生涯学習の部屋

資格取得数232。5つの修士と16の学士と1つの短期大学士。単身赴任中、MBAサラリーマンの生きがい発見生涯学習奮闘記。

国公立大2次試験、志願倍率4.4倍=文科省

2018年01月31日 22時43分31秒 | その他

YaHooニュースに表題の記事がありました。

>文部科学省は31日、同日締め切りの国公立大入試2次試験の出願状況を発表した。午後3時現在の

>志願者数は前年の同時点より1万367人少ない44万5142人で、募集人員に対する倍率は前年

>同時点より0.1ポイント低い4.4倍だった。確定志願者数は2月15日に発表する。

国立の志願者数は31万7940人で倍率は前年同時点より0.1ポイント減の4.0倍、公立は

>12万7202人で0.3ポイント減の5.9倍。

4.4倍ってキツイな~4人に1人も合格しませんから。まあ、後期日程には前期日程で合格した受験生は欠席するので、その分、減員されるものの、「大学全入」の時代にしては、信じられない競争率。これは一部の人気のある大学だけじゃなくて、国公立大の平均ですから。国公立の人気はさすがです。

思い返すと、長男の時は4.4倍もなかったし、次男の時は指定校推薦だし・・・比較の対象となりません。本当、こんな高い競争率を突破される学生さんは凄いと思います。私の時は、国立大学とはいえ、2倍を大幅に割り込んでいたにも関わらず、補欠合格でしたから。丙午の次の年で、浪人生が少なかったのが、歴史的に受験生が少なかった一因だと思っています。

本当、国公立を目指す方々、あるいは競争率の高い私立を第一志望にされている方々が、合格の栄冠を勝ち取られることを心より祈っております。

コメント

皆既月食!

2018年01月31日 22時11分22秒 | 名古屋

今日は皆既月食。

寒い中、外に出て、マンションの階段の一番高いところに陣取って月を眺めます。会社帰りの際は丸いお月様だったのが、もう、ほとんど光っていない状況。寒い中、お月様を見ているうちに、皆既月食の様相を呈することとなりました。

これから、また、徐々に真ん丸のお月様に戻っていくのでしょうが、もう限界・・・ほかにも、月を見ている男の人がいたので、ちょっと会釈をして部屋に戻りました。

家内に電話をすると、小平の方でも家族総出で皆既月食を見ていたとのこと。日本国中、天を仰いでいる状況なのかもしれませんね。

コメント

2018年1月終了~

2018年01月31日 06時00分23秒 | ちょっと立ち止まって・・・

2018年も1/12が終了しました。

まもなく2月7日ですが、この日を迎えると、単身生活をスタートさせてから3年目となります。1日、1日、着実に過ぎていくわけで、気を抜いていると何もせぬまま、年齢だけを重ねていくことになりかねません。まあ、それでも単身赴任の「刑期」は減っていくのですが。

「刑期」という言葉を使ったのは、なんだか「島流し」に合っているように感じるから。名古屋は島でもなければ、月に1度は帰省しているので、罰としての「島流し」とは全く違うはずなのですが、「船」の代わりに「新幹線」に乗せられて、遠く離れた場所に送られるのは、なんだか島流しというのが似つかわしく思えるのです(笑)。

さて、2月ですが、2月10日に東京に帰ります。名古屋に戻ってくるのが2月15日。ちょっと遅めの冬休みといったところでしょうか。あと10日。頑張りたいと思います。

コメント

合格発表。

2018年01月30日 11時24分23秒 | 武蔵野大学大学院

武蔵野大学大学院の第2回正科生一次選考の結果が掲載されていました。

残念ながら、全員合格とはならなかったようです。受験番号が飛び飛びになっているところがありましたので・・・

一次選考をクリアした方については、おめでとうございます。ぜひとも二次選考も突破されることを祈念しております。ただ、一次選考で残念な結果に終わった方におかれましても、捲土重来、次に向けて新たなスタートを切られることを期待しております。

