権助の冒険

BlogzineからGooにやんごとなき事情により引っ越し。
これを機にブログタイトルを「権助の冒険」に変更

中日ドラゴンズのラジオ観戦

2010-09-25 21:22:56 | 日記・エッセイ・コラム

悲しいかな私の居留地では、名古屋のローカル放送は昼間は受信できない。(夜は電離層に反射した電波で感度良好)
今日は横浜スタジアムでベイスターズとデーゲーム、勝たなきゃいけない試合。
見たい聞きたいで朝から思案したあげく、名古屋に近づけば東海放送(1332kHz)が聞けるだろう、そうだ西へ行こう、てな思考にはまり、実行した。
Dscf2802_1024 Dscf2803_1024 Dscf2804_1024 Dscf2805_1024 Dscf2806_1024 Dscf2807_1024 ,
,
,
,
,
野球の方は結構じたばたして、9:7で中日の勝ち、めでたしめでたし。 あと2勝すれば優勝、でも残り試合は2試合。
結局、本日は350Km位走った、これなら横浜スタジアムまで往復(往復は320Km位)した方が簡単だった。

コメント (4)

「てんぷくトリオ」

2010-09-19 22:53:52 | 日記・エッセイ・コラム

こんな名前のトリオが8馬力の船外機船で洋上フィッシングをするのはちとシャレにはならない。
でもこんなブラックユーモアは有りだろうと思う。
さて久々に釣りに誘われ、師匠と兄弟子とでトリオで三浦半島から洋上に出る。
Dscf2772_1024Dscf2773_1024Dscf2776_1024Dscf2775_1024,
,
,
,
,
,
朝まずめ、そして準備完了して出港、陸の景気や海の景色がまっことすばらしい、先日は山の尾根で感動したが、こちらも捨てがたい。,
Dscf2777_1024Dscf2779_1024Dscf2780_1024Dscf2781_1024 Dscf2782_1024 Dscf2784_1024 Dscf2785_1024 Dscf2786_1024 Dscf2787_1024 Dscf2789_1024 Dscf2792_1024 Dscf2793_1024 Dscf2794_1024 ,
,
,
,
,
真ん中の訳の分からん写真は師匠が吊り上げた大きなアカエイで、 危険なのでリリース。これを顔を見る前にエイと言い当てた師匠はサスガ、悔しいけど。
30cm超のオオアジやら真鯛やら、この魚たちは明日以降の楽しみ。
またこれは一部で、これ以外に鯖がさばき切れない位たくさんあって、キープするんじゃなかった、トホホホホ。
最後にAVIでリアルに雰囲気を。
「DSCF2790.AVI」をダウンロード
「DSCF2791.AVI」をダウンロード

   

コメント (4)

「わが青春のフローレンス」と南武線

2010-09-13 22:48:08 | 日記・エッセイ・コラム

映画「わが青春のフロレンス」、多感な頃に見て、そこそこ気に入ったイタリア映画。
でももう一度見たいとは思わない、何故ならば伊映画の暗さは二度は勘弁。

その頃、生活していた南武線沿線の町を先週土曜の夜に車で通過、当時と比較して南武線が高架化されたこともあり、びっくりする位近代的になっていた。
武蔵溝口から武蔵新城、ここの駅を最寄とした寮で何年か過ごした。ここの定食屋で晩飯食って、近くのパチンコ屋に寄って寮に帰る、そんな生活だった。(勿論暇な時は)
そして、武蔵中原、某電気会社の正門以外はもはや昔の面影は無い。
昔、水曜は定時退社の日で、ここら近辺の雀荘の予約を午後4時位にし、定時のチャイムでいそいそと雀荘に。
30年も経てば景色も変わる、こんどは新城の駅周りをじっくりと歩こうかと思う、多分昔世話になった定食屋が未だ有るかも知れない。

だんだんとトワイライトゾーンに近づいている様な。

コメント

大菩薩峠

2010-09-04 17:26:24 | 山歩き

中里介山と言う人がこのタイトルの大河小説を書いて広く知られている。 読んだことは無いけれども、市川雷蔵と机龍之介(主人公)は何となく記憶に残っている。
(調べてみると市川雷蔵ではなくて大河内伝次郎、記憶違いかも知れない)
Dscf2712 Dscf2713 ツーリングのつもりで麓まで行ったら、チョイと散歩したくなり、グズグズと軽装で登り始める。
途中で適当に引き返そうと思っていたら、、、、、、
,
,
,
Dscf2714_1024 Dscf2715_1024 Dscf2716_1024 Dscf2717_1024 Dscf2718_1024 Dscf2720_1024 Dscf2721_1024 Dscf2722_1024 Dscf2723_1024 ,
,
,
,
,
,
結局、大菩薩峠~犀の河原~雷岩と縦走をしちまった、水も弁当も無しで。
今度はそこそこの装備を持って来ようかなどと思う位、爽快だった。(息はゼイゼイしたけれども)

さて、”峠”は時代小説のネタとして結構多く使われていて、大好きな笹沢佐保の「中山峠の地獄を見た」「見返り峠の落日」「暮坂峠を疾走」、この後あの「木枯らし紋次郎」に続く。司馬遼太郎の「峠」。
「平家物語」では倶利伽羅峠での木曽義仲の火牛の計、筒井順慶の「洞ケ峠」(今でも日和見="勝ち馬見極め"の例えで使われている)。これも広義の時代物で吉永小百合の「ああ野麦峠」なんてのもあった。

コメント (6)