権助の冒険

BlogzineからGooにやんごとなき事情により引っ越し。
これを機にブログタイトルを「権助の冒険」に変更

大いなる野望の果てに~パソコンは帰らぬ人に

2015-05-31 09:43:20 | 日記・エッセイ・コラム

パソコンの改造に失敗。覆水盆に返らず。
最後の姿。
   

とりえず知り合いに新型の見繕いをお願いして本日は終わり。
このパソコンはジャンクとしてヤフオクに出品して「部品取り」としての第二の人生を与える予定。
「嗚呼」

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

一軒目酒場(番外編)

2015-05-30 21:57:38 | 食・レシピ

本日は長時間労働のご褒美で、標題のお店で贅沢三昧。
↓は食い散らかした残骸。 元締めと二人、歳も歳でそうは食えない、仕掛けの話はそっちのけでともかく満腹。

 

〆て¥3,532/二人

眠気も吹っ飛ぶ安さ。 メニューはこちら
やはり原点、原点。 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大いなる野望 (PCの改造)

2015-05-28 22:11:54 | 日記・エッセイ・コラム

パソコンを買い替えようかなどといろいろと考えていた。
こんなのとかあんなのとか。
で、結局は現在のPC(inspiron N5010)の改造、HDD(電磁機械式大容量記憶装置)をSDD(半導体大容量記憶装置) に換装することを決心。
トライセンド製512GB(2.5インチ SATA3 6Gb/s MLC採用 3年保証 TS512GSSD370S) ¥22,800
さて、まずは今の内蔵HDDからのクローン作成。
早速始めたら、これには午後3時から9時半(約6時間半)までの時間を要した。 (何しろUSB2での転送なので)
それで本日はここまで、と言うのも明日は朝の5時半起き、で、徹夜になるやも知れずにそこまでの度胸は無い。
第一酔っぱらっていい気分、とてもパソコンをばらす度胸は無い。

さて、日曜にOFFが予定されているのでここで大手術を試みるつもり。
もしかしたら、「アポロ13」の大気圏突入の様に連絡不能になるかもしれない。 もし連絡が再開になったらそれは手術成功! 

これはおまけ。
映画「アポロ13」劇場予
 

コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

たまの贅沢

2015-05-26 20:53:22 | 食・レシピ

というか最近は1ッ週間に一回はこんな贅沢をしている様な、、、、
OMG氏が「肉が食いたい!」と一声あって、本日の運びと相成った。 

 ヒレステーキ 250g

 リブロース300g

 ヒレステーキ 食いかけ

ともかく2000円/人見当で大満足な夕食。

コメント (7)
この記事をはてなブックマークに追加

ちかごろ、、、

2015-05-24 15:13:40 | 日記・エッセイ・コラム

近頃は忙しい!
実は先週も3日程のオフがあったんだけれども、身内の用でジタバタヽして映画を見る時間位しか確保できなかった。
本当は今年お初の丹沢辺りへと行きたかったが、まぁ仕方が無かった。

   
この写真はかつて(20年程前)散々な思いと確かな成功体験をした所、残念ながらお家断絶でお取り潰し工事の真っ最中。
売り渡した話は聞いていたけれども実際にこんなのをみるとさみしい。
かつてはここで日付が変わるまで働いて、朝(5時頃)に検査済のプログラムを国道246号を東進してとある場所に運んだり、踏んだり蹴ったりまた英雄扱いされたり、そら大変だったがそんな思いもガレキの中に。 
身内の通院先がたまたまこの近くの病院だったため、待ち時間を利用して訪問。 

   
ところは変わってかつて働いていた山梨県の北西部のとある会社のバラ。
綺麗に鮮やかにこれぞ「薔薇」ってな感じ。
かつては夏の暑い盛りに、これの手入れに参加して、なんと面倒くさい植物だと思ったもんだ。触れば棘が痛いし、手入れは面倒だし、、、
でもこれだけの見事な咲きっぷりなら、これも有りかな、なんて無責任に思う。 
これの日常の手入れはさぞかし大変だろうと思う、関係者には敬意。
(なお36時間拘束された後での打合<昼寝無し>と帰着時間22:00で翌朝5時起きは正直つらかった。) 

コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

映画「ストックホルムでワルツを」そして「馬々と人間たち」

2015-05-18 18:07:50 | 映画

ストックホルムでワルツを」、本日名画座で鑑賞、まことに素晴らしい映画だった。
だいたいが音楽を素材にした映画は結構面白いのが多くて、古くは「グレン・ミラー物語」から「Ray」「ドリームガールズ」、変わったとこでは「ビヨンド・ザ・シー」とか。

たいがいは挫折を伴うサクセス・ストーリ何だけども、どれも最後にホロっとさせてくれる。
モニカ・ゼタールンドなるヨーロッパでは有名な歌手だったらしい人の物語。


さてこの映画、スエーデン製で知ってる役者は無しならモデルとなったジャズ・シンガーもなじみは無い、けれども主演の女優さんが我がままで神経質でいやな性格の女、そして美人を見事に演じている。
ともかく合間に流れる音楽-歌をエンド・ロールまでたっぷりと楽しませてもらった、
最近は名画座通いが楽しくってレンタルDVDはほとんど借りていない。

併映のアイスランドを舞台に人と馬の暮らしを見つめた『馬々と人間たち』、これもユッタリとした風景に優しい馬の目のカットがやたら多い、ホッコリ映画。

 

こんなのが二本立てなんだからたまらない。 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

横浜でジンギスカンを食らう(その弐)

