広域指定爆笑団・全日本茨咲連合会

カヤック・スキー・スキンダイブ・落語・お酒に目が無い「いばさく」のBlog。
一目見たらあなたも立派な構成員?!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

祝!222,222km♪  なのに悲劇が・・・(泣) [クルマ]

2009年07月27日 | 総務部(他いろいろ)
先週末。

TRGからの帰り道、愛車プラド君の走行距離が見事『222,222km』のキリ番ゲット
(某師匠mixiブログでのキリ番ゲットへの道は相変わらずだが、こちらは確実に(笑))

いや~よく走ってくれました、感謝感謝です


その上で、
『9月には車検だから、このクルマもそろそろ買い替えかな・・・』と思っていたのですよ、ハイ。



しか~し
土曜、TRGへ向かう途中。
埼玉県内某国道にて10tダンプとすれ違った際、
ダンプの撒き散らしてた砂利のひとつがオイラのクルマのフロントガラスにバシーン!と直撃


その時は数㎝のキズだったのだが、
一晩明けたらなんと長さ数十cmにまで膨張してやがる・・・




TRG開会式前、悲しい気持ちで応急処置をしてた時の状況が↑。
(いとーさんmixi日記にも「おまけ」として掲載されたこの画像である。)


今思えば・・・このとき感じた「世の中の不条理さ」への屈折した憤慨が、
TRG本戦でのオイラの「姑息な腹黒プレイ(ただし結果は×)」に繋がったのかも・・・んなワケないか




そして週明け。
修理工場に持ち込んだところ・・・『修理には7万円ちょいかかります』の見積書が・・・・

あああああああ・・・・




こうなったら、もう一回車検通して乗り続けますわ

プラド君、今後もどうぞよろしくねん



それにしても・・・・あのダンプ、許せん!

コメント (10)

TRG'09  当日!  [カヤック・祭典]

2009年07月26日 | カヤック部
↑実はつ・あも「大会あらし」だったりする。
TRGやオーシャンに出るたびになんか楯を持って帰ってきてる・・・
もちろん、この中にオイラがゲットしたものは1コもない



日曜。
待ちに待った年に一度の御岳FSカヤッカーの祭典
「TRG(多摩川リバーゲーム)」当日~♪

(当日の模様や結果については既に他のみなさんのブログで詳細に記されてると思うので、
オイラはオイラ的な視点での『TRG参戦記』を独断で書いときます。
あらかじめご了承のほど)


バリバリの夏日和の開会!
(これでもうちょっと水量があればいうことないんだけどねえ

開会式に続き、
まずは男子FSインターミディエイト予選。

ちなみに今年の各種目の出艇順は『エントリーが遅かった順』。
これ、昨年までは『早かった順』だったから
(告知後いつもすぐに申し込んでた)オイラは毎年トップバッターだったんだよね

「トップは毎回緊張してイヤだなあ~」と思ってたら、今年は一番最後・・・
なんとも極端

ま、どの順番で漕いでも結果は変わらんのでいいんだけど


自分の出番までに、グダグダDJ「KYいとー」と一緒にMCやらせてもらったり、
関宿理事長・エドさんが発掘したミソギ下の新スポット
『はやしホール』(ヤギさん命名)の有効活用法を考えたり(笑)と
有意義に時間をすごず。


そして、予選5組目。いよいよ出番。
この組のメンツは・・・
『大会あらし』KYいとーさん、『キッチン杉』sugiちゃん、
『ヨコちん(すでにあだ名がヤバい)』Y塚くん、『中部からのエロ使者』イケぽんさん、そしてオイラ。

なんだ、このお笑いメンバーは

(この顔ぶれを見たヤギさん「これはMCやらなきゃ」とマイクを再び握る(笑))。

でもプレイはみなアグレッシブ
ガリガリのミソギ一段目への特攻プレイで盛りあがる。

そしてラストのオイラ。
「さあ、エントリーからのマックでしょうか、フォニックスでしょうか
あおるヤギMC。

・・・この瞬間、アタマの中で『ある』ドス黒いアイデア浮かぶ。やってみるか・・・

そしてエントリー開始
なぜか1段目には目もくれず、いきなり2段目でサーフィン長乗り。
(このクラスで1本目からいきなり2段目に入ってたのってオイラ位(恥))

そしてウエーブから落ち気味に崩れループをかまし(当然出来てないが)
・・・先ほどから有効活用法を考えてた今日の穴場スポット
「はやしホール」へ直行!

