まったり アイマス2

アイドルマスター2 超ライトユーザーのプレイ日記

2269. シンデレラガールズ劇場のBD

2018年01月31日 | 日記

 第2シーズンの第一巻を手に入れてから昨年末の大忙しモードに入り、出来るだけ量販店には行っているつもりなのですけど、第二巻と第三巻には巡り会えず。まあそのうち会えるだろうと思っていたら、ライブビューイングでシリアルコードが役立つみたいです。
 ということで通販でポチってしまいました。これで全巻(6巻)揃いました。
 出て来るキャラが多くて、ものすごくマイナーな私の担当アイドルも出てきます。まだアニメは見ていません。

 元のゲーム、つまりソシャゲのシンデレラガールズでも半分が見られるはずで、私の端末では見られないと思っていたら、前回(卯月の肩たたき)はどういうわけか出てきました。私の操作が間違っていたみたいです。でもBD買ったから、どちらでもいいや。
 某所の書評欄がやや低評価ですけど、私は中身がどのようなものかを知っているから平気。いくつもおまけが付いているから豪華版と思います。

コメント

2268. 亜美・真美の中の人の誕生日

2018年01月30日 | 日記

 本日、1月30日は765アイドル、双海亜美・双海真美の声優、下田麻美さんの誕生日だそうです。いつものようにステラステージの新着PVで有志のPがお祝いします。
 高音成分の多い独特の声質で、キャラの歌い方も独特です。身長が普通なので声優先でユニットに入れることがしばしばあります。

 765オリジナルキャラが出て来るミリオンライブ・シアターデイズはゆっくりと改良されています。少しでも関心のある方は少しずつ変化していますので見てみると面白いと思います。
 とにかく動員数を増やすのが急務です。私も何か思いついたらこのブログで述べようと思います。
 ステラステージはゆっくりと動員数を増やしている感じです。

コメント

2267. 6800

2018年01月29日 | 日記

 午後の出張の前に食事をかねて近くの量販店へ。任天堂スイッチがいま手に入りますの大きなディスプレイが飾られていました。PS系は安定しているようです。
 近所の大型書店へ。6800という懐かしい文字列があったので買いました。世界で2番目のマイクロプロセッサとのこと。この本の目玉は現在の秋葉原で本物のICを買って組み立てて動作させることです。そのことも詳しいのですけど、良かったのは当時の米国や我が国のメーカーやマニアたちがどう活動したかがまとめられていることです。当時の私は高校生で、友人が手に入れていたのを思い出します。

 で、マニアというか素人が計算機を手に入れてどうするのかというと、もちろん大型機でやっていることをトレースしたい、というのはあるでしょうけど全然能力が足りない。なので簡単なゲームで遊びます。米国ではミニコンのゲームを移植というのが大きな動機の一つだったはずですけど、さすがにそこまでは書いてありません。その後、日本でもマイコン雑誌が出て、マニアはゲームを作って投稿。コミケのような自作ゲーム販売会まであったはずです(私は参加したことが無い)。
 インベーダーゲームはこの頃の話で、ほどなく自作が主流の時代は終わり、ゲーム指向の完成品のパソコンが出てきました。任天堂のファミコンより前です。その後も紆余曲折があったもののパソコンと言えばゲームが一分野であったのは日本でも同様です。任天堂やセガやソニーの家庭用ゲーム機の存在が大きいので、ともするとPCゲームは洋ゲーの感じがしますが、日本でも現在まで連続して伝統が続いていると思います。

 この手の話となるとゲームマニアがうるさいのか、上述の本にはほとんどゲームの話はありませんでした。当時は学術系に近い雑誌でもゲーム特集をしていましたから普及優先でした。コンピューターグラフィックスが今のような感じになるとは、全く予想が出来ませんでしたが。

コメント

2266. オートカメラ

2018年01月28日 | 日記

 PS4のアイマスゲーム、ステラステージのこと。アイマスだけをやっているわけでは無いので、私の進行はごくゆっくりです。特に困難があるとは聞いていないので、時間をかければ良いだけの話のようです。
 で本日もPV撮影と。

 DLC03のとある曲のオートカメラが気合いが入っていてややびっくりしました。カメラワーク主体のPにはあまり関係ないです。私みたいにほぼアピールのみで構成する場合に考慮が必要。元の2 / OFAとひどく違います。
 プラチナスターズのオートカメラは個性があって、小さな劇場にテレビ局が入ってきた感じでした。劇場版アニメを意識した部分もあるのですけど、基本的にごく真面目なカメラ撮影の感じ。2 / OFAでは映画みたいなカメラ使いが目立っていたと思います。
 今回撮影したのはアニメ曲で、アイマス2でゲームのステージになったもの。あの時はテレビスタジオでのカメラみたいな感じ。今回はテレビ番組のバットマンみたい。このたとえは今の人には分かりづらいかも。そのままオートで見続けると面白いです。

