マイタのブログ

新潟県新潟市西区鳥原2595-8 前田商店 TEL 025-377-6327・FAX 025-377-7981

またも雑記です。

2016年01月31日 | ブログ

 定休日につき店のワックスがけなんぞを。その合間に配達したり録画してあった討論番組をチラチラ見たりで気付けば夕方。私の日曜日にありがちな過ごし方です。

そう言えば、その討論番組の中で「幸福度」がどうとかとのお話しがありました。



「幸福度」ですか・・・








一昨日の晩、その日入荷したばかりの季節限定酒を、たまたまタイミング良く遊びに来た息子の友達と一緒に試飲しました。試飲と言いながらかるく1本空いたときに、
また、息子の別の友達が自動車メーカーの営業マンとして折込チラシに顔写真入りで紹介されているのを見て「頑張ってるなぁ…」と感じたときに、

その都度、私の幸福度は跳ね上がりましたわ。



幸福も感動も、いつでも身の回りにあると思っております。




それでいいのだ。  バカボンボン♫

 

コメント

月末土曜日の日記

2016年01月30日 | ブログ

 今日も灰色の空、そしてグチャグチャの水っぽい雪が少々・・・ う~ん 気分爽快!これぞ冬の新潟ですわ。








写真が違いました。

でもこっちのほうが爽やかなのでそのままに。





明日で1月も終了します。

月曜日が月初めってのはなんとなく気分がいいですね。

来月もどうぞよろしくお願いいたします。

 

コメント

入荷のお知らせです。

2016年01月29日 | 〆張鶴

 春のシメハリ、来ました。

 






【〆張鶴 吟醸生酒】

シメハリツル ギンジョウナマザケ

720ml  1,903円(税込)




早速 店の冷蔵庫へ。





まだ味をみてませんが、出来立てですので若干ガスの刺激を感じると思われます。それが好きだとおっしゃるお客さんも少なくないんですけどね。








いつもの如く、ご希望のかたには簡単なしおりをお付けいたしております。




では、皆さまのご来店をお待ちいたしております。

コメント

色が目立ってきましたね。

2016年01月28日 | ブログ

 昨日から雨に変わった新潟市西区。雪はだいぶ融けました。


日中、晴れ間をみて配達へ。




お客さんのお宅の梅の木は つぼみがいい具合です。

庭石に生した苔の緑とバランスとれてましたねぇ。





その後 自宅にてホームページの手直しをしようと試みたものの上手くいかず断念。でもただ時間を無駄に使ったわけではなく、なにかしら身に着いたような気がします。


 



近況報告でした。

 

コメント

一枚の写真

2016年01月27日 | 地域

 新潟市中央区の一角。

いつ写したものだったか忘れてしまいましたが、スティングの「イングリッシュマン イン ニューヨーク」のプロモーションビデオを思い出させる雰囲気が漂ってますわ。

https://www.youtube.com/watch?v=d27gTrPPAyk



懐かしいメロディ、思わず口ずさんだりして・・・


英語はできないので鼻歌ですが。





テレビドラマや映画の撮影にいかがでしょう?新潟は絵になるところがたくさんありますよ。



コメント

人ありて酒あり

2016年01月26日 | ブログ

 先日、大雪が降る中 佐渡でメバル釣り大会に参加して来られたWさんがさきほどご来店。釣りに疎い私が語ることはできませんので詳しくはWさんのブログをご覧ください。↓

 http://blogs.yahoo.co.jp/passol_ww_natrium/39742547.html




佐渡では「金鶴」の加藤酒造店さんにも寄れれば・・・と思ってくださったそうですが、時間に追われてそれは叶わなかったそうで。そこはまたいつでも機会がありますのでね。この時期の佐渡は帰りの船の心配もありますから無理のない計画が大事なのです。

私なんぞもフェリーの欠航で予定外の滞在をした経験がありますからよ~く分かります。それも一度や二度ならず、通算したら結構な日数だったような… とは言ってもその間は加藤酒造店さんにお世話になりっぱなしでしたから感謝せねばなりませんが。



そんなことを言いながらも そろそろまた佐渡に渡る段取りをせねばなりませぬ。

安全策としては日帰りなんですがねぇ・・・



あちらの人たちと酒を飲むのも楽しいですから、というかそれが目的みたいな感じもありますので一泊くらいは・・・





そんなことを考えているうちに本日ももうすぐ閉店時間=日本酒で乾杯の用意をする時間となりましたのでこのへんで失礼を。







追伸・・・ 

Wさんがお酒を買って帰られる車が走り出した瞬間 「ポコンッ」と長靴が転がったのを目撃。すかさず連絡を入れ引き返していただきました。




携帯電話って本当に便利ですなぁ・・・



いつの時代の人間だよって言われかねない発言で、おあとがよろしいようで。



 

コメント (2)

学ぶことが盛り沢山

2016年01月25日 | 酒 2016年

 言うまでもなく昨日は途中で休憩しながらの雪除けで一日が終わりました。でもそのおかげで今朝の我が家の前はうっすらと積っただけで楽チンでしたわ。

 



雪の朝  二の字二の字の  下駄の跡




どれ、俳句にならって私も足跡をつけてみました。どうぞご覧ください。↓





 

 

 







ハトかオノレは! 


