生涯学習の部屋

資格取得数232。5つの修士と16の学士と1つの短期大学士。単身赴任中、MBAサラリーマンの生きがい発見生涯学習奮闘記。

早くも3月末・・・

2009年03月31日 23時10分54秒 | ちょっと立ち止まって・・・
この3月は色々意味深い3月だ・・・

・期末で忙しい3月
・銀行員生活18年の3月
・M1最後の3月

等々。いろいろありますわ~

で、4月が始まれば、銀行員19年目、M2になって、そう、修士論文を完成させないと!

本当に、色々やらなければならないな~
コメント

またも中央線で・・・・

2009年03月31日 23時09分17秒 | その他
信号事故があった・・・

振替輸送ということで、西武新宿線に乗って、萩山から一橋学園に抜けた。それにしても、事故多いな~
コメント

メールをいただいた方々に感謝いたします。

2009年03月30日 23時33分30秒 | ちょっと立ち止まって・・・
大学院の先輩や、大学の同窓の方々から、メールを頂戴いたしました。

色々、気遣ってくださったり、励ましてくださったり、貴重な情報を賜ったり・・・本当に、多くの方々の思いやりに支えられ、恐縮し、感謝し、感激しております。

どちらかというと、一匹狼で人生を歩んできた私。中学時代の友人はゼロ。高校時代の友人も年賀状の付き合い程度。最初の大学が更にひどく、本当に数えるくらいしか、付き合いがありません。関西にいたときの友人で、大学卒業後に会ったのは、10名にも満たないと思います。

東京に出てきたこと、当時は非常に多忙な生活をしていたこと、独身寮を転々として、郵便が届かなくなったこと・・・色々、理由はありますが、そもそも、当時の私は人付き合いが苦手だった。

友人を信じることも困難で、たまに電話をくれたと思ったら、「宗教」「セミナー」「セールス」等々だったりして、裏切られ続けたことも一因だったのかもしれない。

私の現在の友人は、会社での友人が1/3、産能での友人が1/3、明星での友人が1/6、ネットでの友人が1/6ってところじゃないかと思っています。仕事より、大学・大学院のつながりが深いというのが面白い。

本当に、色々な専門家や、おかしな友人と知り合うことができ、幸運に感謝しております。これからも、よろしくお願いいたします。
コメント

おかげさまで、805,000件!

2009年03月30日 05時43分04秒 | アクセス
昨日、アクセス件数が805,000件を突破しました。

これも、ひとえに皆さまのご支援の賜物と感謝しております。

今後とも、よろしくお願いいたします!
コメント

この本も・・・

2009年03月30日 05時27分30秒 | 大学評価・学位授与機構
著者より頂戴しました。

オフ会の帰りの電車の中で読ませていただきましたが、大学評価・学位授与機構の「学士(看護学)」を取得するためのエッセンスが書かれているものと思います。

学修成果レポートを書くことの目的も、うまく書かれており、すべての分野の学士に共通するものだと思います。

ありがとうございました!
コメント (2)

【お詫び】 オフ会にて・・・

2009年03月29日 22時59分11秒 | ちょっと立ち止まって・・・
オフ会で、こんな話を頂戴した。

「これならできる!高認合格超基本テキスト」では、フラ夫さんをリスペクトして、舞台を国分寺にしたんですよ。

なるほど、この本だが、国分寺の地名である「泉町」が最初に出てくるし、国分寺市役所や国分寺図書館もでてくるし、また、主人公の1人が国分寺という地名を言ったりしており、明らかに、国分寺が舞台となっている。

それについて、把握していたつもりであるが、発言していなかったことについて、お詫びしておきたい。

でも・・・でも、私、小平市民なんで、まさか、私を意識して書いてくださったとは思いませんでした・・・

スイマセン・・・
コメント (2)

本日はオフ会!

2009年03月29日 22時52分53秒 | 大学評価・学位授与機構
本日は、大学評価・学位授与機構の学位を持つ仲間を中心に銀座でオフ会があった。

1次会は、都合、8人集まったが、全員の学位を集めると、博士、修士を含めて50学位程にも及ぶ、奇妙な集まりとなった。

毎年やっており、今回が3回目。筆頭は、私と同じ産能MBAの1期生の先輩である。

楽しい時間は直ぐに過ぎるもので、2時間半ほど飲んでいたのであるが、残念ながら、2次会はご遠慮させていただいた。

次回は、体調を戻して、最後まで参加できるようにしておきたい。
コメント

ラッキー~♪

2009年03月29日 21時47分17秒 | その他
偶然、NHK教育をつけたら、ベートーベンの7番をやっていた!

この曲は、私の好きな曲の一つであり、特に第3楽章が圧巻である。この第3楽章を聴いて泣きたくなるのは私だけであろうか・・・

本当に、偶然なのだが、うれしい限りである。
コメント

そんなものなのか・・・

2009年03月29日 09時19分58秒 | ちょっと立ち止まって・・・
OB会で、某大学のドクターの方から博士課程(後期)の話を聞くことができた。

「まあ、週1回ぐらい通えばいいかな~」とのこと・・・

それなら、私でもできそうな気がする。無論、時には毎日行かなければならないこともあるようだが、意外と、フリーな状況に、通うことだけはできそうな気がしてきた。

なら・・・「英語」と「研究テーマ」および「先生」をなんとかすれば、なんとかなりそうな気がしてきた。

無論、「経済的問題」「時間的問題」「地理的問題」「家庭的問題」等々、色々クリアしていかなければならない課題もあるが、50歳までには、なんとか、次の一手が見出せればいいな~と思っている。
コメント

OB会開催!(総括)

2009年03月29日 09時05分16秒 | 産業能率大学
毎年、この時期スピーチをする。これで4回目。そろそろ、バトンタッチをするべきなのだが、30分で5~6人の発表となると、最後の1枠に入ってしまう・・・

懇親会は既に7回を数えるのだが、勉強会形式の第一部を新設し、懇親会を第二部といった方式にしたのは、私が初めて参加した時(第4回)からだそうな・・・

その際、資格を多く保有していた私にプレゼンターの1人として参加するように要請があった。

それも含めて続けて4回・・・明星の修士論文の内容ということで5回目まで決定した。私としては、内容もそうだが、できるだけ、面白く、楽しく、気軽に聴ける内容にしたいのだが・・・

今年はなんだか、メンバーが少なかったような気がする。懇親会もこじんまりしたもので、逆に、そのほうが、親近感があっていいかもしれない。多すぎるのも、逆に疲れてしまう。

なんせ、名前が覚えられない。特に親しい方と一部の方(何か特徴のある方)ぐらいしか、名前を覚えていない。

顔は知っているのにね・・・

それに、私は新参者なので、古株の人がわからない。私の知らない歴史や人間関係があるかと思うと・・・ちょっと、怖いかもね。

まあ、そういうことに「とてつもなく鈍感」なので、無礼があったら、ご容赦ください。
コメント (2)