まったり アイマス2

アイドルマスター2 超ライトユーザーのプレイ日記

1875. プラチナスターズを今から始める方へ、その1

2017年01月31日 | 日記

 ようこそ地獄へ。…じゃなかった。PS4の最新アイドルマスター、プラチナスターズの世界にようこそ。
 まあ、いろいろありましたが今は普通に凡ゲーですのでご安心ください。しっかりバンナムの安心品質ですから、理不尽なバグとか不可解なバランスは無いです。ステージシーン、安定しているし。

 本来はアイドル育成ゲームです。765プロダクションという小さな芸能プロダクションが13人の新人アイドルを抱えていて、社長自ら売り出したものの最初の数カ月間はぱっとせず。なぜかというと、この高木順二朗社長、人柄が良すぎてすんでの所で押しが弱いのです。そこで、変態である…、ではなくてしっかりアイドルをトップアイドルまで導いてくれるあなた、つまりプロデューサー(P)が採用されました。

 なのですけど、様子が変です。強化合宿になったのですけど、そこから抜け出すことはできず、ひたすら強い衣装の獲得を目指して単調なステージをこなしながら、何年間も何十年間も過ごすことになりました。衣装の獲得は、基本はごくつまらないレベル上げで達成しますが、たまに行商が来て実の資金で売られていたり(ダウンロードコンテンツ (DLC))、流しの賭博場がやってきて勝てば衣装などが手に入ります(DLライブとPドロップス)。

 まあざっと言えばこんな感じ。つまらないゲームみたいですって?。その通り。しかも、最初はその賭博が詐欺と言えるほどの悪質なもので、開発部隊に苦情のメールが殺到。普通のゲーマーはさっさと離れて行きました。以前からのPでも多くは衣装獲得をあきらめてしまい、そうなると全然お金が動きません。アイマスの恥、面汚しです。
 しかし、さすがに我が国のゲーム界のトップメーカー、バンナムだけあって、何とか粘りました。その結果が今のプラチナスターズです。数度の調整を経て、初期のプラチナスターズとは違って、しっかり課金要素はあるものの、普通の感覚の値段の上限がある感じになっています。

 じゃあ、なぜお前はずっと続けているのか、と言えば、もちろんステージシーンがあるからです。仮想世界の仮想ステージで、美少女ポリゴンが歌って踊ります。単に見ているだけでは無くて、少しですけど演出が可能です(ステージフォーユー (S4U))。プロデューサーがうまく指示を出すと、アイドルたちは見事にそれを表現してくれます。
 まあ、PS4の最初のアイドルマスターということで、ステージシーンにも難点はいっぱいありますけど、一見豪華で迫力があります。さすがにPS4と言ったところ。

 新楽曲は5曲で、どれも秀逸です。これをPたちの思い入れがいっぱいの13人のキャラが演技してくれます。DLCを合わせると36曲。これとは別に2つのメドレーがあります。
 ライターは優秀なようで、いわゆるコミュは楽しいです。他にも細かいところでさすが大手のバンナムと思わせるところがあって、発見の楽しみはあります。層が厚く、中にはものすごく優秀なスタッフがいる、ということ。熱い思いが伝わってきます。

コメント

1874. ダウンロード版プラチナスターズの超短期間の値下げ

2017年01月31日 | 日記

 昨日、1月30日から一週間のセール、2月5日(日)までです。Pの方々、ご決断を。
 PS4の最新アイマスゲーム、プラチナスターズ。本体が35%引きでダウンロードコンテンツ(DLC)が20%引き。ダウンロードコンテンツは全部が値下げ対象のようです。

 本体は買うとして、DLCのどれを買ったら良いかですが、メール、楽曲と衣装とアクセサリの全部です。セット商品があるので重複購入にはくれぐれもご注意ください。
 マニーとDLC06に含まれる加速アイテムは考えどころです。分からない方はパスしてOKと思います。
 DLCは全く買わなくてもゲーム本編には影響がありません。でも、メールが無いとかなり寂しくなります。
 楽曲は買っておかないと、他のPのPVが途中までしか見られないはずです。かなりのストレスになるので、続けるつもりならば買った方が良いと思います。衣装とアクセサリのセットの中に入っていて、こちらが多少お得なので、結局は全衣装とアクセサリが揃うことになります。
 全部買ったらお高いんじゃ無いの?、との意見もあるでしょうけど、その通りです。めちゃ高価です。そのようなゲームなのです、アイドルマスターは。