またしても一人ボケツッコミで恐縮です。最近 足の指が細くなりましてね。






さて、気を取り直しまして・・・

実は先日、たいへん興味深い資料を下さったかたがいらっしゃいましてね。40年近く前のデータなんですが、なんと酒造好適米を一粒一粒採寸して集計なさった専門家が居られたそうで… 凄まじい執念、それほどまでに日本酒の発展に寄与してくださったかたの存在を知らなかったとは。出来あがった事実だけ知っててもダメなんですよね、生業としているんですから。他にもたくさんの研究者のかたがたの努力があって今の日本酒があるんですし。これはほんの一部。

それにしても当時の精米機の性能を考えますと、やはり兵庫県の山田錦はすごいですな。


本日はまた新たな古い資料(おかしな言い方ですが)をいただきにお邪魔してきました。




いろいろな酒屋さんがそれぞれの方針で頑張っておられます。


私は私で、自分が目指す酒屋になるためにまだまだ資料が必要なのであります。




読んでると眠くなるんですけどね。

コメント

葡萄の里の泡系の。

2016年01月24日 | ワイン

 山梨・勝沼の丸藤葡萄酒さんのスパークリングワイン「ルバイヤート・ペティアン デラウェア」、ご期待くださっているお客さまには申しわけありませんが、発売の予定はないそうです。

 








でも、瓶内二次発酵の本格スパークリングワイン「エチュード ルバーヤート」は今年も5月末ごろに発売されるとのこと・・・ あぁよかった。




日本ワインの素晴らしさを感じていただける逸品です。まだ先の話ですが待ち遠しいですわ。

入荷の目処が立ちましたら詳しくお知らせ申し上げます。


コメント

自然な灯りに誘われて。

2016年01月23日 | ブログ

 静かな昨日の風景。時折雲の隙間からお天道さまが顔を出すと反射して眩しいビニールハウス。

この界隈では自然な眺めですわ。







同じく昨日のお月さま、煌々と。野暮用で出かけた先にて。

展望台もいいんですが、やはり私は静かな位置から見上げるのが好きなのです。   









今日あたり新年会にお出かけのかたも多いのでしょうね。皆さまどうぞ楽しい時間をお過ごしください。


そう言えばいつのころからかビールで乾杯するのが定着しましたが、そのような決まりごとがあるわけではありませんからね。新潟ですし日本酒で乾杯ってのもよろしいかと存じます。

もちろん無理強いは無しで。

コメント

乾いたな・・・と思ったら。

2016年01月22日 | 食・レシピ

 新潟市西区の本日正午の予報

 天気・・・ 湿雪

 気温・・・ 3℃

 湿度・・・ 72%

 降水量・・・0㎜/h

 風・・・ 西北西 5m/s


新潟ではこれでも湿度が低いほうです。冬ですから乾燥してますな。

東京都心では本日の最低湿度が20%とのこと、耳を疑いましたわ。いくらなんでも乾きすぎでしょ。

新潟県は年中湿度が高いおかげで洗濯物が乾き難い半面、お肌に潤いがある人が多いらしいです。

と、ここでキレイなお姉さんの顔写真を載せて「ほ~ら、こんなにシットリお肌で」とするべきなんでしょうけど、画像の流出などで人さまにご迷惑をおかけしてはいけませんので・・・






かわりに49歳のオッサンの顔の一部を。



お見苦しいモノをお目に掛けて恐縮ですが、この年の男性にしては肌がキレイなほうなんですよ。コンパニオンのミキさんだって褒めてくれましたし。きっと営業トークでしょうけどね。

気候に加え日本酒と酒粕の効用ですな。

ちなみに酒粕パックでお肌がシットリすることも最近では広く知られてきましたので、乾燥肌でお悩みのかたは一度試してみてはいかがでしょう?酒粕を水で溶いて塗るだけですから簡単ですよ。

 






金鶴 酒粕 1kg入り  400円(税込)

〆張鶴 酒粕 1kg入り 500円(税込)



慣れないうちは酒粕を溶かすのに少々手間がかかりますが、手っ取り早い方法としてはビニール袋にかるくひと握りの粕と適量の水を入れ、袋の外からガシャガシャと揉みほぐす要領でやっていただくのがよろしいかと。(漏れない丈夫な袋を使ってください)

あとは入浴時などに顔に塗ってしばらく放置し、洗い流すだけ。もともと醗酵食品ですからお口に入っても安心です。保湿効果抜群ですよ。

酒粕には若干のアルコールが含まれておりますので、アレルギーなどの心配があるかたはご注意下さいませ。



私はもっぱら体の中からの効果ですわ。

 

コメント

そして平和が訪れて。

2016年01月21日 | 動物・植物

 つい先日、窓の外で猫がケンカをしておりました。

何が原因か分かりませんから仲裁するワケにもいかず、私は私でやることもありましたので完全無視を決め込んだりして。





フギャフギャッ!


