権助の冒険

BlogzineからGooにやんごとなき事情により引っ越し。
これを機にブログタイトルを「権助の冒険」に変更

2週間が過ぎた

2016-01-31 20:09:10 | 日記・エッセイ・コラム

さて仕事が変わって二週間が過ぎた、無事過ぎたと言うべきか。
毎日頭を振り絞って毎日の終はもうクタクタ、でも結構な充実感と先行きのわずかな不安感がそれなりに気持ちが良い。
ここの所休みは世間並みに日曜日、じゃに寄って平日に行くことの出来ない贔屓の「志楽の湯」、ひょんなことから手にいれた”平日タダ券”はこの先使い道が無くなりそうなので、以前の同僚に進呈した。
  
ここ2~3年は気分転換のため休日には良く温泉に行く、この辺は日帰り温泉施設が沢山あるが設備が一番貧弱で老朽化していてしかも一番遠い「志楽の湯」がなぜか一番のお気に入り。
やはりこの風情にひかれるのかも、なお二枚目は玄関に胡坐をかいている大カボチャで本物かどうかは知らないが、造り物にしては少し汚いし本物にしては随分前から居る。
そして極まれではあるが中国からの団体客に遭遇する、そんな時はお店の従業員が見るからに大変そうでこちらも何となくいやな気分になる。

さて話は変わって大河ドラマ「真田丸」、もはやNHKは歴史ドラマからは手を引いた方が良い。
先ず「原作」に頼らずに脚本家が物語を作るから、キャラクターの作り込みが甘い、下手をすると視聴率に左右されて視点がぶれるから全体的に造りが安っぽくなっていけない。
そもそもこのネタでは過去に「真田太平記」(池波正太郎の娯楽小説をドラマ化)と言う力作もあったから、この大河は大きな荷物を背負っているのも同じ。ちなみに「真田太平記」では幸村に草刈正雄、信之に渡瀬恒彦、昌幸に丹波哲郎だったか、加えて原作が池波正太郎では21世紀の「真田丸」は比較にならんと思う。ちなみにこのTVドラマをきっかけに池波正太郎の原作を読んだ記憶がある。 
ヒットメーカたる三谷幸喜も最近はつまらない、最近でなくても大河「新選組」は充分につまらなかった。 
まぁ「面白い/つまらない」は個人の主観だから、つまらなけりゃ黙ってみなけりゃ良いものを、などと言うなかれ。
かつてはこの大河を結構楽しみにしていて何とかならんかな、との思いもあるので。 

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

この一週間

2016-01-24 19:27:57 | 日記・エッセイ・コラム

さて仕事が変わって一週間、堅気の暮らしになって一週間、普通に感慨も無く過ごした一週間で、あっと言う間に過ぎた。
その1週間過ごした仕事場から今週は立派なオフィスに引っ越し予定で、これからスーツとネクタイで通わにゃいかん、面倒なことだ。
そしてその仕事は何とか目途はたったが、ガサが多くてモー大変。若い衆が助っ人で入ったことだし何とかなるかも。
 

さて、本日は普通に休み、で写真撮影に大黒埠頭の海浜公園へと出向く。愛用バイクで約20分なのでごく近所。
ここは横浜港やらベイブリッジやら富士山やら大型貨物船やら、なかなかの風景だと思う。
      

本日は望遠ズーム(70~160mm)を持ち込んで試してみたが、まずまずの出来、しかし山程シャッターを切ると選んで乗せるのが面倒な事この上無い。

(↓をクリックするとスライドショーを再生します。)

さて話は変わってNHK-大河ドラマ「真田丸」、なぜか見る気にならない。ネタ的には大好きな話なんだけれども。
いずれこれについてはじっくりとお話ししたい。 

コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

ブラザーズ・フォーがやって来る

2016-01-16 05:52:53 | 音楽

今年はブラザーズ・フォーの来日公演の年のはず、と思っていたらやはりこの6月から日本で公演をするようだ。
そもそもこの新型のブラザーズ・フォーとの出会いは、2009年の5月にK氏より頂いた同年の日本公演録画ビデオ (有楽町国際フォーラム)を見て以来。
2012年@東京水道橋2014年@町田の公演でライブを堪能、そして隔年の今年の公演もライブを堪能するつもり。 

GREENFIELDS The Brothers Four-Campfire 8

最初に解説をしているのがマーク・ピアソンで1960年代後半にマイク・カークランドに代わってメンバーに参加、その後いったん離れてから1980年代後半から中心メンバーとして活躍している、もはやほとんどオリジナル・メンバーと言える。
この人のバンジョーはマッコト素晴らしいが、ここ4~5年少しテンポが悪くなっている様な気がする。

マーク・ピアソン ボブ・フリック マイク・マッコイ カール・オールセン
ベースはボブ・フリックでオリジナル・メンバー、ただし1970年代にいったんグループを離れて日本のいずみ・たくさんの弟子入りしている。
結構大きな人でこの人がベースを持つとベースがチェロ位に感じられる。最近は美声のディック・フォーり(オリジナルメンバー:1990年前半に引退)に代わり、「七つの水仙」 を歌っている。