ここで左カートをぐるぐると(誰でもできるわな)。


ギャラリーからはブーイングの嵐(笑)。


…ええ。ええ、そうですよ、
コソクな(しょぼい)点数稼ぎなプレイをやってみたんですよ(開き直り)。


まあそんなことをしても「カヤックの神様(ジャッジ様)」が
認めてくれるわけもない。大したことにはならず。


しかも1本目終了後エディに戻ると…
同組のメンツからも冷たい視線までもらう始末。。。

sugiちゃんからは「Fuck You!」のお上品な表現までブチかまされ、
二本目はオレのプレイを見ろと言わんばかりのアグレッシブな攻めを見せつけられる。

これで目が覚め、
2,3本目はフツーに一段目でプレイ。なんもできんかったが。



結果、評判落としただけで・・・予選29人中16位(だったよな?)でいつものように敗退。

ま、ナニやってもそんなもんですわ



そして『天罰』はすぐに食らう。

PMのFTR競技。
DR中にお題「5秒サーフィン」「フェリーグライド」「スタンカっト」「エンダー」が
あるのだが、オイラしょっぱなのミソギでの「5秒サーフィン」が出来ずに落とされる始末

他にそんなヤツいたかな?とほほ・・・。


オイラ的なグダグダ参戦記はこのくらいにしとこっと。来年もがんばりまっす。





さて、全体的には過去最高の参加人数で白熱のプレイ続出。
その結果は以下の通り。
(以下画像は左=2位 中央=優勝 右=3位 の方)

今回大いに最も盛り上がった<サーフィンクラス>
○女子
「グラビティのアイドル」Kyo-ちゃん&チィエちゃんが見事1位&2位!

(3位のスモもさんは「アイドル」ではないと思う(笑)。でもスゴイよ



○男子
高山からはるばるご参加のIさん、見事優勝です!
(準優勝のQさんとのデットヒートはスゴかったです)





*男女とも45秒サーフィンコンプリート者続出の高レベルな大接戦でした!
・・・5秒乗れない出来ないオイラは論外ですな(泣)。




お次は、今年から新設の
<FTR(フリースタイル・スルー・ラピット)>
○女子
Y沢アキちゃんが堂々1位。
さすが現役バリバリの女子高生・・・もとい、トップスラローマーですな



エロぽんにはくれぐれも気を付けて!(笑)


○男子
「TRG優勝に人生を賭ける男」リーダーが見事ゲット。

さあ、FSと合わせての完全優勝なるか?


続いておまちかね
<FSインターミディエイトクラス>

○女子
はっぱさんの貫禄勝ち

つ・あもまーた3位にはいってまってやがる・・・FTRはビリだったクセに(笑)


○男子
リーダーが悲願の初優勝!おめでと~♪

プレイもよかったけど「優勝決定の瞬間のガッツポーズ姿」も印象的だったなあ(笑)

ベビ・N宮君も昨年に引き続き入賞デス♪おめでと~




<FSめちゃくちゃうまい人クラス(正式名称忘れた)>
ヤギさん、K森さん、COYOさん、zizoperさん、むむさん5人によるトップパドラーの夢の競演。
見れただけでもめっけもん

こちらは・・・カートギネス・COYOさんのぐるぐる勝ち。

「TRG王」ことzizoperさんは今年からコチラへ。ここでも3位とはスゴイなあ



で<敢闘賞(最も巻かれたで賞)>は・・・

現役大学生のT地くんが商品のスプレーをゲット!
意外とイケメン。

(これを見たむやかん君、早くも来年の「巻かれ王」獲得に闘志を燃やす(笑))




