尼崎の整体院です|「かいつう館の日々是整体」 腰痛など慢性の痛みは当院にお任せください^^

尼崎・武庫之荘の整体院です。腰痛・股関節・膝痛、首痛や頭痛など大得意。回数券を必要としない、通えない方のための整体です

宝塚から、首痛のあとに足指痛を

2019-08-26 07:00:00 | 膝痛整体編
宝塚から来てくださったお客様。珍しくパソコンのメールに予約が入ってました^^
メールアドレスも必要ですね(^^)

メインは首痛ので、そのついでのようにおっしゃってくださったのが、足の痛み。
写真のこの角度なら痛くなくて、


下の角度なら親指の甲側が痛いんだそうです。

痛みに耐えられるなら、実際に目の前でやっていただいています。
興味が湧いたので質問を入れていきます。
「こういうシチュエーションって、どういうときなんですか?」
落語家なんで・・・
「ああ、高座から立ち上がるとき?」
演目によってはこの状態で噺をするときも・・・
「その時だけですか?」
着物を畳む時もだいたい、これですね

僕はあまり物事を複雑に考えないので、
上は痛くない
下は痛い
のだから、痛みが出るかどうかはこの上下の違いのどこかにある、はずだと考えるんです。
と考えたら、、、、「見たらわかり」ますよね。
答えはすでに目の前にある、そんな感じです^^

それと、お客様のリクエストでいうと「右の行為ができるようになればいい」ことになるので、
なにかを治す
とかではなく
下の座り方が「できるようになる」
ように持っていければそれでいい、と僕は考えるんです。

治療とか、矯正とか一旦、横に置いておいて。
舌の行為が痛くなくできるようになればいい。
じゃあ、なにをどうすればいいんだろう。
そう考えていくと、ものごとがあっけなく解決することもあります^^

痛かったしゃがみ方を何度もしてもらって、痛みがなくなってるのを確認してから終了させていただきました。

今日もありがとう。
06-4962-3487


https://beauty.hotpepper.jp/kr/slnH000217701/
コメント   この記事についてブログを書く
« 息をすると脇腹が痛い | トップ | 十年越しくらいの腰痛のお客様 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

膝痛整体編」カテゴリの最新記事