2004年にジョン・ペイン(オリジナルメンバー・リーダーでお疲れ引退の模様)に代わりマイク・マッコイが参加、それから髭のカール・オールセンが加わり今のメンバーとなった。 カール・オールセンは他のメンバーに比べると格段に美声。
こんなメンバーでギター2本とバンジョーとベースで見事な演奏をし、それに乗せた味わいのあるハーモニーを聞かせてくれる。
やはりブラザーズ・フォーのブランドは健在。
この現在のメンバーでも10年位経つから月日の経つのは早い、果たして後何年楽しませてもらえるのか。

ところで全然関係無い話
昨日で表の稼業は一応休止、本日からは以前の裏の稼業を表にしてこの3カ月程はセカセカ働く予定。一応畳一畳くらいのスペースにデスクやらPCやらがあって、入り口以外は壁で囲まれたまさしく閉門蟄居の様な仕事場、でも飲み食いと出入りは自由だから、それなりに仕事はしやすい環境ではある。やはり飲みたい時に飲めるコーヒーは美味い。
が、一番の問題は仕事を全うできるかどうか。 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

まずめの景色

2016-01-11 18:27:18 | 日記・エッセイ・コラム

年が明けて数日、そろそろ世間じゃ”節分”やら”バレンタイン”やら騒々しくなりそうな気配、本日は久しぶりに望遠ズームを持ち出して”朝まずめ”の町の風景撮影を試みた。
あいにくと本日の朝は曇り模様で富士山はそれほど見事ではなかった、それに加えて望遠での撮影は難しい。
  

場所は羽田空港の近く、なかなか面白い風景だと思う。
さて、↓のもかなり面白い風景だと思う、タイトルは「トリテツ達の休日」。 この駅は結構「撮り鉄」の穴場で、もう少し近寄って撮影しようとしたら少々雰囲気が悪くなりそうなので中止。
  
なお列車が通過した後で、駅のアナウンス「当駅では三脚の使用は禁止されております!!!」とやはり駅側もこのエスカレートぶりを危惧している様だ。
それにしてもうらやましい様な機材を持っている人々だ。 

なお、今年の"CP+2016"では是非この様な立派な機材を持ち出して、ショーコンパニオンを熱心に撮影している人々を積極的に撮ろうかなどと考えている。
(昨年のCP+2015) 

(↓の写真をクリックすると、スライドショーを再生します。)


コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

久々の東京・神田での昼食

2016-01-07 13:29:38 | 食・レシピ

本日は年明け以来ドガチャカ・ドガチャカあってひと段落ついて、Mr.OMGと昼食。
ここは神田、いろいろなお店があってよりどりみどり、で、こんな所〔アナンダ〕でステーキ(¥1,080 税込み)食す。

  
値段を考えると充分に安くてうまいが、この近辺には行列のステーキ屋があるでのいずれはそちらも。

実は今年は2日から表の仕事(今のところ)が始まり、世間のお正月風景を、などと考えていたら流石に朝7:00の稲荷神社は閑散としていた。
お賽銭が面倒くさいのと一応近所の神社に帰依しているので、このお稲荷さんは遠目で会釈をしただけ。
  
この近辺は実に神社が多く、江戸時代には新田開発の武勇伝に稲荷信仰が絡みついた感じ。
まぁ後10日程は近くで厄介になるんで、一応、今年も宜しく。

2~3日前に久々にVisual Basic6.0をいじって見たが、マイクロソフトの陰謀でOSがXP→Vista→7→8.1→Win10と目まぐるしく変わった結果、このVB6はほとんどシーラカンスかカブトガニ状態。
開発環境を整えるのにえらい苦労をしたが結果を得るに至らず、結局は残存PC(たぶんXP)で何とか環境整備してもらいソースの修正を完了。
他力本願ではあるが、これで何とか無事に動いてくれればなどと、ひっそりとお願いする次第。
しかしかれこれ6年は経つソースプログラムは結構な恥ずかしさというか洗練されておらず、これでこれまで(2011~2015年末)動いてくれたことには、ソフトの神様に感謝。
 

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

2016年 元旦

2016-01-01 20:34:20 | 日記・エッセイ・コラム

ともかくのんびりした1日で、くだらないTVをみながらグダグダして、午後からは氏子となっている神社に初もうで。
近くの人たちが大勢集まる 午後の昼下がり、参拝までには結構な行列で1時間ほど並んでやっと願い事。
¥500を奮発したからそれなりに期待はしている、そしてオミクジは”中吉”、まぁまぁの運勢か。
  
  
 
最後の毛ガニはお師匠さんから毎年頂いているもので、今年のはずっしりと重い。
このカニを食ったら他のはカニかまぼこみたいなもん、ありがとうございました。
 m(_ _)m 

そんなこんなで今年も始まった。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加