広域指定爆笑団・全日本茨咲連合会

カヤック・スキー・スキンダイブ・落語・お酒に目が無い「いばさく」のBlog。
一目見たらあなたも立派な構成員?!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「春画展」のハシゴ?  【春画】

2015年11月20日 | 美術部

○某日
細川家伝来の文化財を管理・公開している永青文庫@目白にて開催中の<春画展>へ。


大英博物館所有の歌麿、北斎等の春画の原版が日本初公開されており貴重な機会。

しかし聞けば国内のあまたの博物館等の施設は「春画の公開」に尻込みしてしまい、
会場提供するところが今までなかったっていうのは寂しいねえ。
今回は細川元総理(会場・永青文庫理事長)の漢気で国内初公開と相成ったそうな。さすが殿!

そうした経緯や評判の高さもあってか平日でも入場者多数!春画がこんなに関心をもたれているとはなあ・・・
和モノ好きとしては嬉しい光景だねえ。

けれど当然ながらどの展示物にも大行列なのにはちょっと閉口。
これだけ充実した作品数を展示するならやはり大箱での開催を望みたいなあ。
(細川さんゴメン)


一方、永井画廊@銀座で開催中の春画展へもいそいそと。

(もちろん永青文庫とは別の日にだが、我ながら春画好きだねえ(^^😉 )

こちらでは北斎の傑作「萬福和合神」が大判でじっくり鑑賞可能!
この作品は同日に誕生した女性二人がそれぞれたどる対照的な運命を艶本として描いており、
北斎の世界観や日本の「和合」の精神も垣間見える奥深い作品。実に見応えアリ。


展示作品数は永青のほうが圧倒的だが、こちら永井画廊のほうが断然空いてるしじっくり鑑賞できます。
ビギナーのワタクシ的にも分かりやすく解説されているので個人的にはこちらをおススメ。
12/23までやってるよー(場所はあの「ナイルレストラン」の隣です)


「春画展」が同時期に二つも都心で開催されているとは、実に幸せな時代ですな( ^^)
コメント