ビビッド能里子トーク・サロン

心身両面の指導者として感じたこと

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

もう頭にきた!

2008年04月30日 | 健康
もう頭に来た!
 ☆突然消えた文章
 昨夜今日のブログを書いていて、ほぼ書き上がった頃に、何故か急に変換
されたように黒くなり、デリートを押したわけではないのに、突然書き始め
の2文字を残して全部消えてしまった。
 ドキュメントを起こして見たが、折角書いたものがすべてなくなっている。
ビスタを入れたのが確か去年の夏だが、今まで三回そんなことがあった。
 それにXPに比べたら、ワードの使いにくさには、本当に腹が立ってならない。
てにをはの変換がまったくダメで、「私は今日の、本当に、朝になって、昼間は」などと、今試してみたら何故がふつうに変換できたが、ふだんはそうではないのだ。野 派 二 葉などと変換される。
 またXPを使いたい!癪にさわって仕方がない、今の心境だ。
                              能里子
コメント

もっとのんびり生きていたいのに

2008年04月29日 | Weblog
  ☆ 次から次に
 ある説によると、理想の生き方とは・・・・・・
自分が考えていること。
他人に話していること。
自分が実際に行動していること。
 この三つがすべて一致していることだそうだが、今までわたしは長年こうして
生きてきた。だから目標のほとんどは実現できたのかもしれない。
 そのためか、若い頃には「自分の情熱のブラックホールに、吸いこまれるよな」
恐怖感さえあったほど、いつも燃えて生きてきた。
 でもまだ若ければ願望を持ち、それに向かってまっしぐらでも良いかも知れな
いがでも晩年になっても、わたしはなぜこうなのかしら?と、時々考えてしまう。
 今ふと目覚めたら、いろいろ考えて眠れなくなってしまった。
学者でもないわたしが、世界心理学会でプレゼンテーションをする、世間的に
みても、何のメリットもないかもしれないが、わたしはどうしても実現したい。
 有り難いことに、そんなわたしを一所懸命にサポートしてくれる友人がいる。
でも何故か過去において、いつも誰かが、夢を実現するために、真剣に尽くし
てくれた幸運なわたしだ。それなのにその大目標がありながら、また次の目標
に向かって走り出してしまった自分に、「なぜあなたはそうなの?」と自問
自答する。ふつうの人なら一つの目標を達成してから、また次の目標に向かう
のだと分かっていても、思い立ったら火になってしまう性格は、どうすること
もできないのだ。他人は素晴らしいとか、凄いとか、褒めてくれるが、でも本心
では「もういい年して」と、もしかして呆れているのかもしれない。
 自分でも(疲れるなあ)と、ときどき思うのは事実だが、これってやっぱり
わたし以外の力が、絶対に働いているに違いないのだと思う。
 周りの同年齢の人は、もっとのんびり生きてるのに・・・・・・
わたしだって、年齢なりにゆったりと楽しく(と言っても燃えているプロセス
も実は大好きなのだ)生きていたいと、真夜中につくづく考えてしまった。
 でも今ちょっと疲れているなあ。アーア、そしてフーッとため息が出る。
                               能里子
コメント

思いがけない出来事

2008年04月28日 | Weblog
 一昨夜はハワイアンライブを楽しみ、その後家族で孫達の入学を祝って、
パーティを開き、いつものようにワイワイ賑やかでとても楽しく、幸せだった。
 ところがその後思いがけない電話が入り、わたしはそのショックのため、すぐ
に精神科医の知人に電話をしたら、慰めてくれたが、一晩ほとんど眠れなかった。 それを友人にメールしたら、すぐに思いやりのある返信が返ってきて、大分
癒やされた。でも思いがけない出来事で、気分転換は素早いわたしでも、さすが
に考えてしまった。すると古い友人から「あなたがこの前あまり調子が良くないと聞いたので、何日か前何度も電話をしたけど、でないので心配で」と電話が入った。わたしが旅行や、たまたまタイミングが悪く、留守だったようで、もしかしたら入院でもと思ったらしい。彼女に昨日の出来事を話したら、随分驚いたようだ。でも明るい彼女と長時間話していたら、大分気持ちが晴れた。
 その後夫の友人から山で取ったうど、わたしの友人がタケノコと、庭に咲いたバラ、といただき、また息子のお嫁さんの実家からの蕗のお裾分けがあった。
 昨日は夫がバード・ウオッチングのため出かけているし、わたしはダイエットのため、料理をしないはずだった。でもナマの頂き物は、新鮮なうちに早く調理しなければならないし、みんなわたしの大好物だ。
 エルビスのCDを聴きながら、せっせといろいろやっていたら、いつの間にか
気持ちがスッキリしていた。それにしても友人達は、いろいろな意味で大変有り
難い存在だと、つくづく思い感謝できた。
 長い人生には思いがけないことに遭遇するが、対岸の火事ではないその事件に、わたしのこれからの仕事について、考えなければと改めて思った。
                              能里子
コメント

やっぱりナマの音楽は素敵!

