権助の冒険

BlogzineからGooにやんごとなき事情により引っ越し。
これを機にブログタイトルを「権助の冒険」に変更

映画「セッション」と「エール!」

2016-05-26 22:02:48 | 映画

本日、大森の名画座の小さなスクリーンにて「セッション」と「エール!」の二本立を鑑賞。
どちらも素晴らしい作品(と呼ぶに相応しい映画)で、こんなのが二本立とはラッキー以外の何物でも無い。

セッション
これはスゴイ!!
ともかくドラムを叩くシーンが多くてスゴイ迫力、作り手の「ガタガタ言わずに画面をみろよ!すげぇえだろう、参ったか!」って語りかけられている様な凄さ、ラストなんかは絶対に映画館でなければ堪能できない。
アカデミーの助演男優賞を撮ったJ.K.シモンズ、これが完璧主義者を演じて滅法恰好が良い。
セッション(字幕版)
 

エール!
フランスの喜劇風音楽映画。そしてさわやかなサクセスストーリでもある。
(こんな話)
フランスの田舎町で酪農を営むベリエ家は、高校生のポーラ以外、両親も弟も全員耳が聴こえない。それでもポーラが通訳係をすることで、特段の不便も感じることなく、明るく楽しい家庭を築いていた。そんな中、ポーラは音楽教師に歌の才能を見出され、パリの音楽学校のオーディションを受けることを勧められる。歌手になることを夢みるポーラだったが、彼女の歌声を聴くことができない家族は、彼女なしでは日常生活もままならないと、動揺を隠せない。夢は諦めきれないが、家族のことを思うとどうしてもパリ行きを決断できないポーラだったが…。

耳の聞こえない両親がヒロインの歌声に感動する様は見事な演出。なんと無音になる。
この映画、こんな二本立でなければ先ず見ることは無い映画。

さてこの二本、ともに音楽を題材として扱った映画、過去見た音楽映画「ストックホルムでワルツを」、「オーケストラ!」、「ジャージ・ボーイズ」 それに本日の映画たち、どれもみな面白い。

コメント

さよならプリメーラ

2016-05-26 10:47:03 | 日記・エッセイ・コラム

この間(5月15日)15年程のったプリメーラをとうとう手放した。
この車はこの代(第3代)で廃品種、そのせいもあって結構な愛着があった。
大きなサイズながらキビキビ走ったし、燃費も長距離で約15Km/lと優秀、ユーティリティも良し、この15年間目移りすることも無かった。
大きな故障はリコールでROM交換(多分エンジン制御でこ対策前はエンスト現象もあった)、発電機(オルタネータ)がクラッシュ、電装品(スイッチ類)の経年劣化による接触不良(これは対策すると費用がかさむので我慢してきた) 、最後にワイパー機構破損その程度である。
     

良い
車だったが、さすがにこれ以上持ち続けることは厳しい現実があった。 最近ではワイパーのカム機構の破損もあって、雨の日は利用を控えた、なおこのワイパー修理はユニット交換で部品の在庫も無いとのこと。

さて代わりはこんな車。
  

近場を180Km程走って平均燃費が16km/l、長距離走ったら20km/l超えが現実となるかもしれない。 

コメント (2)

海老名

2016-05-17 13:56:39 | 日記・エッセイ・コラム

神奈川県海老名市のとある場所、かつてはここで死ぬような思いの後無事生還した、そんな思いがこもった場所。
昨年の五月の状態。
 

今の状態
  

綺麗な更地。

コメント

オリンパス SH-3 (その2)

2016-05-15 20:25:34 | 日記・エッセイ・コラム

前回に引き続きこの間買ったオリンパスSH-3について。
  

この合成皮革のケースが何とも懐かしい風情で、メガネを掛けてこれを首からぶら下げて歩いたらさぞかし楽しいことだろう。
ちなみにこのケースはノーブランド(多分中国製で)880円。

さて日曜の昼下がり、大黒埠頭に行ったら結構な賑わいで海風が実に心地よかった。
(なお下の写真はトリミングを一切使用せず)
       
    

やはりズームでこれだけ写せると面白い。(25~600mm:光学カメラ換算)

コメント (3)

コンデジこうた

2016-05-11 22:08:22 | 日記・エッセイ・コラム

先週の日曜にコンデジ(オリンパスSH-3)を買った。
オールインワンで25㎜~600mmのズーム、評判もなかなかよろしい様である。
 

さて本日は思い立って横浜スタジアム(ベイスターズVS中日ドラゴンズ)を見に行く。
  

      

さすがに600mmのズームと手ぶれ補正は強力の様だ。
試合の方は2:0で完敗。(これで少しは落ち着いて仕事が出来る。) 

コメント (4)

