生涯学習の部屋

資格取得数232。5つの修士と16の学士と1つの短期大学士。単身赴任中、MBAサラリーマンの生きがい発見生涯学習奮闘記。

武蔵野M1総括!

2015年01月31日 22時14分34秒 | 武蔵野大学大学院
武蔵野大学大学院のM1での死闘が終結しました。

25通のレポートを提出しました。最初のレポートが2014年8月9日。最後のレポートの結果が到着したのが2015年1月30日。5ヶ月と21日、日数にすると175日です。全体の平均点は86.72点。最終レポートだけなら89.8点となります。最高点は100点、最低点は75点です。レポート平均日数は17日。最長が25日、最短が7日となっております。

評価としては、今期修得分がS×2とA×3です。認定科目も含めると、S×2、A×5、B×1の32単位修得で、修了確定まで、残すところ8単位となりました。そのうち4単位は特定課題研究演習なので、レポートは残り1科目で、指導教官の浄土教特講履修で完了となります。

本当に充実した戦いといえます。ほとんど知識のなかった「仏教」というものに対して、急速に認識が深まってきました。また、ややもすると、かかわりたくないと思いがちな「宗教」というものの大切さも実感することとなりました。そして「死」を受容しなければならないという、人類不変の法則も、更に理解を深めることとなりました。

たかが仏教、されど仏教。やはり、学ぶことにより、何かしら開眼することができるのでしょうね。
コメント

真っ暗!

2015年01月31日 20時52分37秒 | 放送大学
8時限目の試験が終わると、もう外は真っ暗である。

明日の試験を受験される方、がんばってくださいね!
コメント

認定試験は・・・

2015年01月31日 20時46分28秒 | 放送大学
教室には2番乗り!

7時限目の試験、この教室の学生さんたちは、全員、途中退室。ちょうど試験が終わったので早速入室して復習開始。今回受験するのは「動物と科学」の1科目のみ。

試験の出来は微妙。1問だけ確認したら間違えていた・・・その問題、最初は正解をマークしていたのに、読み過ぎて不正解に変更してしまった。残念!

まあ仕方がない。既に終了してしまった試験を後悔しても、不正解が正解になるわけがないし、不合格が合格になることもない。後は、ただ信じて結果を待つだけである。
コメント

多摩学習センターへ!

2015年01月31日 20時44分46秒 | 放送大学
さて、これから試験です。

約30分前の到着ですね。おなじみの看板がセンター前に立て掛けられています。
コメント

本日の機構!

2015年01月31日 20時39分44秒 | 大学評価・学位授与機構
小平市立図書館にも行って、10冊返却して10冊新たに借りてきました。

さて、そろそろ放送大学の単位認定試験なのですが、その前に、多摩学習センター隣の機構の風景を撮影してきました。機構前も雪が積もっておりました。
コメント

雪!

2015年01月31日 20時38分24秒 | 武蔵野大学大学院
昨日、東京には雪が降りました。

本学にも、ところどころに残雪がありました。





コメント

図書館へ!

2015年01月31日 20時35分33秒 | 武蔵野大学大学院
毎度毎度、おなじみの武蔵野大学武蔵野キャンパスの図書館です。

17冊返却して17冊借り入れ。本当はすべて仏教関連の図書にしたかったのですが、日本史のコーナーに行ってしまったのが運のつき。4冊ほど、歴史関連の図書を交えて借りてきました。

来週は返却できないので、2週間ぐらいで読み切れればいいのですが。
コメント

本学へ!

2015年01月31日 20時31分11秒 | 武蔵野大学大学院
今日は放送大学の単位認定試験ですが、午後の最終時限だったので、午前中、武蔵野大学武蔵野キャンパスに行ってきました。

図書館で借りていた本を返却するためです。来週まで借りていてもいいのですが、土曜日は有明キャンパスに特定課題研究演習の口述試問の発表会に参加するため、今日のうちに行ってきました。

コメント

今日の富士山!

2015年01月31日 20時28分43秒 | 富士の高嶺
早朝は、はっきり見えていたのですが・・・

いつの間にか、富士山に雲がかかってしまいました。やはり、富士山は見えているうちに撮影しないといけませんね・・・
コメント

ゲゲゲの・・・

2015年01月31日 20時15分45秒 | 旅行
先般、深大寺に行った際、鬼太郎茶屋で購入したお土産。

「ゲゲゲの妖怪軍団」というチョコインクッキー。無論、妖怪軍団なので、個包装になったクッキーにはゲゲゲの鬼太郎に関連する妖怪の姿が織り込まれているのである。

でも、食べると、ただのチョコインクッキーなのであるが。

コメント