コメント

2265. ゲームがいっぱい

2018年01月27日 | 日記

 いわゆる景気が良いみたいで、普通はこの時期はやや仕事が楽になる時期なのに、雪が降ろうと何だろうと正月明けの多少の期間を過ぎたら普通に忙しいです。
 新作のモンスターハンターは調子が良いみたいで、PSNのフレでも多数がプレイ中です。私は例によってゆっくりスタート。最初の数分で分かる、カプコンの良作の感じ。これこれ、この感じみたいな。
 ステラステージもごくゆっくりした進行です。いつものバンナムの安心してプレイ出来る感じ。この点は一貫していて、前作のプラチナスターズも作りとしては堅実でした。良く作り込むこと。

 職場の近くの量販店では、この寒さにもかかわらず店頭でモンスターハンターの販促をやっていました。要するに売れているみたいです。PS4 pro対応がはっきりしたソフトです。PS4 proの空冷ファンがうなるのは和ゲーでは珍しいです。私はリッチな絵が好みなのですけど、解像度優先や速度優先の画質も選べるので、時間があれば試してみます。
 年始は過ぎましたが、PS storeでは継続してセールをやっている。少し前の作品でやってみたかったのはいくつもありますから、実にうまく狙っています。

コメント

2264. ステラステージ、DLC03

2018年01月26日 | 日記

 昨日配信開始です。昨日は劇場版アニメ記念日だったので、作中に出て来る伝統曲「shiny smile」を早速使いました。
 本日は新曲「そしてぼくらは旅にでる」を。

 今回も新曲の調子が良いです。みなさんDLC的にかなりリッチな絵を作ってPV投稿している。そう、旅客機の客室乗務員みたいな専用衣装があります。衣装とアクセサリの調子も良い。
 ぱっと聞いた印象と違って、何度か聞いているといろいろ気づく曲です。オートカメラが良く出来ていて、アイドルの仕草が分かります。あとはカメラを駆使するPのPVをじっくり観察したいところですが、こればかりは時期を待ってチャンスをとらえないとどうにもなりません。

 購入方法で多少のトラブルがあって対処中のようです。私はいつもPSストアから直接買っているので普通に買えました。楽曲「shiny smile」以外はすべてセットに入っています。アイマスのステージに関心があってしばらく続けるつもりの方は、いずれ欲しくなりますからセットでの購入をお勧めします。

コメント

2263. アイマス新シリーズ発表へ

2018年01月25日 | 日記

 2月7日に発表だそうです。完全新作のアイドルマスター。
 まだ性別年齢どころか人間かどうかさえも不明。おそらくスマホかブラウザ版とのこと。すでにネットでは妄想合戦が始まっているのでここでも御同様に。
 以下、全力で私の勝手な想像ですので引用はくれぐれもご注意を。

 まずは男性ユニット。sideMはスマホのリズムゲーム、ライブオンステージが順調です。なぜか元のソシャゲのsideMにも人が戻ってきています。この勢いを加速しろ、みたいな。具体的には765に対する876 (友好)や961 (敵対)の感じで。

 普通に女性ユニット。アイマスDSみたいな。任天堂スイッチの中身はスマホに近いので、両にらみか、またはスマホ先行か。ちなみにアイマスDSは2DSが生きているから現在でも余裕でプレイ出来ます。このあたりのアイマス路線のセンスの良さはさすがと思います。

 その任天堂スイッチ(子供向き)からの連想で動物キャラ版と。だれかが冗談で言ってましたけど、ありそうな感じもするから不思議。動物ネタはシンデレラガールズにもミリオンライブにもあります。

 だから新人アイドルは少数と私は思っています。10名以上ならかなりの驚きとなります。

コメント

2262. ステラステージ v1.04

2018年01月24日 | 日記

 今回もDLCの発売前日にその中身がアップデートとして配布されています。バージョンが1.03から1.04になります。DLCの内容については先週に公式サイトで発表がありました。
 不具合修正が入っているとのことですが、普通に見る分には変化がありません。何か変化が分かったら後ほどここで報告します。それにしてもポリゴンなどの調子は良く、ステラステージは良く出来ていると思います。

コメント

2261. 劇場版アイドルマスター、4周年

2018年01月23日 | 日記

 2014年の1月25日に公開です。映画館のアニメ・アイドルマスター。春香たち13人にミリオンライブから7名が加わっています。
 美しい絵で、濃密なストーリーのアニメです。やや難解な感じですけど、何度見ても楽しめる工夫がされているのでリピーターが多かったと思います。

 PS4のアイマスゲーム、ステラステージには映画由来の3楽曲とそれに合いそうな衣装があります。そのためでしょうか、明後日の1月25日にPVで有志がお祝いする予定です。

