まったり アイマス2

アイドルマスター2 超ライトユーザーのプレイ日記

2505. 台風24号

2018年09月30日 | 日記

 とある理由で京都市のホテルに宿泊中。現在午後11時半で、ニュースでは暴風域に入っているのですが今は風が止んでいてあっという間に過ぎ去ったみたいです。最接近の際にも一瞬、風が緩んだのは台風の目に入ったのか、単に風向が急激に変わってビルの向きからそのように見えたのか。
 今回も場所によっては風が強く、影響が出ているようです。こちらでも鉄道はほぼ停止。

コメント

2504. ミリオンライブ!コラボイヤホン

2018年09月29日 | 日記

 本日届きました。アイドルマスター ミリオンライブ! コラボイヤホン、パイオニア SE-CH9T ML!。インナー型のハイレゾイヤホンです。
 音量を充分に絞ってお聞きください。

 インナー型のイヤホンはどれもこれも個性抜群、と思っていましたが、これはものすごく癖がないと思います。アイマスの楽曲は素晴らしく聞こえて、しかしクラシックなども良好に聞こえる…、はずです。まだ後者は試していません。
 周知期間が短かったような気がするので、アイマスバージョンを手に入れた方はラッキーと思います。

 さっそくオンキヨーのハイレゾプレーヤー、DP-X1Aアイマスバージョンに接続して聞いてみました。楽曲は買ったときに付いてきたM@STERPIECEなどと若干の購入曲です。
 いやあ、細部までよく聞こえること。高音も低音も超低音も、フォルテでもピアノでも。ハイレゾとはこう聞こえるものだ、といった感じ。

 リズムゲームのシンデレラガールズ・スターライトステージもかなり音質が良くって、しかし圧縮音源であることはすぐに分かります。
 変わったところでは、とある楽曲のドラムスに、なんとディストーションがかかっているみたいです。最初、私の耳がどうにかなったのか、音量上げすぎかと思いましたが、ボーカルは美しく聞こえていたので、最初から加工されていたようです。ゲーム音楽ならでは、と言ったところでしょうか。

コメント

2503. 765AS応援企画、その1。ゲームセンターにて

2018年09月27日 | 日記

 戦略シミュレーション仕立て
 ターン制。戦闘は961または346相手など。ファンの獲得合戦

 ゲームP視点。語り手の羽鳥龍王は普通のサラリーマンゲーマー、男性。
 主人公は春香。春香のPは別にいる。エドワード・ベイズ(通称、エド)

 ((語りは羽鳥龍王) 秋葉原駅の近くのゲームセンター五劫(ごこう)。一階が展示場とグッズ売り場。二階が明るい雰囲気のリズムゲームやクレーンゲーム。三階は画面を見やすくするためにやや暗く、対戦ゲームなどのコアゲーム系。4階と5階は事務室などスタッフ系。)

 (四月のある火曜日。午前9時。平日なのでゲームセンターの上階にはほとんど人がいない。対戦格闘ゲームを黙々とやっている男、それが本物語の語り手、羽鳥龍王(はとり たつお)、30歳男性。サラリーマンだが土曜日が勤務日なので、日曜日と火曜日が休み。だから朝からゲームセンターに入り浸りなのだ。ハンドルネームは龍王(tatsuo))

龍王。(ゲーム画面を見ながら) ふう、最近は人が少なくなったなあ。

春香。(無料のジュースをそばのテーブルに置きながら) 独り言なの?。

龍王。ああ、失礼。…、いつもの店長じゃ無いのか。君はバイト?。

春香。バイトかな、分かんないや。とにかく事務所から行って営業しろと。

龍王。派遣か。ん、ずいぶん若いな。それにすげえ、ゲームに出てくるヒロインの美少女みたい。

春香。えへへ、ありがと。私、アイドルを目指しているの。というか本当にアイドルなんだけど、まだ売れていないからいろいろ経験しろと。

龍王。会社が。

春香。社長が。

龍王。歌って踊るのが本来の姿じゃ無いのか。

春香。ステージがある。今夜7時から、この2階で。

龍王。だから下調べか。ご熱心なこと。って、このゲームセンターでステージ。本物のアイドルが。

春香。普通よ。

龍王。そりゃそうか。どんな小さな機会もものにしなきゃ。

春香。そう。でも、もっと大きなステージに出たい。

龍王。その願い、実現するよ。名前は…。

春香。天海春香(あまみ はるか)。

 (特定のファンには私的に芸能活動を知らせているということなので、メールアドレスを知らせた。春香というアイドル、律儀なようで、活動状況を公開できる範囲で事細かく知らせてくる。)