2015-05-16 21:50:15 | 食・レシピ

本日は長い御勤めのご褒美として、また裏の仕事の段取りなどでたたらなるお店で、元締めと一緒にジンギスカンを食らう。
実はお勤めの最中にムショウにジンギスカン(ラム)が食べたくなって、元締めにご賛同をお願いして何とか思いを遂げた。
そして5月1日以来なのでかなりハマりつつある。 
   

やはり最初に焼けたラムをほおばって噛みしめた時の幸福感、まさに至福の一瞬、そして羊肉の油で炒めたモヤシの旨い事旨い事。
本日は豚ホルモンやら豚レバーとかの脇役のそろい踏みで、超がつく満足な¥4,310/2人 。(先日は¥5,821/2人)

さて裏稼業の話
「梅安さん、今度の仕掛けはどんな塩梅ですかね~」
「そこだよ彦さん、まぁじっくりと掛ろうじゃないかい、あたしゃね今度ばかりは急ぎ働きはしたくねぇんだよ、何だか胸騒ぎがしてねぇ」
「そーですねぇ今度の仕事も世の為人の為、じっくりかかりましょうよ、梅安さん」
「彦さん、どうせあたしらは極楽とは縁がねぇえんだし地獄の底までじっくりいきましょうや、ところで鍋が煮えたしお燗も頃会いだよ
 そろそろと始めようやね」
といつもの会話に終始する二人であった。
(池波正太郎の「必殺仕掛人 藤枝梅安」風に) 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

映画「山椒大夫」

2015-05-08 18:56:48 | 映画

溝口健二監督の映画をまたまたNHK-BSが放映してくれた、タイトルは「山椒大夫」。
ともかく画面が綺麗、といってもモノクロ・スタンダードで色も無ければCGも無い、モノクロ映画でこれほど画面の造りに感動したのは「天井桟敷の人々」以来。
ひょっとしたら昔の方が今よりも撮影技術が優秀だったかも知れない。
 

原作は森鴎外の代表作らしいが、はずかしながら今まで知らなかった。 (かろうじて「安寿と厨子王」の名前だけは何とか知っていたが)
物語は極めてシンプルで感動的。
  平安貴族の父親が逮捕されることで一家が離散、主人公は奴隷となるが逃走に成功し、不思議な縁で貴族に帰り咲いて、
  奴隷時代の主人をやっつけて、最後は体が不自由になった母親と再会して終わる。

と、このアラスジは「ベン・ハー」と良く似ている、でもともに原作の時代からして相互の影響は考えられないから、これは偶然。 

この映画の制作時(昭和29年)は世の中が左傾化していた頃と思われ、主人公が声高に人権宣言みたいなものを発するのが少し違和感を感じる。
知っている役者は”進藤英太郎:山椒大夫”と”香川京子:安寿” のみ、もしこの映画が名画座に掛ったら是非もう一度観てみたい。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

映画「雨月物語」 (うげつものがたり)

2015-05-06 08:34:15 | 映画

NHK-BS録画を昨日観た、これが一言書かずにはいられない内容。
1952年のモノクロ映画でフィルムが古くて雨降り画面、おまけに録音も悪い、テンポも悪い、でもこれが最後までみると唸るほどの傑作。
戦国時代の庶民(陶工と百姓)が主人公で、これに彼らの女房や行きずりの人々が絡んで放浪の後に家族の元に戻る。
一行で書くとこんな具合、でも内容は怪談話が主軸で、女優”京マチコ”がビックリする位綺麗に撮られていて、周りとの対比が誠に見事。
監督”溝口健二” の冴えかもしれない。

 

何しろ古い映画(1952年)なので知ってる役者は居るけど識別出来ない。
”小沢栄”なる役者が準主役で出ていて、この人の声が”小沢栄太郎”にそっくり、で調べたらば若い時はこの様な芸名だったらしい。
白い巨塔」の悪役教授や大河「新・平家物語」での信西入道等々のあの憎たらしい声がそのまま。
悪役役者は息が長い。 

昔の邦画は質が高い、ベネチア国際映画賞を受賞しているのも納得。
なお監督「溝口健二」、この人の作品を追いかけようにもあまりに古くて無理、これはあきらめた。 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

暇つぶしと衝動買い

2015-05-05 20:19:59 | DIY

本日、衝動買い「Android入門編(¥3,200)」、実は古本で買価¥510。
  
まぁ、これからAndroidプログラムでも造ろうか、暇つぶしに、というのが動機。

プログラム作成と言うのは、たまに頭を廻しておかないとイザと言う時に使いものにならなくなる。
それで暇な時には適当なテーマを選んで、vb.netでWindowsアプリを造っている。

[最近の2作]
1.WAVファイルを開いて、波形をグラフ表示。 
 当初はファイルが開ければ良いと思っていたが、やはり何かをせんと、、、
 と言うことで、この後はDFT(デジタルフーリエ変換:周波数スペクトルの表示)などをやろうかと、、、、
 でも最近少し熱が冷めてやる気無し。
  ←フォーム
2.デジタル・フィルタ ・シミュレータ
  昔この方面で四苦八苦したことがあり、おさらいを兼ねて作成したもの。 これは一応完成、でも今となっては使い道が無い。
  1) T(s) → T(z)  :双一次変換、T(s)はアナログフィルタの伝達関数。
  2) 正弦波系列X(f,i)を作成して、それをT(z)に投入して出力系列Y(f,i)を得る。 (f:周波数、i:信号系列のインデックス)
  3) G(f)= 10 *log[Σ(Y(f,i)^2)/ Σ(X(f,i)^2)]   -------> グラフ表示
  
   
  どちらもグラフ描画の練習みたいなもん。

おかげでボケの進行を止めている、さてAndroidoではどんなアプリが良いだろうか。 


 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加