広域指定爆笑団・全日本茨咲連合会

カヤック・スキー・スキンダイブ・落語・お酒に目が無い「いばさく」のBlog。
一目見たらあなたも立派な構成員?!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

'10 カヤック振り返り  [カヤック 集計]

2010年12月29日 | カヤック履歴部
↑こんなのを流行らせた一年でもありました(笑)
(モデル:いばステ製作者・ハムたかさん。着用ありがとー!
 (画像はみすた師匠よりパクリ。こちらもいつもながら恐縮です))

お待たせしました!(って誰も興味ないだろうけど
毎年この時期恒例『今年はどこでこれだけ漕いだか?』の集計です
オイラ的にはすっかり年末の楽しみの一つなんだよね~

さあ、今年はいかに?!

●日数 85日


偶然ながら・・・なんとスモもさんと同日数!(笑)


昨年(70日)より大幅増。
今年は毎年恒例の腰痛勃発もなく、日数的には5年ぶりの80日オーバーとなりやした

ちなみに、ここ数年の推移は・・・
'03     約70日
'04      約80日(空手で足首骨折&入院)
'05      85日
'06'      62日(結婚)
'07      74日
'08      76日
'09      70日
'10      85日

なんか・・・ほんの少し「カヤックが好き」になってきたみたい(笑)。



●場所別ランキング(数字は日数/()内は昨年日数))
①御岳  19(22)   なんだかんだ言っても、やっぱホームですから(^^ゞ
                 (ベビ他のイベントで行く機会が圧倒的に多いんだけど

②タンの瀬(最上川) 10(5)   今年は3月からずっと通ったぜ!極寒の中、計5脱しながらも頑張りました(笑)
                 でも大会ではなんも出来ず、110さんにも苦笑されたよなあ・・・来年はリベンジだ!
 
  長良川・コンノ他  10(1)   北関東道~上信越道経由だと意外と近いということが判明し増加?
                 ここ行く途中でクルマのトラブルあったりと、いろいろあったなあ~

④ムモ(那珂川) 9(4)   「ムモ王」花鳥には遠く及ばずだろけど、これくらいは行ってます。やはりホームだしマイルドだし

⑤オボナイ       6(2)   「ホジネカップ」参戦などでこちらも大幅増。オボは漕いでてチョー気持ちいい!大好きです

⑥吉野川・小歩危他   5(0)  大会参戦や5年ぶりの遠征などで四国づいちゃいました。来年はもっと通うぜい!

⑦水こう門(江戸川)  4(2)  冬場の貴重な基礎練場所。この冬もそろそろお邪魔しま~す。

長瀞(荒川)       4(4) ほとんど「サクラウエーブ」のみ。小滝やスピンホールにも行きたいなあ。

⑨FW(海)     3(11) 「二代目・来る来る詐欺師」襲名間近?・・・しみとしアニキ、見捨てないでくださいまし~

 2段W(豊平川) 3(2)    今年の北海道は2段ウエーブが当たり年。近所にこんなスポットがある支部長夫妻が羨ましー

⑪大芦川        2(0)    新・ご近所川の登場!『いばホール』も発見出来たし、来年は上位入り確実?!


~以下、12位(1回)~
桂川(ロウアーのみ)  1(3)   年末ギリギリにようやく行ってきました。クリパも楽しかった~♪

井田川        1(0)     あの井田ホールにも初挑戦!そしてなんとか生還。来年ももちろん参戦・・・する?!

Sウエーブ(余市川) 1(0)     今シーズン北海道カヤッカーを魅了したこのスポットにも、なんとか行けました

ジョーカー(沙流川) 1(0)     幾春ホールがダメだったけど、このホールでなんとか毎年恒例「北のループ猿祭り」開催♪

幾春別H(幾春別川)  1(3)     GW前半、極寒のこのホールでなんと2脱・・・。来年はリベンジしたいっす。形も戻ってくれ~。

桧枝岐川(ミドル) 1(0)     プチクリークにて無事漕破。今度はアッパー&ロウアー、そして「イナズマドロップ」にも挑戦したい!

セメントW(松川)   1(0)     今度はベストの時に行きたいなあ。

水上(利根川)     1(0)     「悪魔の階段」を沈しながらボコボコにヤラれて下ったのはワタクシです(脱はしてないぞ)。
                   意外と近いし、来年は通いまくり決定!?

