権助の冒険

BlogzineからGooにやんごとなき事情により引っ越し。
これを機にブログタイトルを「権助の冒険」に変更

雨の日曜、

2010-05-23 15:30:02 | 日記・エッセイ・コラム

雨に因んだ歌は多い。「悲しき雨跡」「雨に歌えば」「雨の御堂筋」「モナリザの微笑み(?雨がしとしと日曜日、僕はひと~りで~?)」とか。

昨日夜に件の山小屋に疎開し、のんびりとした週末を過ごした。
Dscf2532_1024 夜は廃材を燃やして暖を取り(実は夜相当に寒いのです)、「ワシントン広場の夜が更ける」が如くに、夜が更けた。
「wasingto_square.mp3」をダウンロード,
,

朝から雨、燻製作りに精を出す。
Dscf2540_1024 Dscf2546_1024 Dscf2547_1024 久々の燻製でウキウキする、3枚目はお昼に振る舞ってもらった「ヤマウド」の炒め。
,

,
これが素晴らしい味で、これを「ラ・ロシェル風キンピラ」と名づけた。
共にレシピは下を参照されたい。
http://cookpad.com/recipe/1135348
http://cookpad.com/recipe/1135324

雨なれど山の風景は良い。
いつかここで干物を作ろうかなどと思う、この風景で作った干物はさぞ旨かろう。
Dscf2549_1024 Dscf2550_1024

コメント (3)

週末、山荘での一夜

2010-05-17 21:08:10 | 日記・エッセイ・コラム

詩心が無いのでこんなタイトルでご勘弁。
週末ペンキ塗りに誘われた、いや連行されて週末の一夜を過ごした。
Dscf2526_1024 Dscf2528_1024 Dscf2529_1024
最初のは出発前の自宅付近の新緑風景。
二枚目は夜で馳走でシーザース・サラダと贅沢なカルビ。
三枚目は朝の風景、この景色は好きだ。
,
今回の目的はテーブルの塗装であったが、スプレー(缶)を使ったので超楽チン。
Tab
最後は塗装の済んだお手製のテーブル(これが重くて頑丈)と丸テーブルで見事なガーデン・パーティスペースが誕生。
何にせよ(塗装だろうが草取りだろうが片付けだろうが)完成に近づくとワクワクし、完成すればそこで茶でも飲むとそれまでの疲労が報われる。
そんな気分になれる。

コメント (2)

またペンキ塗り....

2010-05-09 20:27:58 | 日記・エッセイ・コラム

連休明けの日曜、暖かく静かな昼、清里に行く。
何とまた"ペンキ塗り"に遭遇、この時期はよくよくペンキに縁のあることだ。
1_dscf2525_1024 少し手伝った。
ここでの作業は古いペンキを電動ワイヤブラシでこすり落とすもので、先日屋根の上での経験が生きた。足場が良くて高さが無いだけ、こちらの方が楽。
,
,
,で、こちらは「行者にんにく」、念のために葉を少しかじったらにんにくの風味がジワッと口の中に広がった。

2_dscf2520_10243_dscf2521_1024
,
,
,
,
最後はFTR223、現在13000Kmの走行で、2008年10月以来、約9000Kmを走った。
そろそろ体の一部になりつつある。
4_dscf2522_1024 5_dscf2524_1024
,
,
,
,
このバイク、80Km/hまでは結構快適で、5速60Km/h付近のトルクの太さは最大の長所、実に良いバイク。

コメント (3)

「プリズン・ブレイク」完結

2010-05-05 22:27:07 | テレビ番組

とうとうシーズン4の最後まで見届けた。面白いTVシリーズではあったが、なまじ人気が出たために引き伸ばしによるダレを感じさせてしまい、何とも惜しい気がする。
せっかく人間ドラマとして完成度が高くて楽しんできたのだが、「24」の様な行き当たりばったりのピンチとそのくぐり抜けで少々興ざめしたシーズン4で、結局は最後に脱走して生き残ったメンバー全員とシーズン1の悪役ケラーマンが突然出現して幕引き役を演じたりとかの千秋楽の華やかさを感じることは出来た。
マナーとして明かすことは出来ないが、最後の終わり方はこれで良いと思う、でも「ファイナル・ブレイク」とかで二匹目のドゼウにはなるまい。

で、何だかんだ言ってもこのシリーズは「シーズン3」までは珠玉のTVシリーズだった。(と思う)

コメント

「屋根の上のペンキ塗り」

2010-05-04 11:35:17 | インポート

「屋根の上のバイオリン弾き」とは名作ミュージカル。森繁久弥のロングラン・ミュージカルで良くしられている。
が、途中でリタイアしてしまい見たことは未だ無い。
ロシア革命前夜のウクライナのユダヤ人迫害の物語と聞いては到底最後まで見る勇気は無い、が、その音楽は好きだ。
Dscf2505_2 Dscf2506 Dscf2507 Dscf2508 Dscf2509 Dscf2510 Dscf2511 Dscf2513 Dscf2514 Dscf2515 Dscf2516 Dscf2518
,
,
,
,
ここでバイオリンを弾いたら気持ち良いだろうけども、近所から変な目で見られて住んで行けなくなるかも知れない。
昨年は外壁のトタンのペンキ塗り、今年は屋根と、連休の度に一仕事をしているこの頃。

ところで「屋根の上のバイオリン弾き」、いつか最後まで見ることにチャレンジしようかな、ひょっとしたら希望が沸く様な最後かもしれない。

コメント (2)

展覧会の絵

2010-05-01 20:21:07 | 日記・エッセイ・コラム

「展覧会の絵」はクラシックを聞き始めた頃、つまりオーデォセット(LUXのAMPとダイヤトーンのスピーカとTEACのオープンデッキとか)を持った頃にエントリーとして選んだ曲。
しばらく聞いて無かったが久しぶりに聞いてクラシックも捨てたもんじゃない、などと再認識。
「Promenade.mp3」をダウンロード

次は画廊"権助"プロムナードとしゃれ込んで知り合いの作品を紹介。Mahara_sakuraJinndai_sakura_2
Mizugaki Mizugaki_aut ,
,
,
,
,
,
,
,
,
,
,
最初の2枚は桜を描いたもの、後の2枚は瑞牆山(みずがきやま)を描いた物で以前一部を紹介済み。
絵は写真より物語る.....
ましてやデジタル写真など到底およぶものでは無い.......(と、しみじみ思う。)
,
ミズガキヤマの詳しい情報はこちらのURLで
 → http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%91%9E%E7%89%86%E5%B1%B1

コメント