39ギター

35年ぶりに弾き始めたクラシックギター
神経痛と戦いながら
どこまでバッハに迫れるか
蝶も花もアーチェリーもあるよ

何事にも向かっていく前向きのパワーが欲しい

2010-11-30 21:35:16 | 雑談

こんばんは。

出張から無事生還しました。

今回の出張は車移動が多くしかも長距離で、自分で運転はしないものの、小さなワゴン車にメタボ気味のおじさんが4人乗って窮屈でした。

前の助手席に乗ると気分的に一緒に運転してしまうので後ろに乗っていたのですが、こちらは窮屈ですることがないのでPCをいじっていたら気分が悪くなるし最悪でした。

家に帰って、のんびりして風呂にはいるとやっと回復しました。

若い頃のように全国を飛び回るような元気は全然残ってないですね。

現地の営業マンにだいたいの要領を教えることが出来たので、「あとはワシは広島におるけぇの」と言って、もう行かないことを暗に宣言しましたが、そうは問屋が卸さないようです。

まあ、開発担当者が現地のお客さんから直に話を聞くことは大切なのでいやがりはしませんが、毎回と言っていいほど今まで聞いてないことやお客さんにとって当たり前のことが今更のように出てきます。

まあコレも、SEの業として受け止めざるを得ないですね。

何事にも向かっていく前向きのパワーが欲しい・・・

明日はお疲れ休みを貰って眼科に目の検査に行きます。

最近、目が痛くなるので何かの前兆でなければよいが・・・

コメント

いえいえ、ただの素人ですよ

2010-11-28 10:14:49 | ギター

お早うございます。

昨日は一日忙しく、病院に行って採血、その後おばあちゃんのところに様子伺い、その後、いつものヤマハに行きました。

ヤマハに行ったのは当然ギターフェアの陣中見舞いというか、冷やかしにしかなっていませんけど、枯れ葉も何とやらでまたまたあれこれ弾かせて貰いました。

行くと、既に2人の人があれこれ物色中で2台のギターが同時になるので何が何やら分からない状態でした。そこで3人目がならすと迷惑ですし、椅子もスペースもない状態なのでしばらくはその人たちの弾く音を聞いていました。

一週間前は、イタリアのパオロ・コリアーニでしたっけ?あれがお気に入りになりましたが、「これいいよ」と進めても余り乗ってくれませんでした。

どうやら予算があるようです。

一人の若い男の子は、ギターを初めて1年ということですが、米子からわざわざ来たみたいです。

ちゃんとした先生にしっかりと習っているようで1年にしては非常に上手で、すでに私は負けているそんな感じでした。

その子に、「あのーギターの先生ですか?」と言われたのにはびっくりして、「いいえ、いいえ、ただのへたくそなおじさんですよ・・・」と否定するのにドキドキしました。

人の弾いている音を聞きたいと言うことで私にいくつか弾いて貰いたいと言うことでバッハのさわりばかりを何曲か弾いて、「このギターはこの音が良く響く」とか「これは良く響く代わりに音の分離が悪い」とか「これは派手さはないが音の分離が良く嫌みがない」とかいろいろ「えらそぅな」ことを言うとそれなりにうなづいてくれました。

ウルフトーンというのがあるという話をすると興味があったみたいで、そうこうしているうちに「今から米子に帰ります」と言うことで帰って行きました。

もうひとりのお客さんは本気でギター探しに来ているようで、別の部屋で吟味しているようでした。

この「河野」いいよ、と言うことで50万円クラスだったと思いますが、私の評価を偉そうに述べるとどうやらその人も気に入っているらしい様子でした。

その「河野」は重量感があり少しネックが厚めですが、音的には非常に落ち着いた古典の似合う楽器でした。

他にもいくつも100万円以上の楽器がありましたがどれもその「河野」に比べると響きすぎる感じがしました。

結局その人はその「河野」を購入するらしいです。後で店長さんに聞くとローンを組むと言うことで一時帰宅していると言うことでした。

いいなぁ~、おれはローンも組めないし・・・(涙)

日が変わると楽器の評価も変わるものだなと、自分の耳が全然信用できない感じでしたが、結局楽器の評価は相対的な部分が半分あって「アレと比べたらコレは・・・」という評価になります。

河野の後でパオロを弾くと少し派手な響きが耳に付きますが、しばらくするとそれになれてきて「あ~やっぱりこれいいなぁ・・」となるし、その後で河野を弾くと落ち着いた響きに「やぱり古典はこうでなくっちゃぁ」と思います。

まあ、楽しませて貰いました。

来年のギターフェアまでにはもっと練習して模範演奏でも出来るようになりたいものだと、そしてもし万が一「ギターの先生ですか?」と聞かれたらこんどは「いえいえ、ただの素人ですよ」とドキドキしないで少し謙遜混じりに答えたいと思います。

