尾形修一の紫陽花(あじさい)通信

教員免許更新制に反対して2011年3月、都立高教員を退職。教育や政治、映画や本を中心に思うことを発信していきます。

2018年12月の訃報-大中恩、大田堯、宮川ひろ等

2019年01月11日 23時09分17秒 | 追悼
 2018年12月は比較的大きな訃報が少なかった。年末年始に公表されなかった訃報もあっただろうと思ってたけど、今のところ報じられていない。2カ月まとめてもいいんだけど、年をまたいでしまうので書いておくことにしたい。12月は「子ども」に関わる訃報が多かった。まず一番知名度が高いかと思うのが、作曲家の大中恩(おおなか・めぐみ)。12月3日没、94歳。多くの合唱曲や校歌を作っているが、何といっても童謡である。その中でも「サッちゃん」(1959年)、「犬のおまわりさん」(1960年)の2曲。誰でも歌える名曲だ。父親は「椰子の実」の作曲者大中寅二。
 (大中恩)
 教育学者の大田堯(おおた・たかし)が12月23日に死去、100歳。東大教授、都留文科大学長を務め、戦後の教育学を代表する人。多くの著書があり、岩波新書などで多く刊行されている。僕は学生時代に編著の「戦後日本教育史」を読み、非常に大きな影響を受けた。今も時々開くことがある。2011年に記録映画「かすかな光へ」が公開され、「こんばんは」の森康行監督だから、上映会に行ってブログにも書いた。正直、妻に先立たれてこれほど元気な90過ぎの男性がいるんだと驚いた。「教育とは命と命が響きあうアートだ」が持論だと訃報に出ている。
 (大田堯)
 児童文学作家の宮川ひろが12月29日に死去、95歳。1969年の「るすばん先生」以来、2010年代初頭までコンスタントに児童文学を書き続けて来た。映画化されたものもある。かつて日活がロマンポルノ路線に舵を切った70年代、もう一つの路線として児童映画も作っていた。「四年三組のはた」(藤井克彦監督)や「先生のつうしんぼ」(武田一成監督)など16ミリで作った佳作。しかし、僕にとっては現在は武蔵野大学教授の児童文学研究者、宮川健郎君の母堂という思い出が大きい。同じ年で(学年は一つ上)、同じ大学。日本文学科と史学科と学科は違ったけど僕が故前田愛先生の授業に出たから知り合った。大学院時代に「読書会」をやってたと思う。
 (宮川ひろ)
・漫画家、石川球太が死去、78歳。10月15日だった。山川惣治原作の「少年ケニヤ」の漫画化や戸川幸夫の動物文学「人喰鉄道」「牙王」など動物ものが多い。
・テレビアニメ「一休さん」の一休さんの声優、藤田淑子が死去、12月28日、68歳。

 訃報というのは、今はもう忘れられていた名前を聞く機会である。歴史学者の藤間生大(とうま・せいた)が12月3日に死去、105歳。正直まだ生きてたのかと思った。石母田正と並び、戦後のマルクス主義歴史学の代表者と言われてきた。ただし、専攻は原始、古代なので、歴史学に関心のない人には知名度がないと思う。岩波新書の「埋もれた金印」「倭の五王」で知られる。僕も若いころは考古学や古代史に憧れていたので、読んだかもしれない。
(藤間生大)
 一龍齋貞鳳(いちりゅうさい・ていほう)は、なんと2年前に亡くなっていた。2016年12月27日死去、90歳。そりゃあ誰だという人も多いだろうが、名前の通り元は講談師である。しかしNHKテレビのコメディ番組「お笑い三人組」で故3代目江戸屋猫八、三遊亭小金馬(現・金馬)と並んで出演して人気者となった。テレビで活躍して、1971年の参院選で自民党から全国区で当選した。今泉正二の本名で活動して、一期務めた。もう忘れていた存在だったな。
 (一龍齋貞鳳)
・訃報公表が遅くなった人には、作家の和久俊三(わく・しゅんぞう)もいる。10月10日没、88歳。弁護士活動のかたわら、「仮面法廷」で江戸川乱歩賞。「赤かぶ検事」シリーズで知られる。
・五輪メダリストが二人。ミュンヘン五輪男子中量級金メダルの関根忍が12月18日死去、75歳。また日本で初のセーリングのメダリスト、重由美子(しげ・ゆみこ)が12月9日死去、53歳。アトランタ五輪女子470級で銀メダル。
・フランス文学者、三輪秀彦、12月15日没、88歳。ものすごく多数の翻訳があり、前衛文学とともにミステリーの訳書も多かった。デュラスの本など何冊か読んでると思う。
渡辺英彦、12月19日没、59歳。名前を知らないと思うけど、この人は「富士宮やきそば学会会長」だった人で、B-1グランプリの仕掛人だった。B級グルメブームをもたらしたという意味で、大きな活躍をした人だけど還暦前に亡くなった。

 外国の訃報は列挙することにする。
ソンドラ・ロック、11月3日没、74歳。米女優、映画監督。「愛すれど心さびしく」でアカデミー助演女優賞ノミネート。クリント・イーストウッドと共演して、交際していたことでも知られる。
リカルド・ジャコーニ、12月9日没、87歳。イタリア物理学者。小柴正俊氏らとノーベル賞受賞。
ナンシー・ウィルソン、12月13日没、81歳。米ジャズ歌手。
ペニー・マーシャル、12月17日没、75歳。米国の女性映画監督。「ビッグ」「レナードの朝」「プリティ・リーグs」などの監督である。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 超快作、インド映画「パッド... | トップ | スウェーデンの傑作ミステリ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

追悼」カテゴリの最新記事