権助の冒険

BlogzineからGooにやんごとなき事情により引っ越し。
これを機にブログタイトルを「権助の冒険」に変更

2009-02-28 17:40:47 | 日記・エッセイ・コラム

ヒチコックの「鳥」、初めて見た時はかなりびっくりした、後、彼の映画の中では大した事が無いと分かり記憶にだけ留める存在となっている。

Sanso01Sanso02週末を横浜で過ごそうとしたが、昨日の雨雪でこの地に留まることになり少々がっかりしてたら、昼食会に招待された。
行き先は九段では無く件の山荘。雪が少々残り、作りかけの丸太小屋も少し造作が追加されていて、春を待つかの様な風情となっていた。
,
  昼食会のメニューは「鳥の丸焼き」。
最初、燻製にして全体に香りを付ける。
Chikin01 Chikin02 当然ながら既に、お席亭によって塩やら何やかやの香辛料がたっぷりと振りかけられて、入念な下ごしらえを済ませてあった。
で、これを燻製器で燻すこと約1時間。
その後、オーブン(ダッチ・オーブンとか言うらしい)で炭火であぶって約1時間。
ご覧の様な見事な丸焼きが出来た。
Chikin03 Chikin04 Chikin05 中身の焼き具合が心配なので、かち割ってストーブの炭火で炙って完成したのが最後の写真。
これは旨い、いや旨かった。


,Omake01
最後は鹿肉の炙りのサンドイッチ。
これも旨いが鳥でお腹一杯なので、これは非常用に保存しようかな。

コメント

奇人たちの晩餐会

2009-02-28 08:12:46 | 日記・エッセイ・コラム

一昨日の夜、家族に見捨てられた親父三人で”名も無く貧しく美しく”晩餐。
あいにくと最後では無いので、表題の如く、「奇人たちの晩餐会」。
Dinner01 Dinner02 Dinner03 Dinner04 ,
,
,
,
,
,

最初のお椀は、野菜を適当に入れて醤油と酒と出汁で適当に味付けして、柚子のトッピング。
このトッピングで分かった事、適当に薄味にしておけば間違い無く食える物が出来るということ。
次は豚バラを4日ほど塩にしたのをフライパンで焼いた物。燻製ではないけど、如何にも体に毒といった風情で、それゆえに旨かった。 
最後のはマグロの干物。マグロというのは刺身で食べても、光物の様な切れ味や白身の上品さは無く何とも中途半端で、こんなのを珍重したがる世間の舌が理解出来ない。
でも、干物にすると別物で、少々塩加減がきつかったがそれなりに旨かった。
こんなのを、家族に見捨てられた男たちが狭い台所でウロウロしながら準備する様は結構絵になり面白い。

表題の「奇人たちの晩餐会」はフランスの小品的な皮肉満載のコメディで、入手出来れば一見をお勧め。
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=159321

ところで晩餐をテーマにしたミステリで、「黒後家蜘蛛の会」と言う傑作短編推理集もあり、これもお勧め。
原作はわれらが”アイザック・アシモフ”氏で、これだけでも読む(残念ながら"見る"では無く)価値有り。

コメント

不都合な真実

2009-02-24 23:05:16 | 映画

8年前の米国大統領選挙、ゴア氏と我らがブッシュ氏のフロリダ州での一騎打ち。
一度はゴア氏の勝利宣言の後、ブッシュ氏が最終的に勝利し、暗黒の8年間が始まり今日の破局的な世界に至る。
そして映画「不都合な真実」を見た。
これを見て8年前の選挙でゴア氏が負けたことが本当に悔やまれる。
このドキュメンタリは実に見事だ。最後の最後まで絶望的なまでの事実をたんたんと述べ、最後に「政治の決断があれば希望もある」と結ぶ。
反ブッシュの旧先鋒ではマイケル・ムーアが有名だが、彼にはこれだけのプレゼンテーション能力は無い、残念ながら。
この映画は多くの人に見てもらいたい。
そして温暖化への絶望からの希望を見出して頂ければと思う。

コメント

2009-02-22 19:23:27 | 日記・エッセイ・コラム

JR大泉駅付近から見た山で名前は知らない。
Yama01 Yama02
,
,
,
,
,
当ても無くぶらついて、この後は温泉へ。
この温泉が「パノラマの湯」と言う名で、銭湯に付き物の富士山の絵が、ここでは実物を拝みながら湯につかれる。
この温泉はお勧め。(写真を紹介したいが流石に湯船にカメラは持ち込めない。))

コメント (2)