最後に、ちえねえさんから「だいぶ音楽が横に流れるようになりましたね」と評価されて、嬉しくなりました。

コメント (4)

iPadアプリの「VoiceRecoeder」・ハイビスカスもあるよ

2010-11-26 09:06:38 | iPad

おはようございます。

今日は暖かくなりそうです。

iPadアプリの「VoiceRecorder」がバージョンアップしてiOS4.2に対応しました。

で、どうなったかというと、

レコーディング中にホームボタンを押してホーム画面に戻ると、上部のステータスバーが赤くなり右側に「VoiceRecorder(記録中)」と表示されて、バックグランドでレコーディングしていることが分かります。

当然、他のアプリを起動してもそのままでレコーディング中であることを忘れる危険性は少なくなりました。

一部のアプリではステータスバーを隠してしまいますが、これはそのアプリが改善するべきでしょう。

VoiceRecoederの録音を止めてからホームボタンを押してもステータスバーの表示は記録中のまま赤表示になっていますが、これは起動したまま録音を一旦中止してスタンバイになっていると言うことです。

VoiceRecoederの四角いボタンを押すとファイルが保存され録音状態が終了するので、ホームボタンを押すとステータスバーの赤表示は無くなります。

このアプリの動作を見ているとiPadのバックグランド動作がよく分かります。

また、今回のバージョンアップでDropboxに対応しファイル形式もcafからwavになりました。

コレでやっと安心して使えます。

その他のアプリもどんどん4.2に対応して欲しいですね。

・・・

P1050300

・・・

P1050281

・・・

P1050280

コメント

iPadを使うアメリカのおばあちゃんはすごい

2010-11-25 11:37:46 | iPad

お早うございます。

寒いですね。

iPadのマルチタスキングについて解説してあるホームページがありました。

http://if.journal.mycom.co.jp/news/2010/11/24/001/index.html

結局、「マルチタスク」も「マルチタスキング」も同じで、複数のプログラムを同時に動かすことで、iPadのやり方を特に「マルチタスク」に対して「マルチタスキング」と言うのではありません。

iPadの場合、一度起動すると他のアプリに移ってもバックグランドで動作し続けるアプリと、メモリ中に残るが動作を停止しているアプリと、完全に消えてしまうアプリがあって、どれもこれもこのたび新しく加わったタスクバーにアイコンが残るようです。

この3つの状態は区別して欲しいですよね。

完全に消えてしまうアプリはアイコンを残す必要はないし、バックグランドで操作し続けているアプリと停止しているアプリはタスクバー上でその違いが分かるように表示して欲しいですね。

いまは、バックグランドで動くものは少ないのでしょうが、いずれいろいろなアプリがバックグランドで動き出すと、いつの間にかメモリがいっぱいになりバッテリーの消耗が早くなってしまうようになります。

例えば、レコーディングアプリを起動していたのを忘れていたりするとメモリー満タンまで録音していたりして、こんな時に何が起きるのか怖いですよね。

しょっちゅうタスクバーを見て必要のないアプリは消すようにした方が良いと言うことですが、こうなるとバックグランドで動いているアプリ以外のアイコンは表示して欲しくないですね。結局全部消すことになるのだから。

ホーム画面に戻らないで別のアプリを素早く起動できる、それがすばらしいことのように宣伝されていますが、タスクバーのアイコンをタップするのはホーム画面のアイコンをタップすることと変わりませんし、タスクバーにそのアイコンがなければホーム画面に戻るので逆にその分手間が増えますよね。

それに、バックグランドで動作しているアプリを消すためにはタスクバーのアイコンを結局全部消すことになるんじゃあ無いんでしょうか。

iPadは90歳のおばあちゃんでも使えるらしいですが、アメリカのおばあちゃんはこんなバックグランドで動作しているアプリまでちゃんと管理できるんですか?

としたらすごいですねぇ・・・

iPadは完全に電源を落とすことが滅多にないので、せめてバックグランドで動いているアプリと動作してないけどメモリーを食っているアプリはWindowsのタスクバーのように常に表示しておいて欲しいですね。

まあ、なんだかんだと文句を言っていますが、iPadの進化はマイクロソフトのような大艦巨砲主義に陥らないで欲しいですね。

コメント

自分の体と耳で感じるもの

2010-11-24 09:14:57 | ギター

お早うございます。

空気は少し冷たいのですが、日射しの暖かい朝です。

どういう訳だか最近体調がいまいちで、ギターの音も悪く、気持ちが乗らず、根気が続かず、指先や爪が痛く、病院に行くほどではないのですが何となくゴロゴロしてしまいます。

歳なんですかねぇ?・・・まぁ、お金もないしこんな時は家に閉じこもって愛犬ジローとボール遊びですね。

土曜日にヤマハのギターフェアで弾かせて貰った、パオロ・コリアーニ(だったかな?)はすごく良かったですね。

初めて聞く名前だったですけど、結局ギター選びは名前とか値段だけでは判断できないもので、実際に弾いてみて自分の体と耳で感じるもので判断するべきでしょうね。

ギターの曲はバッハのような渋いものから、色気たっぷりのものや、情熱たっぷりのものいろいろあって、それぞれに合ったギターがあるものですね。

・・・

P1050278

・・・

P1050279

コメント