果樹園の風

愛知県豊橋市で無農薬のレモンを栽培している河合果樹園です。
目指せ!楽しむ農業、楽しませる農業!

揺れる病葉とゴリ霧中

2016年10月20日 21時51分55秒 | 日記・エッセイ・コラム
極早生みかんの収穫もあと少しで終了。
暖かい気候に誘われて、どうも人々にあっさりした味が
郷愁を誘い受け入れられるようになってきたような気がする。
おなかの大きいカマキリも例年より動きはいい。
捕まえて温室に放す作業にとっては指を鎌で剪まれて少々つらい。
今年はそこら中に秋の女王のジョロウグモが陽を反射しながら黄金色の糸を張り巡らせている。
夕方から吹く秋風に揺られる、クモの糸に捕まった病葉が妙に物悲しさを演出している。

過去、現在、未来が混在するそんな気持ちになる。

今日は幻の果樹園に迷い迷った挙句、自転車でやってきたお客様。
我が面前に迫りくるSONYの大迫力をともなって突然のスタート。
テレビで見るよりずったダンディーでかっこいい男が迫りくる。
遺伝子組み換え植物や種子戦争やF1戦争のことなどにも、
会話の中から知識の力を感じる。
「虫たちと作った世界に一つだけのレモン」の中の、
レモネーディアのサンドイッチを食べて一言!「ヘル美味しい」
つまりヘルシーで美味しいの短縮形。
一瞬、「HELL美味しい」か深読みしてしまった。

写真を撮りながらここでも名言がでる。
「レモネーディアは酸っぱくないけど、人生は酸っぱかった」 ね!
短い時間の中で研ぎ澄まされたブレインに、いただく刺激。
大人の濃密言葉のキャッチボール。
これを果樹園談義とでも言おうか。

河合果樹園 http://kawaikajuen.jp/





ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 流行と山下清展:さまざまな岩 | トップ | 穀菜果都市豊橋と肉洋食オオ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記・エッセイ・コラム」カテゴリの最新記事