諏訪湖

2009-02-15 15:28:23 | 日記・エッセイ・コラム

季節外れの暖かさに誘われて諏訪湖に行って見た。
Suwa01 Suwa02  流石の観光地で人が多い。湖岸には旅館やらレストランやらゴテゴテ並んでいて、東伊豆の風景に似ている。
多分例年なら湖面は氷ついて、ワカサギの穴釣りが盛んなんだろうけども今年はご覧の通り。
,
ついでに前から気になっていた魚屋を覗いてみた。
Suwa03見事な店構えで、中に入って驚いた。安い、ともかく安い。
物もまぁまぁで、例えばカツオの半身が¥500といった具合。
これは気合をいれて土曜の朝に来るべきだ。
不満があるといえば魚屋らしく無く、りっぱで上品過ぎるところだろうか。

コメント (2)

横浜の中心

2009-02-14 19:44:03 | 日記・エッセイ・コラム

休日の昼下がり、横浜の中心を知人とぶらつく。
Isezaki01 Isezaki02 Isezaki03 Isezaki04 ,
,
,
,
,
横浜の中心というとやはり桜木町から伊勢崎町あたりかと思う。
けっして横浜駅周辺ではなく、ましてや新横浜なんかは論外で、ここ伊勢崎町界隈こそが中心だと勝手に思っている。
ここは、夜歩くと賑やかな飲み屋街の野毛小路やら怪しげなお店があったりして結構楽しいが、生憎と昼間、それも2月14日の聖何たらの日に、男二人であても無くぶらついた。
敬虔な仏教徒の暖かな良い休日であった。
最後の一枚はおまけで、最寄のJR新子安駅の歩道橋からの眺め。

コメント

「七人の侍」と「天地人」

2009-02-09 20:46:55 | 映画

土曜の夜にTVで「七人の侍」を見た。
相変わらずの名作で見るたびに関心する。 今回は約2時間見て満足して就寝。
この映画の凄さは画面の隅々、出ているエキストラまでもが主役であるかの様な存在感を感じさせる所だろう、つまり手抜きが無い。
この様な映画はワイラーの「ベン・ハー」位のものだろうと思う、ともに演出の冴えも飛びっ切り。

さて、「天地人」はNHKの大河で造りがどうも甘い、大体が大河の前半は主人公の青春時代を描くこともあってか作りがゾンザイ。 先週なぞは途中でチャンネルを変えたくらいだ。
ただ、兼信役と景勝役は非常に宜しい。このドラマが佳境に入るのは5月以降だろう。
そもそもNHKの連ドラと黒澤の傑作とを比較する事自体がナンセンスなのだが。

大分前(多分20年位か)にTVドラマで「関ケ原=司馬遼太郎」と言うのががあった。
この時の直江兼継は細川俊之、その書状を見て腹を立てる家康に森繁久弥、直江と気脈を通じる石田三成を加藤剛、その石田に与力する大谷刑部吉継に高橋幸治、三成の復臣の島左近に三船敏郎等々、錚々たる配役でこれは見事な歴史ドラマだった。
(以上は記憶なので間違いあったら御免)

コメント

思い立ったら焼きソバ

2009-02-07 17:21:12 | インポート

富士宮の焼きソバを食べようと、富士川に沿って南下、着いた所は清水。
予定では韮崎→鰍沢→身延→南部と下れば当然富士宮だと思ったんだけれどもただの思い込みか?
結局、清水から国道1号を東に富士へ出て富士宮へ。駿河湾を見た時には感動もんでした。
残念ながら焼きソバをどこで食せるのか分からず断念して富士宮の上流の白糸の滝付近で普通のソバを食べた。
Sira01 Sira02 「白糸の滝」は幼少の頃、学校の遠足とか子供会の旅行で過去何回か来た事はあるが、反対側からアプローチしたのは初めて。
この時期でも氷を全然見ないのは地球温暖化のためか?
なお滝つぼの水の澄み具合は驚嘆。
,
そして今度はひたすら北上して本栖湖を周遊して帰還。
ここではルアーフィッシングが盛んで、虹鱒のヒットを目撃。ブラックバスがいないことを祈る。
Motosu02
Motosu01,
,
,
,
,
,
今回は富士山をぐるりとまわったが、本尊は雲の中で拝むこと適わず。
被写体としての富士山も面白いかもしれない。

コメント

悲しみのジェットプレイン

2009-02-01 17:27:10 | 日記・エッセイ・コラム

昨晩「アルマゲドン」を見た。
何ともハリウッドらしいハラハラドキドキでお涙頂戴演出満載のヒットもなるほど、と言った映画。
この映画で好きな場面は、男たちがシャトルに乗り込む時に歌う
♪Leaving on a jetplane I don't know when I'll be back agein. leavin... 
この歌はジョン・デンバー作の歌ながら本家よりもPPMが大ヒットさせて彼ら彼女らのベスト・ナンバーにすらなった。
何とも切ない歌詞でこの映画の挿入歌(?)としては最高の場面で使われたと思う。
0201a 0201b 0201c 0201d ,
,
,
,
,
朝ブラットピットで無くて、ぶらっと風景を眺めに外へ出る。
南アルプス連邦と八ヶ岳がうっすら雪化粧頭でまぁまぁの風景。
絵心でもあればと思うが。

コメント