いつまで続く。。。。。。。。。

2016-05-11 10:06:43 | 中日ドラゴンズ

ずーと続くのならズ―と買い続けてもよいぞ、トーチュー。

コメント

気持の良い朝

2016-05-09 09:48:19 | 中日ドラゴンズ

朝から曇り、月曜日それも満員電車での通勤、何が良い朝なものか、などと言うなかれ。
実はこれ
 
ともかく巨人相手に東京ドーム(箱庭球場)で3連戦3連勝、もう最高の気分で本日は試合が無いから明日の夜まではこの気分に浸っていられる。
こんなこともたまには無いとファンをやってるカイが無い。
はっきりと今年はいろいろなマイナス要素からそれほどの上がり目は無いと思う、そんな思いで一応首位に浮上(実は貯金はたった3個!)、少しでも長くこの位置に留まらんことを平にお願いする次第。
そんなこんなで本日はコンビニで「東京中日スポーツ」(トーチュー)を実に久しぶりに買った、この間買ったのはセ・リーグ優勝を決めた200?年の10月頃だと思う。 

たかが野球、されど野球。 

コメント

サクラ例会

2016-05-02 21:23:07 | 日記・エッセイ・コラム

本日はOMG氏との定例会、で、原点回帰で「サクラ水産@関内」に詣でる。
結論から言えば、二人で3000切りを実現、デザートと合わせても2000円切り、でめたしでめたし。
 

本日
の注目は電脳仕掛けの注文装置、これも最近のカラオケボックスやら回転すし屋でお馴染みのシステムながら、こここのは割り勘計算を自動表示する(2枚目)、それも随時呼び出せるからペースをつかむのにはもってこい。
因みに本日は「ぶりの刺身」と「スズキの刺身」を奮発、その他のニギヤラカシは上の通り、結構な満足。
   

ところで話は変わって本日はプロ野球が無い、と言うことは誠に平安な夜を迎えている。
横浜ファンのOMG氏と本日はこの話題に触れないこととした、まこと武士の情。
 
さらにもひとつ、「灰転がしのだんなぁさぁ~、元気ですかぁ~~~~~~!?」 

コメント (4)

映画「グランド・フィナーレ」

2016-05-02 09:29:01 | 映画

何回か観よう見ようと心掛けていたけれども、仕事の都合だったり家でくつろぎ過ぎたりとかで見損なっていた「グランド・フィナーレ」をとうとう見た。
何しろ上映している映画館が少ないのと時間が中途半端なので、目的意識を持たないと駄目。
で、この映画、まったく訳が分からんかった。本来なら記事にしないでスルーするのだが、わざわざ機会を作って見に行ったから少し悪態をつく。
邦題「グランド・フィナーレ」 が大嘘で、原題の"YOUTH"(若さ)なら何となく分かる。
マイケル・ケインやらハービー・カイテル加えてジェーン・フォンダまでもが老醜を披露しているこの映画は原題こそが相応しい。
時々邦題の本質を外した”受け”ねらいに腹がたつことがある、でもたいていはその映画が理解できるので許している。
今回は別。

(こんな話)
 英国を代表する世界的音楽家のフレッド・バリンジャー。80歳を過ぎ、現役を引退し、作曲や指揮をすることもなくなった。今は、アルプスの山々を間近に見晴らすスイスの高級リゾートホテルに宿泊し、優雅なバカンスを送っていた。一方、同じホテルに宿泊する長年の親友で映画監督のミックは、現役にこだわり、若いスタッフたちと新作の準備に精を出していた。それでも2人で顔を合わせれば、もっぱら互いのままならない肉体についてグチをこぼす日々。そんなフレッドのもとに、英国の女王陛下からある依頼が舞い込む。それは、彼が書いた不朽の名曲『シンプル・ソング』を彼の指揮で演奏してほしいというものだった。そんな栄誉ある依頼を、なぜか頑なに断るフレッドだったが…。 

こういうのが分からないから未だ凡人の様だ。

コメント

チャリティー・コンサート

2016-05-01 20:31:22 | 日記・エッセイ・コラム

本日は誘われたこともあり、川崎でのチャリティーコンサートに出向く。
知り合いがアマチュア・バンド(ベンチャーズのコピーと思っていたらブルー・ジーンズだった)で自費を投じて人々の慈悲を請うコンサート、他のアマチュア・バンド(多分平均年齢65歳程度のグループ)やらおばさん達のフラダンスやら盛りだくさん。
 

 

 

 
このお揃いのジャケットのグループがブルー・ゾーン、電気音響でもこれだけすっきりした音が出るとは見事。とりわけ「ダイヤモンド・ヘッド」はバランスが良くて見事だった。
コンサート風景
 

早めに退出して、銀座を一人でブラビラ、「寂しいですねぇ」と言われてもしょうがない。
(銀座でお目当ての映画が始まるまで時間があったのでブラブラ、で、その映画は最後まで理解出来なかった。)
 
 

コメント