で、今回のMVPは…

新スポット「WIRE」の製作を始め裏方さんとしても大活躍のsugiちゃんに



これはある意味順当でしょう。納得納得。
ホントーに頭が下がります。心からありがとう&おめでとー




それとボランティアで活躍してくれた「がわちょ」さん(ベビメンバー)にも
感謝のシルシを授与される。
(しまった、写真がない・・・ゴメンねえ)




最後に・・・オイラも僭越ながらこの場をお借りして毎年恒例?の
『日本代表 応援カンパ』も開催させていただきました。

協力いただいたみなさん、感謝です。
きちんと代表選手にお届けします~
(後日、贈呈式(&ビアオフ)やりますよん)





最後に記念写真撮って〆!










今年も「FSカヤックを続けてきて本当にてよかった」と思え一日を満喫。

TRGはなんといっても「カヤッカー同士と仲良くなれる」のが魅力だよねえ。


すべての参加メンバー&ボランティアのみなさんへはもちろんですが、
主催のヤギさん、510さん、K森さん、COYOさんほか
運営実行委員の方々に心から感謝です!


また来年、お会いしましょー


コメント (6)

TRG'09 前日(前夜祭)  [カヤック・祭典]

2009年07月25日 | カヤック部
土曜。

この週末は『TRG(多摩川リバーゲーム)』へ参戦!
楽しみ~♪


本日は』TRG・カヤック体験会』が企画されており、
そちらへのサポート参加する予定だったが、諸事情で中止

なのでPMよりミソギへ趣き「'10 starシリーズ試乗会」へ。
(AMの機材搬入&石積みの手伝いできなくてすみません(謝)。
 それには事情がありまして・・・後日書きます)


ここで「日本代表カラー」のstarでライド中のむむさんにごあいさつ。
そこでいきなり余計なひと言。
いば   「あれ、むむさん今度はstarにされたんですか?」
むむさん 「え?アタシはずっとstatにしか乗ってないよ。いったい誰と勘違いしてんの

・・・しまった
過去、むむさんはAllstarに乗ってたことはない…

むむさんと出会って15秒たらずで、
「最もしてはならない間違い」を犯した瞬間
この時点でオイラのTRGはほとんど終わってたような



そんな(いつもの)むむさんがらみの大失態にもめげずに、
試乗試乗


10モデルはそれぞれボリュームが大きくなっているので、
体重70kgのオイラでも「star」でなんとかなりそう

しかしそれに気づいたのが試乗会終了後。

しまった、オイラ・・・10 Allstarしか乗ってないじゃん
…二連敗。





気持ちを入れ替え、前夜祭へ。
ノンアルコールビール持参でおいしいカレーをいただきつつ
フリマも堪能。

オイラも以下のモン出品。
○キミドリ1号さんのパドル(代理出品)
→スモもさん、(某業者Cさんとのデットヒートを制し(笑))ご購入~♪

○オイラの旧パドル
→横チンが見事落札!さっそく明日のTRG本番で使ってくれてました(嬉)

まいどあり~♪




終了後は「かんぽ」経由でCHへ戻り、「第二部」ベビ前夜祭へ。

先に風呂に行ったため前夜祭のカレーを食いそびれたわらぼうしせんしゅ(笑)、
そしてむかやん、コウさん、にゃがえさん、N宮くん、マッキー、つ・あにオイラで
いつものようにぐだぐだ盛り上がり。

話題はもちろん先週の成瀬川DR反省会が中心。
ある意味「一番リベンジしたい男」マッキーがヒートアップ。
どうどうどう(笑)


さあ、明日に向けてエアコンをガンガンにかけて寝ようっと。
これ、いつものように大不評ですが・・・だってアツいんだもん

コメント (2)

正雀師の「牡丹燈記」を初聴! [落語]

