余暇Hike気分

「起きチョッた~?」退職後の生活を楽しんでる私は娘からの電話に応えます。「起きチョるよ~!」

国東半島を・・・(2)

2017-02-19 | ドライブ・たび
  国東半島を巡るビデオ撮影旅行の二日目
ホテルヴィラくにさき」の窓から見えているのは 日本海?
ではなくて 瀬戸内海・周防灘  とは言えはるかな対岸!

肉眼では小さく見える船影の奥に 一つ二つ島影が見えていたのですが
山口県の八島、祝島あたりでしょうか・・・??

まず豪華な 朝食  をすませ、
途中すぐ近くの大分空港  に寄り買い物・・・ お土産を買って、10時過ぎに「真木大堂」に着きました。


3 真木大堂 (大分県豊後高田市) 11/10 10:10



かんじんの写真はありませんが、右手の建物が 旧本堂

ここでも、杖の置かれた石段は横目で見上げただけ 

国東半島に散在していた六郷満山文化の遺産
国東塔、宝筐印塔(ほうきょういんとう)、庚申塔(こうしんとう)、五輪塔、
板碑、石仏
等多くの石造文化財が遷仏されてるという
古代公園


これは  ナンでしたっけ(^^?
こちらは庭にお似合いツワブキの花 
帰り際に、誰かさんの撞いた鐘で 余韻を楽しませてもらった 



4 富貴寺 (大分県豊後高田市) 11/10 11:00



こちらもまたまた立派なお寺 山門 
 山門から石段を上がると
富貴寺大堂 ・ 境 内


境内に陣取ったビデオカメラ陣ですが・・・さて(^^

いい 「映像」 になったでしょうか 





駐車場まで戻って見上げると 帰り花 が!


富貴寺を出てお昼は、  このあたりの名物の「だご汁」を!・・・と思いきやここ 地元食材の田舎料理・榧の木 では、自家製手延べの くにさきだんご汁 となっていました。
この平べったいだんごとは少し違いますが、子供のころメリケン粉を団子にした「だんご汁」が大好きで、よく食べていたのを思い出します 

お昼をいただいた店の傍でも案山子さんたち

板に乗ってる「ぶんご合鴨」さんたちも・・・・うんそれらしく見える
そういえば最近の案山子はこんな風に手の込んだものが多いですね
昔のように「の」の字の横目、麦藁帽で突っ立ってる案山子
あまり見なくなったような・・・・・。 役割が変わってきた??


5 熊野磨崖仏 (大分県豊後高田市) 11/10 13:00

撮影旅行最後の目的地となりました

この磨崖仏だけでも石段を登っていってみようか・・・ナ?

  2,3年前の四国美術館めぐりのツアーで歩き過ぎて、帰ってから股関節が痛み大変な目にあって以来、足で無理をするのは自重しています。
今回も大事をとってきたのですが、この磨崖仏で終わりです・・・・
  ここだけでも上まで行ってみようか・・・

と軽く思ったのですが・・・磨崖仏までの坂道距離は350m?

健常者で 登り20分 降りるのに10分 の道程だとか

坂道と併走する・・・水のない川? 谷?  丸っこい石で明らかに人の手で作られたものです・・・よね。

20分登ってきましたがまだまだ先に長い石段


よう来たと汗をねぎらう磨崖仏   信心を石段で見る磨崖仏
の石碑をながめて 一息入れて・・・・・

見上げる石段、 ここからはごつごつの乱積み

その昔、鬼が一夜にして築いたとつたえられる石段だとか・・・
こんな感じで  距離にして87mほど
100段ばかりのこのごろごろ石段を登りつめるとやっとやっと左手に

お顔が見えてきました・・・・・国内最古にして最大級の磨崖仏


私は杖にすがり、手すりを頼りにやっと上ってきただけですが
この石段を積み上げ、その先にこんな大きな不動明王を彫った人たち・・・
信心の気持は並大抵ではなかったはずです
少々風化してみえる像を見上げていると、強い信仰心と祈りを感じます

