権助の冒険

BlogzineからGooにやんごとなき事情により引っ越し。
これを機にブログタイトルを「権助の冒険」に変更

石老山トレッキング

2014-07-26 19:31:05 | 山歩き

本日、知り合いと石老山をトレッキング。
結論から言えば”ハイキングコース”と言うのは真っ赤なウソ、険しい登りで息は上がるは、帰路では足がつりそうになるはで散々な思いで下山。
まぁ今年初めての山歩きなので体が言うことを聞かなかったと言うのが正解かも。
P7260649_1024P7260644_1024P7260651_1024   
天気は良好ながら見通しはあまり良くなかった。
が、山道は結構な雰囲気で、ここは頂上の景色よりも道中に価値があり。
近場での山として秋(晩秋)にもまた行きたい、そんな所。
,
,

GraphGraph_2 標高差 443.0[m]、所用時間02:24:50(休憩込み)、歩行距離2,372 [m]
スマホのアプリ[山旅ロガー]で採取したデータを自作アプリで処理したグラフ。(改良の余地多いに有り)
,
,

</object>
YouTube: 石老山20140726

コメント

ゴジラ映画今昔

2014-07-26 04:57:12 | 映画

昨日、GODZILLA(ハリウッド版新作ゴジラ)が公開された。
未だ見ていないが、この映画は日本の俳優-渡辺謙が”芹沢猪四郎”役で出演していて名優だとは思うがそれほどの興味は無い。
目を引いたのは、第一作の芹沢博士の名前と本多猪四郎監督の名前をかぶせてこの役を登場させていること。
このハリウッド版のリ・リメーク版がオリジナル・ゴジラとその制作関係者に深くレスペクトしていることが窺われ、なんとも嬉しい限り。
これだけでも一見の価値有り、是非見よういう気にさせてくれた。

1984年公開の「ゴジラ」をBS放送で見たが(もちろんリアルタイムでも映画館で)、あまりのひどさに唸ってしまった。
先ずオリジナルの価値が全然理解されておらずに物見遊山感覚で制作され、役者陣はだれもがいい加減。まぁ役者の責任と言うよりは演出の力量もあるのかもしれないが、出演者から発する「キワ物映画なんだからこんな程度でも問題ないでしょ」みたいな雰囲気がまんまん。
当時この映画には多くのファンが期待を込めていたし、大人のゴジラ映画の復活を喜んでいたもんだったが、当時も今もやはり相当な”失望感”を感じざるを得ない。
オリジナル制作者の田中友幸氏も関わっていただけに残念。

そのな中での新作GODZILLA、多いに期待したい。

</object>
YouTube: 「GODZILLA」予告

コメント

安曇野周辺を散策

2014-07-21 06:39:43 | 日記・エッセイ・コラム

今日は爺達のピクニック、安曇野周辺を散策。
日ごろの行いが効を奏して、雨とは無縁で、かつての仲間と良き日を過ごした。
P7200583_1024P7200585_1024 
最初はガラス工藝館。
展示品はどれも美しいのだがすべて売り物、それも想定よりは千円程高い正札が有り少々興ざめ。
でも良き目の保養をさせていただいた。
,
,
Imgp0047_d1000_1024
次は足湯。
これは初めての経験ながら実に気持ちが良いもの。
これで缶ビールとイカ燻でもあれば最高のひと時(だった)。
,
,
,,

P7200593_1024P7200591_1024  そして行列の出来る蕎麦屋。
左は5人前×2、で5人でたらふく食った。
細いが腰が有り旨かった、これで1000円/人は安いと思う、。
,
,
,
,
この後は大王ワサビ農園を散策。
何とも良い休日になった。

</object>
YouTube: 安曇野周辺0720a

コメント (9)

テ・ジョヨン(完)

2014-07-19 17:04:25 | テレビ番組

大祚榮(テ・ジョヨン 134話をまた見終えた。 
今回はBS放送と録画が可能となって時間を掛けてジックリと見ることが出来た。 (結局最後は面倒臭くなってレンタルビデオに頼ってしまったが)
この作品はBSフジだとかBSジャパンとかでも再放送されているので、結構稼いだソフトと言えるかもしれない。(こちらも134話を2回も通して見てしまった。)
中身はリンクを確認して頂くとして、なんと言ってもその面白さは、歴史の節目に起こる動乱の時代を背景として、三国志演義風の義兄弟話に建国談といった面白い要素が満載なこと。

