生涯学習の部屋

資格取得数232。5つの修士と16の学士と1つの短期大学士。単身赴任中、MBAサラリーマンの生きがい発見生涯学習奮闘記。

【世界遺産】 元興寺

2018年09月29日 04時12分56秒 | 世界遺産

奈良で3つ目の世界遺産。

それがならまちにある元興寺。

「がんこうじ」と思っていたのですが「がんごうじ」なのですね。道理で、漢字変換されなかったわけで。

こちらが元興寺極楽堂。

 

この極楽堂も国宝ですが、元興寺には法輪館という建物があり、そこにも国宝が数点展示されていました。

 

コメント

戒壇堂

2018年09月28日 21時32分42秒 | 世界遺産

戒壇堂は国宝ではないのですが・・・

入場料600円を払って戒壇堂の中に入りました。ここには国宝四天王像があるのです。

 

塑像の増長天、広目天、多聞天、持国天。四天王像は歴史をやっていれば一度は見たことがあると思います。それを見に行ったわけで・・・でも、内部は残念ながら撮影禁止でした。

コメント

国宝 二月堂

2018年09月28日 06時23分25秒 | 世界遺産

法華堂の隣にあるのが二月堂。

法華堂での拝観を終えて、二月堂に行ってみることにしました。

入り口には「夢を力にがんばろう」と書かれていました。頑張りたいです。

この階段を上って二月堂に向います。

こちらが二月堂!

額には勇ましい鶏が!

二月堂の額。

二月堂の説明板。

で、こちらが二月堂から見た東大寺の風景。

降りる際は、こちらの階段から降りました。

コメント

国宝 法華堂

2018年09月28日 05時50分10秒 | 世界遺産

武蔵野大学で仏教学の学位を頂く前、私は東大寺にある仏像といえば大仏(廬舎那仏)や仁王像という巨大なものを中心に思い浮かべておりました。

しかし、「仏教文化特講」で「不空羂索観音像」についてレポートをまとめたことより、「不空羂索観音像に会いたい!」と思っていました。そして、ようやく法華堂に行くことができたのです。

無論、不空羂索観音だけでなく、法華堂そのものも「国宝」です。

法華堂内は撮影禁止。お堂の真ん中に不空羂索観音像は安置されていました。10名にも満たない参拝者でしたが、それぞれが、静かなお堂の中で、手を合わせ、10体(執金剛神像は12月16日のみ公開)おられる仏像に心を奪われておりました。

入場料600円かかりますが、それ以上の感動を得られたと思っております。

コメント

【世界遺産】 東大寺

2018年09月28日 04時50分46秒 | 世界遺産

興福寺に続き、世界遺産の東大寺に到着!

本当に、スケールの大きなお寺です。

そして、この南大門は国宝です。

南大門と言えば仁王像!

どちらが運慶で、どちらが快慶か・・・忘れてしまいました。というか、そんなこと、どうでもいいと思えるくらい素晴らしい!

そして、東大寺の金堂ですが、今回、大仏様にはお目にかかりませんでした。大仏様とは何度もお目にかかっているし、法華堂と戒壇堂に行きたかったから。

コメント

国宝 三重塔

2018年09月27日 06時00分06秒 | 世界遺産

世界遺産の興福寺。

金堂と五重塔が有名なのですが、北円堂から南円堂に向って歩くと、その先に国宝三重塔があります。

国宝と書かれた木製の看板があるのですが・・・かなり劣化しており、文字が読めません。

同じ興福寺なのに、同じ国宝指定なのに、五重塔は観光客が絶えず、三重塔は観光客がいない状況・・・なんとなく悲しいです。

コメント

国宝 北円堂

2018年09月27日 05時54分00秒 | 世界遺産

世界遺産の興福寺。

金堂と五重塔が有名なのですが、東向商店街の途中にある、ちょっとわかりづらい道を上っていくと国宝の北円堂に到着します。

北円堂は柵で囲われていて近づくことができませんでした。

国宝なのに、ほとんど観光客はいませんでした・・・

コメント

【世界遺産】 興福寺

2018年09月27日 05時26分41秒 | 世界遺産

奈良の顔ともいえる興福寺。

「古都奈良の文化財」として、世界遺産に認定されています。

こちらが金堂。

そして五重塔。

明治の廃仏毀釈の際、興福寺も大変な目にあったと聞いていますが、今では、日本を代表する世界の文化遺産として大切にされています。

あと、興福寺の寺社について、観光名所の「金堂」「五重塔」以外にも国宝があります。

先に上ってしまったので、帰りに寄ってみたいと思っています。

コメント

【世界遺産】 二条城

2018年09月25日 22時57分57秒 | 世界遺産

佐和山城、彦根城と巡り、安土城を諦めて、彦根から京都経由で二条駅へ!

二条駅から歩いて二条城へ!

櫓が見えても、二条城の入り口は、さらに先の先・・・それでなくても、佐和山城、彦根城で体力を消耗していたので、本当歩くのが大変でした。ようやく、世界遺産二条城の入り口まで到着!

600円を払って、こちらから入場します。

こちらに二の丸があります。

こちらが二の丸御殿に続く門。

国宝の天守は5つしかありませんが、こちらの二の丸御殿も国宝なのです。まあ、世界遺産ですから、国宝でも当然ですね。

残念ながら、二の丸御殿の中は撮影厳禁。ルールを逸脱してまで、写真を撮りたいとは思いません。記憶に刻んでおきます。

歩いていると、こんな石垣は至る所で見受けられます。

本当に広い・・・グルグル回りながら、ようやく、天守閣跡の天守台に至ります。

天守台からの眺め!壮観ですね。

コメント

【世界遺産】 神倉神社

2018年09月03日 22時16分30秒 | 世界遺産

熊野速玉大社の摂社である神倉神社も世界遺産です。

こちらが神倉神社の入り口。

こちらが神倉神社の看板。

史跡にも登録されています。

ここから登ります。

険しい石段・・・

100段弱登った段階で、どれくらい登るかわからないので、降りてくる方に聞いてみたところ・・・「まだ1/10しか登ってないよ!」とのこと・・・後刻、調べてみると538段らしいので、1/6ぐらいは登っていたと思うのですが、まだまだ、登らなければ事実だったわけです。「電車に間に合わないので諦めます・・・」と、そのおじさんに言って「あと30分ぐらいしかないので、登って、降りて、駅まで行くのは無理だし、まだお昼もたべていませんので・・・」「どこから来たの」「名古屋から電車できました」「駅まで送りましょうか?」と会話は続き・・・

車で駅まで送っていただけるという有難い申し出だったのですが、ふと、汗だくのTシャツを着ている自分の姿に気が付きました。せっかくのお車を、汗まみれの姿で乗るわけにはいかない・・・と思い「いえいえ、自分の足で観光するのが私のポリシーですので。本当、有難いことですが、登るのを諦めたことで時間が出来ましたので、大丈夫です。ありがとうございます」と言って、お断りしました。

本当、親切な方が多いです。世の中、捨てたものではありませんね。

 

コメント