広域指定爆笑団・全日本茨咲連合会

カヤック・スキー・スキンダイブ・落語・お酒に目が無い「いばさく」のBlog。
一目見たらあなたも立派な構成員?!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

初笑い・昼の部は「志の輔」を銀座の奥深くで?! 【GINZA SIX】

2018年01月13日 | 落語・演芸部
〇1/13(土)
正月恒例だった「志の輔らくご」は会場のPARCO劇場の改築中につきしばらくお休みだが
今年はこんな企画が銀座の奥深く?にて。

<志の輔らくご GINZA MODE>@観世能楽堂(GINZA SIX地下3F)

会場はあの「GINZA SIX」の地下深ーくに開設された能楽堂。
松濤にあったものを移築したそうだが、元々江戸時代には銀座に所在してたとあって「里帰り」だとかw
さらに最新技術により・・・

よく見ると観客席側の柱がないでしょ?
この能楽堂は「目付け柱」が取り外せる構造なんだそうな。
(取り外しには男5人がかりで2時間以上かかるそうだけど)
そんな舞台や国立能楽堂での初「能鑑賞」時のエピソードなマクラから始まった志の輔師の噺は。。。

パルコでもおなじみだった長唄もしっかり構成に。
会場が会場だけにこちらもしっくり感はパルコの比ではないねw

トリネタの「徂徠豆腐」は師のオハコの一つだが今回は「忠臣蔵との繋がり」などサイドストーリー的なネタも
ふんだんに加わっての長尺バージョン。
お互いいい親戚が出来てよかったなあ(笑)


やはり初笑いに「志の輔」を聴くのは気持ちがガッテンするね♪・・・・おあとがよろしくないようで^^;


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 久々の歌舞伎座で「こうらい... | トップ | 初笑い・夜の部は「松之丞・... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

落語・演芸部」カテゴリの最新記事