 で、DLCを買って後悔しないかどうかですけど、ここは大切なので稿を改めて述べる予定です。簡単に言うと、公式ページなどで公開されている、春香などのポリゴン美少女が仮想ステージで歌って踊っているのを見て、ずっと楽しめそうなら大丈夫。そうでないならば、よくよく考えることをお勧めします。
 必ずしも評判が良くないプラチナスターズですが、粘り強い先輩Pはいるし、新人さんも時々やってきます。資金に余裕がある方は、この独特の世界を体験してみる価値はあると思います。

コメント

1873. DLライブ18

2017年01月30日 | 日記

 本日配信。プラチナスターズのDLライブ、第18弾。ライブそのものはオンラインでゲームを始めると追加されます。
 別に無料のPドロップスがあって、こちらは積極的に導入しないと手に入りません。

 さらにファン数荒稼ぎの一度きりのライブが用意されています。その名も「765EXPO2016」…ええと謹賀新年はやったはず。さっそくPたちに突っ込まれてましたよ。何でこうも開発班は間抜けなのか。おそらくは、激しくバンナム内部でどたばたした結果なのでしょう。ご愁傷様。

 (追記) さりげなく書かれていました。これが最後のDLライブだそうです。これ以上増やすとPドロップへの課金が半端でない額になるからでしょう。
 試みとしては、私は良い挑戦だったと思います。ただし、フルプライスのゲーム機のゲームでは運用が非常に難しいことも分かったような気がします。
 私としては、衣装やアクセサリが人質に取られたのが痛かった。それ以外の、たとえば本編にもS4Uにも役立たないカードとかの配布だったら良かったのに、と思います。
 S4Uを妨害してしまったのは非常な痛手で、新着PVにはサクラが出す以外はろくな衣装が出てこなくなりました。その結果は悲惨で、765オリジナルが荒廃している状態と思います。いや、元々プラチナスターズの衣装のデザインがことごとください、というのは秘密で。

コメント

1872. 亜美・真美の中の人の誕生日

2017年01月30日 | 日記

 1月30日は双子の765アイドル、双海亜美・双海真美の声優、下田麻美さんの誕生日だそうです。いつものようにPS4のアイマスゲーム、プラチナスターズで有志がお祝いしています。キャラの誕生日では無いので盛大とまでは行きませんが、心を込めたPVが上げられているはずです。

 初代では舞台には一人ずつしか出てこず、芸名が亜美。初期の混乱期を除いては真美が姉です。プラチナスターズでは双子のステージが組めます。
 声域は普通ですが、声質に特徴があり、高音成分を多量に含みます。なので、ユニットに入れておけば輝くような音色になります。低音成分の多い真と共演させるとかなり重厚になります。
 ただし、歌い方が独特です。いわゆるこぶちと空耳。最年少の設定なので遊んでいる感じ。他のキャラと混ぜると目立たなくなります。
 声優ライブでは安定した歌が聞こえてきて、安心のとかちブランドの異名があります。昨日のプロデューサーミーティングでもその片鱗が味わえたので、知っていたPは、にやっとしたのではないでしょうか。

コメント

1871. プロデューサーミーティング 2017、二日目(最終)

2017年01月29日 | 日記

 本日もライブビューイングで参加しました。無事に終了、ほっとしました。

 一部で勘違いしたPがいたようですけど、普通の声優ライブではありません。初期のゲームの謝恩会はこんな感じだったそうです。声優ライブはその内容の一部を拡大したのでしょう。
 曲数が少ない分、演技に力が入っていて、さらにライブビューイングではカメラワークが優秀でした。
 トークや朗読劇は、プラチナスターズでは物足りないアイドルとの交流を補っていたように思います。特にプラチナスターズからアイマスに入った方は、ステージでのバーストアピールの意味をゲームからくみ出すのは難しいと思います。本公演でキャラの特性を知って納得された方もおられると思います。

