資格マニアのページブログ デジタルワークショップで380個目、挑戦と挫折の記録

資格マニアの中小企業診断士が語るビジネス資格のブログ。人事・ITなどのビジネス情報、気象・安全・防災やガス業界の情報も

理論研修の講師が終了

2017年01月21日 | 診断士活動(研究会)

 中小企業診断士は、5年に1回資格の更新がある。その更新の条件のうちの一つに理論研修の受講がある。この理論研修、いつくかの団体が実施している。

昨年2月頃、我が人財開発研究会に、その研修講師の依頼が来た。そこで、メンバーを募り、3名でプロジェクトチームを組んで講師をやることにした。テーマは4テーマ、女性の活躍、高齢者の活躍、人材採用、そして診断事例だ。

 7月から研修を始め、木曜日が5回目で最終回だった。私は8月に登壇した。会場は両国の東京ファッションセンター。会場は200人くらい入る大きな会場で、詰め込んでやる。講師席から見ると受講生が窮屈そうでちょっとかわいそうだ。

  3部屋を抜いて使っている会場

 終わって、振り返りを報告書にして、講師で確認。その後予約しておいた中華料理店で打ち上げ。この講師、もう一度できる機会があるかはわからない、貴重な経験であった。

  講師メンバーで打ち上げ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

もう一度センター試験

2017年01月20日 | ガス主任技術者・エネルギー管理士

 もう一度センター試験のことについて書く。物理基礎だ。ここに私が講師をやっているガス主任技術者試験の基礎理論にピッタリの問題が出ていた。

 一つは、バネの問題、バネが伸びたら、それは何J(ジュール)か、という問題。バネにかかるN(ニュートン)からJに変換することができれば、解ける。SI組立単位を理解しているか、どうかの問題だ。これは使えるな。

 

 もう一つは、物質が、固体、液体、気体と変化する際に必要なエネルギーをグラフ化してあって、そのエネルギーは何か、さらにグラフの傾きかた比熱は固体か、液体かどちらが大きいかという問題。潜熱と顕熱の意味を理解しているか、物質の比熱を理解しているかという問題。これもガス主任の基礎理論で使える。

 

 さすがにセンター試験、よく練られた問題である。これヒントに模試試験で問題を作ろう。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

妖怪がセンター試験日本史Aに登場

2017年01月19日 | 趣味(地理・歴史)系資格

 一昨日に続きセンター試験関連の話。すでにネットニュースなどで流れているからご存じの方もいらっしゃるだろう。水木しげるさんの妖怪や妖怪ウオッチの妖怪の問題が日本史Aに登場した。

 出題されたのは、図説日本妖怪大鑑から新ぬりかべ、新ぬらりひょん、妖怪ウオッチ妖怪大百科からムダヅカイ、ロボニャンの合計4つ。境港妖怪検定を学習しておけば、多少は得点が上がったかも(笑)

 新聞やネットニュースでは、妖怪の写真は掲載されるが、問題の設問がどこにも書かれていないため、私は当初何の問題か、わからなかった。おそらくニュースをきちんと見た方は同じで、何が歴史の問題かわからなかっただろう。センター試験そのものには選択肢が書かれており、これを読むと問題の趣旨がわかる。

 例えば「新ぬらりひょん」は「冷房のスイッチを入れると電気が吸い取られ、いつまでたっても涼しくならない」という解説がついている。そして設問は「この妖怪が登場する条件とされる電化製品が普及しはじめた頃、日本の国内産業は空洞化に悩まされていた」・・答えは×である。

 この妖怪、出典は境港妖怪検定の公式テキストとはちょっと違うようだが、(公式テキストは図説日本妖怪大全、センター試験の出典は図説日本妖怪大鑑)妖怪検定の妖怪が使われるのは、ちょっと嬉しい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

人財研は企業年金制度

2017年01月18日 | 診断士活動(研究会)

 月曜日の中小企業診断士の人財開発研究会は、M会員の「中小企業における企業年金制度を考える」であった。

 確定拠出年金(DC)が最近改正され、安倍政権の日本再興戦略による「家計資産が成長マネーに向かう」方向、つまりリスクを伴う方向だ。個人型DCの加入範囲が拡大され、加入対象者と拠出限度額が改正された。それに伴って投資教育なども努力義務化された。

 ほかに選択制のDC、これはややこしい、講義を聴いているときはわかったが、制度が難しいため、もう説明できない。最近は前払い退職金をDC拠出金にする制度で、ユニクロが最初に実施したそうだ。ニーズは、退職金制度のない外資系企業やITベンチャー、医療法人など、それに大企業からスピンオフした起業など。ほかに第三の企業年金、リスク分散型DB等の説明もあったがもう十分という感じ。