2008年04月27日 | Weblog

  ☆ 久し振りのハワイアンライブ
 K大の学生時代バンドが、社会人になって解散したが、それからリタイア
してから、再びバンドをつくり「クール・アイランダース」と言う名前で
一年に何度かライブを開いている。3年ほど前友人に誘われて行って以来
わたしはすっかりファンになった。それからは友人を誘っては聞きに行って
いるので、メンバーとは顔なじみになった。昨年は夫の誕生日にぜひ演奏
していただきたいとお願いし、わたしのスタジオで、盛大にハワイアン
ライブ付きバースデーパーティを開き、友人達からは大好評だった。
友人に言わせると、彼等の技量は「プロ並み」だそうであるが、確かに
わたしもそう思っている。わたしがこのバンドが好きなのは、リタイアして
からまた昔のメンバーでバンドをつくり、好きな音楽を演奏していることで
これって高齢者の憧れではないかしら?と思っていることもある。
老いとは体力がなくなること、淋しくなること、疎外感を持つことなど
マイナーなイメージが強いが、まさしく青春そのもののノリで、演奏して
いるメンバー達は、みんな素敵で若々しい。ことにご夫婦で参加している
女性ボーカルが、ご主人と一緒に唄うときは、本当に羨ましい位ピッタリ
息が合って素敵で、いつも聞き惚れてしまうほどだ。
あっという間に時間が過ぎたが、演奏する人の息づかいまで感じられるよ
うなナマの演奏は迫力があって、本当に楽しかった。
                               能里子
コメント

偶然の一致

2008年04月26日 | Weblog
  ☆ ヒーリングの力が効いた?
 我が家の地下になかなか評判の良い日本料理がありますが、マスターは
二月に消化器の手術をしたため、お店はそれからズット休んでいました。
 数日してその経過は良好で、元気になったと電話があり、わたしは息子と
二人でお見舞いに行きました。お店は我が家の玄関のわきに、入り口があり
ますが、ずっとその電気が消えているのが、とても淋しい感じでした。
 わたしは彼が入院してから、毎日(5月の連休明けには、マスターが元気に
なって、お店を開けるように)と、彼のフルネームで毎朝、毎晩一日も欠かさず
遠隔ヒーリングを続けていました。
 わたしがそんなことをしているのは、無論マスターは知るよしもありませんが
何と5月8日から営業をする予定だそうで、本当に驚きました。
 彼のその後の健康状態は、だんだん回復している、とは聞いていたのですが
わたしが祈ったその月日が、あまりにもピッタリなのです。
 これは単なる偶然かもしれませんが、本当に嬉しくなりました。
 わたしはヒーラーになって、その力がついたと認識してから、たまに酩酊
してできなかった以外は、毎日朝晩友人や、必要と思われる人々に遠隔
ヒーリングを続けています。これは依頼されて行うこともありますが、ほとん
どがわたしの意思で勝手に行っていて、単なる自己満足かもしれません。
 でも見えない心のパワーの効果を、現実に感じられることも、実は最近では
しばしばありました。長年比較的恵まれて暮らしているわたしは、その感謝の
気持ちをこめて、少しでも誰かのお役に立てたらと、これからもずっと続ける
つもりです。
                               能里子