 ステージの階段が急で段差が大きく段数が多いのはプラチナスターズのアリーナを表現したかった模様です。危ない仕掛けなので、他の仕掛けが省略された感じ。その分、ディスプレイを豪華にしました。シンデレラガールズで使用された精密なLEDディスプレイがふんだんに使われていました。
 使われたポリゴンはプラチナスターズのもので、人形劇よろしく(声優とは別の)アクターがキャラの動作を操縦して、声優さんが声を充てていました。今回は春香だけで短時間でしたけど、今後展開するようなことを言っていました。私の意見では、強烈な工夫が無いと声優さんの演技に負けてしまうと思います。
 照明は工夫されていたと思います。会場では効果がよく分かったと思います。

 声優ライブの直前に6曲ほどプラチナスターズのステージシーンが採用されていました。PS4 Proの画像がそのまま使われていたようです。画面にゴミのようなものが映っていたのはコピー対策かな。この水準の画像になると、映画館で見てもそれなりの迫力があります。
 ゲストはトークの場面で赤羽根P。アニメ・アイドルマスター、シャイニーフェスタのOVA部分、劇場版アニメ・アイドルマスターに出てきます。錦織監督の創作です。ゲーム内の変態Pとは違って、学校の先生のような感じ。
 ライブ部では初日に秋月涼くんの中の人、二日目は玲音の中の人が出てきました。両キャラともプラチナスターズの一つ前、PS3のワンフォーオール(OFA)で出て来るキャラです。
 坂上Pやゲームスタッフは出てきませんでした。高木順二朗社長と小鳥さんは声と影絵での出演です。

 告知ではDLライブ18が明日(月曜日)配信。
 ダウンロード版のプラチナスターズとDLCの多分全部が超短期間の値下げ。これも明日からです。
 DLCの告知はありませんでした。もしかすると今までの6回で終了なのかも。
 てことは、プラチナスターズは早々に切り捨てて、次の、おそらくはミリオンライブのゲーム機のソフトにつなげるのだと、私は勝手に予想してみます。プラチナスターズのプレイは続けますけど、正直言ってもうこりごりなので、普通の判断かも。いや、単に隔月の発行になっただけかもしれませんから、もう少ししないと結論はできません。

コメント

1870. プロデューサーミーティング 2017、初日

2017年01月28日 | 日記

 行ってきました、ライブビューイングに。
 新発表は明日にまとめて。ですけど、新衣装はプラチナスターズ用のようです。

 765オリジナルのオールスターズが全員出席の今では珍しいステージ。会場は東京体育館で、いわゆるアリーナです。階段はありましたが花道やトロッコは無く、シンプルな会場の作りでした。内容はトークと朗読劇と短めの声優ライブ。もちろんプラチナスターズの固有曲がメインです。全体で3時間半のショー。
 背面が巨大なディスプレイで、これは劇場版アイマスとやや似ていると思います。
 ゲストが2人出てきました。

 感想は明日まとめて書きます。初日はうまくまとまったと思います。客席のPには好評でした。

コメント

1869. プロデューサーミーティングは明日と明後日

2017年01月27日 | 日記

 765オールスターズの声優さんが集まるプロデューサーミーティング。明日土曜と明後日日曜日では開演時間が異なるのでご注意を。私はライブビューイングで参加予定です。

 1月28日(土) 17:00開演
 1月29日(日) 16:00開演

 です。

 ま、プラチナスターズがあれなので、進行によっては9.18みたいに荒れてしまうので、開催側はくれぐれもご注意を。忠告しました。

 プラチナスターズの新曲は5曲で、これは全部披露されると期待しています。プラチナスターズにはマスターピースやミュージックなど、過去の主要曲は来ておらず、というか楽曲数が全然足りません。まだDLC続けるのかな。これが第一の注目点。
 別のPS4用ゲームを持ってくる、と言う手もあります。初代アイマスに対するライブフォーユーの感じで。すこしだけ期待。

コメント

1868. PS-VR、今回も即売り切れ

2017年01月26日 | 日記

 昼過ぎに職場の近くの量販店に行きました。当然の感じで今回も、PS4などにつなげて見るゴーグル型の仮想現実ディスプレイ、PS-VRは売り切れ。
 何か特別なことが起こらない限り、そのうち手に入ることは確実なので、焦りません。
 PS StoreではVRソフトのいくつかが若干の値引きされていました。何とも不思議な売り方です。一応、売る気はあるみたいです。
 強化版PS4のPS4 Proは売っていたようです。通販のamazonでも久しぶりに見られて、しかしほどなく通販では売り切れ。店頭では安定してきた感じ。

