権助の冒険

BlogzineからGooにやんごとなき事情により引っ越し。
これを機にブログタイトルを「権助の冒険」に変更

スマホの電池交換(Zenfone 2 Laser)

2019-02-18 22:35:58 | DIY

購入して2年以上が経過した我が愛すべきZenfone、電池が大分経たって来た、電話でちょっと会話するだけで酷く消耗する。
思いきって電池交換したら見事に復活、掛かった費用はたった1600円也。

左は交換後、右は交換前の経たった奴、未だ膨らんではいない。

コメント (2)

PCの充電池交換(HP EliteBook FOLIO 1020)

2019-02-03 18:15:33 | DIY

愛用のノートPCを先日持ち込んでコンセント無しでプレゼンでもしようかとしたら全然充電されてなくて起動するとすぐにシャットダウン。
どうやら充電池の寿命が来ている様で、ネットで同等品を購入してイングリモングリの結果、交換に成功した。
(2週間程前に全然充電されなくて、何もしないのに復旧してたので安心していたら、どうも見せかけだけで実際は順充電されていなかった様だ。)

〔交換後〕

〔交換前〕

電池のお代は約10,000円。
いろいろといじくりまわすと何やら愛しくて後3年位は使いまくろうかなどと切に思う。
(もはや自分でバラシているからメーカは相手にしてくれない!)
前回の記事(2019/01/15)

コメント (2)

PCの改造(HP EliteBook FOLIO 1020)

2019-01-15 21:03:04 | DIY

 3年前に大枚をはたいて購入したノートPCのSSDを128GB→250GBに換装することに成功した。
何しろ財布と相談しながらSSD容量を128Gで妥協して以来の悲願だった、ここに来てM2.SSDの値段がこなれて来てることもあるが、まずは解体の情報が入手できたことが大きい。
何しろ裏面の11個のネジ(黄色のマル)を右の様なややこしいネジで外す必要があって、結構な神経を使うこと使うこと。

  

  

 

 

 


 

SSDの実装箇所と取り付けはシンプルそのもの。

   

そして完成。

 

実はここに至るまでは結構なイングリモングリがあって、
1.購入したSSDとSSD-USB変換ケースが不良で返品(アマゾンはこれが簡単に出来るのが良い) 
  SSDはフォーマットできないし、ケースは工作制度が低くて蓋が出来ない。
2.返品後に購入したSSDとケースでフォーマットが出来て漸くクローンが出来たが、パーティションが気に入らなくて
  フリーのツールソフトを急遽インストールして漸くCドライブが容量アップした次第。
 (空き領域がドライブF:になってしまい、C:に大きなサブフォルダが作れない)
なお今回使用したM.2-SSDはSATA3インターフェースの物、と言うのはM.2は規格がいろいろあって結構ややこしい。

因みに今回使用したツールソフトは、
 1)クローン・ドライブ作成:Renee Becca
 2)パーテーション拡張:AOMEI Partition Assistant Standard

でめたしでめたし、あなうれしや。

コメント (2)

マンドリンのペグ(不良品)

2018-11-18 13:56:41 | DIY

本日復元中のマンドリンを完成させようとPEGU を取り付け弦を張り始めた所、なかなか貫通しないのでオカシイと思って良く見たら、絵に描いた様などこへ出しても恥ずかしくない様な立派な不良品、これ以上は無いという不良品。
 

このペグは中華製でまぁ安かったながら当初少し反りがあって先方とメールでやり取りして結局は500円の返金を受けて妥協した物だったが、気を取り直して使ってみたらこのざま、トホホ。
さすがにこれにドリルで穴をあける根性はないので、これは捨てて、またぞろ中華製の安いのを手に入れようかと考えている。
いくら何でも2回もスカを弾くことは無いだろうから。(これで2回目もスカだったらもう笑うしか無い!)

コメント (2)

マンドリンのレストア(その2)

2018-09-30 20:38:28 | DIY

マンドリンのレストアに挑戦してから2カ月が経過、結局ジャンク品を5点ほど部品取り用として入手したり、中華製の安物のPEGを買ったりとかいろんなアプローチをした結果、レストアというよりは簡単な補修(油をさして可動部の錆を落としたりとか)を3台施したに過ぎなかった。2台はどうしようもないから廃棄しようかと思ったら、ひらめいたことがありて本日実施。
それは今ある問題点を受け入れてどんな形でも本当のレストアをしようか、このことだった。
今ある問題点
1)ピッチが24mm位なのに25mmの物を買ってしまったこと。(それも少し歪んだ形状の粗悪品らしい)
2)やたらと回転の速いドリルで穴を齧ったために廻りの土手まで削ってしまい、木ネジが利かなくなってしまった。
3)上記から完全にやる気をなくしてしまった。


   

対策はブカブカの穴にやすりで削ってピッチ差をごまかして、空いた隙間や崩れた土手をホットメルト(樹脂)で固めて補強するというもの。
 

まぁいろいろと苦労や試行をしながら機能的には何とかなった。
今度の休みにでも、紙ヤスリの細かいので綺麗にして塗装を施してペグを取り付けようかとか、もはや"SUZUKI"のブランド名は消さなきゃ、とか思う。

コメント

マンドリンのレストア(挑戦)

2018-07-22 21:51:33 | DIY

何を思ったか約一月前にマンドリンを弾こうかと思い、ヤフオクでマンドリンを物色してたら1300円位のジャンクが目についた。
早速これを落としてレストアすることとした。
最初は志高く出来るだけオリジナリティを保存してとか、次に出来るだけ綺麗にとか、最終的には何とか’音が出れば’に変更してセメダインコンタクトに頼って、本日イングリモングリ々して何とか完成。



