果樹園の風

愛知県豊橋市で無農薬のレモンを栽培している河合果樹園です。
目指せ!楽しむ農業、楽しませる農業!

夏のβパワーとエノコログサ

2018年07月12日 07時36分35秒 | 日記・エッセイ・コラム
例年より遅れて、とうとう温室みかんの収穫が始まった。
夏本番の始まりと言うことになる。
骨粗鬆症や発がん抑制のあるβークリプトキサンチンが豊富に含まれる温州みかん。
昨年からの夏のコピーは「夏だ!みかんだ!βパワーだ!」というもの。
北海道の孫にこのコピーを入れておくって!と頼まれた昨年。
やはり、多くの方が自分の周りの方の健康を気遣っているのがわかる。
このβークリプトキサンチンは温州みかんと一部の柑橘類に特異的に含まれるもの。
1日3個を食べると3mgのβークリプトキサンチンを摂取できる。

この優れた機能性成分は販売の現場では全く周知されておらず、
ほぼほぼの担当者が名前も怪しいぐらいなので、
機能性などの説明はまず伝わっていない。
化学的に合成しようとすると1mg/1万円と言えば伝わるだろうか。
とにかくβパワーの夏は始まったばかりである。

夕方の西の空が美しい時季となってきた。
河合果樹園の裏手には二級河川の梅田川が流れている。
今回の豪雨で各地被害が出ているので、もしもの時はと思うことがある。
1年半ほど堤防が浸食されて、やきもきすることがあったが、
梅雨前には補修工事が終わり安気になった。
1年半の間、年度も担当部局に電話したが、予算が下りてからと言う返事ばかり。
豪雨被害に遭遇しなかったからいいもの・・・。
最近、この梅田川には豊浜運河構想なるものがあったと知る。
豊橋港から梅田川を上り浜名湖に通じて浜松までの運河で、
近藤寿市郎の構想かと思われているが、実は湖西の名主達の要望の方が早かったらしい。
もし実現していたらこの河合果樹園は現在存在していないだろう。
歴史の変遷、今存在することに感謝である。
その梅田川の堤防にはC4植物のエノコログサ、通称猫じゃらしが威勢がいい。
たくさんCO2を固定してほしいと思う反面、果樹園には侵入しないでと願う。
子供の頃遊んだ記憶が夏の夕、ふと現れる。






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

吉兆虫と龍馬1865

2018年07月02日 20時30分04秒 | 日記・エッセイ・コラム
温室みかんの収穫まであと一歩という段階にきた。
今年はなぜか着色は遅れ気味で、後々の仕事に支障をきたさないか心配になる。
無農薬レモンと無農薬レモネーディアは初夏の花が終わりに近づき、
その実がなんとかとまってほしいと手を合わせる。
3月の実は、そのときの急激な昇温で落ちすぎてしまったため、
現在はやけに大きな実になっていて、収穫するときの判断が難しそう。
天候にもたれかかる栽培は、相変わらず農夫の頭に活性酸素を増やかす。
極早生みかんの摘果作業をしている最中に、吉兆虫が飛来。
今年初めてのその美しい虫体に見とれる。
幼虫はエイリアンのようにグロテスクなので、そのギャップに美は増幅される。
これから始まる果樹園の長い長い収穫期間への良い前兆であってもらいたい。


春先からのなんともいえないモヤモヤした体の調子から抜け出したのだが、
大事をとってアルコールを控えることにした。
最大の楽しみをお預けでは脳が快適運転できないので、
ノンアルコールビールでのどごしを楽しむことに。
日本ビール株式会社が販売する龍馬1865というプリン体0、添加物0を買う。
缶には「運転中に、仕事中に、休肝日に」というコピーが書かれているが、
確かに運転中にのどごしを楽しむにはもってこいだとうなずく。

いろいろと調べていたら、なんとレモン味の龍馬LEMONという姉妹品があることを知る。
それはレモンライフ研究家としては、見逃せないので早速買って飲んでみる。
果汁3%で確かにレモン味がするが、
もう少しレモン味がマイルドなほうがバランスがいいように感じる。
初恋レモン・レモネードで作るビールカクテルの方が断然美味しいので、
龍馬1865+初恋レモン・レモネードという
百儂人祭りでも絶賛された飲み方で夏を乗り切ることにしたい。