コメント

栄にて・・・

2018年01月28日 15時04分32秒 | 名古屋

栄まで行ったところ、「マルエイは会社設立七五周年」という幟を見つけました。

しかし、以前ご紹介の通り、丸栄は今年の6月末で百貨店営業を終えることとなります。ホームページでは以下のメッセージが掲載されておりました。

>弊社は、2018年6月30日(土)をもちまして、百貨店店舗の営業を終了させていただくことにな
>りました。これまで永きにわたり、ご愛顧賜りましたこと心より御礼申し上げるとともに、この度の店舗
>営業の終了により大変ご迷惑をおかけすることにつきまして、深くお詫び申し上げます。店舗営業の終
>了まで従業員一同、誠心誠意を尽くして取り組んでまいりますので、何卒変わらぬご愛顧のほどよろし
>くお願い申し上げます。また、友の会積立金、友の会お買物券のお取り扱い、商品券、ポイント制度等に
>つきましては、下記のとおりとさせていただきたく、謹んでご案内申し上げます。
>2017年12月18日
>株式会社丸栄 代表取締役 濱島 吉充 

会社設立は75周年かもしれませんが、丸栄の歴史は400年以上。そんな名門企業が百貨店から撤退するのは残念ですね。

コメント

味噌カツ丼!

2018年01月28日 14時31分16秒 | 名古屋

放送大学の試験が終了したのが11時15分。

そこから問題を回収して、テクテク歩いてイオン八事のフードコートに到着したのが11時半前。穂波大喰堂で味噌カツ丼を注文しようと思ったところ、フードコートは満員御礼。というか、中京大学生らしき人々がフードコートを占拠。1人で4人掛けのテーブルを占拠しテキストを広げていたり、1人掛けのカウンター席もノートやカバンを置きっぱなしにして、いつまでたっても立ち退かない。「バカ野郎!!」と思いながらも、中京大学生じゃないかもしれないので、事を荒立てずにその場から立ち去りました。でも、もしこれが中京大学生の一団というなら、本当、残念なことだと思います。

ということで地下鉄名城線で八事駅から一旦、名古屋大学駅まで北上して、そこからバスで千早で下車。そう、イオンタウン千種まで足を延ばしました。11時47分のバスに乗って、12時過ぎに到着。正午ということもあり、フードコートは混んでいましたが、社会常識が欠落したバカ学生がいないので、ところどころ空いている場所で食事をとることができます。

ところが・・・味噌カツ丼が出来上がったので、一味をかけようと思ったところ、一味がありません。ここにも社会常識の欠落したお客さまがおられたようで、一味を丸ごと自分の席に持って行った方がいたようで。店員さんに声をかけたところ、写真の通り、一味を山盛り小皿に入れてくださいました。

先週も味噌カツ、今週も味噌カツ。ようやく体調もよくなり、ガッツリ食べても大丈夫になりました。

コメント

「数学の歴史(’13)」の試験は・・・

2018年01月28日 14時13分26秒 | 放送大学

八事駅の5番出口から愛知学習センターはすぐ。

しかし、「試験会場」は、学習センター前の坂を上がること約200歩のところにあります。このことを知らないと、いつまでたっても試験会場には到達できません。で、試験会場に入って、エレベーターで昇ると試験会場ということとなります。

今回の試験は残念ながら、一番先頭ではありませんでした。それどころか、前から5番目。90年代に入学した方が先頭。上には上がおられます。

今回の試験は、まず間違いないのが5問。不確かなものが5問。五肢択一なので、5×100%+5×20%=6問ということで、確率的には60点でギリギリ合格というところです。しかし、まず間違いないというものが1つ不正解というだけで不合格となってしまうので、厳しい戦いには変わりありません。

「ムーミン問題」がセンター試験で話題になりましたが、「魔術問題」や「誕生日問題」がインパクトありすぎでした。

コメント (4)

試験終了・・・

2018年01月28日 11時47分08秒 | 放送大学

持込可の試験。

久しぶりのマークシートの異様な感触も、厳しい戦いの序章に過ぎなかったのです。以前の試験では過去問と完全一致の問題も少なくなかったのですが、今回の試験問題は私にとっては初見の問題。

ひょっとすると、放送大学の制度改悪に抗議して、1年間半、大学を離れた間に出題された問題なのかもしれませんが、わけわかんない。なんで数学の歴史で、ニュートンとガリレオだっけ?の誕生日の問題が出るのでしょう?或いは、「数秘術は魔術である」って感じの問題も。

結構やばいかも・・・って、試験結果を心配しております。不合格なら再試験出来ませんから。

コメント

今日は試験!

2018年01月28日 07時06分09秒 | 放送大学

結局、最後までインターネットで配信されている授業を視聴することはできませんでした。

しかし、「過去一番放送授業を視聴した」と断言できるほど視聴しました。というか、「数学の歴史」は択一式10問しか出題されないので、15回の授業をすべて視聴しても「出題されない授業」が存在してしまうわけでして。。。「視聴損」?