</object>
YouTube: DaeJoYoung (2006) - Opening Theme

 ・唐が建国してすぐに武氏(武則天)に乗っ取られて、中国大陸が混乱していた時代に、約800年続いた高句麗は滅亡、亡国の民を率いてどさくさに紛れて”渤海”を建国
 ・中国大陸の真ん中の”唐”と周辺(塞外民族)の契丹やら突傑やらを交えての国取り物語
 ・バックボーンは三国志演義なので浪花節情緒がたっぷり
 ・主人公(テ・ジョヨン)が結構男気なイケ面で、この点がジャニーズ系イケ面の「チュモン」とは多いに異なる。
 ・渤海を何とか高句麗直系の王朝と位置付け様とした結果、少々無理な展開がまた面白い
 ・ともかく134話構成の長い話を飽きさせずに終わりまで引っ張ったことは、やはりそれなりの出来であったと思う。

一方で満載のツッコミ所から面白いのを少しピックアップすると
・朝鮮半島を統一した新羅を何故かほとんど無視している。 高句麗の系列では無いが朝鮮半島の統一国家としては立派なもんだと思うが。
ここらへんは「大久保利通」よりも「西郷隆盛」を敬愛する薩摩人気質みたいなもんか。
・遼東半島一帯を根拠としていた旧高句麗勢力(抗唐勢力)がここを離れて何故か北方の反対側に「渤海」を建国する、何故こんなことが可能だったのか。ドラマでは遼東は旧高句麗の象徴(聖地)のような場所として扱われているのにである。ここら当たりが新興国「渤海」と旧「高句麗」を強引に結びつけた結果の矛盾かもしれない。
・いつもながら韓国歴史ドラマは西暦1世紀の「チュモン」、西暦8世紀の本ドラマ、および西暦16世紀の「イ・サン」とどれを見ても服装(風俗)の差を感じない。時代考証がめちゃくちゃだといつも思う。ちょんまげはどれも同じ形で頭には錦のハチマキ、女性の服装はとてもカラフルで綺麗。
ここらへんはどのドラマを見ても嘘っぽい。
このドラマで唐と高句麗の風俗の差が無いのも事実同じだったのか、それとも制作上の都合かどうかは分からない。

正当な歴史ドラマとしてはどうかと思うが、他国の歴史を野次馬根性でみる分にはとても面白かったし、朝鮮史に馴染むことも出来た。
でもBC1世紀に「高句麗」建国でそれが800年も続いたのはすごいと思う、この間中国大陸は後漢、三国時代、晋、~、隋、唐と王朝が目まぐるしく変ったし、我が国では最も長いのが徳川時代で約300年。あまり変化を好まない国民性かも知れない。
暇と彼の地の歴史に興味があれば是非お勧めしたいドラマである。

024_1024 本記事とは縁もゆかりも無いシャラの花
(♪沙羅双樹の花の色~♪の花らしい)

コメント

バイク(アドレスV100最旧型)の修理

2014-07-13 16:46:28 | 日記・エッセイ・コラム

古ーいバイクV100のウインカが点滅しなくなり、部品交換。
¥400で手に入れた新品ウインカリレー、これが合うかどうかはやってみなけりゃ分からない。
で、結果は何とかなった。
P7130580_1024P7130582_1024P7130583_1024   
左は付いていたデンソー製のリレー。
右は新品のリレー、で半導体製のLED対応品。
,
,
,
何とか復旧したものの、ウインカ点滅時のピーッピーッピーッと言う音が大きくて少し気になる、
がまぁ良しとした。(いずれ改造して音を無くそうと思う)

2012年の9月にはスピードメーターワイヤの交換、今回はウインカリレーと付帯部分の老朽化がなり進んでいる、が、ここまで手を入れると限りなく可愛い。
このスクータは下駄替わりに結構諜報している。

コメント

囲む会

2014-07-13 08:30:08 | 日記・エッセイ・コラム

本日は例会でもある「囲む会」
乃木坂の小粋な店(淡々采)で昼食を済ませて、一同渋谷のカラオケ屋に。

P7120547_1024P7120548_1024P7120550_1024P7120553_1024  ,
,
,
,
,
,
,

渋谷と言う町は本当に猥雑になった、昼日中にいい年した連中が歩くと目立つことこの上無し。
最近のこの会は、カラオケがメインになって、渋谷のこの店が定番になりつつある。

この会も好評につき、次回は女性の都合に合わせることとなり明るいうちに解散。
(ところでPENで撮影した動画はHD、あまりに綺麗なのでUPするのを一瞬ためらった)

</object>
YouTube: 囲む会20140712

コメント