 M会員は、企業時代は、企業年金の専門家、定年してCFPと社労士、それに中小企業診断士の3つの資格を組み合わせて、活躍しておられる。企業にとっては、年金に社内規則の改訂に、企業の経営にとワンストップでえきるため便利だろう。

 3つの資格をフルに使う診断士はあまり聞いたことがない。これはブルーオーシャンである。セカンド起業としてはモデルになるような方だ。私も見倣いたい。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

センター試験

2017年01月17日 | 趣味(地理・歴史)系資格

 土日に大学入試センター試験が開催された。日曜日にはセンター試験の一部が新聞に掲載された。私は、1996年に地理能力検定1級、1997年に歴史認定歴史基本2級を取っている。歴史認定ははもう一度挑戦したいき資格だ。

 そこで、新聞に載っている地理B、日本史B、世界史Bを解いてみた。もちろん何の学習もしていない。結果は、地理Bが73点、日本史Bが46点、世界史Bが52点であった。

 この結果、実力通りかな。特に地理Bは問題を解いていて面白かった。イタリアのベネチアの地形の問題、中国各地の特徴の問題、九州の壱岐島の問題などだ。

  ベネチアの地形の問題

   中国の地方比較の問題

   壱岐の島の問題

  センター試験は、私の学生当時はまだなかった。そして、私は工業高専出身だから、もともと大学入試は経験していない。地理や歴史は十分な授業がなかった。行政書士の受験時は大学入試の参考書を買ってきて学習した。従ってセンター試験のレベルや得点は良くわからない。ご存知の方、いらっしゃったらコメント入れてくださいな。 

  解答結果

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

学科専門テキストを終了、さてこれからは

2017年01月16日 | 気象予報士
改訂新版 気象予報士かんたん合格テキスト 〈学科専門知識編〉 (らくらく突破)
クリエーター情報なし
技術評論社

 毎度おなじみ、気象予報士受験学習の記事。写真のテキスト学科専門を終了した。年末から始めたから約3週間で終了。各章毎についている演習問題は、91問中71問の正解、正解率は83.5%。まあまあだ。地上気象観測と数値予報がやや低いかな。

 何度も使っているテキストなんだが、少しずつ内容は変わっているようだ。あれれ、そんなこと前は書いてあったっけな、という個所がいくつかあった。

 さて、残りは2週間、過去問題を始める。手元にある過去問題集は13回分、1日1回分とすればちょうどいい分量だ。さっそく第36回を試してみる。15問中13問の正解だ。鉛直方向の数値予報と、梅雨前線の位置読みを間違えた。5択のうち3つは誤りとわかるが最後の2択で間違える。

 これから2週間、過去問題を全てやって、1月29日(日)を迎える。当日朝は学科一般がパスだから、ゆっくりできる。いつもの成蹊大学だ。

 

 

   

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

第12回ワークルール検定

2017年01月15日 | 執筆そうだったのか!年代別資格60

  このコーナーは、今年出版される予定の資格本の原稿の一部ををアップしていきます。出版予定の資格本は、年代別(ex20歳代・・)に有用な資格とその活用方法を解説していくものです。第12回は、20歳代の資格「ワークルール検定です。 

区分:民間資格(日本ワークルール検定協会が主催)

対象者:初級は誰でも可、労働法に詳しくなりたい方

受験者数:初級575人  合格率:71.3%  (いすれも2016年5月、年に2回実施) 

費用:初級 2,900円 ほかにテキスト代など 

 ■ ワークルール検定とは

 「ワークルール」とは、働くときに必要な法律や決まりのこと。全国の労働相談件数は、ここのところ落ち着いては来ているが、相変わらず、ブラック企業に代表されるように、ワークルールは守られていない職場は今でも多い。 

 なぜそうなるのか、労働者にも使用者にもワークルールの知識が乏しいためである。その原因は、知識を得る機会が少ないことや、相談する機会もあまりないためだ。企業にとっても、コンプライアンスを守り、働きやすい職場環境をつくるためにはワークルールの知識は欠かせない。それら知識を獲得するのがワークルール検定である。