まあ、学習することに「損」とか「得」とかあるわけではないのですが、「試験」というものが存在することで「雑念」が発生します。「出題されないのに視聴した」とすれば「損した」と思うし、「ほとんど視聴していないのに視聴したところが出た」とすれば「ラッキー~!」と思ってしまったり。本当、人間って俗っぽい。

わずか2単位。普通の大学生なら卒業に必須の124単位の2単位=1/61なですが、私のように1000単位を目標にしているものにとっては1/500にしかなりません(現状887単位なので2/887ですが)。そんな、ささやかな単位が「取れた」「取れなかった」で一喜一憂するには年を取り過ぎました。取れれば取れるし、取れなければ取れない。単位とはそんな感じのもの。オール優で揃えることに意義を感じる学生さんもいるかもしれませんが、資格の道から流れてきた者は、得てして「ギリギリで合格すること」に美学を感じてしまうので、そこまで大それたことを考えたりしません。

オール優を取るのも素晴らしことかもしれませんが、時間はすべてに平等であり、すべては等価交換であることを忘れてはいけません。その科目を極め、発展させ、学士から修士、博士になるのなら極めに極めていただければ結構。しかし、それほどでもないのなら、極めるものを選択しないと人生は無意味に過ぎてしまいます。

優の評価を得るために、科目Aに必要以上のエネルギーを投下することは、本来、科目B、科目C、科目Dと可能性をたくさん試せたにもかかわらず、ギリギリの単位数の履修にとどまることを意味します。あるいは、優を多発する容易な科目を選りすぐったり、出席点だけで評価する科目を選んだり・・・得てして、オール優への呪縛は、生涯学習のプロから見れば「バカじゃないの?」と思うような愚行に走らせるわけです。

奨学金の申請のためにオール優を目指さざるを得ないこともあるでしょう。でも、結果、何かしらのチャンスを放棄していることを悟らなければなりません。何かのために自由度を失うことは、等価交換の材料を放棄していることにほかならないわけで、得るものと得られないものとの最適条件について、どこに落としどころを求めるかが、人生の選択といえるでしょう。

とはいえ、「きれいに終われるように」と挑戦を制限していくと、それなりに整った成果を得られるだろう半面、実績はそれ相応のものとなります。私の場合、資格も、学位も、「ダメでもいいから幅広く挑戦させて欲しい!」と、神に、仏に、そして家内にお願いし、チャレンジしてきたからこそ、惨めで、ズタボロの成果ですが、「結果の紙切れ」だけは日本一レベルで着地することができています。

所詮、私は挑戦者。「募集要項」や「シラバス」等を並べて、考えに考え抜いたなら、引かないのが基本スタンス。まあ、時に「戦略的撤退」もありますが、正面から戦わない限り、なんら成果は得られません。

一方、世の中の多くの方々が、引いてはいけない勝負どころで引いてしまいます。「時間がない」「金がない」「資格がない」「距離が遠い」「記憶力が落ちてきた」等々、自分勝手な理由をつけて「不戦敗」を選んでしまいます。生涯学習において、すべての条件が万全でそろうことなんてないにもかかわらず、喉につかえた魚の骨程度のポイントが気になって、せっかくのワンチャンスを見送ってしまいます。じつにもったいない・・・

さて、、、そろそろ試験に行く準備をしないと!

コメント

酒のない生活

2018年01月27日 18時02分32秒 | 単身赴任

単身赴任生活において、前の記事で取り上げた先輩単身赴任のお二方はよくお酒を飲んでおられたように記憶しています。

私は、試飲用にもらったお酒以外で、名古屋宅でお酒を飲んだことはありません。単身赴任者が多く住んでいそうなワンルームマンションのゴミ置きで、ビールや酎ハイの空き缶が大量に廃棄されているのを見ると、「アル中、大丈夫かな・・・」と思ってしまいます。

それはそうと、本当は、木曜日にお二方の送別の飲み会があったのですが、部下2名がインフルエンザとなってしまったため、私自身が感染しているリスクを懸念して直前でドタキャンさせていただきました。新年会もドクターストップでキャンセル、送別会もキャンセルと、今年は2回も飲み会に振られてしまいました。まあ、そんなにお酒は好きじゃないので、ムリしてまで飲む必要もなく、「パンデミック」を回避するためにも欠席やむなしってところですね。

さて・・・「飲み会なし」の健康な生活をしているせいか、金曜日も社会人最軽量タイの60.7キロでした。ちなみに、今はコーヒー等水太りかつ外出していないので61.4キロとなっています。

コメント