権助の冒険

BlogzineからGooにやんごとなき事情により引っ越し。
これを機にブログタイトルを「権助の冒険」に変更

「天地人」

2009-11-22 22:08:44 | テレビ番組

本日ようやく最終回となり終わった。
途中で何回か見ないこともあったが、概ね付き合った。
ここ最近でNHKの大河ドラマを見て感じることは、、幼年期は子役を使うから問題ないが、主人公が壮年期以降になると演出、演技、ともに主人公の齢を重ねる深みについて行けていない。
せめてメークだけでもと思うのだが、若い役者が白髪のカツラを付けて老人を演じる(顔をみるとハリのある若い顔)といった不自然さに遭遇する。
この「天地人」、原作が悪いのか、演者が問題なのか、演出が問題なのか、せめて総集編を見てみたいと思わせるドラマにならないと。
因みにこれまで私が見た大河のベストは、仲代達也が演じた「平清盛」の出てくる「新平家物語」だと思う。

コメント

「街の灯」

2009-11-21 23:35:04 | 日記・エッセイ・コラム

チャップリンの映画はどれも名作ぞろいなのだが中でも「街の灯」は傑作。
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=22155
チャップリンの映画のリメークが無いのは映画人の良識というものだろうと思う。

土曜の夜、知人宅を訪問しての帰路、年の暮れを思わせる風景に出会う。
Dscf2272_1024 Dscf2273_1024
最初のは武蔵溝口の駅、昔はごみごみした駅で、田園都市線と南武線の乗り換え駅として随分とお世話になった。
雨降りのときは普段3分程度の乗換え時間が10分以上も掛かり、遅刻との背中合わせで随分とひやひやあせったりもした思い出深い駅でもある。
あれから20年、なんともキレイな場所に化けたもんだ。
二枚目は夜の川崎駅の構内で、夜の10時をまわった時刻、かくも賑やか。
こんな風景もたまには懐かしくて良い。
そうそう、電車の中には酔っ払いは居なかった。でも、あと一月もすると酔っ払いは男も女の老いも若きも増殖して、箱の中の素面(シラフ)は我一人みたいな状況になるだろう。

コメント

山の中

2009-11-15 20:07:37 | 日記・エッセイ・コラム

秋の山の中、人並みに紅葉を愛でる。
Dscf2242_1024 Dscf2243_1024,
,
,
,
,
そして山の中の名刹「海岸寺」、1200年前からの由緒正しき寺で、ここは石仏が見事。
Dscf2246_1024 Dscf2247_1024 Dscf2248_1024 Dscf2249_1024 Dscf2250_1024 Dscf2251_1024 Dscf2252_1024 Dscf2254_1024 Dscf2256_1024 ,
,
,
,
,
木像やら石像やらどれも見事なもので、いつか一人で散策などと考えていて、ようやくその機会があった。
Dscf2260_1024 Dscf2262_1024 Dscf2262_1024_2 Dscf2263_1024_2 Dscf2264_1024 Dscf2265_1024 Dscf2268_1024 Dscf2259_1024Dscf2258_1024Dscf2257_1024Dscf2266_1024

コメント (2)

大黒埠頭の夕暮れ

2009-11-07 18:03:26 | 日記・エッセイ・コラム

ぽかぽか陽気に誘われて久しぶりに大黒埠頭に行く。
?朝日の中で岸壁に座り、夕暮れまで俺は座っているだろう、故郷のジョージアを離れ...?
Dscf2229_1024_2-Dscf2230_1024_2Dscf2231_1024_2----Dscf2232_1024_3Dscf2236_1024_2-Dscf2238_1024_2Dscf2239_1024_2--Dscf2242_1024_2
      

,
,
,
昨年の夏に撮影した時はもっとくっきりとして富士山も見えたんだけど、今回は晩秋にもかかわらずこの風景。
真冬に来るともう少しマシな絵が採れるかも。

コメント

「ライダーズ・イン・ザ・スカイ」

2009-11-03 18:50:24 | 音楽

年老いたカウボーイが昼寝をすると、薄暗い空に幽霊騎馬が走る夢を見た。
そして「イ・ピ・アイ・オ~、イ・ピ・アイ・エ~と叫んでいたとさ。
カントリ&ウエスタンの名曲「ゴースト・ライダーズ・イン・ザ・スカイ」
Dscf2209_1024Dscf2210_1024_2 Dscf2213_1024 Dscf2215_1024



Dscf2216_1024
Dscf2218_1024 Dscf2219_1024 Dscf2220_1024 Dscf2221_1024 Dscf2225_1024 Dscf2226_1024 Dscf2224_1024 ,

,
,
,






,
最後のはフォッサマグナらしい、日本列島の折り目の線です。
滝は修験者が打たれに来ると言う「マゾの滝」では無く「白糸の滝(富士宮のとは違う)」
空気は冷たく、風は無く晴天。

コメント (4)

「木の葉の丘」

2009-11-01 16:32:15 | 音楽

原題は"Changes"と言うらしいが邦題は「木の葉の丘」。
ブラザーズ・フォアがフォークからポピュラーに軸足を写した頃の誰かのカバー曲で結構好きだ。
Dscf2197_1024 Dscf2198_1024 Dscf2199_1024 Dscf2203_1024 Dscf2204_1024 Dscf2205_1024 Dscf2206_1024 Dscf2207_1024 ,
,
,
,
,
,
そして今日も蜂を追ったが、詰めには至らず、楽しい1日だった。

コメント

「ワシントン広場の夜は更けて」

2009-11-01 16:04:05 | 音楽

土曜の夜、急な仕事を途中で始末し、山中に疎開。
その夜静かな秋の夜に頭をよぎったのが表題の曲。
「wasingto_square.mp3」をダウンロード
1960年代初頭のデキシーランドジャズらしいが、TVの「シャボン玉ホリデー」あたりで、ザ・ピーナッツが歌っていた様な気がする。
?静かな町の片隅で~、~ワシントン広場の夜は更けて~夜霧に浮かぶ月明かり~?とか。
ちなみに「ドミニク」なんかも同じバンドらしい。
↓はこの曲がイメージされた場面。
Dscf2193_1024

コメント

「隠し砦の三悪人」 the last pri.....

2009-11-01 15:26:41 | 映画

金曜の夜、「隠し砦の三悪人」のリメーク版を見た。
これほど酷いリメークは無い。オリジナルに対する冒涜とさえ言える。
役者らしいのは「家のCM」に出ているタレントだけで、後は??なのばっか、まさしくジャンクフード。
活劇といえば聞こえは良いが、CGをちゃらちゃらさせた漫画みたいな画面。
この映画の監督は「ローレライ」を作った人らしいが、進歩が無い。おそらく自分が監督した映画を映画館で見たことが無いだろう。
こんなのにお金を掛ける邦画はやはり駄目だ。

コメント