2009年07月23日 | 落語・演芸部
木曜。

調布グリーンホールにて
『第99回 調布寄席 怪談 牡丹燈籠 第一夜』を。


子ほめ          柳亭 市也
おしの釣り        林家 彦丸
牡丹燈籠「発端・刀屋」 林家 正雀
堪忍袋          柳亭 市馬

~中入り~

太神楽          翁家 和助
『牡丹燈記』       林家 正雀

かっぽれ



怪談噺の第一人者、林家正雀師を迎えての牡丹燈籠シリーズ。

ま、夏には欠かせない演目ですな。

オイラ的によかったのはトリでの正雀師の『牡丹燈記』。
場内の照明を消して、蝋燭二本を立ててムードも満点だったのだが、
この話自体、三遊亭円朝師が『牡丹燈籠』を書き下ろす際に
下敷きにしたと言われる中国の古典話。

なるほど、「お札はがし」のくだりとそっくりやね(当り前か)。

さすが先代正蔵(彦六)師の後継者だけあって、
正雀師の高座はなるほどと思わせる掘り出し物が多い。

これでもうちょっと○○だったら追っかけするんだけどなあ・・・




しかしこれが「第一夜」なのだが、「第二夜」は来年夏とのこと
続き噺だってのに…第一夜の話忘れてまうぞ



でもオイラは来月志の輔の『牡丹燈籠』聴きに行くから大丈夫~楽しみ♪

コメント

ベビ・ビアオフ♪ [Team Baby Trout・オフ会]

2009年07月22日 | 飲んだくれ部
水曜。

本日は毎年恒例のベビトラ・ビアオフパーティ!

今回幹事は「現在、ベビ内幸せ度No.1」なK島さっちゃんと吉田(ど)のコンビ。
おめでたい人にはじゃんじゃん働いてもらいましょー(笑)


会場は新宿・歌舞伎町『天空の街 アジア横町 リトルアジア』
うーん、オリエンタル~♪
屋内なので雨の心配もなし。うーん幹事さんナイスチョイス


で、参加メンバーは・・・

K島(さ)/吉田(ど)/めぐりん/エンディ/Andy/T瀬/サワ/ヨシ
マッキー/イ・ケノービ/だーぽん/ヒロヒロ
Jack/おーゆー/スモも/ノリー/じみー/くろ
なぎ/AKI/コウ/yuri/なお/わだま/M川/いばさく

の26名!
(だったかな?間違えてたらスミマセン)



常連はもちろん、これがイベント参加2回目の方、はたまた飲み会でしか見かけない方・・・と、
カヤックバカだけではない(予備軍多数?)
カヤックスキルや趣向を問わない様々なメンバーが集まるってのもベビのいいトコロ。

(もちろん、カヤックバカのみなさんとのも大好きだが)


幹事のお二人>ホントお疲れ様でした~。
          これからは自分たちのイベント準備?に邁進してくださいな



そして・・・次回幹事には、なんと6月に入会したばかりの『めぐりん』が指名される!

こちらもお手数だけどどうぞよろしくねん。



あー飲んだ飲んだー楽しかったー。

コメント (2)

「1300km運転して秋田へ行ったのに、600mDRしただけで帰ってきた週末」の話(後編)

2009年07月19日 | カヤック部


日曜。
「泰山堂」にて快眠。

そして豪雨の音で目覚める

あいやーこの雨すごい。
オボなど軒並み「警戒水位」になってしまい、カヤックどころではない状況。



むむむ、どうしようかと一同思案に暮れていたところ・・・
東北のナイスガイカヤッカー「ペン吉さん」からと連絡をとるみすた師匠&モナ嬢。
「成瀬川のDRできますよ。ご一緒しましょう」とのこと。
おお~神の助け♪


気を取りなおし朝食。
ここ「泰山堂」さんのメシをようやくいただくが、
さすが・・・ナニ喰ってもウマい!


