屯田物語

 フォレスターとα6000が旅の仲間
 オンネトーの秋、青い空と紅葉が湖面に映えて美しい!

四国めぐり コラージュ

2016年12月11日 | 四国


「四国ぐるり旅」から4枚の写真を選んでコラージュしてみました。
12月11日 ついにわたしも後期高齢者の仲間入りです。
コメント (2)

かずら橋と大歩危 スマホから投稿

2016年12月07日 | 四国


かずら橋から大歩危へ・・
スマートフォンから投稿、写真のサイズ縮小など設定どおりうまくいったようだ。
これからは、ミラーレスで撮った画像はその場で「屯田物語」に投稿できるようになった。
したがって、今日のブログは過去画像をつかってパソコンからでなくスマホから投稿してみた。
①ミラーレスα6000で撮った画像をスマートフォンへ転送
②投稿したい画像を「snapseed」で補正(ホワイトバランスなど)して保存
③スマートフォンで「gooブログ」を開き「snapseed」から画像を選択する。
(画像サイズはgooアプリであらかじめ設定)
④説明文を入力して投稿!

コメント

四国四県ぐるり旅 大歩危峡~祖谷渓(かずら橋)

2016年12月05日 | 四国





第四日目
高知城~大歩危峡へ・・

大歩危峡を形成しているのは、砂岩が変成してできた砂質片岩(さしつへんがん)表面は風化が進んでいて淡い青灰色だが、中には鮮やかな緑色をしている。岩質は硬くこの砂質片岩で出来た分厚い地層が波状に曲がりひびが入って、浸食されて大歩危峡が生まれました。遊覧船からは国指定天然記念物「含礫片岩(がんれきへんがん)」も身近に見物できます。(大歩危峡観光遊覧船のHPから転載)

救命胴衣を着用して乗船、「さあ、急流くだり!」そんな期待と緊張感が高まる。
しかし、エンジン付きの舟なので急流を遊覧することはないが、
砂質片岩の特異な景観が見られて満足した。
ラフティングに挑戦したい方は小歩危でどうぞ!日本一の激流が待っているそうだ。
ところで昼食のうなぎ弁当が最高に旨かった。

祖谷渓で蔓橋(かずらばし)を渡る。
橋の途中でカメラを構えた、足元がぐらぐら揺れてピントが合わない。それにちょっとコワイ。
でも、面白かった!





徳島あわ踊り空港・・
うどんばかりだったので、久しぶりにラーメンを食べた。旨い!
来春、沖縄へ行こうかと。

コメント (2)

四国四県ぐるり旅 高知城で「海がきこえる」

2016年12月04日 | 四国


第四日目
海がきこえる  を読んだとき、高知城に来たいと思っていた。
(↑クリックすると、当時の「屯田物語」にリンクします)



山之内一豊の妻が乗った籠?



あの広場に「海がきこえる」の武藤里伽子たち同期生が集まった?



天守から高知城下をぐるりと見渡した。





高知城の城壁は格好いい!苔むした石壁は美しくもある。
時間に気兼ねしないで、ゆっくりまわってみたいと思う。

コメント (2)

四国四県ぐるり旅 内子~四万十川~桂浜

2016年12月03日 | 四国


第三日目
道後温泉=内子=四万十川=桂浜=高知よさこい温泉

内子散歩
明治の町並みを味わいながら内子座を目指した。
ただ、木蝋資料館などじっくり見たいところは何か所かあったが、
時間制限のツアーだから仕方がない。







四万十川の舟くだり
流れがほとんど感じられない四万十川、舟下りというより舟遊びである。
しかも、格子付きの檻舟?で、開放感がなく四万十川の空気を楽しむとまではいかない。
それならば沈下橋など歩いてまわりたかった。





竜馬の像がたつ桂浜
妻は貝殻探しに夢中だが、貝殻はほとんど見つからなかったようだ。
年何万人と押し寄せる観光客が根こそぎ拾っていったせいかもしれない。

コメント (2)

四国四県ぐるり旅 金刀比羅宮~道後温泉

2016年12月02日 | 四国


第二日目
善通寺=金刀比羅宮=道後温泉



本宮まで785段、足があがらなくて途中リタイヤを考えたけど、
老夫婦、励ましあいながら??なんとか本宮まで登り切って満足!







木立ダリアと山茶花
木立ダリア(皇帝ダリア)は北海道では自生していないから、
道産子にとって珍しいよね。



さて、今夜の泊まりは道後温泉「宝荘ホテル」、
鯛ソーメンが旨かった!
夕食のあと、さっそく坊っちゃんの湯へ、夏目漱石が愛した温泉である。
地元の方から坊っちゃん温泉のいわれなどいろいろお聞きしたので、
もし、次に機会があれば一日この街で過ごしてみたいと思った。

コメント (6)

四国四県ぐるり旅 栗林公園と善通寺

2016年12月01日 | 四国


第二日目
鳴門温泉=栗林公園=善通寺
朝から雨、でも風がなくまっすぐ落ちてくる雨なので、
傘があれば身体が濡れることがない。
それほど大きな敷地ではないが、どこから眺めても画になる美しい公園である。



善通寺 弘法大師ゆかりのお寺
さあ、いよいよ金刀比羅宮の階段へ挑戦!

コメント (4)

四国四県ぐるり旅 鳴門のうずしお

2016年11月30日 | 四国


新千歳~羽田へ向かう飛行機のなか。
スマホで富士山を狙う!ちょっと、かなり駄目だったね。



第一日目
新千歳~羽田~徳島空港=鳴門公園
鳴門のうずしお観光船に乗船

渦潮は想像以上の迫力があった。
われわれを追尾?してきた小型の観光船が大渦に巻き込まれて、
ぐいぐいと呑み込まれていく、ように見えた。
大塚美術館に寄りたかったが、これは次回のお楽しみ!



下船してから「渦の道」展望台(大鳴門橋の車道下に設置された海上遊歩道)へ向かう、
ガラス張りの床から約45m直下の渦潮を眺める、安全とわかっていても足がすくむ。
今夜のホテルは「ルネッサンスリゾートナルト」
タイの焼き物、刺身やお寿司そして釜揚げうどん!
食べ過ぎだよ、ホテルのバイキングが旨いと思ったのははじめてかも。

コメント