巨大な 不動明王像

国指定の重要文化財だそうです

この石段は健常者でも杖か手すりに大いに助けられるのではないでしょうか。
石段の両脇に付けられている手すりはかなり頑丈!
私は左股関節症の足をかばって、ほとんど手で登るべく 
右手で手すりを持ち体を引き上げるようにして登り、十分支えてもらえました。

不動明王像の右手に彫られている 大日如来像


この先もうほんのちょっと登ると 熊野神社 があるらしいのですが
いえいえ私にはもう余力はなく
不動明王さんのお顔を拝しただけで降りました



結局みなさんの倍の時間(登り40分、下り20分)をかけて
無事に下山?するにはしたのです、
が、ここで無理をしてしまったことには変わりなく・・・(><

  戻ってから、ストレスと免疫力の低下が原因という帯状疱疹に罹ってしまったのでした(--  おかげで足の方は何の支障もきたさなかったのですが、胸から手のひらまで右手内側全体が赤い湿疹で埋まり、ほかにも、頭、顔、首筋、背中・・・と湿疹が汎発し、診断書には 「劇症帯状疱疹」だ 書かれていました。
一歩に一歩を重ねて行けば少々のことはやり遂げられる・・・・・
とは思うけれど、身体の限界はどこでどうやって分かればいいのだろう

あと「100mで案内所」まで下りてきたところで 
チラリと入り口辺りの紅葉が見えてきた


「無理はいけないな」 と思い知らされた・・・ と
思いながらも「次回行ったときには、右手だけでなく左手の力も借りて・・・」
な~んて、 頭の隅でひょいと考えてる自分がいる・・・  バカ^^な
性懲りもなくそんなことができるはずがない。

 でも曲がりなりにも一度、この石段を経験できてよかった 
できうればもう少し若いころに経験しておきたかった、
ですけどね

  かくしてぐるりと駆け足で廻った 国東・くにさき でした。
もちろん撮影旅行ですから動画も録ってるのですがさて、とても作品になりそうにはありません。 こうしてブログに写真を並べただけで終わりそうです。
 
コメント (8)

国東半島を・・・(1)

2017-02-15 | ドライブ・たび
  昨年(2016年)秋、ビデオ教室で国東半島撮影旅行をしたのですが、写真の整理の途中のまま年を越してしまいました。
両子寺、文殊仙寺、真木大堂、富貴寺、熊野磨崖仏、とぐるりと廻ったのですが、写真を見ても既に頭からはほとんど消えてしまっています

はじめての国東半島は、「ぐるりと廻る」という語感のように簡単にはいかないところだと実感、 それは途中で誰かが、 「お袋を乗せとったら『わしを捨てる気か』というにちがいない。」 と姥捨山を思い出させるほど・・・山山山、半島そのものが山なんだ と気づかされた撮影旅行でした。
  お寺巡りの前に半島入り口辺りの 昭和の町   (大分県豊後高田市)に立ち寄りました。
懐かしい・・・というか、ついこのあいだのこと(^^?でして


昭和30年代を再現したという昭和の町を散策することもできたのですが、
歩かずに、上の写真のように「昭和ロマン蔵」を見るだけになりました。

以下国東のお寺巡りの、写真だけでもアップして証拠を残しておきましょう


1 両子寺(ふたごじ) (大分県国東市) 11/09 12:20

両子寺は国東半島のほぼ中央にある両子山の中腹にある

さあ着きました


山茶花の根元にお二人でちょこんと座っておいでる(^^


鐘 楼  と  護摩堂


ちろちろと川が流れていて、  橋の向こうに見えるのは稲荷堂。

しぐれ紅葉・・・この下に立って上を見上げると

晴れた日でもしずくが落ちるといわれているそうです
さもありなん と うなずけるすがた・・・立派な 樹形です 

山川のおとは父母の愛に似てかわることなしたゆることなし
(金田一京助)

(金田一春彦)
山川の瀬音の中に身を置けば亡き父の我を諭す声聞ゆ

国東や枯れていづくも仏みち (能村登四郎)


