権助の冒険

BlogzineからGooにやんごとなき事情により引っ越し。
これを機にブログタイトルを「権助の冒険」に変更

サクラ四月例会

2014-04-30 21:56:44 | 日記・エッセイ・コラム

今日もサクラで話が弾んだ。
で、本日は¥4200/2人、よってそこそこの贅沢をした。
Img004_1024 Dsc_0022_1024 Dsc_0023_1024 Dsc_0024_1024 ,
,
,
,
,
,
,

本日の懺悔
「桜鯛の塩焼き」、これが超旨そうで頼みそこなった。
他人のテーブルのこれを見て、時既に遅し、もう満腹状態。
こちらは「イシモチの塩焼き」で焼き物の部は終了済みだった、嗚呼。

でも次回に期待。
(でも本日はカツオを堪能、左側:鰹の皿鉢風_¥380)
,
,,
,
,

,
,,
,
本日の話題の映画はこれ、「007/カジノロワイヤル」(Mr.OMGのお勧め)
バートバカラックのテーマが軽快で心地よい、素晴らしい喜劇。
明日はこれでも見ようかな。

</object>
YouTube: 「007/カジノ・ロワイヤル」

コメント (8)

光る苔

2014-04-28 23:56:35 | 日記・エッセイ・コラム

お席亭から頼りが届く、「光る苔」を撮ったそうな。
Moth_1024Moth_zoom_1024 
光前寺と言うサクラの名所。
右側ズームの明るい緑色が発光してる所みたいです。
欲を言えば暗闇にぼんやりと不気味に光るのが好みではありますが。
,
,
,
さて、苔と言えば光瀬龍のSF短編に、苔に操られる人間をあつかった不気味なのがあった。
(この短編、読んだのではなくNHKのドラマで見た様な記憶がある。)
苔を愛する同好会(名前が「見苔会:みたいかい」)、これが苔に操られた集団で、この連中が徐々に人を巻き込んで行く、といった展開。(全部記憶なので少々怪しい)
さて、植物を扱ったSFって結構沢山あって、ウェルズの「きれいな蘭の花が咲く」、ウインダムの「トリフィド時代」とか、名作が目白押し。

実際の所、人間はかなり植物に操られている。
例えば蘭、自分では繁殖出来ないのに、人がせっせと何かに憑かれたかの様に繁殖させている。
例えばイネ科の米と言う植物、これなしでは人類の存続が出来ない程に上手いこと操っている。病害虫の対策も人が勝手にやってくれてる。
人の手が無ければこれほどの繁栄も無かったろう。
他にも例は沢山あるが、皆、ヒト(動物も)を何らかの手段で巧妙に操っているかの様だ。
植物の方が動物よりも圧倒的に歴史が古いから、実際の所、動物の存在は植物がコントロールしているのかも知れない。

コメント (2)

怪獣酒場

2014-04-19 22:12:35 | 日記・エッセイ・コラム

怪獣酒場」、何とも嬉しい大人の遊び場所が出来たもんです。
で、16:45に現地に出向くと何と1F出口(場所はB1)までヒトの列、そう、ディズニーランドのジェットコースターの行列をイメージしてもらえば宜しい。
待ち時間は何と4時間。
で、断念してプランB発動、お得いのサクラ水産(@川崎)に三蔵で行く。
P4190424_1024
本日は3人で¥9700、大盤振る舞い。
,
,
,
,
,

そして、21:00頃、もし空いていたらなどと考えて怪獣酒場を偵察すると、
P4190425_1024P4190426_1024P4190427_1024   
何とも17:00頃と同じ様な込み具合。
客筋を見ると、2割位が本当のファン、後はミーちゃん、ハーちゃんのにぎわい。
高くて不味いという評判ながらキワ物故ににぎわいで「なんだかなぁ」と言う思い。
でも、ハゥエヴァ-、しかしながら、悔しいので「何時か必ず行こう!!」と誓いも新たに、ちどり足で散会。

</object>
YouTube: ウルトラマンVSセ?ットン ウルトラマンの最後の戦い 最終回

PS: 何とナイターで、「正義の中日」が「悪の巨人」に延長で勝利、ファンタスティック!

コメント

一応週末

2014-04-18 20:11:58 | 日記・エッセイ・コラム

Dsc_0015_1024 朝五時半の駅の風景
今週もこんな朝早くから夜10:00頃まで良く働いた、で、明日は臨時の仕事をサクっとこなして明後日は裏の仕事に専念。
結構忙しくて、今日は帰りにヒトッ風呂浴びた。

,
,
末吉の湯」、最近良く行く日帰り温泉施設で、家から歩いて60分、自転車で30分、車で15分位の所、山梨の温泉も良いが、ここでも充分にリラックスできる。
まぁ自分へのご褒美と言うことか。

今日仕事がハネタ後、新橋の映画館を紹介されて少し迷ったが、小雨が降って寒いので素直に温泉とした。
スマホでプロ野球をチェックしたら案の定「迷える中日」は「悪の巨人」にが負けている、今日はスポーツニュースを徹底的に回避しなきゃ。
でも昨日までは「横浜ベイスターズ」に三連勝して上機嫌だったんだけれども。