 (午後7時。その筋のプロが設定したようだが、ステージは台をしつらえただけのもので、簡素。客席は20脚ほどのパイプ椅子。しかし、私を含めて観客は5人しかいない。しかたがないから、比較的暇な店員を集めて人数を若干増やしてスタート。
 後で聞いたら、ゲームセンターの客の減少傾向が止まらないので、何とかしないといけないと、店長がアイドルを起用したらしい。契約は1週間のステージで本日が初日。お客の反応を聞いて、好評だったら数回のイベントにするとのこと。朝のジュース配りは契約には入っておらず、慎重な春香の個人的判断だったらしい)

 (さて、そのステージなのだが、ポップス系だけかと思ったら、軽快なのやバラードも含めて5曲。が、もう最初から見ていてハラハラ。わざとやっているのかと思ったら、本人は真剣らしい。何とか踊りや歌がうまく行ったら、やったねということか、曲の途中でもこちらを見てにっこりしてくれる。終わったら記念品の芸能事務所のロゴのラバーストラップを渡して、そそくさと帰ってしまった。普通にプロだ。)

 (次の日曜日の夕も出席。少し慣れたのか、リラックスした雰囲気はあったが、演技は相変わらず。もう、これを売りにしたら?、と言いそうになったが、プロに意見するのもどうかと思ったし、こちらはゲームに忙しい。すぐに3階の台に戻ってゲームの続行。
 この時点ではさほど大きな出来事とは思わなかったから、翌日からは普通に仕事に戻る。次の週に行ってみたが、ステージは跡形も無く、普通のゲームセンターに戻っていた。
 そう、春香には何か人を引きつける魅力があったのだ。この時に気づかなかったとは、かなり痛恨。)

コメント

2502. ある晴れた日に

2018年09月26日 | 日記

 密かに進行中の765AS応援企画。春香たちには歴史があるので、アイデアだけなら五万と出ます。作りにくいのは各種ライバル。第6話になってもまだ出てきません。出てきたら小出しします。
 設定は変わりません。戦略シミュレーションゲームのシナリオ。進行ステージで負けたら先に進めません。簡素なバッドエンドです。

コメント

2501. チーム対抗戦

2018年09月25日 | 日記

 本日からソシャゲのシンデレラガールズでプロダンション対抗戦開始。それなりに賑わっています。私も少しだけ参加。
 sideMも対抗戦をやっていますが、こちらはものすごい下位チームなので人がいないです。ほぼ私だけがポツポツ打っていて、たまに出てくる人もいるのですけど、すぐに去ってしまいます。ええ、私もだらだらと惰性で打っているだけです。ゲームが面白いと言うよりは、他の人の動向の方が気になるので続けている感じ。

 街中の様相が変化していると思いますが、気のせいかな。一週間もすれば勘違いかどうかが分かると思います。

コメント

2500. 鬨の声

2018年09月25日 | 日記

 ときのこえ、と読みます。軍勢が攻撃の際に上げる大声。
 いくつか面白いネタがあるのですけど、小さいことなのでステラステージのPVネタに使って終わりの感じ。

 それよりも、報道やネットもこれが出てきたら多少まずい、の雰囲気になっていると思います。相変わらず我が国は平和なので私も含めてあまり実感が湧かないですが、さすがにある種の情報がパタッと無くなってしまったのは感じます。

 ゲーム界の方は何となくとりあえずの方向性が分かってきた感じがします。年末商戦が一つの鍵。具体的には家電業界の思惑とゲーム界の動向が一致するのか否か、の点。

コメント

2499. vita終焉へ

2018年09月23日 | 日記

 来年2019年に販売終了とのことです。発売開始が2011年ですから、PlayStationの製品寿命としては普通。直接の後続の計画は無いとのことです。
 アイドルマスターでは専用ソフトは赤盤・青盤と呼ばれるリズムゲームのみです。vitaではPSPやPS1のソフトが動作しますが、そちらはPSnowに移行して行くようです。

 2005年頃からCPUの進化が鈍化してしまいました。vitaはswitchと同じARMの一機種のはずです。switchは空冷ファン付きですから、vita路線ではこれ以上は難しいと言うこと。スマホみたいに短時間動作で良いのなら性能を上げることができますけど、数分で熱くなってしまいます。
 とはいっても、フルハイビジョンの試作機などとっくにできていると思います。問題は画角だと思います。スマホを見ていても携帯機の大きさはvitaがちょうど良い感じ。しかし、現在の40型テレビと同等の画角にするには15cmくらいに近づけないといけません。普通は30~40cmは離すと思いますから、画面が小さく見えてしまいます。

 ゲーミングパソコンには17インチくらいのノート型もあって、画角は上下左右とも2倍程度。ちなみにデスクトップ型の場合は25インチとか27インチのモニタで、目からは70cmほど離れているはずです。