このパナシェというカクテルは今まで一軒を除いて、
舌にピタッと来たことはないから不思議だ。
相手の技量を測るのにはもってこいである。

河合果樹園 http://kawaikajuen.jp/





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

初恋リーフと願成就院

2018年06月20日 09時22分53秒 | 日記・エッセイ・コラム
今日は一日中雨の予報。
漢方野菜の恋リーフが雨に打たれてうれしそうな顔色。
そう、雨が好きな野菜だからなのだが、反面乾燥には弱く水やりは毎日の日課となる。
夏のネバネバ野菜として無農薬で作り始めて8年、
いろいろな害虫に襲われながら試行錯誤の連続で、テデトールという防除法がメイン。
フードオアシスあつみで買うことができるし、
まあるいお皿で食べることもできる。
カルシウム・マグネシウム・亜鉛・銅・葉酸・ビタミンAなどが豊富で、
牡蠣の季節でない時季の亜鉛摂取で夏バテ予防にはもってこいとなる。

これからたくさん採れる時季、私も肩痛克服のために今年は倍増して食べようと思う。
「夏のあえん(亜鉛)、お父さんの初恋ははかなく」
すこし思い出を回想しながら、スパイスをふりかけてみたい。

先日、以前から行ってみたかった伊豆の国市の願成就院まで出かけた。
願成就院は高野山真言宗のお寺で北条政子の父、北条時政が建立したお寺だと言う。
沼津インターで下りて数十分、一瞬住宅街かと思わされるところを右折して
その突き当たりに初夏の風に木々がざわめく山を背景にそのお寺は現れる。
梅の実が熟れて落ち始めた駐車場に車を止め、カメラ片手に手を合わせて門をくぐる。
大きな二つの灯籠が威厳を発しながら出迎えてくれる。
遠方より来ている人たちが目に見えぬ力を感じているかのように歩いている。
東側にある泰山木の大きな白い花も景色に溶け込んでいる。
早速、拝観料を払い大御堂に入ると10人前後の人たちが説明受けていた。
遅れて片隅に座らせてもらい、国宝である阿弥陀如来座像・不動明王
矜羯羅童子(こんがらどうじ)制吒迦童子(せいたかどうじ)・毘沙門天立像
を見る。
運慶展で出会った時から、数ヶ月を経ての再会は、
実際にあるべきところにあると違った美を感じる。
檀家寺である同じ高野山真言宗の普門寺の四天王像もまた違った美がある。
いにしえの時を超え、感じるモノがあるから国宝であり、重要文化財なのである。
農産物は食べてしまえば跡形もなくなるが、
その景色や背景にある価値に気付いてもらいたい・・・。











コメント
この記事をはてなブックマークに追加

人生体験とカプリと近藤寿市郎伝

2018年06月10日 09時43分24秒 | 日記・エッセイ・コラム
果樹園の周りでは今年もウグイスがまだ鳴いている。
露地みかん園では早くもアメリカセンダングサが現れ、
これから除草に泣かされる雰囲気は大きい。
ジャンボレモンは春に出た葉から芽が吹いてきたと思ったら、
先端に花をまとっている。
こんなことも人生初体験だが、私の体験などレモンの歴史から見れば、
すぐそこの駅に行くほどの距離だ。

あっという間に大きくなった極早生みかんの実を落とす作業も始まった。
明日は台風の影響でたくさん雨が降る予定。
何もなければと祈りながら、ほぼ家で待機状態となる。

倉庫の2階で生まれた野良猫の子が我が家の一員となった。
どうも親は育児放棄したようで、大声で助けを求める声がだんだんとか細くなる中、
人間に寄ってきて親父に助けられた。
見ると青い目をした猫でやけにかわいい。
1年前に拾ってきたチャッピーとじゃれ合う姿はおもしろい。
チャッピーは放浪が長かったのか、おとなしい子猫だったが、
この青い目の子猫はやけに快活だ。
物怖じしない好奇心の塊の子猫、目の青さからカプリと言う名前となった。
しっかりと倉庫の番猫となってほしいと思う。

先週、豊橋駅南口駅前広場で開催された、「豊川用水50周年イベント」へ、
段戸山三河炭焼き塾のSさんのお手伝いに少しだけ参加させてもらった。
イベントの前に、龍拈寺へ豊川用水を構想した近藤寿市郎氏のお墓参りに連れて行ってもらった。
前日に見つかった近藤家の位牌も見せてもらい、豊川用水の歴史にリスペクト。
実は龍拈寺に行ったのは、高校生以来。
当時サッカー部の合宿でお世話になった懐かしい記憶もよみがえった。
イベントに「近藤寿市郎伝」という本を書かれた嶋津隆文氏が来たので、
少しお話しさせていただいたのだが、後藤新平、八田与一の話で盛り上がる。