品数も豊富だし(7品くらいついてきた)メシもみそ汁も言うことなし。
一日ひと組限定で離れの宿泊棟を貸し切りに出来るので遠慮なくくつろげるし、
囲炉裏のある一階、3部屋ある寝室の2階、もちろんバス・トイレも清潔♪


そしてなにより・・・ここのご主人&おかみさんの人柄が最高。
ホント東北って「いい人」しかいないな~。
(残念ながら、小山には極悪人が一人います

紹介いただいたにょういずみさんには大感謝。
(にょうさんはこういった「グリーンツーリズム」を推進するお仕事をされているのだ)

みなさんもぜひ一度ご利用してみてくだされ。
やみつきになりますぞい。

出発前にご主人&奥さんを囲んで一枚。






なんて満足感&満腹感で宿を起ち、
途中で本日エスコートいただくペン吉さんと合流。
いよいよ本日の目的地・成瀬川へ。


まずはスカウティング。大雨は相変わらず。
いやあ・・・チョコレート色の濁流がみるみるうちに増水してきてる。
しかも、「エンテイ超えのブッフ」などもあるような
エッジの立ちすぎてるDRメニューに一同緊張。



回送、準備を済ませて12:30位からDR開始!

しかし・・・いきなりクラス3オーバーの大波がガンガン押し寄せる。
しかも上流部だけあって流れがクランクだらけ。喰われるー。


DR開始早々、いきなりみすた師匠がスタンステーションを繰り出してるので
「さすが師匠、こんな激流でもムーブ出す余裕あるんだと尊敬するも、
(後で聞いたら)ただスタン喰われてるだけだったし(笑)、
師匠でさえそんなんだからあとはおして知るべし。


うーん、ウチのメンツはやばいかなあ…。そして予感的中


そして600mほど下ったところの本日最大のクランク大波で
・・・・コウさん、masaさん、うののものさん3人が同時に脱!

どんどん濁流に流されていく。(masaさんのみ自力で上陸)

最後尾を漕いでいたオイラも自分で精いっぱいなので、
出来ることと言えばあわててホイッスルを取り出し「ぴーぴーぴー」。
(久し振りにSOSサイン出したなあ(^_^;))

それを聞いたモナ嬢ほか先頭グループによる必死のレスキュー大会開始。

オイラもロープまで出したし、こんなレスキュー久々だなあ・・・
なんて言っている場合ではない


結局・・・
masaさんはスタートから500m地点
コウさん、つ・あとオイラは600m地点で上陸。
流されたうののものさんを追った他のメンバーは800m地点まで。
(ホントはもうちょっと長いけどね)

これが本日の総距離となり…ここで、DR中止!(当り前か


ここからが大変。
特に600m地点で上がったオイラ達は
100m以上の道なき崖っぷち&藪だらけの原野をよじ登らなければならない。
隣には滝みたいな落ち込みも流れてるし…こういう「山」な趣味はないんだけどなあ

さらにここの藪「漕ぎ」だけはたっぷりと3年分くらい経験。

この労働?で疲労困憊に


なんとか全員道まで上陸し、無事は確認。
(うののものさんのみちょい負傷。くれぐれもお大事に~


ふー、ホント疲れた・・・。



その後なんとか気力も回復したので、
上流部のスポット「ジュネス」へ転戦するも増水で接近できず断念。

ってことで本日のカヤック、ホントに終了~


しかし、「せめてアフターカヤックは充実させたいとすがった栗駒岳「須川温泉」は最高!
建物、ロケーション、もちろん泉質もいうことなし。
今まで入ってきた温泉でもトップクラスだなあ。

〆のラーメン店「大元」は生憎終了してたものの、
転戦した「長寿軒」も大当たりで大満足♪


ぺん吉さんのアテンド最高です


カヤック「以外」は全部大当たりな二日間なんだよなあ・・・。
ホントはもう一日ねばってリベンジしたかったけど、
諸事情もあったのでこれにて撤収!