ドタンバタン!









・・・終わったな。








グ~オ~~~~ンッ


ウオ~~~ンッ ニャ~~~~ッ









・・・まだ続いてたのね。







ギャニャニャニャッ  ガーーーーーッ!


フギャーーーッ アホンダラーーーーーッ! ドスッ!!









およそこのような声と殴りあう音がしばらく聞こえ、ようやく静寂な時間に戻りました。あ~怖かった。









勝者の白ネコ。逃げて行く相手をしばらく睨みつけておりましたわ。顔の辺りずいぶん派手にやられたなぁ・・・。



次に会うときは仲良くできるといいね。




そうはいかないかな?

コメント (2)

開き直ったりして。

2016年01月20日 | ブログ

 あれはどこに片付けてたかな・・・

人生の中で探しものをしている時間ってのを累計すると けっこう馬鹿にならないそうですねぇ。私なんぞ本当にその通り当てはまっております。

そして今日は結局見つけられませんでした。(;一_一)



かわりにこんなのがぽろぽろと出てきたりして。




なんだろ、これ?  自分の仕業ですが思い出すのに数分かかりました。お酒のギフトの箱が殺風景で面白くなかったので、その上に掛けようと書いたのでしたわ。たしか水墨画入門なんて本を見て触発されて。そして使おうと思ったときには「過剰包装はよくないな…」と気が変わってお蔵入りに。




これは店内に貼るために書いたような・・・  でも何故か片付けてありました。

こんなふうに使おうと思っていたような気がします。↓





もしくは、






 よく見たら紙の端のほうにお茶をこぼしたシミがありました。それでやめたのかな?って言うか、字には性格が出るって言いますからね。不安になって隠したのかもしれませんわ。たぶんそうです。


でも自分をさらけ出したほうが気が楽になりますし、さて、一体私はどのような人間でしょう的なノリで見ていただいたりして。

よろしければこれらの画像からご想像なさってくださいませ。

 


では、本日は じわっとあたたまる燗酒で乾杯!

コメント

転ばぬ先の、

2016年01月19日 | 地域

 報道によれば都会で雪が積り、たくさんの人が転倒なさったとか。

そのようなときに、よくテレビでは「雪国の人たちは転ばない歩き方をしている…」などと言われますが、普通の靴で雪道を歩いたら誰だって滑って転ぶでしょ。車のタイヤと同じことだと思いますよ?



さて、今朝見た天気予報の画像はこのように・・・






12~18時のナナメ雪ダルマは お初にお目にかかります。暴風雪に耐えながらもポーカーフェイス。他にどんなのがあるのか見てみたいような気がしないでもないのですが、ほどほどであって欲しくもありまして。





 

途中で雨に変わった新潟市西区、でもそのあとでまたみぞれや雪に戻ったりの一日。

暖冬予報も撤回されたそうですし、やはり冬の越後、車の運転には気をつけましょう。






コメント

適地適作

2016年01月18日 | 酒 2016年

「不足している」と言われているはずが、「十分足りている」との声も聞こえる酒造好適米の王様・山田錦。関係者の話によれば作付け面積は増加しているそうなんですけどね。

ちなみに農水省の資料ではこのようになっております。








以前の似たような資料では作付け面積での比較だったのですが、この通り重量比較になりました。3年近く前のデータですので数字はある程度の目安にとどめておくのがよろしいかと存じます。といいつつも「上位三品種で、数ある酒造好適米の60~70%ほどを占めている」との説はそのまま受け入れてもいいようですけどね。


ただ、「山田錦」が酒造りに適していると言っても、失礼ながら産地や生産者によって品質には大きな差が表れるそうですのでご用心ですわ。食米だって同じコシヒカリでも産地により食味にずいぶん差が出ますし。




やはり山田錦なら兵庫県産。私の中では魚沼産や佐渡産コシヒカリくらいの信頼度です。



その兵庫県産・山田錦で造られた純米酒二品。造り手の流派と水、環境などの違いがしっかりとお酒に反映されております。





大黒正宗 純米原酒     720ml  1,620円(税込)

〆張鶴 純米吟醸・山田錦 720ml  1,912円(税込)



飲み比べてみるのも楽しいですよ。

寒い日には鍋物のお供に、体の芯から温まる燗酒がいいですねぇ。

コメント

冬の風物詩

2016年01月17日 | 地域

 今日は「さいの神」の日。地域によっていろいろな呼び方があるそうですが、新潟県内であればほぼ通じると思います。











火を使うので消防団の人たちも現場待機、お疲れさまです。



準備や後片付けが大変だと思いますが、神事であり地域の人たちの交流の場でもあるとして楽しみにしていらっしゃるかたも多いそうですわ。









出番待ちのスルメ軍団。よく炙ってアツアツのものを車の中で食べると翌日までいい匂いがしますよ。


それでは、日曜ですがちょいと仕事がありますのでこれにて失礼いたします。

コメント