ぶたやH(天竜川)   1(0)     こちらも新?スポット。なかなかいいホールなんだけど、あのニオイがなんとも・・・(^_^;)

05(木曽川)   1(1)     ここはホントに難しい。通わなければ。あとこの上の「ダイドー」「三点セット」も行ってみたい~。



●コメント
思いがけずカヤックを初めて以来の最漕日数(おそらく)を記録した年に。
JFKAサーキット全戦参戦をはじめ、それに関連しての各地遠征への増加、
また5年ぶりのベビ四国遠征実施などでかなり充実してた一年でしたね。
新艇も買ったし♪

各地のカヤッカーのみなさんと交流を深められたのも印象深いなあ。
お世話になった北海道、東北、中部、四国他各地のみなさんには本当に感謝感謝です。
(もちろん、関東ローカルのみなさんも相変わらずお世話様です)

あと、カヤック自体とは無関係なトコだけど・・・
「いばステ」ではハムたかさん、
「いばT」ではkatsu_RRっちゃんの協力(ってか全部作ってもらったんだけど感謝感謝)を得て
雪解けのタンから始まったイヤーな一大ムーブメント(笑)をFSカヤック界に巻き起こしたのはいい思い出だなあ・・・
アホな悪ふざけにお付き合いいただいたみなさんに心から感謝!


そうそう、
「いばステ」の有効期限は年内一杯です。
 現在貼られちゃってる方>年末で剥がしていいですよー!
(もちろん、そのまま貼っててもO.K。ご利益あるよ(笑))


さっ、来年は・・・なにやらかそかなっ~なんてね。


一方、(これまたみなさんご存知のように)まだまだ「スキル」の方はお恥ずかしい限り・・・(^_^;)
来年はぜひそちらの向上も本腰入れてやっていきたいなあと思ってマス

その上で!(いつも言ってますが)来年も『年間100日漕ぐ』が相変わらずの目標です。

そして「沈脱しない」も目標にしておくか・・・
(万が一の際の「言い訳」は常に準備してますが(笑))


ってことでカヤック仲間のみなさん、今年も本当にお世話になりました!
来年も相変わらずではありますが、漕いで飲んで喰って騒いでと楽しくやっていきましょう
どうぞよろしくです~

それではみなさん、よいお年を!




#  ちなみに落語・演芸関連へ足を運んだのは計14回。こちらももっと充実させたーい。
#  そしてコチラ方面の同志も求む!
コメント (15)

いばさくのカヤック履歴書 番外編  ~こんな艇を乗り継いできました~

2010年02月24日 | カヤック履歴部
'10Allstar購入のことをブログにUPしたら、イ・ケノービさんから「一体何艇目なんですか」とのコメントが

うーん、オイラ自身もこれで何艇目なのか、もうよくわからんっ

そこで…いい機会なので、一度整理してみることに。


<いばさくのカヤック履歴書 番外編 ~こんな艇を乗り継いできました~>

'99 ①Perception  Dancer  初の自艇!ヤフオクで中古艇購入→茨城・やわらカヌーCCへ寄付

    ②Perception  Fox Proline 茨城スラ仲間より中古艇購入(スラ練習艇)→???へ売却?(忘れてしもた)

'00 ③Double Dutch Fuego 茨城のスラ仲間より中古艇購入・スラ艇→某長野カヤッカー(WNメンバー)に売却

'01 ④WS  XXX(トリプルエックス) ヤフオクで中古艇購入→ヤフオクに出品すると前オーナーが落札!

'02 ⑤Dagger    Kingpin6.2 グラにて新艇購入→某長野カヤッカー(WNメンバー)へ売却
                    (偶然にも③と同一の方のもとに!)

'04 ⑥Riot     Astro54 グラにて新艇購入→スピリットにて売却

'05 ⑦WS     ZG48   雲さんより(海外赴任中の)1年間レンタル→帰国後、返却

   ⑧WS      PJ52   スピリットにて中古艇購入→群大OB・S君に売却

'06 ⑨Dagger    Kingpin6.2  チャボより3カ月強制レンタル(笑)→お礼にバックバンド交換をしてあげて返却

  ⑩Dagger     Kingpin6.2(icon)  ダイダイカヤック(旧キミドリカヤック)さんより中古艇購入→現在も保有

'07 ⑪Dagger    Agent6.2 石井スポーツにて新艇購入→某ベビメンバーに売却

'08 ⑫Jackson    '07 Allstar  わらぼうしせんしゅより中古艇配給(笑)→イ・ケノービさんへ売却

'09 ⑬Jackson   '08 Allstar   わらぼうしせんしゅより中古艇配給→現在も保有(売却方向?)

   ⑭WATERFIELDKAYAKS Apollo7    ドクさんより中古艇購入<サーフ艇>→現在も保有

'10 ⑮Jackson   '10 Allstar FWより新艇購入→もちろん現在も保有



うーん、計15艇か。
カヤックキャリアが約10年だから・・・一艇につき平均1年乗ってない計算になるな(笑)

それにしても・・・⑤、⑨、⑩とまったくと同じkingpinを3艇も乗っていたり
(理由:その時期極度のロールスランプに陥り、ロールが最も上がりやすいkingpinに戻した)
わらぼうしせんしゅから2艇連続で配給?を受けていたり(ちゃんと代金は払っていますが)。

他にもkingpinとFuego(スラ艇)を別々の時期にヤフオク出品したのにもかかわらず
偶然にも同一の方(某・長野在住WNメンバーさん)が落札してくれたり、
FS艇で最初に買ったXXXはヤフオクに出品したら元の購入者が買い戻してくれたり・・・。


ま、狭い世界なんですわな(笑)
みなさん、その節はお世話になりました!


