花ごよみ

映画、本、写真など・

マイウェイ 12,000キロの真実

2012-01-15 | 映画

監督はカン・ジェギュ

朝鮮半島からノルマンディーまでの過酷な行程、
12,000キロを生き抜き、
最後はドイツ軍捕虜として、
発見された男の物語。

ノルマンディー上陸時に
撮られた一枚の写真に
東洋人がいたという事実をベースとして
物語をふくらませて制作した。
‥ということなんでしょう、きっと。

主演はオダギリジョーとチャン・ドンゴン。
二人とも五輪を目指す、
マラソンランナーでライバル。
この二人の男が戦争に巻き込まれ、
日ソ独の軍服を着て、
悲惨な戦いに身を投じる。

ストーリーはうまく作られていて
平坦ではないドラマ展開に
飽きることがなかったです。

日本という国を信じ切った、
長谷川辰雄をオダギリジョー。
マラソンへの夢を持ち続けた、
韓国人のキム・ジュンシクを
チャン・ドンゴンが演じます。

最初は日本兵として朝鮮半島を出発、
捕虜となって戦いを続けながら
ソ連、ドイツを経てノルマンディーへ到達。
当然ですが二人の主人公は
どんな危険な場面に遭遇しても
決して弾には当たりません。

血と泥にまみれても
オダギリジョー、チャン・ドンゴン、
二人の横顔はやっぱりきれい。



二人の離れていた心が、
壮絶な戦争体験を経て
距離を狭め友情へと変化していく。
ラストは涙が一筋頬を伝って行きました。

爆破、爆破の圧巻の戦争シーン
正視出来ないリアルで壮絶な戦闘描写。
心が凍ってしまうほどの戦争の残酷さ。
あまりの迫力にかなりの疲労感。
ほんとすごい!!
ノルマンディー上陸作戦の映像も
素晴らしく、見応えがありました。










『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (17)   この記事についてブログを書く
« サマーウォーズ  | トップ | 大阪城公園の蝋梅  »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

映画」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

17 トラックバック

劇場鑑賞「マイウェイ 12,000キロの真実」 (日々“是”精進! ver.A)
生きる道を、探して… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201201140003/ シュリ [DVD] カン・ジェギュ カルチュア・パブリッシャーズ 2006-06-23 売り上げランキング : 14412 Amazonで詳しく見...
マイウェイ 12,000キロの真実 (Akira's VOICE)
駆け足ドラマの真骨頂!  
マイウェイ 12,000キロの真実 (うろうろ日記)
今年一回目の映画です。試写会です。今年からスタイルを変えます。 【予告orパンフ
マイウェイ 12,000キロの真実(試写会) (まてぃの徒然映画+雑記)
オダギリジョーとチャン・ドンゴン、日韓スターの競演! 1928年、当時日本の支配下にあった朝鮮の京城憲兵隊長だった祖父の家へやってきた長谷川辰雄は、朝鮮人の使用人の息子、キム・ジュンシクとマラソンでライバル関係にあった。しかし抗日朝鮮人組織の仕業で辰雄の....
『マイウェイ 12,000キロの真実』 (ラムの大通り)
(英題:my way) ----おおっ。これは珍しく、観てすぐのお話だね。 「うん。公開がもう目目前(1月14日)に迫っているからね。 宣伝の時間も短いし、 少しお手伝いしたくなって…。 とにかくタフな映画。 これは、ヒットしてほしいなあ」 ----タフって? 「全篇、すべて...
*『マイウェイ 12,000キロの真実』* ※ネタバレ有 (~青いそよ風が吹く街角~)
2011年:韓国映画、カン・ジェギュ監督&製作&脚本、キム・ヨンハ製作、キム・ビョンイン、ナ・ヒョン脚本、オダギリジョー、チャン・ドンゴン、ファン・ビンビン、キム・イングォン、夏八木勲、鶴見辰吾、山本太郎、佐野史郎、浜田学、イ・ヨニ、ト・ジハン出演。
マイウェイ 12,000キロの真実 (とりあえず、コメントです)
オダギリジョーとチャン・ドンゴン主演の戦争ドラマです。 この二人の主演でどんな映画になるのだろうかと気になっていました。 3つの国の軍人として戦った男の物語が壮大なスケールで描かれていました。
マイウェイ 12,000キロの真実 (映画とライトノベルの日常自販機)
★★★★★ “対立するものの間に友情が育つまでには長く険しい道のりが必要なのか” 祖父の死で辰雄は朝鮮人へ憎しみの感情を抱くようになります。このことが引き金になったかのように、映画の中では日本人による朝鮮人差別がエスカレートしていきます。選考会でのジュン...
「マイウェイ 12,000キロの真実」 相互理解に至る道のり (はらやんの映画徒然草)
韓流ブームと言われて久しく、そのきっかけはいくつかあったと思いますが、1999年
マイウェイ 12,000キロの真実 (はるみのひとり言)
一昨日試写会で見て来ました。映画を見る前にちらっとあらすじを聞いて、よきライバルであり友である二人が、戦争により引き裂かれ戦うことになるのかなと思ってたんですが違ってました日本占領下の朝鮮。お金持ちの日本人の子のオダジョーと、その使用人として働いてた朝...
『マイウェイ 12,000キロの真実』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「マイウェイ 12,000キロの真実」□監督 カン・ジェギュ□キャスト オダギリジョー、チャン・ドンゴン、ファン・ビンビン鑑賞日 1月14日(土)■劇場 TOHOシネマズ川崎■cyazの満足度 ★★★★(5★満点、☆は0.5)...
マイウェイ 12,000キロの真実 (新・映画鑑賞★日記・・・)
【MY WAY】 2012/01/14公開 韓国 PG12 145分監督:カン・ジェギュ出演:チャン・ドンゴン、オダギリジョー、ファン・ビンビン、キム・イングォン、キム・ヒウォン、オ・テギョン、キム・シフ、チョン・ホジン、夏八木勲、鶴見辰吾、山本太郎、佐野史郎、浜田学 全てを....
マイウェイ 12,000キロの真実 (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
第二次世界大戦で日本、ソ連、ドイツ三国の兵士として戦い、連合軍の捕虜になった日本人の実話をヒントに、「ブラザーフッド」のカン・ジェギュ監督が描いた人間ドラマ。アジアか ...
マイウェイ 12,000キロの真実 (風に吹かれて)
恩讐の彼方に公式サイト http://myway-movie.com監督: カン・ジェギュ  「シュリ」 「ブラザーフッド」1928年、日本占領下の京城(現ソウル)。憲兵隊司令官を祖父(夏八木勲)に持
No.301 マイウェイ 12,000キロの真実 (気ままな映画生活)
「シュリ」「ブラザーフッド」のカン・ジェギュ監督が韓国映画史上最大級となる製作費25億円を投じ、アジアからノルマンディーまで1万2000キロを生き抜いた男の実話を映画化。1944年 ...
マイウェイ (映画的・絵画的・音楽的)
 『マイウェイ 12,000キロの真実』を渋谷TOEIで見ました。 (1)この映画については、評価がすごく分かれるのではないかと思います。  クマネズミは、当初、オダギリジョーが久しぶりに主演する映画(注1)だから見なくてはと思って、映画館に駆け付けたのですが、半分....
『マイウェイ 12,000キロの真実』 たったひとつ残念なこと (映画のブログ)
 素晴らしい!  そう素直に感嘆した。  人々の対立と葛藤、壊れる友情と生まれる友情、そして彼らを取り巻く数奇な運命。物語は波乱に富んで飽きさせないし、喜怒哀楽すべての感情を揺さぶるエピソードに...