空覆う紅葉はかすかに色づきはじめてるところでしょうか

境内の広さや屋根のひさしをちらりと見ただけでも立派さが分かります


うーん ↓ この石段(鳥居の奥)は見上げるだけにしておこう(^^ゞ

ということで1時間余りをすごし、両子寺をあとにする


2 文殊仙寺 (大分県国東市) 11/09 15:20

文殊仙寺はあの “三人寄れば文殊の知恵” ゆかりの地で 
日本三文殊の一つに数えられる国東随一の古刹らしい

仁王様の向こう ここにも長い石段・・・
あの奥に見える 山門 までは頑張ろう




鐘楼は山門の右手にあった       長い長い根っこ・・水を求めて


満開の山茶花の石段を降りる

紅葉は今一つだったとはいえ  このくらいのところもありで、一日目の行程を終えました。

宿泊先「ホテルヴィラくにさき」へと向かう私たちを、道路沿いの田んぼから
行く先々でちらちらと見ているのは・・・ 案山子さんたち!


宿のすぐ近くの道の駅でも  お迎えが出ていました

・・・ふうん 国東半島ってこんなところじゃったんじゃねぇ・・・
四方八方から山の中を登ってはお寺、登ってはお寺・・・
お寺巡りですから当然そうなりますかネ ハハハ
さて明日(11月10日)は、真木大堂、富貴寺、熊野磨崖仏 です。


コメント (4)

お正月(2017年)

2017-01-15 | 日々log
新年も2週間が過ぎましたが   おめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

とりあえずこの挨拶なしには今年ははじまりませんですね

元日には気合を入れて、初日を見に 
ときわ公園に行ってみました。

雲が多かったので初日が見られるかどうか?
と思いながらでしたが、太陽が顔を見せると見る間に晴れていって
青空が広がっていいお正月となりました


お正月と知ってか知らずか かもたちはきままに




二三本折れてるもあり野水仙 
公園に行く途中の坂に咲いている野水仙


  昨年11月に帯状疱疹を患って以来治療を続けていて、今は麻酔科ペインクリニックの処方を受けて生活しています。 痛みどめの効いてる時にはなんだか眠くてやる気が起こらず、効いてないときには右腕皮膚がひりひり痛くてやる気が起こらず・・・(><とまぁ、困ったもんです。
こんな調子ですが、ゆっくり歩は進めるつもりでいますのでどうぞよろしく


コメント (12)

湯野邦子展(2016)

2016-10-27 | 絵画・水彩
  市芸術祭「絵画・彫刻展」 の記事つながりですが、私の通ってる絵画教室の先生、湯野先生は、一年おきに個展をされていて、今年は開催される年に当たります。  どんな絵を描かれてるかというと、
こんな絵(^^↓ 今回の案内状に掲載されてる絵から「森の景」。 

第一美術協会会員  湯 野 邦 子 展 (油彩・水彩)
森 の 景

日時 : 2016.11.15(火)~11.19(土)
     9:30~17:30(最終日17:00まで)
会場 : ふじた画房 2Fギャラリー (宇部市朝日町2-25)

今はこのように「木」をテーマに描いておられるようですが、その前は  「大地の恵み」シリーズ で描かれていました。
次の絵は fujipaの亡くなった翌年、そのまま家に籠っていた時に「お元気ですか」 と、先生から届いた はがきからです。
大地の恵み(トルファン)


先生は一見ざっくりラフな感じの気さくな先生。 そんなさっぱりした先生だからコミュニケーション苦手の私でも、教室で居心地良く過ごせているのだなぁとナットク  しています。 その内面にある繊細さややさしさも、絵を見れば感じとることができます。  ということで、
今回は、個展に合わせて絵画教室の先生の絵を紹介してみました。
 
  自由な時間を楽しめる退職後の生活をこの教室に出会え、気の置けない同好のみなさんとも出会え、本当に良かった 



先日・・・といってももう一か月前になってしまいますか(^^;
帰り道の土手に、白い曼珠沙華が咲いてるのを車窓から見つけたので
久しぶりにカメラを引っ張り出してみました(~~!