もうひとつ、スカパーの2週刊無料のサービスを受けている。
スポーツやら映画やら韓国歴史ドラマやらが見放題、でも見る暇が無い、無料期限が来た時(4月23日頃)に中日が化けていなけりゃ、継続はしないつもり。

コメント (5)

十二人の怒れる男

2014-04-12 12:33:26 | 映画

十二人の怒れる男、1957年のシドニー・ルメット監督の出世作。
この映画は何度かリメークされていて、そのどれもが素晴らしい出来栄え、やはりオリジナルが良いとリメークも良くなるのが普通の様だ。 (これが邦画だオリジナルを冒涜する様な造りで、とことごとく外れているが)

</object>
YouTube: Twelve Angry Men Trailer

この映画で、印象的な一場面と言うかクライマックス。
無罪派の老人が有罪派の理論派陪審員(E・G・マーシャル)が目じりをこするのを見て
「それは眼鏡の後ですか?、大分うっとうしそうですね、眼鏡以外でその様な後が付くことがありますか?」
→「無い」
「寝る時は外しますか」
→「もちろん、付けて寝る人など居ない」 
「あの証人の女性の目じりにも同じ後があり、しきりに気にしてました、もしあの女性が眼鏡が必要な視力だとしたら、ベッドから起きて直に通過する電車の窓超しに殺人を目撃したという証言は証拠として信用すべきでは無い」
と言うことで、一人(リー・J・コップ)を残して全員が無罪派になり、この後ドラマはハッピーエンド。
この時にこの無罪派老人の言葉「おそらくあの女性はこれまで表に出ることも無く生きてきて、これだけ注目されたので、殺人を見たと信ずる様になったのでしょう」
(この様な展開、言い回しだったと思う)
最後に残った有罪派の頑固老人(オリジナルはリー・J・コップでリメーク版はジョージ・C・スコット、日本の演劇では主人公が石坂浩二で頑固老人を小松方正)こそが主役の様な役回りで、全体をぐっと引きしめていた。
この映画はMyBest3でもある、見てない人は是非見るべき作品。

さて、この映画のこんなシーンを思い出したのは、例の小保方博士の一連の騒動。
研究室で地味な生活をしていて、ちょっとした出来ごころでSTAPをでっち上げたら、心地よい脚光を浴びて、後に引けなくなってしまった。また本人の想定外のおおきなエポックとなってしまった、そんな感じがする。
「彼女は嘘をつこうとしたのでは無く、実在すると信じてしまったのです」と。
彼女の説明は、シンパにしか再現出来ない見えないとのたまう超常現象-科学者(?)と同じ、極めて非科学的、75日間位はじっとどこかに潜んでいれば良かったのに。

コメント

到来物の「桜」

2014-04-06 07:27:37 | 日記・エッセイ・コラム

2014_005_1024 2014_014_1024_2 016_1024_2 012_1024_2 ,
,
,
,
,
,
,
山梨県は武川の名物桜。
この地に住んでた頃は仕事の帰りとか休日とかに気楽に眺めにいったもんだけども、今ではお席亭からの到来物で済まさざるを得ない。
.,
神奈川では、今年は、咲いたらいきなりの雨風でこの週末にはもう散りかげん。
昨日の土曜ならばなんとかなったろうが生憎の仕事で暇は無し。
さて、写真は結構有名な桜「神代桜」で、左は実相寺からみた甲斐駒ケ岳、昨日は結構な花見客があったろうと思う。

昨晩も中日ドラゴンズは負け、いやな日曜の朝だ。

コメント

どうでも良い話

2014-04-04 20:37:18 | 日記・エッセイ・コラム

桜が終わりそう

Dsc_0015_1024 全然関係無いけど最近の朝五時半の横浜の夜明け
,
,
,
,
,

今日は朝は雨、雨が上がったら風が強くて桜が散り放題。
でもそれらしい雰囲気は良く出ている、やはり桜花は青空が一番。
,
Dsc_0017_1024Dsc_0016_1024Dsc_0018_1024Dsc_0019_1024    ,
,
,
,
,
,
フレッツ光にTVを載せた

これまでBSが見たくてアンテナをいじったりブースターをトライしたりいろんなことをした結果、ギブアップして、フレッツ光のTV契約にした。
実はそれまで綺麗に写っていたBS放送は、昨年10月頃ブロックノイズから完全雨あられと、徐々に駄目になってしまった。
どうも最近近くで建築を始めた高層マンションのクレーンが怪しいとにらんで無線はあきらめて有線での受信を目指すこととした。
ついでに光電話にしたから、電話&インターネット&TV放送受信とFTTH(Fiber Throu The Home)が21世紀の初めに我が家でも実現した。
15年前には夢の技術であったけど。
結局ブースター(CSB-40)は使わずじまい、何とか有効利用したいとは思うも。

プロ野球が開幕した
でも我が中日はドンベ、嗚呼こんなチームに誰がした。

コメント (4)