コメント

春の旅

2008年04月25日 | Weblog
 ☆ 花巡りのバスツアー
 先日二日間にわたって、夫と桜を見るツアーに参加した。
わたしは有名な三春の滝桜を、ぜひ一度見たかったが、今年の桜は全国
的に早かったので、多分最も美しい時は過ぎていると思ったが、やはり
想像通りだった。確かに見事な古木だが、もう葉が出始めていて、まだ花
はついていたが、明らかに盛りは過ぎていた。
 また平日なのに、そのあまりの人出のすごさに、わたしはすっかり
驚いてしまった。友人がメールで送ってと頼まれたので、一応携帯のカメラ
で撮ったが、やはりがっかりした。そのツアーは花巡りのため、桜だけ
ではなく、こおり桃源郷という皇室に毎年桃を献上している、まさしく
ピンクが一面の桃畑や、花見山公園の山の中に、紅い紅葉、菊桃と言う珍し
い品種、れんぎょ、桃、ボケ、桜、雪柳など、数え切れないくらいほど
色とりどりに咲いていたが、本当に美しかった。
 もっと見ていたかったが、時間がないため、後髪を引かれるよう思いで
バスに戻った
  ☆ 嬉しかった出会い
 蔵王遠刈田温泉のホテルに到着したのは四時頃だったが、四方を山に
囲まれ、静かで素敵なロケーシで、周りには満開の桜が沢山あり美しかった。
「遊歩道を少し歩くとかたくりの花が咲いている」と、聞いたので、荷物
を部屋に置いてから、夫とすぐ散歩に出たが、空気が澄んで爽やかで美味しく
わたしは何度も深呼吸をくり返した。しばらく歩くと林の中に、小さなかたくり
の花が沢山咲いていたが、写真でしか見たことがなく、一度ぜひ見たいと以前
から思っていたので、「何て可憐なお花かしら、あなたに会えてよかったわ」
と話しかけながらとても感動した。夫も初めて見たらしいが、でも残念ながら
終わりに近いらしく、しおれている花が多かった。
 まだ綺麗に咲いているお花を探して、携帯のカメラに納め、それを友人達に
携帯で送ったが、なかなか好評だった。
 素晴らしかったのは、行きも帰りも車窓から、美しい新緑や満開の沢山の桜や
水仙、チューリップなど、鮮やかな彩りのいろいろな花が、目を楽しませてくれた
ことだ。お天気も大変良く、空や山々が澄んで見え、暑いくらいだった。
 今まで随分お花を見る旅に出たが、これほど沢山のお花を一度に見たことは
かってなかったので、花好きのわたしはとても幸せな気分だった。
 また大きく真っ赤な朝日や、山に沈んでいく夕陽など、自然がかもし出す
情景も、間近で見られたのも感動したが、もしかしたら、いつも一所懸命に
生きているわたしに、神様が下さったご褒美かも知れないと嬉しかった。
                            能里子
コメント

午後の散歩

2008年04月22日 | Weblog
  ☆ 馬事公苑の八重桜
 N大の帰りに友人と近くの馬事公苑に散歩した。
馬事公苑は世田ヶ谷にあり、比較的我が家から近いが、娘が幼稚園の時遠足で
行ったが、また、確か去年のゴールデン・ウイークに、あまりよいお天気
だったので「散歩に行こう」と、夫とペットを連れて行ったが、犬は入れない
と言われ、入り口だけで帰ってきたが、入り口はとても雰囲気がよく、ぜひ
もう一度行きたいと思っていた。すると近所の人に、「今馬事公苑の八重桜が
とても綺麗だと」聞いて、どうしても行きたくなったのだ。
 思いの外八重桜が沢山あった。わたしは大阪造幣局の「通り抜け」以来
こんなに沢山の八重桜を見たのは、初めてだったが、白に近い色、ピンク
濃いピンクなどが、まさしく全部が満開で、とても華やかで美しかった。
 枝に溢れるほどイッパイについているお花を、携帯のカメラで撮り、そして
そっと手で触れたが、フワーット柔らかくて、何とも言えず優しい感じで
嬉しかった。わたし達は池がある日本庭園で、新緑を眺め、缶コーヒーを
飲みながらしばらく座った。お天気もよくあまり人影もない、静かで落ち着いた
気分だったが、まさしく「忙中の閑」と感じた。
 残念ながら馬には一頭しか会わなかったが・・・・・・ それにしても、今年ほど
都内の桜を沢山見たことはかってないが、今日もまたわたしは桜を求めて
小旅行に出る。
                             能里子
※ 小旅行のため、二日間お休みさせていただきます。
コメント

能里子のワンポイントアドバイス

2008年04月21日 | 健康
  ☆ 細胞に意識がある
 わたしは今まで心理療法、自律訓練法、催眠心理学、心身医学、大脳生理
学などさまざまなものを研鑽しました。そしてその中から同じような病気で
同じような症状でも、すぐに回復する人と、そうでない人の差は、その人の心
の力が関わっていると感じていました。
 その後ヒーリング法に巡り会い、それをしばらく学びましたが、またカウ
ンセラーとしても、個人差があることは、絶えず感じ、それらの経験の中から
はっきり気がついたことは、「細胞の一つ一つに意識がある」と、言う事実
でした。そして学者でもないわたしですが、自分の著書の中で「細胞意識説」
を唱えました。わたし達の身体には150億ある脳細胞を含めて、約60兆の
細胞があると言われています。その細胞に意識があると仮定すると、自分を
励ましたり、慰めたり、ねぎらったり、褒めたり、感謝する。
 つまりポジティブな心の働きは、心身共に良い影響を与えるはずなのです。