まずは我が家の庭に育っている(^^? 野草3点から

宵待草と言いたいところですが 待宵草・マツヨイグサ の仲間

「宵待草」は竹久夢二の作った詩歌の題名で、野草の名前は 「待宵草」

葉のザラザラ感でみるとノコンギクと思うけど ・・・ヨメナかなぁ


現の証拠 このところ毎年我が家の駐車スペースで花を咲かせます


ときわ湖入り江の土手の 白い曼珠沙華



後の方に光ってる水はときわ湖です。


黄花コスモスと 狗尾草・エノコログサ        タンポポモドキ      .


ときわ湖の入江に沿う道脇に咲く カンナ


大きな耳の形・・・の? 露草



↑ と ↓ と  チガイますね!!

こちらは マルバツユクサ というようです
  熊本県環境生活部自然保護課さんによる  「ツユクサとマルバツユクサ」  を参考にさせてもらいましたので間違いないと思います 


花は普通の露草よりずっと小さく、葉はずっと大きくてふちは波打っています。


こんなちがった感じの露草には はじめて出会いました。
調べてみるとほかにも
「バージニアツユクサ」や「カロライナツユクサ」などとあるらしい。

この露草を見つけたのは、車の点検を待つ間の 空港公園


この丘の向こう側には


親も子も遊べる公園が広がり その向こうに 管制塔や 駐車場


彫刻もいくつか置いてあり 子供たちは駆け寄って見る


少し落ち着いてるので小学生でしょう 遠足らしい!

ここも市民の いい憩いの場 になってるようです




この空港を東にいった突き当りが、先日スケッチした 波止場 になるのですが、そのすぐ傍に、滑走路に続く  「進入灯」が並んでいます。   「この辺りを通過して着陸するんだなぁ」 と思いながら
帰りかけた、その時! 突然の轟音と共に飛行機が!  引き返す時間もなく、少し遠くなりましたがやっと一枚撮れました!


最後は湯野邦子先生の
街角の絵で  バイバイ(^^*


コメント (26)

パートカラーな朝

2016-10-09 | 絵画・水彩
  月2回、絵画教室に行ってるのですが、私は水彩オンリーで、6・7月は「人形」を描きました。 なるべく1か月で1枚仕上げるつもりでいるのですが、2ヶ月掛けるものもあります。 かなりのスローペースです(^^ね。
しょうもない絵が何枚も枚数ばかり増えても仕方ないので、ゆっくり、苦にならない程度のペースで描いています。
「お人形さん」が大方描きあがったところで先生に、「市の芸術祭に出してみんかね。」と言われ・・・・ま、別に採点されるわけでもなし、見てもらうだけのサイテンなんでいいではないの(^^? と出品することにしました。
そのお人形さん  でもいいんじゃない? と言われましたが私は、今年初めに書いていた「赤いポット」にしました。

パートカラーな朝

なぜか 気に入ってるのです 

軽い気持でつい出品したのですが、結局教室から出品したのは、
先生と、油彩の人が一人、水彩の私、の3人だけでした。

平成28年度宇部市芸術祭 絵画・彫刻展
9月16日(金)~ 19日(月・祝)
会場 宇部市文化会館

一般公募で彫刻も何点かありました


この日はこのあと「俳画」も見て、小川ギャラリーに寄った後、馬場良治さん
 アトリエ「地神舎」で 開催されている 「馬場良治日本画展」 へとまわり、芸術の秋満喫の一日となりました。

  馬場良治さんの名は1997年、「奈良の平城京朱雀門扁額を復元した人は、なんでも宇部の人らしい!」ということで知りました。
その後その扁額を見にだだっ広い平城京跡に行ってみたりもしたものです・・・ミーハーなもんで(^^。
今回たまたま会場にご本人が居られました。 私より随分お若いのですから当然ですが、想像していたよりもずっとお若く、とても穏やかな感じの方でした。
今回の「四季を描く 一瞬」   は、
前回(2013年11月) に続く第二弾で、今回は夜景に近い作品がほとんどでした。 

