生涯学習の部屋

資格取得数232。5つの修士と16の学士と1つの短期大学士。単身赴任中、MBAサラリーマンの生きがい発見生涯学習奮闘記。

レポート山積み・・・

2006年10月31日 07時04分02秒 | 産業能率大学大学院
かなりタイトかしら?昨日(いや、今朝?)、情報システム論のプレゼン資料が完成したが、そのほかの科目はレポートが山積みである。

11/4   管理会計レポート
11/13   人材戦略論レポート
11/15   グローバルパーチェシングレポート×2本
11/24   寄附講座レポート

結構、時間があるように見えるけど、苦しんでいる。まず、本を読むところからはじめよう・・・。
コメント (2)

情報システム論のプレゼン資料完成!

2006年10月31日 00時59分24秒 | 産業能率大学大学院
やっとできた。細かい調整をしているうちにこんな時間になってしまった。それにしても、バカでかい開発案件を定義したものだ(この忙しい時期に・・・アホやん!)。

千億とか兆とか、そんな数字がならんでいる・・・(恐)。

現金では、一生お目にかかることのない金額でも、長い間働いていれば、そんな大型案件にかかわることもあるもんだ。

一瞬でも気を抜くと、大変なリスクとして返ってくるが、無事、成功裏に終わったときは、本当にうれしいものである。

プレゼンの内容は、一般的な銀行業務にかかわるものであるが、かなり真実味のある内容で書いたものである。でも、同期から突込みが入るかもしれないな・・・。


コメント

さあ、始まった!

2006年10月30日 23時40分13秒 | 産業能率大学大学院
本日から、私の通っている大学院の入学受付がスタートしました。本当に、あの苦難の入学願書作成の日から1年が経過したのですね・・・。

実際何人受験して、何人合格するか不明であるが、大学院の競争率なんて、一握りの有名校しか2倍を超えないのだから、なんとなく楽といえる。しかし、本学は企業推薦がないと原則不可なので、そういった意味では、合格発表があるまで、苦しい日々をすごしたものだ。

私が入学した際の競争率は1.21倍。そんなものです。でも、大学入試のときは、当時1.3倍の競争率で「補欠入学」でしたから・・・。(大体、国立大学で欠員補充があるのが不思議である。でも、そのおかげで合格できたのだから、感謝しています。)

ちなみに・・・奇特にも、私と同じ大学院を受験される方に一言。

「先んずれば人を制し、遅るれば人の制するところとなる」この言葉をお送りしておきます!
コメント

あと2回!

2006年10月30日 23時22分39秒 | 産業能率大学大学院
グローバルパーチェシングの授業もあと2回で終了ということになります。

最終日は先生の最後講義となります。お仕事が忙しいので、客員教授から引退されるそうです。本当に、最後の機会に、この授業を履修できて幸運でした。

※この授業は1年生が2名しか受講していません。しかも、去年は休講ということで、極めて、レアな授業です。しかも、隣の教室で学長が講義をしているわけですから・・・。

思い返せば、履修締め切り10分前に登録できたのは、まさに、ハプニングといえるでしょう。
コメント

箱根に向かう電車の中で・・・

2006年10月30日 00時06分22秒 | 産業能率大学大学院
子供達はゲームに興じ、私は「大学院の入学案内」と「シラバス」を読んでいた。特に、来年度の入学案内は、自分もちょこっと出ているので、愛読書となりつつある。

で、今一度、入学案内を読み直すと、当時の弱気だった自分を思い出す。例の、

①会社の推薦状なし
②先輩からの情報なし
③先生からの紹介なし

という、3重苦である。よくも、まあ、あんな状態で合格したものである(涙)。よくよく記憶の糸をたどると・・・・

④筆記試験で知らないテーマが出た
⑤面接試験で先生の苦笑が飛び出た(しかも3回も・・・)

でも、その先生とも今では仲良く話せる間柄になったし、それはそれでよかったのかしら??

科目の一覧のところを鉛筆で塗りつぶしていくと、今年中に修士の最終成果物を除いて、卒業に必要な単位が揃うこととなった。必須科目も含めて、バランスよく!これで、来年度、転勤となっても、最悪、土曜日だけ新幹線なり、飛行機なり、船なりで本学に通えばMBAは取れることとなる。(船ってなんだよ!)