 検定は初級、中級があり、労働組合も協力しているのがこの検定の特徴である。

参考 ワークルール検定 http://workrule-kentei.jp/index.php

 ■ ワークルール検定の魅力

 ワークルール検定は、同HPによれば、4つのメリットがある。①働く者一人ひとりにとって、②労働組合にとって、③企業にとって、④社会にとって、である。筆者は、このうち、特に働き始める前後の若い人にお勧めしたい。筆者は中小企業診断士として、人材育成を専門にしているが、研究会などでブラック企業の様子をよく聞く。若い方は、労働法を知らないで、損をしているケースが多いのである。知れば反論もできるだろうし、適切な人に相談もできる。

 ■ ワークルール検定への道

▶労働法

まず労働法の問題を少し紹介しよう。1)働き始める前に内定が取り消しされた場合、労働者はこれに従わなければならない→×内定取り消しには、客観的合理的と認められ社会通念上相当な事由が必要。卒業できなかったとか学歴を偽っていたとか、つまり簡単には取り消しはできない。 2)労働者が希望すれば1日12時間働くことができる。→× 原則として1日8時間週40時間まである。時間外労働をするには、36協定を結ばないといけない。 という風になる。就職前後の若い方はこれを知っているだろうか。

▶学習と受験

 試験の学習は、テキスト、問題集が出版されているため、これを学習すればよい。筆者の場合は、問題を解いた後は、必ずその時点で得点を裏表紙などに記入する。現時点の実力を書いておくと、次回解いたときの伸びがわかる。つまり、ゴールが見えるというものだ。この試験も同様に得点が推定でき、自信を持って臨めた。

 試験は、45分で20問。出題範囲は、労働基準法、労働契約法、労働組合法だ。試験の前には、ワークルール講習の受講が必要になる。筆者は第1回を受験したが、大学の先生の講習は面白かった。先生が言っていたことだが、試験に合格するコツは、労働法を好きになること、だそうだ。

 もう一つ、東京会場は、連合会館であった。労働組合の方も大勢受験しているようだった。ワークルールの普及を望みたい。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

冬の体力作りと思ったけど・・

2017年01月14日 | 健康・スポーツ系資格

 昨日は、冬の体力作りで、奥武蔵は伊豆が岳~子の権現縦走ルートに挑戦、7時間コースだ。始発に乗って、朝早く西武線の正丸駅に立つ。登山届を出して出発。

   登山ポスト

   正丸駅、きれいになっている

 馬頭観音を通過し、渓谷へ。そして急坂の登り。ここに来ると雪が残っている。何とか尾根に出て歩くが、だんだん雪が多くなる。今週日月と関東でも雨降ったそうだが、山の上はかなり雪が積もったようだ。私は日月は大阪、京都にいたからわからなかった。男坂も雪でとても登れない。危険だ。

   馬頭観音

  北側急斜面も雪

 男坂も雪、危険でとても登れない。は女坂の迂回ルートを登り、伊豆が岳山頂へ。ここでもう2時間近く経過。この調子じゃ、縦走すると駅まで行けそうもないため、アイゼンを付けてピストンで下山。アイゼンなしの登山者と何人もすれ違う。大丈夫かいな。

   男坂も雪


   伊豆が岳山頂

 という訳で、縦走は中止。しかし、アイゼン持ってきてよかったなあ。また来週どこか低い山に挑戦だ。

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

強化ガスホース

2017年01月13日 | ガス主任技術者・エネルギー管理士
甲種ガス主任技術者試験 模擬問題集 2016年度受験用 ~ポケット版~
クリエーター情報なし
三恵社

 昨日は、ガス主任技術者試験講座の収録、消費機器科目の後半だ。年末にも書き込んだが、ガスの接続具には、ホース類がある。このホースにもいくつか種類があるが、写真ではわかりにくい。

 そこでアマゾンで注文して実物を見せるようにしたが、強化ガスホースだけが納期がかかって届かない。年始にやっと届いて、収録に間にあった。


 

 写真は、上の長いのが強化ガスホース、右がガスコード、左がソフトコード(ゴムホース)だ。名前が似ているので覚えにくい。

 ガスコードや強化ガスホースは、鋼線で補強されていて丈夫だ。強度が低い→高い順に、ソフトコード→ガスコード、→強化ガスホース となる。

 そして継手は、ソフトコード、ガスコードは、コンセント継手というワンタッチの継手、強化ガスホースは、ねじ継手となる。これはお客様が接続するファンヒーターなどは簡単にワンタッチで、お客様がいじらない給湯熱源機などは抜け出ししないものをという考えだ。

 これ、揃えるのに全部で1万円弱かな。2017年の講座はもうじきアップされるようだ。関係者の皆様、もう少しお待ちください。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