 PS4は4K-HDRに向かっていますから、少し方向が違います。ゲーミングパソコンの方は解像度を上げるよりもフルハイビジョンのままリフレッシュレートを240Hzにするとか(普通のテレビは60Hz、4Kも)の方向。
 今後どうなるのか。そりゃ8K HDR 240MHzが理想なんでしょうけど、しかも今の技術でもいくらでも資金があればできそうですけど、家庭用には時間がかかりそうです。

コメント

2498. 東京ゲームショウ2018

2018年09月22日 | 日記

 行ってきました。東京ゲームショウ2018の一般公開日の初日。場所は幕張メッセ。
 アイドルマスターのステージ(シャイニーカラーズ)には行っていません。その代わり、バンナムのブースでシャイニーカラーズのPVが流れていました。アイドルマスターとしては異例です。何となく伸び悩んでいるので、なりふり構わずの感じ。
 会場ではアイマスのコスプレした人が歩いていました。ミリオンライブ・シアターデイズの舞台衣装が一人と、sideMのフラッグスの3人組。瞬間に識別できる私も私。

 収穫としては龍が如くの名越監督のステージに偶然出会わせたことでしょうか。新作ゲーム内容の紹介で、私はメタルギアソリッドを連想しました。探偵もののようです。
 数年前にPS4の最初の龍が如く・維新のステージにも偶然出くわしましたから、やや感慨深いものがありました。
 他も元気で、和ゲーメーカーがすっかり調子を取り戻したようです。逆に主要な海外勢が出てこなくなりました。もう十分に洋ゲーが定着したと認識したのだと思います。
 e-sportsの会場は横目で見ただけ。VRではやはりというか、理髪店や歯科で見られるようなチルドできる回転椅子がデモされていました。ゴーグル型のVRを続けるなら、こうした工夫が必要と思っていましたが、多分、製品が出てきたようです。

 ハードメーカーでは日本HPが目立ちました。何かと思ったらゲーミングPCの宣伝でした。DELLは普通にやっていますから、HPも日本でもぜひ、ということだと思います。IOデータのブースもあって、4K-HDRのモニタが販売されているようです、店頭ではあまり見かけませんが。

コメント

2497. 移動日

2018年09月21日 | 日記

 いきなりですけど、久しぶりのvitaのPS4リモート起動になぜか失敗してしまい、かなりめちゃくちゃなPVができてしまいました。
 一応登録しましたが、明日はまともに作りたいと思います。

 シアターデイズは新イベント開始。私は一周年のSRカード育てに集中してます。SSR+は最初は13枚だけに制限されると思ったら、26枚のミッションが出てきました。

コメント

2496. 東京ゲームショウへ

2018年09月20日 | 日記

 少し理由があって明日は移動日になります。毎年恒例の東京ゲームショウに行く予定です。面白いことがあったらここで報告します。アイドルマスターのステージは特設会場でありますけど、めったにバンナムブースには出てきません。やるとステージの前がPで埋め尽くされるので、現状のTGSの規模からして迷惑になるとの判断だと思います。

 さて、前述のFPGAボードが届きました。米国からはるばる、しかしたった3日で来ました。その前は台湾から米国に旅したはずです。世界レベルとはこういうこと。
 FPGAはハードのプログラミングができるICチップで、しかしこれで遊ぶにはそれ相応の電子回路の知識が必要です。でも少し前の機種、DE0に関しては複数の解説書が出ていて、見よう見まねでも動かすことができます。
 今回購入したのは、DE10-NanoとIntel Cyclone10 LP Evaluation Kitの2機種。イーサで接続して使ってみるつもり。なのですけど、時間が取れそうも無く、しばらくは眺めて考えるだけになりそうです。
 アイドルマスターと何の関係が、の方が多いと思いますけど、忘れがちですが春香たちはゲームハード上でのみ存在する存在です。彼女らから見たら世界がどう見えるかを知りたいと思いませんか?。ちょっと言いすぎかな。

 DE10-Nanoの方は2コアのARM CortexA9 800MHzが入っていて、一昔前のスマホ程度のCPU、ただしGPUはありません。GPUが欲しかったらFPGA部分で組まないといけませんが、できたとしても簡単なものしかできないでしょう。勉強にはなります。
 なぜかHDMIインターフェースがあって、デモはVGAみたいですが、規格上はフルハイビジョンに対応できると思います。音声出力もこちら。
 キーボードやマウスを接続するにはUSBを使う必要があります。USBは本当にユニバーサルに使うのは面倒ですけど、決め打ちなら多分、そう難しくは無いと思っています。それらしき資料は手に入れましたが、試したことはありません。