でも、そんな、消極的な姿勢でよいのか?確かに、上司とは週1回だけの通学を約束したが、土曜日は自由なんだから、履修科目は結構まだまだ登録できる。

そして、まだまだ、履修していない科目でおもしろそうなものがあるのだから、積極的に登録しよう!どんな先生や学生の皆さんと、どんな出会いがまっているかわからないしね!

それにしても、来年度の進入生ってどんな人がくるのかな~。現在の在校生は、かなり手の内がわかってきた。それなりに、仲良くやらせていただいている。本当に、色々と影響を受けているのがよくわかる。

で、後輩の皆さんからも、よい影響を受けることができればいいな~と思っている。後輩と言っても、人生の先輩もいるわけで・・・。

ですから、たとえ、卒業単位を充足したとしても、科目は履修し続けます。特に来年は、新入生が受講するような、基礎科目も入れてみたいと思っています。

あ~楽しみ、楽しみ!


そうそう、「初心を忘れないようにしないと」って書くつもりだったのが、えらく、離れたテーマになったもんだ・・・。

コメント

温泉はいいな~

2006年10月29日 23時45分11秒 | その他
箱根は晴れでした。温泉から眺める山々はとても緑に映えていました。まだ、効用じゃないのね。

「温泉旅行検定C級」の癖に、「一般旅行業務取扱者」とはなんとも資格の世界は道理をわきまえないものである。せめて、一般持ってるなら、B級ぐらいはとっても罰は当たるまいて・・・。

でも、資格を取るほど、温泉がすきかといわれると、それほどでもない。ラーメンのために新幹線に飛び乗ることはあっても、温泉のために新幹線に乗ることは、そんなにない。新幹線を飛ばして温泉に行くのは味気ないものね。

奈良の十津川温泉に行ったときは、くねくねの山道を何時間もかけて、ゆっくりドライブしていったものだ。あの温泉はよかった。蛍が飛んでいたしね。

箱根の温泉も、それなりによかった。両親も喜んでくれたし・・・

でも、大切な産能の卒業式にいけなかった。相変わらず、スケジュールの組み方が甘い・・・。で、お詫びといっては何ですが、東京学生会の卒業祝い懇親会への参加を先ほど申し込みました。11月5日も、まだ、大学院のレポート提出真っ只中で大変忙しいのですが、卒業生の方に会いたいので、ちょっと無理します。
コメント

親孝行!

2006年10月29日 08時01分42秒 | 旅行
これから両親を連れて箱根の温泉に行って来ます。


本当は産業能率大学&自由が丘産能短期大学の卒業式に紛れ込みたかったけど、いつも自分のわがままで、家族に迷惑をかけているので、可能な限り、親孝行や家庭サービスをしておきたい。


みなさん、ご卒業、本当におめでとうございます!行けなくてゴメンね。
コメント (2)

昨日は長男の誕生日!

2006年10月29日 07時56分25秒 | その他
昨日は誕生日でした。実家から両親も来ています。
コメント (4)

周りにそろそろ・・・

2006年10月28日 19時35分54秒 | 産業能率大学大学院
他大学ですが、「大学院合格しました~」なんて連絡が入るような季節になってきました。なんと喜ばしいことでしょう!

「生涯学習の部屋」を主催している立場としましては、非常にうれしい限りです。「生涯学習に貴賎なし」というスタンスを取っていますが、やはり、大学院で体系的に学習することは、非常に効果的な学習方法といえるでしょう。

時間があるなら勉強すればいい。

学習することは、その時々において、「最善の選択」であるとは言い切れない。しかし、それは「最悪の選択」にはならないことはわかっていただけると思う。

無為に時間を過ごすなら、学習すればいいじゃない。もし、もっと有効な時間の使い道があるなら、それに時間を投下すればいい。家族と団欒することもよし。故郷に帰るも良し。つらくならない程度に、自己啓発に励めばいいのだ。

別途、時間を見つけて短大に入りなおす予定であるが、昔から思っている夢に「夜間の工業高校に入ること」がある。遣り残した理系の血が切々と、そういった生涯学習を後押しするのだ。
コメント

プレゼン間に合わず・・・

2006年10月28日 19時25分13秒 | 産業能率大学大学院
情報システム論のプレゼンテーションだが、資料はできているが発表ができなかった。せっかく来週に回ったので、もう少し、資料を修正しておこう!
コメント