京都で座禅体験

2017年01月12日 | その他

 京都探検の最後は座禅。三十三間堂から歩いて南の東福寺方向へ。東福寺の塔頭(たっちゅう)勝林寺で予約しておいた座禅を体験する。料金は1時間で千円。

 

 座布団の数が25個前後、時間には全部埋まった。住職からお寺の話と座禅に仕方を教えていただく。そして座禅は15分やって5分休憩その後15分やって、終わりに住職の話を聞いて終了だ。座禅は学生時代には、能登の総持寺に一泊で参加したことがある。もう40年以上前の話だ。

 

 住職が教えてくれた。座禅をしながら1から10まで数えて、また1から数える。ぞのうち煩悩が入って数えるのが途中で途切れるそうだ。また手指でマルを描いて膝の上に置くが、この付けた親指が、煩悩で離れるのだそうだ。それでその人の心理状態がわかるという。ムム・・やばい。

 しかし、私、いつまでたっても数を数えられる。指も離れない。煩悩が出てくると、合掌して頭を下げる、すると住職が狭窄(きょうさく)で肩をたたく。その通り、部屋には狭窄の大きな音が響くようになってきた。15分が終了。これはまずい、全然狭窄のチャンスがない。後半は狭窄を受けないと、せっかく来たのにもったいない、狭窄経験をしないと。

 そして後半、時間切れになる前に、合掌して頭を下げる。しかしなかなか狭窄が来ない。2分ほど頭を下げているとやっと住職の足音が聞こえる。肩を軽くたたかれた後、バシバシッ、バシバシッと響く。計4回だ。叩かれた肩がしばらくジンとする。それほど痛いのだ。学生時代に受けたときは、音だけでたいして痛くなかったのに。

 千円でこんな体験だできたんだから、よしとしよう。この日の京都はアクティブな体験の日でした。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

伊藤若冲と三十三間堂の通し矢

2017年01月11日 | おもしろ資格

 京都探訪その2、ホテルで朝食を取り、午前は京都国立博物館へ。伊藤若冲が来ているという話だ。入場料は520円、ずいぶんと安い。2階の3部屋が伊藤若冲だ。祭日の割にそれほど混んでいない。美術検定のブログにもあったが、正月に開館する博物館も年々増えているそうだ。

  京都国立博物館

   ロダンの後ろ姿
 

 昨年東京で開催された若冲フィーバーには遠く及ばない。着色された鶏の絵が1枚だけある。残りは墨のモノクロだ。記念に「若冲ワンダフルワールド」という画集を購入、帰ってじっくり見よう。

  若冲のポスター

 博物館の前は三十三間堂だ。御朱印も欲しいから入場する。入り口で通し矢はどこでやるんですか、と聞くと、入口と反対側ですよ、建物に矢が一本刺さっていますよという。御朱印をもらった後、さっそく見物に行く。

 その場所は、太閤塀をみてUターンする。進んでいくと、行けるのだが、工事中で行き止まりになっているため、皆途中で引き返すようだ。

  通し矢の説明版

   太閤塀

   手前から向こうに向かって通す
 

 そして、建物の軒下に矢が一本刺さっている。帰りに係員に聞くと、外国のお客様が来た時にデモンストレーションでやった時、間違えてしまった、そのままにしておこうということだそうだ。そんなに昔の話ではないそうだ。

  遠くから見るとよくわからないが 

   近くに来るとわかる

 江戸時代の通し矢とは違うが、似た大会を今でもやっている。毎年1月15日前後の日曜日だそうだ。参加資格は新成人と弓道の資格保有者、弓道には詳しくないので、何かはよくわからないが。この日は面白いものが発見できたな。午後の座禅体験に続く。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

常宿のそばに、油小路の変現場が

2017年01月10日 | 趣味(地理・歴史)系資格

 大阪での仕事が終わって、京都に一泊。朝から行動し、油小路、京都国立博物館、三十三間堂、勝林寺と廻って帰宅した。今日のブログはそのうちの油小路の話。

  私の京都の宿は、アパホテル堀川通と決めている。京都駅前で、大浴場と露天風呂があるからだ。前から気にはなっていたが、ホテルの住所に「油小路」がつく。もしやと思って朝早く散歩に出る。このホテルの朝食はいつも行列ができる。少し時間をずらすため、いつも朝は時間ができる。

  ホテルから油小路を北へ、5分とかからず、その場所に着いた。「伊東甲子太郎暗殺の地」、「油小路の変」のあった場所である。新選組が、薩摩藩と通牒していた伊東甲子太郎を惨殺し、遺体を引き取りに来た藤堂平助らも殺した事件である。新選組後半の事件だ。 

