権助の冒険

BlogzineからGooにやんごとなき事情により引っ越し。
これを機にブログタイトルを「権助の冒険」に変更

水無月のつごもりに、

2007-06-30 17:25:36 | 日記・エッセイ・コラム

久々に雨があがった休日、すこし足を伸ばしてみる。
人気の無い湧水公園、目に留まった古い神社と大きな幹の古木が何か神々しい。夜一人であるいたら妖怪がでそうな場所。
 しかしこの公園、虹鱒の釣堀があったり人気の無いレストランがあったりして過去の地方ばら撒き政策の足跡らしく思える。

Jinjya1_1

  • 知人の畑を断りも無く訪れて断りも無く撮影。トウモロコシとジャガイモが順調に生育している様子。

Firm01_2 Firm02_2  Firm03_1 Firm04

  • これはおまけの一枚で、帰りに寄った公営のテニスコートの風景。

Omake1

コメント

上海帰りの...

2007-06-24 16:45:25 | 日記・エッセイ・コラム

さて仕事で上海に上陸した。 70年位前に大日本帝国の兵隊さんがやはり仕事で上陸したらいしが、ともかく憧れにの中国大陸への第一歩ではあった。
; しかしここは本当に社会主義の国かいなどと頭の上に?が張り付いた。それくらい人々の服装は華やかで、商品が町にあふれていた。 
5年程前に台北に行ったけれども印象はまったく同じ。 ここは特別なのかな...
;上海の町並み

Shanghai01








合間に観光したユエンとかいう旧跡。 明代のお役人が故郷をしのぶ母親のために立てた庭園、今では資本主義のシンボル的雑多な商店街。

Yuen01 Yuen02 Yuen03 Yuen04 Yuen05                                                                                                                                 






こちらも観光スポットで夜景集を。

  • Gainan01 Gainan02 Gainan03 Gainan04 Gainan05                                       





  • ここはデートスポットらしく横浜山下公園の様な雰囲気あり。 なおここの公衆トイレは有料(一元:16円)で管理の人が神経質に汚れをチェックしていることもあり結構綺麗でした。お腹の具合が完全では無かったので正直助かった。


    中華人民共和国がこの様な国だとおもったら大間違いだろうな。                                                             

コメント

富岳三景とベートーベン第六番

2007-06-15 21:45:35 | 日記・エッセイ・コラム

入梅直後の晴間、すばらしき富士山三景Fuji01、まるで銭湯の壁画の様な。

  • Fuji02

Fiji03







田園風景と山岳風景

Denen01_1 Denen02_1   

Fuji03_2





初夏の澄んだ空気と爽やかな風とそして近くの養鶏所の芳しき香り、また心躍る週末、ブログ人の真骨頂とはこのこと也。

コメント

プリズナーNo.6

2007-06-10 13:11:17 | 映画

先日TVを録画しようとVHSテープを挿入したらがなんと「プリズナーNo.6」全17話が録画されてたもので、消す前にもう一度見ようと始めたら全巻見てしまった。
このテープはキャプチャー&DVD化済みで再生用のつもりであった。
昨今往年のTVシリーズ(「宇宙家族ロビンソン」、「逃亡者」、「バットマン」、「トワイライトゾーン」、「チャリーズエンジェル」等々。他にもあるだろうがが思いつかない)のリメーク映画が盛んであるが、これがそうならないのは放映時の人気が今一つだったので仕方の無いことかも知れない。

さて私の記憶によればこのシリーズが放映されたのは1968年頃、放送局はNHKで夜10:00頃であったかと思う。
当時たまたま放映開始する予告宣伝(主演は「ジョン・ドレイク」でおなじみの"パトリック・マクグーハン"でとある村に誘拐された元秘密情報員....以上記憶と推測混じり)を見て意識してこの番組を見たと記憶している。
当時の私は未だ義務教育末期の少年でSF小説の洗礼を受けていて、あっという間にのめり込んでしまった。
ただそんなにも関らず全エピソードは実時間で見ていない、というのはあまりに時刻が遅くて寝てしまったことが何回かあったからである。この当時は午後10時すぎというのは深夜であって試験期間中でもなければ起きていることは先ずなかった非日常な時間帯で、このシリーズ以前に印象の深いTVシリーズは「タイム・トンネル」、「逃亡者」、「宇宙家族ロビンソン」だったか、いずれもゴールデンタイム以前で眠くて見過ごすことは無かった。
このシリーズの詳細は紹介HPが数多く存在するので以下に紹介しときます。
<参考URL>
http://wpedia.search.goo.ne.jp/search/%A5%D7%A5%EA%A5%BA%A5%CA%A1%BCNo.6/detail.html?from=websearch http://homepage1.nifty.com/taka35/theprisoner.htm
http://homepage3.nifty.com/alpha-1/photo/SOFT_PRISONER_J.html

そんなにも熱中していて今でも好きなこのシリーズの最終話は未だに(何回見ても)分からない。
この難解さというか哲学的さというか無責任さは「2001年宇宙の旅」と双璧を成すと思う。
そして、このドラマで知ったパトリック・マッグハーンはその後さまざまな映画で名脇役としてそれも悪役がはまる俳優として好きな一人になった。
「暗黒外の特使」「北極潜行大作戦」「アルカトラズからの脱出」「ブレイブ・ハート」、「祝砲の挽歌(刑事コロンボ)」(コロンボシリーズには結構出演している記憶がある)等々印象に残っていてそれぞれのあらすじを開陳できるが冗長なので割愛。

このドラマのリメーク、映画でもTVシリーズでも良いから実現してくれないものかな。

コメント

before and after

2007-06-03 16:28:26 | 日記・エッセイ・コラム

日本のJR駅風景そして米国西海岸の風景いろいろ...
どちらが良いとか悪いとかではなく対比の妙を表現したかっただけ。Cimg0983





サンフランシスコの坂道のある風景、花壇様な坂道を車が通る。ちまちました日本ならともかくだだぴろいアメリカでは珍しい。

Cimg0986

Cimg0987サンフランシスコはやはり坂道の町。
ここでカーチェイスを繰り広げた「ブリット」とフォードムスタングを思い出した。
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=20482
この映画で初めてサンフランシスコの坂、カーチェースを知り、その後のカーチェース場面では常に比較することになってしまった。今では伝説的な作品。
そしてアルカトラズ島の見える風景。
「アルカトラズからの脱出」「ザ・ロック」等でこれもたまらない魅力を持った島。 以前はここに上陸して観光したこともあり、「ザ・ロック」を見た時は人事ではなかったけれども。

Cimg0988  そして言わずもがなの金門橋、誰が撮影しても綺麗に撮れる場所。

Cimg0991






これは最後の晩餐で供したカニ。
ベトナム料理店で、ガーリックオイルで揚げたカニを手がべとべとになるのもかまわずにひたすら無言で食べた。Cimg0995
こんな旨いシーフードは初めてで誰かに言わずにはおれない。
なお写真は3匹で5人で食べて充分満足。

コメント