コメント

2260. 週明け

2018年01月22日 | 日記

 昨日の四条貴音の誕生日はその声優、原由実さんの誕生日でもあります。後付けですけど記録しておきます。もちろん、声優さん向けの投稿もいっぱいありました。

 本日も職場の近所の量販店のゲームコーナーに行きました。もちろんめぼしいハード・ソフトがあれば買うつもりですけど、たいていは通りすがりになります。例年よりは今の時期でも賑わっている感じがします。
 1月26日はモンスターハンター・ワールドの発売日です。ステラステージのDLC03はその前日。ううむ、どうするか。両方充実させたいところではありますが。

コメント

2259. sideM 3rdへ

2018年01月21日 | 日記

 ライブビューイングで参加予定となりました。アイドルマスターsideMの3rd声優ライブツアー。その最初の2回。直前にももう一度このブログに書く予定です。
 今回はアニメ後初ですから、ソシャゲのみだった前回までと違って、新要素が入ってくる感じがします。楽しみ。

 話は変わって、PS4のアイマスゲーム、ステラステージの貴音誕生祭は好況です。ほっとしました。じわじわ人気が出て欲しいです。

コメント

2258. 貴音の誕生日

2018年01月20日 | 日記

 明日、1月21日は765アイドルの一人、四条貴音の誕生日だそうです。いつものようにステラステージの新着PVで有志がお祝いする予定です。

 発進直後に墜落してしまったプラチナスターズでも、アイドルの誕生日に関してはそこそこの投稿がありました。それもかなり手の込んだ投稿が見られましたから、こうしたPの活動がバンナムに届いたのかもしれません。
 そういえば、その明日でステラステージ発足一ヶ月です。多少のことはありましたが、すぐに修正されて今はとても順調です。Pの活動度は今のところこぢんまりとしていて、しかし熱心なPが離れません。良く出来ています。

コメント

2257. スマホアプリは元気

2018年01月19日 | 日記

 アイドルマスターのソシャゲ6アプリは順調です。
 特にsideMはライブオンステージも元のソシャゲも調子に乗ってイケイケ状態のようです。ソシャゲはマンネリイベントなのですけど、それでも楽しいのが不思議。

 昨日はシンデレラガールズのスマホリズムゲーム、スターライトステージのイベントをこなして、と。こちらも巡航状態なのですけど、うまく盛り上げていると思います。
 ソシャゲのシンデレラガールズは繁盛している感じ。うまく運営とPがかみ合っています。

 ミリオンライブ。スマホリズムゲームのシアターデイズは完全に開き直っている感じです。面白くする気はさらさら無いみたいです。このなんともやるせない感じは独特。まあ、続いているだけありがたいか。
 ソシャゲのミリオンライブは終息態勢なのになぜかまだ面白いです。愛着があるからだけかもしれません。この絵はどこかで続いて欲しいです。

コメント (1)

2256. ステラステージ、DLC03予告

2018年01月18日 | 日記

 そろそろ来るかな、と思っていたら公式ページに出ました。PS4の最新アイマスゲーム、ステラステージのダウンロードコンテンツ第三弾(DLC03)の予告。新曲と新衣装と、過去作品から支持の多い楽曲と衣装などが。

 マリオネットの心はアニメ・アイドルマスターの有名曲の一つです。深刻な内容なのですけど、実はある種のアイテムがあると冗談かませることが出来る楽曲です。そのアイテムはすでにありますので、狙ってみます。

 なんだかステラステージはすこぶる調子が良い。今いるPのほとんどはプラチナスターズのことを知っているでしょうから、打って変わった上出来さに驚いていると思います。何が起こったのかな。この調子だと少なくとも予定されているDLC06までは大丈夫そうです。
 うーん、やはり何か追撃の一打が欲しいです。たとえばVRで各ステージの観客席に行けるとか。Pの視点がうしいので、リハーサル風景とか。いや、もっと別の何かで良いですけど。

コメント

2255. 雨後の竹の子

2018年01月17日 | 日記

 一件逃したような気がしますが、最近は声優ライブが続いていたので一回休みかも。ステラステージを進めないといけないと言い訳で。もちろんアイドルマスターのこと。
 私、特別な理由が無ければポップス系のコンサートには行きません。最初の数秒で和音進行に白けたら聞く気が無くなります。実例があったかどうかは秘密にさせていただきます。

 ぜんぜん別の話。本日は職場近くのアニメイトへ。一時期は縮小気味だったアイマスコーナーは今はなんだか充実しています。sideMが見当たらないと思ったら、少々離れたところにありました。男性ユニットは激戦みたいです。
 で、その隣がやや大型の書店。アニメイトの隣のためなのかオタクコーナーが充実していて資料集めにはもってこいです。ざっと見て科学コーナーへ。こちらは縮小。
 少し前に娯楽系の数学で話題になったジャンルの新刊がある。ざっとみて分かりやすいと思って買ったら、なんだか並みの解説書でした。いわゆる外れ。まあ、用語説明は出来ているから読んでいますけど。研究者では無くていわゆるライター系なので用心すべきでした。迫力が全くないです。
 同時に買った別の本にはとある図形に珍しく数式が書いてあったから、そちらに期待します。小さな項目だったのですけど、たまたま目に入ったので。

コメント