くらげほのぼの日和

もうすこし更新がんばります!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

電電記念日

2007年10月23日 21時11分30秒 | ●つれづれ雑記帳
今日は:

10月23日は電電記念日、つまり電信電話記念日ということらしいです。
NTTグループにとって、「創立記念日~」とかいってましたが、それはまちがい。
これは明治2年9月19日(新暦換算して10月23日)に東京横浜間の電信線の設置工事が始まったのを記念するものということらしいです。
てっきりわたしは、ベルさんとか(電話発明した人)万歳~とかするのかなぁーと思ってちょっとわくわくしていたのですが、そうではないらしい・・・・
ということで、いまちょっとかかわりのあるわたしは、半日お休みに急になりました。

ちょっと気になったので、調べてみたところ、電話を発明した人はグラハム・ベル。電信の発明者はサミエル・モールスらしい。ツートントントンってやつよねぇ。そうですよねー、NTTってもともと「電電公社」とかいってましたもんね。
話はずれますが、小学校のときにあるとき急に、地図記号がかわったりしましたもんねー。

やっぱり普通の人(わたしを普通と仮定する(笑))にとっては、NTTとか超有名すぎてある意味おもしろい。
やっぱり、どこかおかしいよなぁ・・・・・とか、所詮一般の気持ちなんかわかんないよねぇ・・・・って思うことはありますが、そっちのはなしはまぁいいとしてもやっぱりいろんな意味で興味深々だったりします。

友達にもなんとなく、「今日電電記念日なんだってー」っていったところ、「ベル万歳とかするの?」とかいってたし
やっぱり一般人にとってはそういう発想だと思うんですよねぇ。
でも実際のところは、「ベルってだれ?」とか言う人や、普通に会社が創立した日だと思っていた人もいるし、そんなもんなんですねぇ・・・・・案外。
でも、ベルさんがいたからあの大帝国は存在しているんだと思うんですけどねー
やっぱりあんまりにもでかすぎる企業になるとそこまで統制力ないものなのかしら?
っていうか、国営やったものが民営になってるから逆にそういう部分なくなったりするのかしら?逆に元々からして民営な企業のほうがそういうかんじな部分あったりするのかもしれませんね・・・・・

でもこの日の午後は明らかに、町中の人口が増えたはずっ
だってここの会社の人口ってかなり多いですやん。
そりゃ、急な仕事のある人や、シフトの人とかは仕事してたと思いますが、大半の人は半休で帰ったはずですもん

ちなみに、あの有名な、ジョン万次郎も電信の歴史に大きな一役をかっていたようです。ジョン万次郎が電信技術を日本に伝えたらしいですよ。

ちなみにこのサイトもっといろいろな興味のある話が書かれてあります。
http://www.ffortune.net/calen/kinenbi/10/densindenwa.htm
電報技師の恋の話とかね
あと、モールス信号の語呂合わせ記憶法とか。
興味ありますよねー。いろいろおもしろい。



コメント   この記事についてブログを書く
« 情報処理試験 | トップ | NTTコレクション2007 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

●つれづれ雑記帳」カテゴリの最新記事