日本画そのものの技術的なことは全く知りませんが、今回の、暗い闇に浮き立つ桜や、逆光でとらえられた薔薇の花びら!! どうすればこう表現できるのか・・・目を瞠りました。



絵画教室では教室で描く以外に月1回、スケッチに出かける日があり、これが結構楽しみ。 『旅先でさらさら~っとスケッチできるようになりたい』 というのがここに通い始めた当初の目的ですし、 一向にさらさら~っとはいかないけれど、みなさんと一緒のおしゃべりと「お昼」! これが楽しみでして・・・

 5月17日 この日はまず空港を埋め尽くしている 薔薇 を見てから













空港前の道をまっすぐ西に突き当たったところが
  八王子の波止場  

  陣取った船の繋ぎとめてある波止場、ここがなんと散歩の犬のテリトリーだったらしく、画材を入れたカバンにおしっこをかけられてしまった ><! 「わぁ!おしっこかけてるんじゃない!」という友達の声にも、「ペット」が嫌いな・・・というか好きになれない私は、急に立ち上がることも、振り返って見ることも追っ払うこともできず、気配を感じただけで固まっていました、、(やめてーー!!)


犬や猫はこんなもんだと思ってるので別に、腹を立ててもしかたがない。 犬にとっていつもの波止場に、座り込んだ私たちがアホなのです。 もちろん一緒について歩いていたオジさんもそう思っています。 「あ~ぁ」 のひと声を残して スタスタスタ・・・


  ざっと描き終えて、この日のお昼はバラにちなんだメニューがあるという空港に戻って・・・。 「薔薇を使ったローズヒップティーがある」という ココス で。
ここす? COCO'S ってなに ? と思ったけど皆さんはご存じのようなのでついていった。
山口・広島のご当地食材を使ったメニュー という中で、ラーメン好きの私はすぐに 「尾道ラーメン」の旗が目にとまり決まり。 みんなも結局ローズヒップティーは見ただけでおしまい。
薔薇の記念には皆でラウンジに座り込んで 「バラソフトクリーム」を!

尾道ラーメン(COCO'S)        バラソフトクリーム(角打ち鍋島)   
   
久しぶりのラーメンは、美味しかった 
私としては・・・少々味が濃い目でしたが・・・

   6月23日のスケッチは 朝のときわ公園
まだ咲いてないよ~~ 紫陽花には少し早かったねぇ・・・と、
 少し先まで行ってみて戻ってこられる先生。
しかたない 適当に咲かせましょう  

この日のお昼は、地方新聞に広告が載っていたという 「社員食堂」をぐるぐる探して行きました!  家庭料理のような気安さ、おいしさ、それに安いしで、みんなすっかり気に入って、ぜひもう一度食べようということで、次のスケッチはその社員食堂のすぐ前の「請川公園」にしたほどです。

   7月19日は 社員食堂前の 請川公園


「お昼」が楽しみで、 今や二の次となってしまってる 
スケッチ・・・  かも。

 ブルーウェーブテクノロジーズ株式会社 あすとぴあ事業所  の
一般開放型社員食堂  sazanamiファクトリーキッチン 



東側に見えている建物は 「山口県産業技術センター」


サラダ(小鉢)、ご飯、スープ(味噌汁)に、メイン2品を選んで加え 650円


社員食堂なので営業時間は 11:30~14:00まで、 土日祝はお休み

北側にはガラス越しに 請川公園が見える


お客さんの居なくなったのを見計らって撮っていますが、
12時前後はざっといっぱいの状態でした。


  市芸術祭に出品した作品のついでに、スケッチのことも一緒にと思ったらこんなに長たらしくなってしまった   毎度のことながら、アップしないで抱え込んだままぐずぐずしてるので写真が溜ってしまう・・・(^^* 

コメント (10)