って・・・艇それぞれの乗り味とか思い出とかいろいろ書こうと思ったのに、
売買履歴&エピソードだけでこんなになっちまった(-_-;)

各艇についての思い出は、またの機会にでも。


ま、一つだけ言えることは
これだけ乗り替えても、ちっとも上達していない

ってコトだわな

・・・「上達しないのは道具のせいじゃない」てのが証明されたようで(恥)


でもこれからもいろんな艇に乗り継いでいくよん~
だって楽しいし、ワクワクするんだもん♪

今後もわずかながら「市場の活性化」に貢献していきます



もちろん今年は・・・サーフ艇&'10Allstarに乗りまくるぜい
(でも実は・・・もう一艇狙ってるのがあるんだけどね(^^ゞ))

コメント (4)

いばさくのカヤック履歴書 最終回 御岳デビューは雪の中<伝説の沈脱11回!後編>

2009年10月27日 | カヤック履歴部
より続き。

さあ、この大人気連載もいよいよナミダの最終回。


果たして・・・いばさくは御岳から生還できるのか?




吹雪の中の御岳。
ここまで(放水口→寒山寺)で既に「10脱」のオイラ

既にハイポ寸前ながらも「ままごとや」でのアルコール補給でなんとか息を吹き返す。
(*繰り返しますが、決してこんなことはマネしないでください


カヤック再開!
しかし・・・当然ながらここから下って行くと、やってくるのは「みそぎ」の瀬。


突入するなり、
「ここも『入っちゃダメなトコ』じゃん」と心からの叫び

しかし、HIDEさんはもちろん、
ここにも大勢のFSカヤッカーが行列作って「なんか」やってる。


それを見ていると・・・(もうスポットに入る体力など無いクセに)
「せっかく来たんだから」と貧乏根性丸出しで気力のトライ。


当然なにも出来ずバウ食われて沈→脱

ハイ、本日11回目の沈脱達成~・・・・



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


で、実はこれ以降の記憶が全くナシ


ホントに、なーんも覚えてないんだよね



~ここからは状況より憶測~

この後、なんとか軍畑まで下ってゴールして→
着替えて回送して(当時まだベビトラクラブハウスは無かった)→
「梅」で風呂入って→
そこでHIDEさん他のベビメンバーとメシ食いはじめた辺りで・・・

~ここまで憶測~



やっと、記憶が戻ってきた





その間、およそ1.5h近くの記憶が「完全に」飛んでいる

もちろん、この時間のことは今も何も思い出せない



その時は、完璧な「ハイポサミア(低体温症)」状態だったんだろうなあ





なので・・・
記憶がないだけで、ひょっとしたらもっと沈脱してたのかも(笑)。





そんなこんなで、『命がけな御岳デビュー戦』は散々な結果で終了~







でもねえ・・・この時のカヤックって、
「カヤック始めて以来初めて!」な、すごいドキドキで超楽しかったんだよね。
ジェットコースターに乗ってたような気分。


まあ今考えれば、実際スリルある行為をしてしまっているのだが・・・(反省)



『これでカヤックに本当にハマった』と言っても過言ではない。




同時に・・・課題も山ほど。
まず第一にオイラ「川でのサーフィン」すらまともに出来ないのもわかったし。

そもそも練習方法すら分かってなかった

そしてそのサーフィンはもちろん、もっともっといろんなムーブをガンガン繰り出すカヤッカーが
身近な世の中に沢山いるってのも確認できた


しかし決して、「手の届かない世界」ではなさそうだ。
これはどんどんやらねば!

もっともっと練習して、この川(御岳)で楽しく漕げるようになりたい!



ハイポ発症(笑)と引き換えに、
そんな「どっぷりと」カヤックバカに染まる決意を抱いた、記念すべき、
そして散々な(^^ゞ、御岳デビュー戦でした。





しかし・・・これだけ沈脱してんのに、全部セルフでなんとかしてんだよな。
我ながら・・・すげえな、オイラ。


*注:現在のベビトラでは、決してこんな無謀なことはしていませんし、絶対にさせていません。
    スキルに応じて安全にカヤックを楽しんでいます。
    DR他のイベントでは、レスキュー体制は出来る限り最大限確保しています。
    どうぞご安心のほど。




さて・・・この辺でこの『いばさくのカヤック履歴書』も一旦〆たいと思います。

みなさん、こんなしょーもない記録を最後までお読みいただき本当にありがとうございました




(ま、気が向いたらこの続編でもやりましょかね。ネタは山ほどあるし(笑))


では、また会う日まで!