 公式のアイマスサイトでは、声優ライブが近づいてきたためかsideMの記事が目立ちます。私はほぼ毎日少量ポチっていて、特に大きな変化はなさそうです。一定数のアクティブ数は確保している感じで、イベントに力が入っていて、普通に楽しいです。
 シンデレラガールズ(ソシャゲ)ではプロダクション対抗戦の真っ最中。今度の土日にはプロデューサーミーティングともろに重なるので、確実に2回は対戦に参加できません。ミリオンライブは重ならなかったから、まあいいでしょう。

コメント

1867. 劇場版アニメ・アイドルマスター、3周年

2017年01月24日 | 日記

 2014年1月25日公開。今のところアイドルマスターの唯一の映画「the idolm@ster movie: 輝きの向こう側へ」。2011年のアニメ・アイドルマスターで好評だった錦織敦史監督の渾身の作品。
 なぜか有志でプラチナスターズの新着PVでお祝いすることに。

 …渾身過ぎて、最初は内容が全然分からず、あっけにとられた120分でした。他のPも同様だったようで、初日の公演直後、会場が沈黙してしまって、しばらくして出た声が「駄作かも…」。ただ、P (プロデューサー。アイマスゲームのコアなプレーヤーのこと)が見るとすぐに分かるサービスシーンがいっぱいあったことはすぐに分かったと思います。

 私の事情を先に述べさせていただくと、結局15回(前半9回+後半6回)、映画館に通いました。BDは買いましたが、一回しか見ていません。やはり映画館で見る映画だと思います。
 私の少年期には映画は貴重な娯楽の一つで、よく映画館に行って、当時は途中で入退室しようと、何度見ても同一料金でした。しかし、これほどしつこく見た映画はありません。
 後にレーザーディスクではディズニーの「眠れる森の美女」や「ロビンフッド」や「ファンタジア」を何度も家庭で見ましたけど、いわゆる洋ゲーの感じ。劇場版アニマスは邦画の感じがする映画です。そう、監督の趣味らしく、邦画特有のサービスシーンがパロディとかオマージュの感じでふんだんに取り入れられていたと思います。優れた監督の作品にありがちなファンサービスと思います。

 内容はすでにトップアイドルになってしまった春香たちの、アニメ・アイドルマスターの後日談。2万人とか収容のアリーナでのライブを成功させるために、いつものキャラたちが奮闘する話。
 なのですけど、ミリオンライブ(37人)から新人7人が抜擢されてバックダンサーになるということに。強化合宿に参加して、一緒に練習することになりました。ええ、PS4のゲーム、プラチナスターズの強化合宿やアリーナはここが原点と思います。
 で、話の筋は前半は765オリジナルの13人で進むのですけど、後半はミリオンライブの矢吹可奈と北沢志保の物語になってしまいました。新人がのし上がって行く葛藤の物語。

 この展開がまたがちがちの王道で、元の話を知っている人なら、ああ、ここはこう描かなくちゃ、とすぐに分かるのですけど、昨今のアニメ界隈では珍しいプロットらしく、迷うPが続出しました。ただ、少なくとも初期の動員数は多かったので、提供側としても一応成功した映画の評価だと思います。

コメント

1866. 女子力

2017年01月23日 | 日記

 一部のネットで話題に。「女子力」と言う言葉が男女格差を想起させる人々が一部にいる、と言う説を取り上げたところがあるそうな。寝耳に水とはこのこと。

 私の感触としては「ファッション性」に置き換えられる場合が圧倒的だと思います。男性版なら、粋(いき)、鯔背(いなせ)、伊達男、などに相当する言葉です。
 もしかして、これを指摘した人は男性が言う「いい女」や「美人どころ」のような、聞きようによっては多少下品に聞こえる言い回しと混同しているような気がします。
 いつもこのような下世話な言葉を使っているじいさんばあさんに、若者言葉の「女子力」がそういう響に聞こえたとしたら、やっと解釈できる感じ。
 ただまあ、流行語というか意味が流動的な部分があると思います。急速に廃れる可能性はあるでしょう。