にょうさん、ペン吉さん、みすた師匠&モナ嬢と別れの挨拶を済ませ、
一路600kmを帰宅。
小山帰宅は0時過ぎと相成りました。


今回ホントーにお世話になった(沢山ご迷惑をおかけもしました)にょうさん&ペン吉さん、
そして一緒だったみすた師匠&モナ嬢&ベビメンバー
本当にお疲れ様でした&ありがとうございました~♪


で、次回は…ホントに「漕ぎ」に行きますよん。必ず。
その際もどうぞよろしくです。


しかし・・・まーたタイトルのような「伝説」作っちゃったかもなあ(泣)。
あーあ
「カヤックがちょっとだけ好きかも」になってきてんのになあ。




~おまけ~
みすた師匠のこの日のmix日記iの最後に、お宝画像が載ってます。
こういった趣味のある方には堪らないショットかもしれません(笑)

しかしオレ、こんなことした記憶がまったくないんだけどなあ・・・。
コメント (13)

「1300km運転して秋田へ行ったのに、600mDRしただけで帰ってきた週末」の話(前編)

2009年07月18日 | カヤック部
↑大曲・「炭楽」にて。肉うめー。


土曜。

この3連休はベビ企画「オボりましょうツアーvol.4」にてオボナイ遠征!

参加メンツはマッキー、コウさん、masaさん、うののものさん、つ・あにおいら。
現地ではみすた師匠、モナ嬢、そして宿などご紹介いただいたにょういずみさんともご一緒予定。
楽しみ~♪


で、初日土曜はAM5:50起床。
東北各地の水位をチェック・・・むむむむ。
北東北の梅雨前線がしぶとい。

福島前泊で前乗りしてるコウさん達4人はタンへ行ってから秋田で合流することに。


オイラ&つ・あはとりあえず秋田に向かい、みすた師匠たちと合流を目指す。
6:30位に小山発。すぐ車中泊に入るつ・あ。オイラ600kmのロンリ―ドライブ(泣)。


向かっているうちにオボの水位はみるみる上がり、本日はNGに



雨もさっぱり止まないので、オイラ達は「本日は観光!」モードにあっさり転換し、
焼き肉・髭にて冷麺&温麺→乳頭温泉「鶴の湯」にて温泉→田沢湖観光→角館観光
別の意味で秋田を満喫(笑)。


のち本日お世話になるにょうさんご紹介の農家民宿「泰山堂」さんへチェックインし、焼き肉「炭楽」にて皆と合流。

ここでようやく全員終結し「カンパーイ!」
にょうさんのご紹介、masaさんの復帰祝い、いろんなものを含めて極上焼き肉をバクバク。
ホホ肉うめー


終了後は「泰山堂」に凱旋し、二次会。
いつものようにそれ以降の記憶はないのだが・・・
相当こっぱずかしいハナシをしてた模様。
(なんで遠征先の飲み会でプロポーズの場所とか暴露されなきゃならんのだ

でも、にょうさんともじっくり飲めたし満足満足。



ま、結局…本日1秒も漕いでませんが・・・(^_^;)


コメント

ベルギービールで、かんぱーい♪[カヤック・飲み]

2009年07月15日 | 飲んだくれ部
↑面倒なのでピッチャーで(ウソ。さすがにもうこのトシじゃやってません
画像はいつものようにみすた師匠より無断提供




水曜。

なぎさんのお誘いで、新宿野村ビル地下1階の「BEER SIGNAL」なるベルギー料理店へ。

パブ風な、いい感じなお店



集まったメンツは・・・なぎさん、コウさん、みすた師匠、I嶋さん、モナ嬢にオイラ。



まずはベルギービールの代表格「ヒューガルデン」でかんぱーい

いやー、ホワイトビールのきめ細やかさもいいっすなあ
シアワセ~♪


さらに!今日はオイラに配慮?してもらい『飲み放題』なんだった


期待に応え・・・なくてもいつも通り、しっかりとモトとらせてもらいまっせー

・・・モトどころか、飲みすぎたかも
何度トイレ往復したことやら



会話は、
「早岐に行ったんだけど漕げずに整体に通ってたヒト」のハナシや
「オボナイに行ったんだけどオボナイで漕げなかったヒト達」のハナシで始まったものの、
後半はすっかりグダグダトーク。