(って通常のブログはフツーに続けますよ)
コメント (9)

いばさくのカヤック履歴書⑨ 御岳デビューは雪の中<伝説の沈脱11回!中編>

2009年10月01日 | カヤック履歴部
から続く。



雪の吹き荒れる極寒の2003年冬、
初・御岳DRを放水口から漕ぎはじめたいばさくの運命やいかに


放水口から20m経過。
「えー!!こんな激流(笑)初めて・・・こんな危ないとこ漕ぐの

すっかりビビりモード

それどころか
「こんな急流・・・・これは『漕いではいけないところ』なんじゃないですかもしかしてクリークなの」な
警告(誰に?)モード


そんなオイラの自主規制願望?に構わず、HIDEさんはどんどん下る。
仕方なく強制的に『自主規制解除』でついていく

このとき
「えーっ、ベビトラって「クリーク」もやる集団だったんだあ・・・
とか思っていたような(アホ)。


さらに最初の瀬「カップスター(←当時は名無し。後にベビメンバーによって『カップスター』と命名される)」
横のエディに到着すると
HIDEさんはエントリーを繰り返し、サーフィン&スピン練習を始めた。

それまで瀬での練習らしい練習などしたことのなかったオイラ。
『これがロデオの練習方法か!』と、ビビりモードから一転して感動モードに


(今までなにを考えてたんだろ


さあよしオイラもやってみよう


見よう見まねで、続いてエントリー。


(*)・・・・サーフィンすら出来ない。

当たり前だ。ちゃんとやったことないんだから


お約束のように、エントリー→速攻でバウを喰われて沈(上沈も多数)。
→緊張でロール上がらず→沈脱



でも当時はガッツがあったので、そそくさとセルフで岸につけ上陸

担ぎあがって再エントリー


(*)に戻る、の繰り返しを延々続ける(笑)。



今だったら、この時点で速攻で逃げ帰ってるな・・・



そんなブザマな様をを続けてると、HIDEさんもよほど気の毒に思ったのか
(でもレスキューはまったくしてくれなかったが)、
軽く切り上げてサクサクDR再開。






ポーテージや下見などまったくナシ。ルートなどの説明もほとんどナシで
どんどんススム。
<こんな危険なDR、今のベビトラでは絶対にやってないからね!


そして御岳の核心部へ。
今思うと奇跡的だが、三つ岩やハッカケはノー沈で無事クリア!





しかし途中、小さいスポットで遊ぶHIDEさんに続いてオイラもエントリー。
すると沈→脱、のパターンを繰り返す。






そうこうしてるうちに、
当時御岳でアツいスポットだった「沢井(「便所下)」へやってきた
FSカヤッカーの姿多数。
(この時、ここでわらぼうしせんしゅにも初めて会ってんだよな(たしか))


ここではもちろんHIDEさんもガツガツ漕ぐ。


オイラも必死にエントリーするが当然・・・沈脱の連続。

もう開き直っちゃってるから泳ぐのはいいのだが…ああ、寒いっっっ(震)


震えが止まらなくなってきた13時過ぎ、神のお助けか
昼食のために寒山寺は「ままごとや」にて温かいおそばをとることになり休憩へ。
(当時はこれがベビDRの定番コース)






ちなみに、この時点でトータル「10脱

おまけに雪の降る極寒の御岳で、この驚くような軽装備



当然ながら、奥歯のガタガタ&全身の震えが止まらない・・・



もう「ギブしたくて仕方なかったが
HIDEさんに聞けば『まだゴール(軍畑)まで数キロはある』とのこと


(ここで上がることも出来ることなど当時は知るはずも無く)、
考えた末に、「ある」覚悟を決める・・・





その覚悟とは?
体温維持のためにやむを得ず「沢の井」を熱燗で2合ほどあおることにしたのだ

*こんな最低な行為、みなさんは決してマネしないでください
(誰もマネせんかこんなアホな自殺行為


ぐびぐび・・・

(決して酒が飲みたかったワケじゃないんだが)
冷えたカラダのすみずみまで、熱燗がしみわたる

あ゛あ゛~ぁ、熱燗ってキクなあ!
・・・と心から思った瞬間。

い、いや、そうじゃなくって
『体に体温が戻ってくる感じだ・・・』
なんとかここで生気を取り戻す。



こうして酒の力も借りて
雪の勢いの増すばかりの御岳DR後半戦へ挑むいばさくであった。

さあ、ほろ酔いモードで「ミソギ」へ突入か





~次回・最終回予告~
「⑩御岳デビューは雪の中・伝説の沈脱11回!<後編>」

とりあえず次回でこの「履歴書」連載も一区切りとしたいと思います。
(「なぜあと一回しか沈脱しないの?」の謎も次回明らかに)

感動のラストをご期待あれ~
コメント (11)

