果樹園の風

愛知県豊橋市で無農薬のレモンを栽培している河合果樹園です。
目指せ!楽しむ農業、楽しませる農業!

澤明宏アナウンサーと紅葉祭り、そしてヒマラヤザクラ

2017年12月04日 20時50分21秒 | 日記
いらぬ雨が降っている。
繁忙期なのに野暮用が天から舞い降り、頭の中で描いている仕事の進み具合とは程遠い。
無農薬レモンの出来は悪く、多くのお客様にご迷惑をおかけするようになってしまった。
無農薬レモネーディアは熟度が増し、美味しくなってきた。
早生みかんはもう少しで収穫完了となりそう。
全国的な不作と台風被害で、巷ではみかんが足りないという声が聞こえる。
今年の果物農家の嘆き節も、あちこちで聞こえる。
そんな中、久しぶりに河合果樹園を訪れてくれたのはCBCの澤明宏アナウンサー
当園に足を運んでいただくのは、片手では足りない数だと記憶をたどる。
空ナビというお天気を題材にした新しい視点の番組は大きな反響を呼んだ。
お天気キャスターがこの番組から世に出たといっても過言でない番組だ。

そして今回は「多田しげおの気分爽快~朝からP.O.N」の金曜特集、東海3県食材の旅にて
無農薬レモネーディアを取材していただきました。
放送日は12月15日(金)のAM8:15~8:45。
澤アナウンサーの軽快なしゃべりにどこまでこたえられたかは疑問であるが、
とっても楽しい取材だったので、内容をわくわくして待っています。
浮き沈みはあるけれど、こういったテイストに救われる日々だと思うとなおさら感慨深い。

毎年恒例の船形山普門寺の紅葉祭りに、少しだけ顔を出しに行った。
百儂人キッチンカーで販売する本家「豊橋スムージー」が気になったからだ。
そして年々増える参拝者と年々綺麗になる紅葉とヒマラヤザクラのコントラスト。
ヒマラヤザクラは河合果樹園の温室の近くにも巨大になって4本植えられている。
ということは中日新聞を読まれた方は、なんとなくいきさつがわかるかもしれない。
本堂でお参りをして、このところ妙にひかれる年齢になったのか宝物殿に足が向く。
今回はライトアップされた四天王が、いつもと違って見える形相で
古の船行山の守りについているかのごとく胸を張っている。
この紅葉祭りを肌で感じながら、空を無限大ととらえてもう一歩進んでいきたし!

河合果樹園 http://kawaikajuen.jp/






ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 繁忙期のつれづれとレモネーデ... | トップ | 冬の芸術とエロティック東三河 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事