・・・・・うぅーん。
なんかすごいなぁ・・・・・・・・・・・
文章おちつかないけどなんかすごいよ。すごぃわぁ。


          

コメント (4)   トラックバック (2)

今さらドラマ:『ひとつ屋根の下2』

2007年06月04日 23時50分37秒 |  -ドラマ
今日は:

以前の再放送でパート2の記憶がないと書きましたが、そのおかげなのかパート2の再放送がされています。
パート1からの4年後の1997年、今から10年前の放送です

記憶ないなぁーないなぁとは思いましたが、いざ見たら覚えてましたので、見ていたようですでも話の展開が全然覚えていないですけど・・・・・・ということで、初めて見るかのように満喫しています。

パート2では、あまり福山雅治はでていません。忙しくなったのかしら?
代わりっていういい方はおかしいですが、松たか子がでています。あんまり変ってないですねー。眉毛は太いですが・・・・

ほかには、黒田勇樹とかでていますが、好きじゃないんですよね・・・・この人・・・・
あとは、伊藤裕子や、宇梶剛士がでています。
このあたりはわかりやすいんですが、ほかにも森田剛(V6)、安達祐実、藤原紀香 がでているらしいですが、わかりません・・・・気がつきません・・・・・もうちょっとよく探してみる必要があるようです

ていうか、藤原紀香 ってすごくない?今話題の人ですよー(ってちょっと遅い?)
ビデオでみているので、まだまだ最終話にたどりついていませんが、まだみつけられていないこれらの俳優さんとか、福山さんが小雪と結婚する展開になるらしいので、それを楽しみに堪能したいと思います。












△出演者のほかの出演作





コメント (2)