ま、いつも通り

後半戦で、みすた師匠の「秘伝・家内安泰術」に、
真剣に聞き入るなぎさんがオモロ(笑)。




あー飲んだー楽しかったー満足


夜は「ビール」と「おいしい食べ物」それに「素敵なメンツでのバカ話」さえあれば、
オイラ、もう何もいらんなあ…。

特にヨメとか真っ先にいらん(笑)。





みなさん、そして企画してくれたなぎさん、どうもでしたー。




あっ、
なぎさん>
代金は来週のビアオフで必ずっ(決して某侍氏のような「飲み逃げ」ではないよ




コメント (5)

御岳 久々の放水口からのDR&女関取登場 [カヤック]

2009年07月11日 | カヤック部
↑ウワサの「WIRE」にて。なぎさん。



本題前にいきなり余談。

先日の「エセ・弁当男子」ブログにコメントくれたいとーさん>
レス忘れてたあ~、ホントごめんなさいっ(^_^;)

ついつい、いとーさんの最近の活躍ぶりに嫉妬してワザと・・・はまったくないんだけどね(笑)。




ってことで本題へ。



土曜。
実はこの週末は「オボナイ行き」を狙ってもいたのだが、
週中の東北地方の大雨で水位上昇。
(被害に遭われた方、心よりお見舞い申し上げます)。


→オボナイ消失により東北行きは断念

なので土曜はノーカヤックに


栃木・益子に連れてかれて、つ・あに↓こんななイボイボグラスを「ごっつぁん」れたり。


なんだよこれ・・・「アニメに出てくる「鬼」が使ってるコップ」みたいじゃん。
しかも値段だけは生意気に結構高いし…(泣)。





その後は水戸の実家で、一足早い「土用の丑の日」ウナギをごっつぁんされたりと。


カヤックやらんと金が飛ぶなあ。とほほ






日曜。

日曜はカヤック!御岳へ(水位:-2.57)。
なぎさん、雲さん、じみーちゃん、マッキー、Sとうさん&noriさん、Jackさんとともに
久々の放水口→テニスコートDR


途中、トロ5さん、ノリ―さん、ノスケピンさん、よこぱぱさんらと玉堂で。
その後Mちさん、O貫さんらWNの方々も。


あとは…スラのジュニア選手がいっぱいいたなー。
(あの中に将来の「オリンピアン」とかがいるかもな。ツバつけとこかな)


もちろん、釣り師もうじゃうじゃ



で、スポットは・・・
カップスター、青春ホール、そしてミソギ。うーん。むむむむ。
・・・今年の渇水は深刻ですなァ




で、ゴール地点のテニスコート下にヤギさん、K森さん、sugiちゃんたち
(他に携わられてる方がいらっしゃったら存じ上げなくてスミマセンっ(謝))
が造成中と噂の「WIRE」ホールも見に行ってみる。


これ、人力で作ったんだあ・・・すげえ!


造成に尽力されたみなさんへの感謝の気持ちを込めて
オイラ達もちょっとだけ石積みを協力


で、最後に数回だけ入ってみる。

もうちょっと水位があったらバックウオッシュがあって楽しそう!
見た目より意外と大きくてパワーありました。ループとかやってみたいな♪
(オイラができるかどうかは別として)


なんにせよ、ありがたいことです




漕ぎ終えると、なぜだかつ・あも電車でやってきやがった

その後はみんなで(あと一か月半とカウントダウンの迫った)「梅」に入り→くるくるへ。いつものコース。


本日ノーカヤックのクセに
「「ナポリタン大盛りを完食」&「オイラのポークソテーまでつまみぐい」を
完食するつ・あ

どこの部屋の関取だ…お前は
(トロ5さんにも爆笑されてたな(笑))


しかも、昨日は鰻・特上をオイラより早く完食してるし・・・。




と、家庭を振り返るといいことがないので(^_^;)カヤックのことだけ考えよ(笑)。



今週末の3連休はいよいよ「オボナイ」です♪



コメント (6)

いばさくのカヤック履歴書⑥ 「Team Baby Trout」へ入会!