いばさくのカヤック履歴書⑧ 御岳デビューは雪の中<伝説の沈脱11回!前編>

2009年09月10日 | カヤック履歴部
より続き。
さあ、いよいよヤマ場へ突入か


2003年3月1日(*)、いよいよ憧れの御岳デビューの日がやってきた

(*)ずっと「03年2月御岳デビュー」だと思ってたけど、
この連載にあたって調べ直したところ・・・正確には3/1(土)デビューでした。
訂正します。




その記念すべき御岳デビュー戦は、
ベビ代表(当時)HIDEさんと二人での放水口→軍畑までのDR。


この際HIDEさんから「漕ぐのは放水口からでいいよね?」と聞かれるが、
御岳の川の形状や区間ごとの難易度などさっぱり分からないオイラ
「ああ、どこからでもいいっすよ~♪」とノー天気な答え


バカヤロウ





ちなみに・・・当日はまだまだ真冬な極寒。
気温はなんと気温はもちろん氷点下(震)。


さらに漕ぎ初めから…雪がパラパラと舞い始める始末


そんな中、当時のオイラの装備といえば・・・
インナーはモンベルのロングジョン(袖無し)にユニクロフリース、
ドライは石井で特売してたストールクイストのドライ
(→しかもこれ、初回から生地から水が染みてきてた代物。)


那珂川とかでスラやってる程度なら、こんなんでも大丈夫なんだよね。

(こんな装備じゃ、今だったら金貰っても漕がんなあ・・・)




さらに、これまで『地元ではカヤックを人に教えてたんですよ~』とかフカしまくってたモンだから、
HIDEさんもムッとしてたのか

『じゃあカウテールとかも無しでいいよね?』。

オイラも
「もちろんいいですよ♪お互い初心者じゃないんだし
とかコイてる始末


オオバカヤロウ・・・




で・・・準備も完了し、
『さーて、じゃあひと漕ぎ「御岳を制覇」してくるかあ!』
なんて気分でいざスタート



・・・・そんな根拠なき自信も、放水口より下りはじめたとたんに崩壊の危機に(笑)。


そもそも今日のいまのいままで、御岳ってどんな川かよく知らずに来てる。

これまでの久慈川・那珂川の経験だけで「川って大体こんなモンだろう」と勝手に思っていた。


そんなワケないだろ・・・

チョウオオバカヤロウ




さあ、ようやく御岳デビューをはじめたいいばさくの運命やいかに?



ちなみに・・・この時点で「那珂川でも(1級程度の)ちょっとした瀬だとロール確率70%程度」
くらいの腕前だったような





さあ、みなさんの想像通りになるか?ご期待あれ~





~次回予告~
「⑨御岳デビューは雪の中・伝説の沈脱11回!<中編>」


いよいよいばさくが生死の淵をさまよう?!


お楽しみに。

コメント (6)

いばさくのカヤック履歴書⑦ 「御岳デビューへの道~飲み会出たり洞窟探検したり~」

2009年09月03日 | カヤック履歴部
『番外編』より続く。


反響が意外といいのでまだ続けます


そうそう、前回の『[番外編]つ・あとの「腐れ縁」事始め』では
みなさんから『もう少し深く突っ込んで書いて欲しかった』との声を多数いただきましたが・・・

『ヨメとの「詳しい」なれそめを世界中に公開する』
なんて出来るかあぁ


…タダでさえ後悔してんのに

ホント、つ・あが絡むとロクな展開にならんなあ。
ま、興味ある方は飲んだ際にでも聞いてくらはい、なかなか言わんけど(笑)




さ、気を取りなおして本編再開!



FS艇(XXX(トリプルエックス))を手に入れ、FS系(?)カヤックサークル「ベビトラ」にも入会した。
さあ、あとはいよいよFSの本場、御岳でデビューするぞ!

と思った2002年末からベビトラの活動に本格的に参加しだす。


記念すべきオイラの第一回参加ベビイベントは、
年末の渋谷での忘年オフ会


もちろんノーカヤックなイベント(笑)



しかし…この時の忘年会、やけに初参加の女性メンバーが多かった記憶があり、
オイラ「うわー、ベビトラっていつもこんな華やかなのか!
     女のコも多いし、こりゃ楽しそうだなあ」と
早くも常連入りを固く決意

アホか


(ま、女性メンバーが多いってのは今もそうなんだけどね)



そしてこの忘年オフ会で、
HIDEさん(当時ベビ代表)やyodamanさん、なぎさん、マッキー、かっしー、こいわいさん、N宮くん、
それにチャボなんかの『ベビ創生期メンバー』とも初めて出会ってるんだよなあ。

たしか・・・。(オトコの記憶は、あんまり無いので






そして年が明けて2003年。
2回目のイベント参加はこれまたなぜか
『福島での洞窟&鍾乳洞探検企画』


うーん、まだまだカヤックには乗らんよ(笑)



このイベントの夜、
宿泊先のYHにてベビメンツと初めての本格的なカヤック話をする。

しかしこのときの企画内容もあり、参加メンバーの大半がファルトでのカヤッカー。
いわゆる「のんびり系メンバー」(現・のんびりとトラウト(のびとら))が中心のため、
当時のオイラのへっぽこスキルでも『結構ウマい部類に入ってしまうなあ・・・』と勘違い。