その場所には、石碑が立っており、本光寺という、お寺がある。書籍の紹介や御朱印を始めるとの情報も記してあった。そばには西本願寺、油小路はアパホテルの通りで、通りからアパも見える。 

  石碑がここ

   北側から現場を見る

    そばには西本願寺が

    御朱印を始める旨の張り紙

    書籍の張り紙

    現場からアパホテルを見る

 新選組検定マニアである私は、宿のすぐ近くのここを見つけて、溜飲を下げた。新選組検定、20157月に第4回を実施して以来、行われていない。またやってもらいたいものだ。今度は上級を目指すのに。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ガス消費機器設置工事監督者

2017年01月09日 | ガス主任技術者・エネルギー管理士

 昨日に引き続き、もう一つの資格、「ガス設置工事監督者」。これは「特監法」という法律で必要な資格。ガス工事、特に給排気に係る工事をする場合に、実地で現場の監督する人の資格だ。こちらはずいぶんと前からある資格である。

 この資格は誰でも受験できる。2間の講習で取得できる。最後に試験があるようだが。また、管工事施工管理技士やガス主任技術者資格を持っている場合は講習は1日に短縮される。その後3年に一度更新の講習があるが、こちらは全員1日だ。給排気の講習のため、私は、ビジネスに結構役に立っている。資格の講習をする場合にも話題として使えるのだ。

 私は、何度もガス主任技術者の講習で講師をしているから、ここの資格の講義内容は、ほぼ暗記している。ガス主任技術者試験では、法令科目の第16問、最後の問題として必ず出題される。日本ガス協会の法令テキストでも特監法は1頁にまとめられていて、学習がしやすい。必ず得点すべしと、受講生に話している。

 こちらの資格も、もっといいネーミングがなかったんだろうか。「ガス消費機器設置工事監督者」というネーミング、この業界の方、ネーミングなど考えたこともないんだろうな。もう少し受講者が取得したくなるようなネーミングを考えてほしいもんだ。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ガスの自由化で誕生する新しい資格、保安業務監督者

2017年01月08日 | ガス主任技術者・エネルギー管理士

 保安業務監督者という資格ができる。この4月から開始されるガスの自由化に伴って、スタートする資格である。4月からのガスの自由化は、一般ガス事業者が、ガス小売事業者、ガス導管事業者、ガス製造事業者として分かれる。そしてガス小売事業者には「保安業務監督者」という資格が必要で、ガスの小売をする上で、課せられる義務を果たすキーマンである。

 昨日は、大阪で、改正ガス事業法の動画講座を収録したが、この中に保安業務監督者が出てくる。もっと、こう、カタカナのいいネーミングを付けられなかったもんかねえ。

 資格マニアのこの私、早速受講しようと探していたら、数日間の研修で取得できる。受講減免がない場合、3日間で41,800円。修了試験もある。また、申し込み要領を読んでいたら、ガス主任技術者免状を持っている者は、新たにこの資格は不要で、保安業務監督者として選任が可能だそうだ。なんだつまらない。その程度の資格か。じゃ、いいな。しかし、小売とはいえ、都市ガスの保安の資格がこんなに簡単に取れるのか、仕事の方は大丈夫かな。ちょっと心配。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

デジタルワークショップを修了

2017年01月07日 | IT系資格

 今日は、大阪泊まり。新大阪近くのビジネスホテルからの投稿だ。正月早々だが、デジタルワークショップを修了した。デジタルワークショップとは、Googleの無料学習ソフトである。SNSをやっていると時折広告が表示される。以前、アドワーズ広告の資格を学習したことがあるが、これと似ている。しかし、こちらは無料だ。

 パソコンかスマホでまず、1レッスン3,4分の動画で学習する。その後理解度テストをする。間違えると正解するまで繰り返しう学習する。数レッスンすると、修了のテストがある。これに合格するとバッジがもらえる。全部で89レッスン、23バッジを取ると学習が修了する。

 そして最後は修了テストだ。問題は40問、2択や4択の問題が混在している。試験は3回まで受験できる。合格ラインは70%だ。私は一回で合格! 修了証も発行される。デジタルマーケティングに強くなった気持ちだ。無料だからどうぞチャレンジしてくださいな。動画講座は全部で約6時間ほどです。こちらですよ。

   修了証

   獲得したバッジ(1)

      獲得したバッジ(2)

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

よかったらポチと押して下さい

人気ブログランキングへ