本はまだ少し読んだだけだが、板垣退助が暴漢に襲われた時に
治療にあたったのが若かりし頃の後藤新平だったり、
雲ノ谷村の有権者が二川あたりで投票に行けないようにされた話などにそそられている。
水に感謝しながら東京での東三河の美をPRするエロティック東三河の活動に、
この本に書かれている内容がセリングポイントとなり後押しされるはずだ。
台風と一緒になって読破したいと思う。

河合果樹園 http://kawaikajuen.jp/







コメント
この記事をはてなブックマークに追加

法定研修とジュリエット像

2018年05月30日 13時17分27秒 | 日記・エッセイ・コラム
昨日と今日は非日常の体験でお尻と腰が痛い。
技能実習生の管理と指導の法定研修で滋賀県まで来てみっちり研修を受けていて、
体には優しくないパイプ椅子にいじめられているせいだ。
普段じっとしていることが少ない仕事なのと、
どちらかというとアクチィブな性格のため、
この時間は肉体的にとてもきつく感じる。
しかし、学び舎の頃と違って頭は一日集中力を保てるから不思議だ.
第二の脳が調子いいのが理由かもしれないし、
まだまだ成長する細胞のせいかはわからないけれど、
時間がない身としては時間内でものにして帰りたいと思う。
社会保険労務士のN先生の講義はわかりやすい解説で、
自分で本を読みながらだとかなり苦労すると思う。
まして教材は講師を当てるため、かなり割愛して記述されている部分もあり、
自力での勉強を阻む要因だと感じる。
とにかく修了証書をもらうため頑張ろう!
ちなみに最後にテストもあり、自信はあったが満点とはいかなかった。

そして滋賀県と言えば・・・、そうだ学生時代の友人がいる。
調べてみると宿泊するホテルから数キロ離れているだけ。
都合をつけてもらい久しぶりに一杯やることに。
彼の案内で長浜の街中で近況や農業のことについて語り合った。
そして案の定ホテルに帰るとバタンキュウ!
朝はいつも通り目が覚めてこちらも非日常の時間。
ホテルのロビーにジュリエット像があるのに気づく。
それと朝食会場の名前はVERONA。

先日の丸善ゼミナールへで話した内容とリンクする事象に出会う。
内容とはジュリエットからの手紙という映画の中で
ガルダ湖というフレーズに出会ったこと。
(ガルダ湖は過去に温室栽培でレモンを作っていた産地で、
ゲーテのミニヨンの歌により不朽の名声の地となった)
ジュリエット像の説明書きにはこう書いてあった。
「イタリアヴェローナの街はシェークスピアの書いた
ロミオとジュリエットの舞台として有名ですが、
その街の中心地にジュリエット像が立っています。
その像には古い言い伝えがあり、像の右胸に触れると幸せになると言われています。」

さて!右胸とは彼女の右なのか向かって右なのか?
とにかくこの出会いも頭の中に湧き出る僥倖だと感じた。

河合果樹園 http://kawaikajuen.jp/



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日照権の侵害とケリの子供と丸善ゼミナール

2018年05月21日 20時43分25秒 | 日記・エッセイ・コラム
みかん園の北側にある大きな木を2本枯らした。
みかんに大きくかぶってきて、
みかんから日照権の侵害だと訴えられたためである。
とは言っても何十年とその生命を維持してきた大きな木には気の毒なことだ。
少し後ろめたい気持ちからつい手を合わせてしまった。
だいぶ前になるが、女神のほほえみの田で甲高い鳴き声で鳴く鳥の子供を、
河合果樹園のスタッフ麗ちゃんが捕まえてきた。
動物好きの彼女に、どうしてつかまえてきたの?と聞くと、
道路をうろうろしていて危なかったからと言う。
最初は水かきがついているかと思ったが、
なかったので多分ケリという鳥だと判断した。
かわいそうなので、私が親の元に返しに行くことに。
田んぼに着くと、親鳥の甲高い声!
襲われるかと思ったが、なんなくリリース。
あっという間にダチョウのように走って草むらに。
めでたしめでたし。

昨日、久しぶりに名古屋栄にお邪魔させてもらった。
丸善名古屋本店の第156回の丸善ゼミナールの講師を依頼されたためだ。
8番出口から徒歩数分、スマホの案内で無事到着。
担当のSさんに連絡して、打ち合わせ。
今回立見の方も出てしまい満員御礼!
モノづくり職人列伝という、恐れ多いタイトルの中、
今回は「無農薬レモンと私」という演題で、
無農薬レモン作りや情報発信のために、
どれほどの偶然と学びのスパイラルを本から得たかを
中心にお話しさせていただきました。
豊橋方面からも大勢名古屋まで来ていただきありがとうございました。
また私の無骨な手の写真を撮っていただいたSさんと、
それを絵はがきまでにしてくださったYさん、
職人の手にその歴史を刻んでいることを美しく表現してくださいました。