2009年07月08日 | カヤック履歴部
より続き。

2002年秋。
『ロデオ(FS)の本場でガンガン漕いでみたい!』

そんな理由で始めた「本場」探し。

(「本場」=スポットなどがあり、FS系のカヤックが盛んなトコの意味ね


シコシコと調べたところ・・・どうやら関東では「御岳」と「長瀞」がいいらしいとのこと。

そんなことも知らんかったんやねえ


しかし、いきなり単独で行くのもちと怖いし、
かといってスクールに入るのはなんとなく気が引ける。


当時は「金払ってカヤックを教わるなんて、もったいない!」
そう思ってたんだねえ


ハイ、大間違いですね

510さん他>大変申し訳ありません

これからカヤックを始めるみなさん>マネしないでね(^_^;)。
                 マネすると苦労するよ~。




自分の希望を整理してみる。
「なんか「ロデオ系」なサークルないかな?
 しかもあんまりレベルの高くないトコがいいなあ
 
 そのほうが入りやすいし
 「スラ経験者」のオイラは(ひょっとしたら)デカいツラ出来るかも」

(・・・ツラがデカいのは生まれつきなんだが(笑))


なんて思いきりヨコシマな要望も加味しつつ(^_^;)、
いろいろ検索したトコロ・・・

ヒットしてきたのが「Team Baby Trout」

当時、結成1年目(02年3月10日発足)。
出来たてホヤホヤの「ベビトラ」でした。



おっ、ここイイじゃん
しかもサイトには「Team Baby Troutは「初心者向け」カヤックサークルです」
との案内文が。(ここは現在も同様)

それに「メンバー男女比率5:5」(比率は当時)などとも記されており、
「おっ、ここはユルそうしかも女のコ多そういい加減なオイラに向いてそう」と、

カヤックと無関係なトコロばかりに、無意味な確信を持つ(恥)



しかも雰囲気的に・・・ここ(ベビトラ)のメンバーはみんなまだカヤック初級者っぽい感じ。
(事実、当時ロールの上がるベビメンバーはごく少数だった)


「ひょっとしたら・・・スラで鍛えてるオイラのほうがここのメンバーよりスキル上かも?
 さらにもしかしたら、
「入会即「サークルでトップレベルのカヤッカー」」になっちゃうかも


なーんて「ヨコシマ100%」な理由で2002年の秋の終りにベビトラ正式入会


オイラの「ベビトラメンバー」としての活動もここからスタートすることになりやした




これ・・・ベビメンバーに読まれたら叱られるなぁ

ベビメンバーのみなさん>
 あらかじめ謝っておきます、
すんませんでした~っ

こんなふざけた理由で紛れ込んできたオイラですが、     
 今後ともどうぞよろしくねん


しかし今思えば、このときゃまさか後にオイラが
このベビトラの「取りまとめ役」をすることになるとは


ああ、それもまた運命か。
はたまたひょっとしたら入会時のヨコシマさに対する
「ながーい「罰ゲーム」」なのかも知れんなあ…。






でも、そんなナメた態度を取ってるから、
後日強烈な「しっぺ返し」を食らうってのは世の常。
事実そうなる(泣)。


書きたくはないが…せっかくの「履歴書」だし、
ウソ偽りなく後日きっちりそれも記していこう。

ううう、乞うご期待




続く。



~次回予告~
「履歴書番外編 「つ・あとの「腐れ縁」はここから始まった」

書いてる本人はあんまり楽しくないけど、読んでるみんなは楽しみなんだろうなあ・・・とほほ

まあ、お楽しみに。
コメント (5)