そんな状況に思わず調子に乗り、
「僕も地元(茨城)のカヌークラブでは、カヤックを指導してたりしてるんですよ~
などど自慢気味にホザく始末

ああ・・・ホント調子コイてんなあ。今オイラがこんなヤツ見たら蹴とばすぞ


このとき一緒だったHIDE代表が、
これを苦々しい表情で聞いてたような気がするのは・・・

今になって振り返れば、だよなあ



ま、鍾乳洞は楽しかったです





そんなこんなで、よーやくベビトラでのカヤックデビューの機会がやってくる。
ついに2003年3月、御岳でカヤックをすることに!(当り前なんだが(笑))


なぜこんなに御岳デビューまで時間がかかったかというと・・・
ちょうど季節が冬というのもあったし(当時は冬はほとんど漕いでません) 
当時はオイラも「まともな距離感覚」をもっていたので、
カヤックの為だけにわざわざ北関東から御岳まで行くのには
だいぶ勇気&準備が要ったんだよね。


・・・まさかその後
「御岳へ毎週のように通う」ようになるとは思ってなかったもんなあ・・・




続く。


~次回予告~
「⑧御岳デビューは雪の中・伝説の沈脱11回!<前編>」

さあ、いよいよ履歴書前半のヤマ場へ突入!
あの「伝説」はこうして誕生したのである(泣)。


お楽しみに~
コメント (4)

いばさくのカヤック履歴書[番外編] 「つ・あとの「腐れ縁」 事始め」

2009年08月27日 | カヤック履歴部
からの続き・・・じゃなくて、番外編っ


言っとくけど・・・この「番外編」はツマらないよ
でも書かなきゃ書かないでいろいろ言われるからなあ…しゃーない、書くか


あ、ヒマつぶしなら、『いばさくのカヤック履歴書 本編』でもお読みくだされ。ぜひ!



それでも読み足りないという奇特な方(そんなヒトいるのか?)、
まあ以下でもお読みください






2001年。

(現在ベビトラでも『初心者カヤック体験』を多数開催しているが)
オイラが最初に加入した茨城の「やわらカヌークラブ」でも同様の初心者向けカヤック体験企画を定期的に行い、
カヌー普及への貢献及び新規メンバー勧誘活動を行っていた。


もちろんオイラもそれに協力し、積極的にサポートを行っていたのだが。
この年(2001年)のそういった企画のひとつに、
どこからどう聞きつけたのかノコノコとやってきたのが・・・あの「つ・あ」だった。



しかも初回のカヤック体験時から、
ヘンなスパッツ(レギンス)みたいなの履いて漕いでて
『なんか、変わったヤツだなあ』と思ってたのが第一印象


そして・・・その印象は、現在も変わらず。
いや、むしろ悪化してるか(笑)。


しかも、大抵の方は(残念ながらも)数回で「カヤックは卒業」ってな感じになるのだが、
すっかりハマったのかこヤツ、懲りずに遠路はるばる毎回きやがる。




そう、そこで知り合っちゃったんだよねえ・・・

この出会いさえ無ければ、オイラの人生も大きく変わってただろうなあ・・・






しかも当初は
『アタシはのんびりカヌーがしたいの。ロデオとかスラロームとか興味ないから
とか言い放ってた。

(一応)スラローム志向なクラブのメンバーの前で堂々と。



ああ、当時よりKYっぷり全開/





事実、この後つ・あが初めて買ったカヤックはファルト艇(ボイジャー415)。

しかし一度もセルフで組み立てることが出来ず、
常に『のびとら』のマサさんに組み立ててらってたが(恥)。


それなのに、ああそれなのに・・・
なんで「こっち」にきやがったんだ、あいつ!(悔)


まあ、現在FSやってる方でも「のんびり志望だったのが気がついたら・・・」って方は
多いんでしょうがね。
(オイラもそうだからあまり人のことは言えないのだが)






それ以降は・・・みなさん御存じのとおり。

カヤックで知り合ったすばらしい方々との出会いの中でも、
数少ない、そして致命的な「失敗談」である






いやー、我ながらヒデェ書きっぷり(笑)。







~次回予告~
「⑦御岳デビューへの道 ~洞窟くぐったり飲み会出たり編~ 」
せっかく御岳のFSサークルに入ったくせに、オイラなかなか漕ぎだしません。
それは今も変わらんなあ・・・(笑)

お楽しみに~


コメント (9)

いばさくのカヤック履歴書⑥ 「Team Baby Trout」へ入会!

