生涯学習の部屋

資格取得数232。5つの修士と16の学士と1つの短期大学士。単身赴任中、MBAサラリーマンの生きがい発見生涯学習奮闘記。

曽根遺跡公園

2018年09月12日 02時51分31秒 | 歴史

偶然なのですが、豊田スタジアムの南に「曽根遺跡公園」を発見しました。

縄文時代から鎌倉時代にかけての遺跡だそうです。

まず、最初に目を引くのが竪穴住居。

登呂遺跡と違って中には入れませんが、遺構から復元されたものです。

実際の遺構はこちら。

遺構と言っても、地面に穴が開いているだけなのですが・・・

縄文時代の住居跡のようです。

コメント

公文書改竄

2018年03月17日 08時17分37秒 | 歴史

この国は腐っている。

特に頭のいい人。霞が関で働く東大卒の官僚が腐って仕方がない。公文書を改竄。これじゃ、何が正しいのか、正しくないのか全く信じることができない。答弁に出てくる財務省の頭の良い人も、「承知しておりません」といった、違和感満載の日本語もどきを繰り返す。

公文書を書き換えろと言われて自殺者もでた。某日本語がまともに読めない財務大臣が「佐川がやった、佐川がやった」と繰り返すが、それじゃ佐川がパワハラで自殺にまで追い込んだのか?

自殺者がでたとき、思い出したのが春秋左氏伝。WIKIから引っ張ってくる。

春秋左氏伝 襄公二十五年

齊太史書曰「崔杼弒莊公」、崔杼殺之。其弟復書、崔杼復殺之。少弟復書、崔杼乃捨之。
(斉の宰相である崔杼が、君主である荘公を不行跡を原因とし殺して、弟の景公を即位させたのを受け)斉の太史(歴史官)が史書に、「崔杼が莊公を弒逆した」と記載した。崔杼は、(書き直させようとしたが、聞き入れなかったので)この太史を殺した。その弟が、太史となり、やはり同様に記録した。崔杼は、その弟も殺した。末の弟が、太史となり、やはり同様に記録した。崔杼は、あきらめそのまま記録させた。

この通り、昔の中国では、絶対権力を持つ王が「公文書」を書き直させようとしても、命を賭して書き直さなかった。にもかかわらず、この日本では自殺者が出ても、頭の良い方々は、なんのプライドも正義感もなく、公文書をコロコロ変えてしまうようだ。

しかし、このような状況になったのは国民の責任。一時的なブームで与党に絶対的な数の力を与えた国民の責任である。私も含め、それを無視して、非難ばかりする国民は愚民以外のなにものでもない。愚民から脱却するために、次の選挙は、よくよく考えて一票を投票すべきなのであろう。

 

コメント

神領銅鐸

2017年12月10日 10時31分32秒 | 歴史

高御堂古墳から歩いて5分ほど。

銅鐸発見の地にたどり着きました。

周囲の風景はこんな感じ。

こんな平地から銅鐸が見つかるものなのですね。

コメント

小山台遺跡!

2017年06月14日 22時04分06秒 | 歴史
東久留米駅から少し歩いたところに「小山台遺跡」があります。


縄文時代の竪穴住居跡がこちらです。


この住居跡以外は公園として整備されています。
コメント

萱津古戦場跡!

2017年01月22日 20時24分23秒 | 歴史
愛知に来てから、いくつか「古戦場」を見てきました。

「桶狭間」とか、「長久手」とか、ところどころに古戦場があります。甚目寺から歩くこと20分ぐらい。ここ萱津も古戦場だそうです。倉庫の左に碑がるのですが、こんなところに古戦場の碑があっても、知らないと見つけられないよな・・・

コメント

久米川古戦場跡!

2016年08月28日 22時31分03秒 | 歴史

こちらも新田義貞ゆかりの地。

「将軍塚」は埼玉県だそうだが、「久米川古戦場跡」は東京都にある。

といっても、この跡地の左の丘の上に将軍塚はあるのだが。

コメント

将軍塚!

2016年08月28日 22時28分26秒 | 歴史

八国山緑地にあるのがこの「将軍塚」。

新田義貞ゆかりの地だそうだが、古代の塚=古墳かもしれないとのこと。どうなんでしょうね?

コメント

桶狭間古戦場跡!

2016年07月25日 00時16分00秒 | 歴史

誰でも知っている桶狭間!

でも、桶狭間古戦場はいくつも説があって、今回訪れたのは名古屋市緑区にある桶狭間古戦場跡です。その場所は桶狭間古戦場公園となっています。

公園ですので、このような像もあります。

公園なのですが、このような石碑も。

さすが、桶狭間ですね!

 

 

コメント

荒子観音!

2016年07月10日 21時56分34秒 | 歴史

前から行きたかったのが「荒子観音」です。

とはいえ、この観音さまをお参りする前に、「研修失念」が判明したため、失意の中での参拝に、あまりよく覚えていません・・・ですので、画像でのこっている内容をご紹介するにとどめます。

こちらが荒子観音。

山門をくぐると本殿。

お参りをしてみると、賓頭盧さまが!

で、こちらが本殿に祀られた観音様。

でも、本当の荒子観音様は33年に一度の御開帳とのことです。

コメント

稲生原古戦場跡!

2016年07月10日 21時17分02秒 | 歴史

小田井城跡から名塚城跡へ行くこととしました。

新明星橋を渡ってちょっとしたところに、名古屋市営バスの「上堀越町」からバスに乗って「庄内通3丁目」へ。そこから名塚城跡をめざしたのですが、途中、地下鉄「庄内通」駅前で見つけたのがこの看板。

「西区史跡散策路」ということですが、「庚申塚」のところに「稲生原古戦場跡」の表示が!古戦場はなかなか行けていないので、行ってみることとしました。なかなか見つからないので、地元の方に聞きながら、やっと到着!

ここが、稲生原古戦場跡とのことです。

 

コメント