 女子力はファッション性に比べてやや指す範囲が広いので便利なのです。ファッション性が高い、と言った場合は服飾やアクセサリに好感が持てる感じ。髪形はファッションの範囲に入ると思いますが、メイクはぎりぎり。歩き方や仕草はかなり外れる感じ。女子力の場合はここまで入ります。
 女子力が低いのはありきたりなジャージ姿や作業着などでしょうか。あまり目立たないように行動するにはこちらがいいかも。

 まさか、ファッションまで男尊女卑だと言い出す人がいたら、これは手に負えません。
 これには反例を出すだけで十分でしょう。現在の男性のファッションはスーツ姿に決まっていて、女性の服飾の多様さとは対照的です。なぜこうなったかは知りません。あえて言えば、流行です。
 映画では、007のジェームズボンドがネクタイを選んでいるシーンがあって、現在の男性の選択肢と言えばそれくらい。モーツアルトの映画では、どのかつらを選ぶかでえらく盛り上がっているシーンがあって、あの時代の男性の服装には明らかに流行があったと思います。

コメント

1865. やっと思い出5

2017年01月22日 | 日記

 ふうむ、他のPの投稿したPVを見ていると、この曲のここでこんなステップしているのだと、今頃気づいたりして。PS4のアイマスゲーム、プラチナスターズの新着PVの話。これだから舞台は油断できないです。演者は一生懸命の箇所で、観客側はすっと見てしまったり。気づくと神業だったりする。

 ふと時間ができたので本編進行。現在、強化合宿15年目の秋 (:-p)。ソシャゲと同じで、自分何してんだろうなと思いながらもひたすらポチッとな。先行している3人の中の一人の思い出ランクが最終の5になりました。Sランクになったキャラとは別。
 思い出を増やすだけなら営業(だったか)をすれば良いのですけど、それすら面倒なのでライブで押し通しています。ふむ、初期のDLライブを突破するだけでまだまだレベル上げが必要みたいです。

 古くはアケ版。1年間アイドルと過ごすだけでフルプライスのゲーム機用ゲームと同じ料金がかかるので、仕事のあるおじさん専用のソフトの感じだったそうな。今でも変わりないと思いますよ。使えるお金はそこそこで、しかし時間が取れない、これがコア層の多くだと思います。
 こういう事情、プラチナスターズはまったく考えの外みたいです。いや、多少の修正は入りましたけど、元々があっちいっているので救えない部分がある。

コメント

1864. 貴音の誕生日、当日

2017年01月21日 | 日記

 普通に誕生日の投稿数があります。ひとまずほっとしました。PS4のアイマスゲーム、プラチナスターズの新着PVのこと。
 それにしても、発売から1年も経たないのに、これで13人全員の誕生日がしっかり回るのか、常に崖っぷちの感じ。

 それと、DLC07のアナウンスがないけれど、大丈夫かな。開発スタッフ全員、年末年始をしっかり休んだとか。
 DLCがなければないで、衣装等の回収のためにPドロップスに資金を回すので私としてはちっとも構いませんけど、やや寂しいです。
 てことは…。まあ、今度のプロデューサーミーティングの内容を待ってあげます。

コメント

1863. プロデューサーミーティングは来週

2017年01月20日 | 日記

 来週末に765オリジナルの声優さんが集合したプロデューサーミーティングが開催されます。私は2回ともライブビューイングで参加予定です。普通は声優ライブがメインですので、しっかりサイリウムを持って行きましょう。

 実は私、今週末と勘違いしていてかなりパニクっていました。副業が忙しいのと、ミリオンライブのイベントがもろに重なっていて、どうするんだこれ、の感じ。来週末でした。まだまし、私の都合だけですけど。

 今年で12年目だったか。まだ現役です。シンデレラガールズは絶好調なものの、ミリオンライブとsideMが調子に乗るまで引き延ばしていたのかもしれません。お疲れ様でした。
 まあでも、プラチナスターズがあれなので、終末感はあります。幾多の古参Pを蹴っ飛ばしてしまいました。残っているPにも新世代が目立つ。アケ版のPはまだいるのかな。初代Pも貴重な存在になっています。私ですら古狸の感じ。
 ということで、舞台は同窓会みたいになると思います。観客にどの層が来るのかは楽しみ。アニメ・アイドルマスターのPですらしっかり社会人になっているはずです。新規も結構いるはずで、どうなるか。