 Cyclone10 LPは最新のインテルのFPGAです。今後はこちらに移行するものと思われます。だから買ってみたのです。規模が大きくないのでそれほど大がかりな回路は組めそうにありません。別に規模が大きい評価ボードもありますけど高価なので手が出ませんでした。
 表示は単体では4つのLEDのみ。Arduinoと呼ばれるインターフェースが付いていて、市販のごく簡単な表示装置があるので接続してみる予定です。

コメント

2495. 岡目八目

2018年09月19日 | 日記

 国際情勢に急激な変化がありそうな感じで、しかし我が国の経済は順調で、この機会にと私の趣味の一つであるプログラミングの方の構想を少し進めようと思いつきました。
 なので、まずはハードから、の連想に走ってしまい、インテルの最新FPGAを使った学習ボードを米国の電子部品商社から直輸入。評価ボードは台湾設計のはずです。目的はギガビットイサーネットがどの程度IC内部のスイッチング網に代替しうるか、です。今回も実験にこぎ着けたら良い方で、構想だけに終わる可能性がかなり大きいです。

 任天堂switchが良い感じで、ただ、この調子の良いままで推移するかはなかなか予想できません。故岩田構想の一つが実現した装置です。wiiUというゲーム機があって、本来はあれでやりたかったこと。つまり複数のタブレットインターフェースの駆動。
 標準チップを使っているから、今後いかようにも展開できると思います。良いポジションにいると思います。ええ、こちら方向の話は聞きませんから、私の勝手な想像です。

 初期のPVではたしか8台までの連係動作が可能だったか。ゲーマーからは能力能力とうるさいので、この際家庭用サーバーを作って連係動作とともに、サーバー自体が4Kテレビ駆動などいかがでしょうか。一気に最新技術に肉薄できます。
 まあ、外から見ていると、こんな私の考える程度のことなど、とっくに内部で構想している感じです。

コメント

2494. 船上ライブ

2018年09月18日 | 日記

 ステラステージのオンライン要素、ランキング→新着PVの話。
 とあるPがいわゆる「とかちつくちて」をやっていて、突然PS3時代のステージ、船上ライブを思い出しました。

 今ではこの趣向はシンデレラガールズ・スターライトステージがやっていると思います。シアターデイズは名前の通り専用劇場があるという想定なので、なかなか外に出ません。これはこれで良いと思いますけど、贅沢な要望ですがもう少し何とかして欲しいです。回転舞台とか、大がかりなLEDディスプレイとか。バンナムの技術班に聞いたら山ほどのアイデアが即答で出てくると思います。

コメント

2493. 765AS応援企画、途中経過

2018年09月17日 | 日記

 いろいろ考えすぎたみたいで、もう開き直って、いつものように勢いに任せることにしました。経験上、第3話くらいまで書けて面白いならうまく行くはずですが、今回は何となくその倍は書かないといけない気がします。

 そう、春香たちトップアイドルを目指す、ちょっと変わった女性たちの物語。本来は劇場版アニメのつもり、アイマス3で本来はして欲しかったことの願いを込めて。
 それにしても、アイドルマスターの各コンテンツは普通に順調です。本日はソシャゲの方のシンデレラガールズのイベントをある程度進めました。昨日はスターライトステージ、さらにその前はシアターデイズ。

コメント

2492. 詩花の誕生日

2018年09月16日 | 日記

 本日、9月16日はステラステージに出てくる961プロのアイドル、詩花(しいか)の誕生日だそうです。いつものようにステラステージで有志Pがお祝いのPVを上げるはずです。

 声優ライブに声優さんが出ていました。
 シアターデイズにもなぜか常駐しています。黒井社長はこちらには来ません。

コメント

2491. 外回り^2

2018年09月15日 | 日記

 本日は土曜なので臨時で別の企業を訪問。少し以前に書きましたが、外からは目に見えない従業員回りの設備が改善されている。その感想を書こうとしたら思わぬ駄文になってしまったのです。

 要するに資金的に余裕ができてきた、ということ。で、内装にそんなに費用はかからないので、おそらく上層部から何か大きな計画を立てろとか何とかの指令。
 そのためかどこもかしこもかなり派手な配置転換を実施しているみたいです。本当にそうなのかどうかは外部からなので分かりません。人員整理の方のリストラで無いことは、配置転換後の従業員が落ち着いているように見えるので分かります。

 想像するに一部の企業は小さなバブル景気みたいになっていると思います。ゲーム業界も外部から見ていると何となく元気なように見えます。
 来週の東京ゲームショウには行くつもりです。アイドルマスターのイベントはいつものように横から待ち行列を見るだけになると思います。

コメント