なれないサインなんかしたり、帰りに偶然に入ったお店で、
参加された方とばったり会ったり。
不思議体験と非日常体験ばかりの一日でありました。

河合果樹園 http://kawaikajuen.jp/









コメント
この記事をはてなブックマークに追加

針葉樹の濃緑と薫陶かぼちゃ定植と楕縁箸

2018年05月11日 13時27分36秒 | 日記・エッセイ・コラム
乾いた風の乗って、金銀花の香りが気持ちいい。
しっかりと降った雨に花びらを落とされた露地のみかん達。
有葉花といって新芽の先につく花だけは、まだ蕾だったり咲きかけだったり。
一、二を争う生育スピードは、葉の輝きを増して進んでいる。
湖西連峰の杉や檜がやけに濃緑に見え、陽が低くなると黒く見える。
私の老いた目のせいかもしれないが、一瞬焼かれてしまったかと思ってしまった。
このことからみかん達に肥料が効きすぎてしまわないかと気を揉む。

一昨年から無農薬で作っている薫陶かぼちゃは、昨年から遅れること5日、
本葉2枚だが来週の雨を考えて早めの定植をした。
昨年は南風に負けてしまった苗があったので、今年は一応の対策。
しっかり根付いてほしいと、秋の収穫と10月のホテルアークリッシュ豊橋で
初恋レモンプロジェクト10周年企画として食していただく場面が浮かぶ。

心配事として、隣の畑から葛が侵入してきて私たちを脅かしだした。
葛に負けじと地表を覆い尽くして欲しい。
奇岩立岩を見上げながらかぼちゃ達に声をかけにいこう!

中日新聞に「転がらない楕縁箸製造へ」という見出しで、
厄介者の竹から作った楕円の箸の記事が掲載された。
この割り箸、11月にエロティック東三河が東京で行うイベントに、
水に感謝しながら東三河をアピールするのに使われる。
人と物とアイデアが一気に紡ぎ、楕縁箸という形になったのはすごいと思う。
すべてを地元で完結する中で、箸袋広告として定着すれば・・・。
手作り感いっぱいのイベント、集う人々の東京での東三河談義が今から楽しみである。


河合果樹園 http://kawaikajuen.jp/





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

春の山々と構造物の美と未知の植物?

2018年05月02日 11時26分01秒 | 日記
河合果樹園の北側に見える湖西連峰の山々の様相が
カリフラワーのように見える季節だ。
椎の花がその表情を増幅させて、1年で最も山々の息吹が感じられて美しい。
現在は大型連休まっただ中なのだが、
露地みかんの花の管理でこの連休は仕事三昧ということになった。
急激な温度の上昇で、みかんの花は充実する間もなく咲くことを余儀なくされてしまった。
弱々しい花は、これからの高温で落ちてしまわないかと作り手の心配を増幅させる。
なんとか思い描いた天候の推移をしてもらいたいものである。
日も長くなり、夕方仕事を切り上げてからもくもく感を味わいに、
二川チェックから立岩山頂に足を運ぶ。
夏を思わせる西日に汗をかきながら登頂。
もくもく感と田んぼの反射、
そして今年豊川用水通水50周年をむかえる二川サイフォンへの水の爆音を五感で味わう。
エロティック東三河流に考えるなら、地域の自然と構造物の景観も一つの「美」。
その50周年に水に感謝しながら「人々の紡ぎ出す美を届けたい」をうたい、
東三河の美を届けるために11月18日(高野山東別院)と
11月24日(六本木ヒルズアリーナ)に出向きますので、応援をお願いします。


話戻って、花の管理には見回りが欠かせないため、
毎日開花の進み具合を観察しに各園地に行く。
そしてこの時季ならではの発見もある。
天命クラブも後半戦の年齢となっても、初めて見るものが多い。
この間はキツネの親子に遭遇。
親キツネは何度も目撃しているが、子ギツネは初めてで、やはりかわいい。
以前のブログで紹介した蔓に巻き付かれた立木も、気になってフォーカスできる体勢にしていたら、
蔓を取り込む前、戦いの最中のエロティックな木を発見。
また立岩の東側の畑に行くと、その隣の耕作放棄地に見たことのない花が目に飛び込んできた。
蔓性の植物で、白く直径20㎝はあろうかという花が、群生して咲いている。
好奇心旺盛な子供に返り、シャッターを押す。
「白い花&春&大きい」などで検索するがヒットしない。
画像検索ならとドラッグアンドドロップしてみてもヒットせず。
珍種なのか?コクロヒメテントウの蛹のように私の大発見なのか?
とにかく名前を知りたいと思うのでアップします。
誰か教えてくださいね。


