ビビッド能里子トーク・サロン

心身両面の指導者として感じたこと

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

初めて体験した電話サギ

2017年01月25日 | えっせー
 我が家には勧誘電話は沢山あるが、未だかってサギらしい電話は皆無だった。
昨日の午前中に警視庁の00ですが「お宅には不審な電話はありませんか?」と
聴いてから「実は先日詐欺グループ6人検挙され、その中に現職の郵便局員
がいて小池能里子さんのデーターから、昨年8月14日に、新宿の大久保郵便局
で小池さん名義の口座が開設されました。それがグループの振り込み講座と
して悪用されていることが判明しました」私はビックリした。
 
「今のところ何も被害はないでしょうか?実は高齢の方が00人そのため
に二次被害を受け、口座から引き落としがされました。それを防ぐために
金融庁の検査局で口座を凍結しますが、後から電話が入ると思います。
今日直接お目にかかって詳しく説明したいのですが、何時頃が宜しいですか?」
 私はこれから外出するので、「6時過ぎなら良いです」と答えたが、それ
までは何の疑いも持たなかった。すると5分もしないで検査局とやらから
電話があり、「今説明を受けたと思いますが、二次被害を防ぐための口座を
凍結します。これは個人情報ですが警視庁の指導の元で、お名前、ご住所
生年月日を教えて下さい」、私は素直に答えたが、なんか変だなとその時
感じた。

「では取引銀行の」とまで言われ、これは可笑しいと思ったので、「その
前に確認させて下さい、そちらの電話番号を教えて下さい、こちらからかけ
直しますから?」すると自分の名前と、番号をすらすらと答えた。
 私は電話を切って、すぐに近くの北沢警察署に電話し、事情を説明したら
「それは嘘ですそんなことをする訳がありません」と言われた。
 やっぱりサギだったのだが、実に巧妙な手口で、初めはまったく信じていたが
名前、住所、生年月日を答えながら、もしかしたら銀行の名前や口座名を
聞かれるのではないかと感じ、ピンときたのだ。
 
 多分私が00銀行の口座ナンバーなど、もしも正直に答えていたら、一体
どうなったのだろう。私はそのまま出かけたが、その後一切電話はなかった
そうだ。また夕方直接会ってお話ししたいので、後で連絡すると言ったのに
何の音沙汰もなかったし、やっぱりあれはサギだったのだ。
 初めて体験したが、もしかしたらこれでは騙される人も随分多いだろう。
皆様もくれぐれもご用心なさいますように。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« これがふつうの冬の寒さ | トップ | 早くパリの香りを身にまといたい »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

えっせー」カテゴリの最新記事