2009年07月08日 | カヤック履歴部
より続き。

2002年秋。
『ロデオ(FS)の本場でガンガン漕いでみたい!』

そんな理由で始めた「本場」探し。

(「本場」=スポットなどがあり、FS系のカヤックが盛んなトコの意味ね


シコシコと調べたところ・・・どうやら関東では「御岳」と「長瀞」がいいらしいとのこと。

そんなことも知らんかったんやねえ


しかし、いきなり単独で行くのもちと怖いし、
かといってスクールに入るのはなんとなく気が引ける。


当時は「金払ってカヤックを教わるなんて、もったいない!」
そう思ってたんだねえ


ハイ、大間違いですね

510さん他>大変申し訳ありません

これからカヤックを始めるみなさん>マネしないでね(^_^;)。
                 マネすると苦労するよ~。




自分の希望を整理してみる。
「なんか「ロデオ系」なサークルないかな?
 しかもあんまりレベルの高くないトコがいいなあ
 
 そのほうが入りやすいし
 「スラ経験者」のオイラは(ひょっとしたら)デカいツラ出来るかも」

(・・・ツラがデカいのは生まれつきなんだが(笑))


なんて思いきりヨコシマな要望も加味しつつ(^_^;)、
いろいろ検索したトコロ・・・

ヒットしてきたのが「Team Baby Trout」

当時、結成1年目(02年3月10日発足)。
出来たてホヤホヤの「ベビトラ」でした。



おっ、ここイイじゃん
しかもサイトには「Team Baby Troutは「初心者向け」カヤックサークルです」
との案内文が。(ここは現在も同様)

それに「メンバー男女比率5:5」(比率は当時)などとも記されており、
「おっ、ここはユルそうしかも女のコ多そういい加減なオイラに向いてそう」と、

カヤックと無関係なトコロばかりに、無意味な確信を持つ(恥)



しかも雰囲気的に・・・ここ(ベビトラ)のメンバーはみんなまだカヤック初級者っぽい感じ。
(事実、当時ロールの上がるベビメンバーはごく少数だった)


「ひょっとしたら・・・スラで鍛えてるオイラのほうがここのメンバーよりスキル上かも?
 さらにもしかしたら、
「入会即「サークルでトップレベルのカヤッカー」」になっちゃうかも


なーんて「ヨコシマ100%」な理由で2002年の秋の終りにベビトラ正式入会


オイラの「ベビトラメンバー」としての活動もここからスタートすることになりやした




これ・・・ベビメンバーに読まれたら叱られるなぁ

ベビメンバーのみなさん>
 あらかじめ謝っておきます、
すんませんでした~っ

こんなふざけた理由で紛れ込んできたオイラですが、     
 今後ともどうぞよろしくねん


しかし今思えば、このときゃまさか後にオイラが
このベビトラの「取りまとめ役」をすることになるとは


ああ、それもまた運命か。
はたまたひょっとしたら入会時のヨコシマさに対する
「ながーい「罰ゲーム」」なのかも知れんなあ…。






でも、そんなナメた態度を取ってるから、
後日強烈な「しっぺ返し」を食らうってのは世の常。
事実そうなる(泣)。


書きたくはないが…せっかくの「履歴書」だし、
ウソ偽りなく後日きっちりそれも記していこう。

ううう、乞うご期待




続く。



~次回予告~
「履歴書番外編 「つ・あとの「腐れ縁」はここから始まった」

書いてる本人はあんまり楽しくないけど、読んでるみんなは楽しみなんだろうなあ・・・とほほ

まあ、お楽しみに。
コメント (5)

いばさくのカヤック履歴書⑤  『ロデオ』始めました  

2009年07月02日 | カヤック履歴部
↑なんだか「「冷やし中華」始めました」みたいなタイトルだなあ・・・。

まだまだ続けます。




より続く



2001年。
相変わらずスラの練習をしつつも、「『ロデオ』ってのもやってみたいなあ」との思いは募る一方。


そこでオイラ、いつものように(FS系のスクールなどに行くのではなく)またまたいきなり「形」から入る。
『よし!まずロデオ艇、買っちゃおう


思い切りがいいというか、後先考えないというか…


で、ナニを買おうか?

先日の試乗会で乗った「T2」が良かった(っていうか他のFS艇に乗ったことない(笑))が、
新艇だとまだちと手が出ない・・・んじゃ、WSの他の艇はどうなのかな?などと、いろいろリサーチ。

(思い返せば、この時はじめてFSカヤックについて本格的にリサーチしたかもしれない(-_-;))


綿密な調査&勝手な想像(笑)の結果、
「T2の一世代前のFS艇「XXX(トリプルエックス)」が、なんかよさそう♪」
ってなことになり、さっそくこれまたヤフオクにて購入。



売っていただいたのは確か茨城・守谷市在住の方でしたねえ。
その節はありがとうございました。
(実はその後、買い替えの際に同艇を買い戻していただくことになるのです)

最近は漕いでおられるのでしょうか?(懐)