コメント

1862. 貴音の誕生日

2017年01月19日 | 日記

 来る1月21日は765アイドルの一人、四条貴音と中の人、つまり声優さんの誕生日だそうです。いつものようにプラチナスターズの新着PVでお祝いする予定です。
 なんだか、参加人数が一番の関心事になってしまいました。思わぬ所からの応援があったりして、順風は吹き始めてはいるのですけど、まったく油断できません。

 最初からこんな感じだったら、プラチナスターズの評判はまずまずだったと思います。
 今なら普通に進めて行くと、ほどなく見栄えのするステージが組めるはずです。単調ですけど、この程度は進めて欲しい、の範囲と思います。
 PS4で初めてのアイマスなど、初トライの項目が多いので無茶言うな、との意見もあるでしょうけど、少なくとも初期には仮想アイドルに対する愛情が感じられないのと、自分さえ儲かればバンナム本体もPもどうなっても構わない、みたいな卑怯さが感じられました。今はかなり薄まっています。

 歴史的には初代最後のSPの時も、アイマス2開始の時も、Pもバンナムも七転八倒したので、珍しくない出来事なのでしょうけど、PS3版アイマス2でこの世界に入った私には初めての遭遇なので、いやいやまいった、の状態でした。
 プラチナスターズを冷静に見ることができるのは、少し先のような気がします。一番大切なステージシーンは全体としては良くできていますが、個々の項目に関してはまだまだこんな所で止まってもらっては困る、ような気がします。

コメント

1861. 火星旅行

2017年01月18日 | 日記

 国際宇宙ステーションから衛星放出のニュースがあったので、あまりに懐かしい感じがしたので、この記事をお許しください。

 宇宙と言えば、とあるスマホアプリで「無尽合体キサラギ」の参戦がアナウンスされました。オリジナル765の二次創作を公式が取り入れたもの。
 初代も2も天海春香がメインヒロインを務めていて、ストーリーなどで優遇されているので765プロを牛耳っている感じがするので(普通にプレイするとそうではない感じなので、いわゆるエアプ勢の妄想と思う)、春閣下という言葉が生まれ、それならばと宇宙の支配者に。…私は直接目撃してはいなかったので半分想像です、申し訳ないです。
 あまりにゲームでの春香とイメージが違うので一部のPは拒絶する存在だったのですけど、あろうことかアニメ・アイドルマスターの劇中劇で正式採用。最近、公式からの小説が作られたはずです。
 あの程度のお遊びだったらほとんどのPは受け入れられる、との良い指標になります。
 実際上も、ゲームのままだったら特に特徴も欠点も無い春香に、奥行き感を与えている要因の一つとなっています。アイドルマスターが粘り強く支持されている要素の一つと思います。

 以下が本題なのですけど、いつもの与太話なので内容は大したことはありません。

 私の子供の頃の本にはまだ火星に運河があるとされていて、原始的な植物程度はいるだろうとされていました。有名なタコ型の火星人はもういませんでしたけど、なんとか地球外にも生命体があってほしいと。
 火星は学術上もマーズ、つまり戦いの神の名前が与えられています。地球に近づいた時には(地球の)空に極めて明るい真っ赤な星が現れて、いかにも不気味です。あ、今年は最接近の年なので直前から新聞等で話題になりますから、ぜひご覧ください。

 大きな望遠鏡では何とか地上の模様が見えて、季節があって朝靄があって、自転しているから模様が刻々と変わって行きます。人々の想像をかき立てるには十分だったわけ。
 なので、火星旅行の計画が子供用の図鑑に出ていました。多数のロケットを次々に打ち上げ、地球周回軌道上で調査船を組み立てます。その姿がまたシュールで、巨大なキノコみたいな形で、傘の周囲に客室があって回転しているから人工重力があって、幹の部分は原子力発電部とイオンロケットがあって、熱があるので傘の部分にファンがあって冷やしている(超真空の宇宙空間でなぜこれが有効なのかは不明)。火星に近づいたら火星周回軌道に入り、小型宇宙船に乗り換えて着陸。
 火星には大気があるけど極めて薄いので人類は宇宙服を着ていないととても活動できません。これ以降は、現在の映画やゲームでさんざん描写されているので、私から申し上げることはありません。ええ、火星人どころか、運河も植物もありませんでした。広大な砂漠。ただ、地質学的に見どころはたくさんあるようです。

コメント