河合果樹園 http://kawaikajuen.jp/











コメント
この記事をはてなブックマークに追加

檸檬爆弾と丸善 名古屋 丸善ゼミナール

2018年04月22日 13時08分51秒 | 日記・エッセイ・コラム
お伝えしなくてはいけないことをうっかりしていました。
檸檬といえば、梶井基次郎の小説が浮かぶ方がいらっしゃると思います。
何度となくお目にかかった方に言われたことがあり、
学校の教科書で読んだと言われる方も。
レモンライフ研究家としては当然読まなければいけないと思い、
何度か目を通して、檸檬爆弾にずっと憧れを抱いていました。
実際には爆発しない檸檬爆弾を、
パブロ・ネエルーダの「レモンの詩」に出てくる「閃光」という言葉から
不謹慎なのかもしれないがその光を想像してしまい・・・。
基次郎流に考えれば、香りの爆弾かなとも。

小説の舞台は丸善 京都本店(レモンブランは調査済み)なのだけれど、
今回は丸善 名古屋本店にて行われている丸善ゼミナールにて
お話しさせていただく機会をいただきました。
著書が発売されて約2年半、内容はレモン作りと読んだ本にまつわることになる予定です。

下記詳細です。丸善 名古屋本店の案内はこちら


開催日時:2018年05月20日(日) 15:00~2018年05月20日(金) 16:00

第156回 丸善ゼミナール ~モノづくり職人列伝~  無農薬レモンと私


2018年5月20日(日)15時より 1F特設会場にて

参加費:500円(河合果樹園の無農薬レモンを一部皮ごと搾ったレモネード「初恋レモン」付き)

要・予約(店頭or電話にて事前の予約を受け付けております。)定員30名

住所 〒460-0008

愛知県名古屋市中区栄三丁目8番14号

電話番号 052-238-0320

営業時間 10:00~21:00



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

若葉の美と初恋レモン・塩レモンペーストで作る塩レモンウオーター

2018年04月21日 09時20分52秒 | 日記・エッセイ・コラム
さつきのピンクと白のコントラストにも目を奪われるが、
私的には木々の若葉が生き生きして美しく感じる季節だ。
陽を透かして見るとそれは、濃淡の主張が面白い。
葉面の艶やかなワックスは何者をも寄せ付けないぞという気概を感じさせてくれる。

露地みかんはまだまだそこまでは行き着いていなくて、
弱々しい新芽であるが、暖かさに背中を押されて蕾は毎日急激に生長する。
きれいに大きく葉が生長するのを楽しみにしよう!
そして花摘み作業を始めたのだけれど、まだまだ先は長い。
一つ一つ落としていく根気のいる作業は続く。
落とした枝はからは、もう一度新しい葉が吹いてくる。
DNAにインプットされた生き残るすべとしての生理現象を
みかん作りに利用させてもらっているということなのだろう。
毛虫に食べられた新芽あとから、もう一度再生してくるように・・・。

最近の五風十雨の恵まれた天候での作業はかなりの水分を消費する。
すぐに右足のふくらはぎがパンパンになるため、
作業には初恋レモン・塩レモンペーストをペットボトルの水に溶かして持って行く。
芍薬甘草湯と併用するとすこぶる調子がいい。

漢方で弱った肝臓をレモンの皮の成分が助けてくれるのかなと感じている。
レモンの酸味と塩(海の精)が絡み合い、そしてレモンの香り、皮の苦みがアクセントになる。
冬は鍋やソテーに使うが、夏は絶対塩レモンウオーター!
スパウトパックから絞り出し、少し置いておき振ると溶けるようになる。
ちょっぴり皮の黄色さが素敵に見える。
ペットボトルは個人的に、ダイドーのMIUが手へのフィット感と、
まるで以前のブログで取り上げた木に巻き付いた蔓を連想する体躯が好きだ。

そうそう、皮の黄色の成分エリオシトリンは脂肪の分解と、
生命活動エネルギーを作り出すミトコンドリアの生成を活発にするなど優れもの。
今一度、HPのとくとく情報のエリオシトリンを見ていただければと思います。

河合果樹園 http://kawaikajuen.jp/

山帰来の葉










コメント
この記事をはてなブックマークに追加