   

元はこんなの。 
    

レストアはなかなか面白い、実は部品取り用として3台ほどのジャンクを入手しているから、徐々に手を付けようかと思う。
演奏の方はぼちぼちと覚えようかと思うが、ギターの1弦2弦が無いと思えばとっつき易そうながら奥は深そう。
因みに掛かった費用は 本体:1300円 送料:1500円 チューニングペグ(糸巻):3500円 弦:700円 計7000円
動作品だと一万円位だから楽しんだ分と合わせても十分な御釣り。

コメント (2)

ガレージの屋根の張替え

2018-06-03 20:57:39 | DIY

本日は老朽化したガレージの塩ビの波板を張替え、と言っても主たる作業は義弟でこちらはプロ、当方は下知に従ってペンキ塗りとか荷物運び等の雑役専門。
朝からなぜか腰痛に襲われて、本日の仕事は本当にしんどかった。

 

     
     


      

プロの仕事ぶりは違う、段取りとか加工と組立ての手際とか、道具も機関銃みたいなので単純なくぎ打ちなら人出の10倍の能率。
 
左がガン式くぎ打ち機(圧搾空気で作動し、弾帯状の釘を装てん)、そんな道具達が満載のワゴンの荷台。
総額200万円相当の道具でこれらの盗難は結構頻発しているらしい、実際ヤフオクでも中古のプロ用道具は花盛り。
今日は中日ドラゴンズも申し訳程度に勝ったらしいから、それなりの充実感に浸って寝ようかな。


コメント (4)

電流計

2018-05-28 10:54:50 | DIY

クランプ式の電流計付きマルチメータを買ったら、これがなかなかの優れもの。

 

右側の延長ケーブルは自作の物、つまりはケーブルの周囲の磁束を測定するため、片側だけにしないと測定できないため。
こんな物でも専用のクランプ用延長ケーブルなんか買ったら結構な値段なのでコネクタとプラグを買って自作。(材料費200円)
さて、左側はノートPCんも稼働状態での電流の読み、つまりは0.1A-ACで概ねの消費電力が12W程度(0.1A*100V)であることが分かる。
これで家庭内の様々な待機電力を測ってみようかと思う。
なお直流電流を測定する時には消磁する必要があるので少々面倒だけどそこは安さ故に我慢。(ちなみに価格は5000円弱)

なおこの測定器はマルチメータで付属のケーブルを接続して抵抗やら電圧も測定可能なのでかなりの便利品。

コメント

連立方程式

2017-11-26 17:31:02 | DIY

プログラミング造りで何某かの糧を得ている身としては腕が錆つくと非常に困る。
で思い出した様に今回作ったのがガウス・ジョルダン法による連立方程式の解を求めるプログラム。
DataGridViewとか配列計算とかいろいろと頭の訓練が必要で結構面白かった、が、使い道は全く無い。
でも材料費はセロ、接着材も塗料もいらないので費用は掛からない、ただ暇と根気だけが必要。

 
左側
は自動生成した10行10列+1列の連立方程式、右側が求めたXと検算結果。
昨今のPCの性能だと「アッ!」という間に計算は終えるが、100×100位になると10秒以上は掛かる。
(500×500だと破綻無く動作し約6分掛かった、ここらへんがプログラムを造ると面白い所。)

昔は行列による連立方程式の解法は大嫌いで、試験で5×5位の問題が出た時には中学生方式で解いてさも行列で解いたかの様に見せかけて得点したことがあった。今じゃそれほどのアレルギーは無い。

一応このプログラムはエクセル表で入力してエクセル表で吐き出す様にしてあるから実用性はあり、でもくどい様だが残念ながら使い道は無い。

(ソースも連立方程式だけだとこの位:ピボット交換は省略)

For II = 0 To inCC - 2
  'Normalize
  DeW0 = deTAb(II, II)
  For k = 0 To inCC - 1
     deTAb(II, k) = deTAb(II, k) / DeW0
  Next
  'Each Rows
  For Irow = 0 To inCC - 2
    If Irow <> II Then
     DeW0 = deTAb(Irow, II)
     For KK = 0 To inCC - 1
       deTAb(Irow, KK) = deTAb(Irow, KK) - DeW0 * deTAb(II, KK)
     Next
    End If
  Next
Next II

コメント

ドアの修理

2017-06-11 21:15:53 | DIY

ドアが、正確に言うと敷居に相当する部分のコンクリートが膨らんで開け閉めに支障をきたすようになった。
そして最初に断って置くと、この修理は義弟(工務店経営)が主人公で当方は下働きのお手伝い、故にDIYというカテゴライズは大分無理を感じている。
    
      

モルタルを塗るだけなら一人でも充分に出来るけれども枠を当てるのは技量が無いから無理。
もともとこのドアは義弟の父親が廃材(取り壊した家のドアと周辺のパーツ)を持ってきて取り付けた物、かれこれ30年以上も前のこと。
時代が下がってその息子が修理をする、嗚呼親の因果が子に報い、、、、
ともかくやはり何と言ってもプロの仕事は段取りと正確さと速さは凄い、とてもかなわない。
(この後で義弟氏のスマホのメール設定をしてあげたから、これはこれで感心したことと思う)

PS:本日は中日ドラゴンズがオリックスに4:0で快勝、ああ気持ちの良い夜だこと。
PS2:この週末、三浦半島で沖釣りの予定だったが悪天候(波風)の予報で日延べとあいなった。久々なんで海の上を漂いたかったが、、、

コメント