 逆にいつも自分を責めたり、けなしたり怒ったり、文句ばかり言っていると
細胞もすっかりヤル気をなくし、気持ちも暗くなり、免疫能力も低下しますの
で、肉体的にも疲れやすくなったり、風邪を引きやすくなり、また病気にかか
りやすくなるのでしょう。つまり、一言で申し上げれば「細胞も木登り豚」な
のです。これはわたし自身の経験ですが、いつも一所懸命な自分に感謝をして
いるためか、今まであまり病気にかかったことはありません。
 先日13年ぶりで喉がいがらっぽく咳がでましたが、お陰様ですぐに回復し
たのです。また次から次にと新しい目標ができて、それらの目標を実現するた
めに楽しい努力ができるのは、幸せホルモンと言われるドーパミンなどの分泌
が多分活発なため、ヤル気が湧いてくるのでしょう。
 心身とも快適に生きるための最大の方法は、「自分を愛し、感謝すること」
だとわたしは思いますが、あなたはどう思われますか?
 心当たりのある方、実験なさってはいかがでしょうか。
これは、カウンセラーとして、ヒーラーとして、ぜひお奨めしたい方法です。
                                能里子

コメント

もしもこころに窓があったら

2008年04月20日 | Weblog
その窓をイッパイ開けるとき
太陽の光をお部屋に広げたいから
気持ちがウキウキ弾んでいるとき
誰にでも話しかけたいとき

その窓を少しだけ開けるとき
淋しい気持ちを抑えているから
一人でもの思いにふけりたいとき
静かに瞑想をしたいとき

その窓をピッタリ閉めたとき
誰にも言えない秘密があるから
傷ついた自分を癒やしているとき
一人でそつと泣きたいとき

でも心の窓は誰にも見えないから
誰も傷つかずに済むのかも知れない
賢く生きるにはホンネとタテマエを
上手に使い分けることかもしれない

自分の最近の心の動きや、カウンセラーとして、(心は何と不可思議なもの
だろう)と考えていたら、突然変な詩?ができてしまいましたので、恥ず
かしいけどちょっとご紹介したくなりました。
                             能里子


コメント

雨に歌えば的気分

2008年04月19日 | Weblog
   ☆ 小さな幸せが重なって
 一昨夜はみれい(美麗)の会、わたし以外の美女4人二回目の集まりだった。
イタリア・レストランで楽しくおしゃべりをしたが、ズット若い友人二人が
コレストロール値や、血圧が高いと言っていたが、わたしはすべての数値が
パーフェクトに近い。生まれつき健康なのだと感じ、改めて感謝できた。
 次回は「ディズニー・シー」へ一泊と約束し別れたが、ゼネレーションが違う
友人は、いろいろな刺激を受けるし、情報交換になって嬉しい。
 昨日は朝から雨が降っていたけど、体調はいたって良く、いつものように激し
い自分のためのレッスンが、すべて出来て嬉しかった。
 また今指導中のクライアントは、初めは大変難しいと感じたが、信じられない
ほど変化し、すっかり素直になり、さらに感謝の気持ちまでが芽生えたことも
嬉しいことで、この充実感があるからこの仕事が好きなのだと思う。
 それから今インストラクターになるための、わたしにとって難しいトレーニング
ほぼできたので、(ヤッパリ気長に努力すれば出来る)と、自分を褒めてやりたい
気分になった。

 また「世界心理学会でプレゼンテーション」の英語の録音は、イマイチ気に
いらず、改めて友人のアメリカ人のご主人にお願いしたが、それはわたしが
大好きなアメリカ英語で、流れるように素晴らしい。
 英語を教えてくれる友人は「まるで音楽を聴いているような、素晴らしい英語
だね」と絶賛してくれた。今日はそのテープを何度も聞いて、練習したが
これをくり返せば、きっと「きれいな発音のリーディングができる」と
ちょっと嬉しくなった。 いろいろと小さな良いことが重なり、雨が降って
いるが、すっかり陽気になり、大昔の映画、フレッド・アスティア主演の
「雨に唄えば」を思い出し思わず口ずさんだ。それにしてもあの映画は楽
しかった。これが本来のわたしだと感じ、一週間前は鬱状態?になり、R大
の今期初めての自主研を休んだが、今日は出席し久しぶりに、クラスメート達
に会うのも楽しみだ。やっぱり、こころの語源はコロコロに違いない。
                            能里子
コメント

人気ブログランキングに参加しました

人気ブログランキングへ