ビビッド能里子トーク・サロン

心身両面の指導者として感じたこと

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

心なくさないために

2017年01月22日 | えっせー
 「忙しいのは心をなくすこと」このところ何かと忙しい。
決断を要することは子供達がやってくれるが、夫が認知症になってから、家
の雑用のすべてがが私にかかっているからだ。
 さらに主婦の仕事、自分のレッスン、勉強などあまりにも忙しい。
仕事はあまりないのに・・・ときどきこれで良いのかなと考えることがある。
 昨日もある方法の説明会に行き半日以上つぶし、それなりの知識は得たが
あまりに遠く通い切れないので止めた。
 超高齢化社会で長生きしても、体が自由に動かないのでは生きている張り
合いがない。同じ長生きするなら、命が終わるその瞬間まで、人間としての
尊厳を保ちたい。心身両面の指導者として、私にしかできない「やさしく
誰にでもできるレッスン」を考えているので、そのため、いつもアンテナを
張っているが、それには自分の年齢が良いたたき台になる。
 新しいものを創る喜びは、私の生き甲斐だけれど、それにしてもあまりに忙し
過ぎた。今日は久し振りに夫を誘って美術館へ行くつもりだ、
 心をなくさないためにも・・・・

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 「世界心理治療学会」で発表... | トップ | バスの中で »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

えっせー」カテゴリの最新記事