それはともかく、もう、「4艇目」の自艇ゲット


とにもかくにも、さあ、形はできた。



『これでオイラも「ロデオデビューだ!」』と、
まずは久慈川&那珂川のちょっとした瀬でサーフィンもどきや、
エンダーのまねごとなんぞやってみる。

ロールもなんとなくO.K。(スラ艇よりはやりやすい、なレベル


海でも1,2回漕いだかな?
それなりに楽しめた




そして当時・茨城でのアツいFSスポットだった今は亡き
「千代橋(ちよばし)ウエーブ」
にも何度が出没。


まだ遊べるレベルではなかったので見学がメインだったが、
その当時ココでメインで漕いでたのが「チーム千代橋」のみなさん。


「なんか波の上でくるくる回ったり、そんでバウとか刺しちゃったり飛んだりしてる!すげー!」


とにかくカッコいい♪


そして更に!
そこにはもちろんAOさんはじめ北関東パドラーやいわきカヌーのみなさんはもちろん、
なんとみすた師匠、モナ嬢、はたまた鉄人様などのお姿もあったのだ


残念ながらその時オイラまだみなさんとは面識がなかったので遠目で拝見する程度だったが、
その数年後にはこの方々にしごかれるようになるとはなあ・・・感慨深いもんですな


その時にもっと教わっときゃよかった



しかし、「千代橋」はFSビギナーの当時のオイラにはちとビッグすぎてキツイ。
ロールなかなかあがらんし(^_^;)。




でも近場じゃ…他にどこでロデオで遊べるのかも分からん(悩)。


…そもそも、この「ロデオ」で何ができるかがオイラまだよく分かってないし




それじゃ、いっちょ「ロデオ」の本場に乗りこんで練習してみるか

・・・でも『本場』ってドコだ???




(これから、ようやくいばさくが北関東の外に出始めます。)




~次回予告~

「⑥「Team Baby Trout」入会!実はベビトラをナメてました・・・」

お楽しみに
コメント (4)

いばさくのカヤック履歴書④ 本格スラ艇購入&『ロデオ』初体験!

2009年06月04日 | カヤック履歴部
超不定期ながらも、しぶとく続けてるこの企画(笑)。
飽きずに読んでね

より続く。

「へっぽこスラローマー」として経験を積んでくると、
やはり次は激流で漕ぎたい・・・ではなく、『もっといい艇』が欲しくなってくる。

ホント、「漕ぐ」のじゃなくて「艇を買う」のが好きだよなあ…オレ



そんな状況で年を越し、翌年は2001年。


さあ、21世紀はカヤックの時代だ!(オイラ的には)。


ってコトで・・・春先、やはり「やわらカヌークラブ」中心メンバーO氏が買い替えで手放した
本格的なFRP製スラローム艇・Double Dutch「Feugo」をゲット
(スラ入門者用の艇だけどね)



もう3艇も買ってるよ
スキルはちっとも上達してないのに・・・



今度はその艇も駆って、闇雲にガシガシガシガシ


那珂川や久慈川で、毎週のようにDR&練習




そんな01年5月頃、地元アウトドアショップ「ナ○チェバザール」さんの主催で
「ニューモデルカヤック試乗会」が開かれた。


会場はなんと「海」
(茨城は大竹海岸)

海カヤックはもちろん未経験

「海でカヤックって、どんなんかな~?」と思い、
これまたカヤック事始め以来一緒に漕いでるマイミク・たつやとともに会場へ。


そこには、高階救命器具の当時のカヤック担当・Y本さん(現saltysオーナー)が 持参された
ロデオ艇(=現在のFS(フリースタイル)艇。当時、ウチら地方パドラーはまだそう呼んでいた)」の数々。


今は亡き茨城のFSスポット「千代橋」に見学に行った時に拝見していたが、じっくりと眺めるのは初めて。

奇妙かつ極端に短い形のカヤックに「へえ~」。


…ホント、何も知らなかったんだよね…



さらに、このシーズンのイチオシ艇「Wave sport:Transformer(T2)」も用意されてあり、
おそるおそる乗ってみる


オイラの、ロデオ艇初体験。


さらには海でのサーフィンも初体験


わけも分からず波に揉まれ、そしてたまにスープでサーフィン

休むヒマないし、ナニができるわけじゃないが
『楽しいじゃん、これ!!』

(以前ほんのちょこっとサーフィンをカジッってたこともあるのだが…
 それより全然、キタ━━━━━━(゜∀゜)━━━━━━ !!!!!って感じだったね。うん


試乗会だってのも忘れて、たつやとT2二人じめで漕ぎまくり
(この時の影響で、たつやは後にT2を購入)



「へえ~こんなジャンルのカヤックもあるんだ!スラもいいけど、こっちもやってみたい!」と、
FSカヤックに足を踏み入れた記念すべき一日でした。



(まあ・・・「海でT2」って、今振り返ったらだいぶ間違ってるんだけどね




~次回予告~
いよいよ、FSに足を踏み入れます!

「⑤「ロデオ」始めました」お楽しみに
コメント (5)